ヘアのお悩み
2022.10.18

髪の毛の洗い方|7STEPで、わかる!【美プロ解説】

\"\"

毎日の洗髪、きちんとできていますか?なんとなく洗っている髪の毛。美髪は育むためには正しい洗い方が大切!プロに教わる正しい髪の毛の洗い方をブラッシングから髪の乾かし方までしっかりとお教えします。

正しい洗い方で頭皮トラブルを「防ぐ」

発毛診療医/美容皮膚科医

高橋栄里先生

イークリニック麻布 院長。日本臨床医学発毛協会発毛診療医。日本毛髪科学協会認定毛髪診断士。日本臨床抗老化学会認定医。都内美容皮膚科の院長を経て、発毛診療医として大手AGA専門クリニック院長を務めたのち、診療顧問に就任。2019年に美容皮膚科、発毛治療ができる「イークリニック麻布」を開院。毛髪と美容のプロフェッショナルとして活躍中。著書に『女性の白髪・薄毛の悩みがなくなる方法』など。

頭皮は体のなかでも毛穴が密集しており、皮脂分泌が活発な場所。そのうえ毛髪も密集しているため、汚れがつきやすく、臭いがこもりやすくなっています。

頭皮トラブルを防ぐには、頭皮を清潔に保つことが大切です」と話すのは、発毛診療医・美容皮膚科医の高橋栄里先生。やはり髪は毎日洗うべきなのでしょうか?

「正直それは肌質や年齢など、人や生活環境にもよります。毎日絶対洗わなくてはいけないということはありませんが、外に出たときは、埃などの汚れが付着して家に帰るわけですし、汗を多くかいたあとも清潔に洗い流すのはとても大切なことです」(高橋先生)

 

初出:髪は毎日洗ったほうがいい?薄毛・抜け毛を防ぐ洗い方、乾かし方は?【女医に訊く#187】

記事を読む

【STEP1】「ブラッシング」で汚れを落ちやすくする

美容エディター、毛髪診断士

伊熊 奈美さん

編集者として「女性のリアルな暮らしに活かせる美容・健康情報」を念頭に企画・取材。女性誌、新聞、WEB媒体等で20年以上執筆中。特にヘアケア・毛髪科学関連分野を得意とし、美容記事の監修や講演活動も行う。著書に『頭皮がしみる、かゆいは危険信号! いい白髪ケア、やばい白髪ケア』(小学館)がある。
関連記事をcheck ▶︎

\教えてくれたのは…ヘア&メイクアップ アーティスト NADEAさん/

Check
  • シャンプー前のブラッシングで汚れが落ちやすく!シャンプーブラシを使えば、余分な皮脂もすっきりオフ♪

「ブラッシングにより頭皮の皮脂や不要な角質を浮かすことができます」(NADEAさん)

「シャンプーブラシで洗うと余分な皮脂をしっかり落とせるので、夏は特にオススメ」(伊熊さん)

【How to】

Check
  • ブロッキングして根元からとかす

【おすすめアイテム】
貝印 KOBAKO|ヘアスムースブラシ(ハード)

価格
¥3,080

硬く短めのピンが頭皮をしっかり刺激!

 

初出:【ヘアケア】ベタつく夏の頭皮…蒸れ対策で手軽にできる方法やアイテムが知りたい!

記事を読む

【STEP2】シャンプー前の「予洗い」

ミルボン 研究開発部 研究員

菊地哲宏さん

きくちてつひろ/開発本部 皮膚科学研究チーム所属。主に頭皮や発毛に関する基礎研究を担当している。
Check
  • 約38℃のぬるま湯で髪を90秒程流す

「シャンプー前に予洗いをすることでスタイリング剤以外のほとんどの汚れが落ち、シャンプーによる洗浄効果が高まります。その後は、頭皮用エッセンスやヘアオイルをつけ、早めにしっかり乾かし、常在菌の増殖を防ぎましょう」(菊地さん)

【How to】

  1. 濡らす前にブラッシングをして髪を扱いやすくする。
  2. 低めの温度でシャワーを頭皮に当て予洗いを行う。髪と頭皮の汚れを流すと、シャンプーの泡立ちも、皮脂の落ちやすさもUP。


初出:マスク生活が頭皮臭を増加させる!? セルフケアでにおいを撃退する方法は?

記事を読む

【STEP3】負担をかけにくい「シャンプー」方法

美容エディター、毛髪診断士

伊熊 奈美さん

編集者として「女性のリアルな暮らしに活かせる美容・健康情報」を念頭に企画・取材。女性誌、新聞、WEB媒体等で20年以上執筆中。特にヘアケア・毛髪科学関連分野を得意とし、美容記事の監修や講演活動も行う。著書に『頭皮がしみる、かゆいは危険信号! いい白髪ケア、やばい白髪ケア』(小学館)がある。
関連記事をcheck ▶︎

【How to】
(1)下から上へ
髪の摩擦は減らし、頭皮を洗うイメージで。指の腹を使い、サイドや後頭部は下から上へ。

(2)頭頂部はもみ押す
頭頂部は両手の指を交差させて外から内へ、頭皮をしっかり動かしながらもみ押すように洗う。

(3)髪はスルーのみ
髪はゴシゴシこすらず、指の間に挟んで毛先までスッと通す程度に。摩擦レスに汚れをオフ。


初出:髪にツヤがないのはなぜ? 髪に負担をかけにくい洗い方&ツヤを損なわない乾かし方

記事を読む

【STEP4】「トリートメント」で集中ケア

美容エディター、毛髪診断士

伊熊 奈美さん

編集者として「女性のリアルな暮らしに活かせる美容・健康情報」を念頭に企画・取材。女性誌、新聞、WEB媒体等で20年以上執筆中。特にヘアケア・毛髪科学関連分野を得意とし、美容記事の監修や講演活動も行う。著書に『頭皮がしみる、かゆいは危険信号! いい白髪ケア、やばい白髪ケア』(小学館)がある。
関連記事をcheck ▶︎

ヘアスタイリスト

角 薫さん

渋谷にある人気サロン『RUALA』の代表。ひとりひとりの髪悩みに即したスタイル作りやケアに定評あり。

ヘアパーツモデル

Manaさん

モデルとして活躍するほか、髪に関する講演なども行う。毛髪診断士の資格を持ち、理論に基づいたケアを実践。
Check
  • ゴワつく原因を見極めて水分と油分をバランス良く
  • キューティクルのけば立ちが、手触りの悪さの原因。

「毎日アイロンを使う人は要注意です。髪が硬くなっているため、水分と油分をしっかり補充して」(角さん)

「摩擦や熱、紫外線などのダメージを排除して、キューティクルの損傷をできる限り防ぎましょう」(Manaさん)という予防策も。

元々硬くて太い質感の場合は、「実は波状のくせが原因の場合も。シャンプーでけっこう改善できますよ」(伊熊さん)

【How to】

Check
  • ラップパック+蒸しタオル

「トリートメントをしたら、ラップ→蒸しタオルの順に重ねて、開いたキューティクルに成分を効果的に浸透させます」(角さん)

【おすすめアイテム】

A.クラシエホームプロダクツ いち髪|プレミアム ラッピングマスク

価格容量
¥1,078(編集部調べ) 200g

オイル成分で保湿して、ラッピング。

B.ルネ フルトレール|アプソリュケラティーヌ マスク リッシュ

価格容量
¥7,480 200ml

植物由来成分が、太くゴワついた髪にアプローチ。

 

初出:髪のパサつきやごわつき…優秀インバスケアアイテムでうるツヤ髪に変身!

記事を読む

【STEP5】優しく「タオルドライ」

美容エディター、毛髪診断士

伊熊 奈美さん

編集者として「女性のリアルな暮らしに活かせる美容・健康情報」を念頭に企画・取材。女性誌、新聞、WEB媒体等で20年以上執筆中。特にヘアケア・毛髪科学関連分野を得意とし、美容記事の監修や講演活動も行う。著書に『頭皮がしみる、かゆいは危険信号! いい白髪ケア、やばい白髪ケア』(小学館)がある。
関連記事をcheck ▶︎

【How to】

  1. ドライ専用タオルを使い、まずは根元の水分を取る。
  2. 中間~毛先はタオルで包んで優しく水分を吸わせる。

【STEP6】「アウトバストリートメント」で保湿

美容エディター、毛髪診断士

伊熊 奈美さん

編集者として「女性のリアルな暮らしに活かせる美容・健康情報」を念頭に企画・取材。女性誌、新聞、WEB媒体等で20年以上執筆中。特にヘアケア・毛髪科学関連分野を得意とし、美容記事の監修や講演活動も行う。著書に『頭皮がしみる、かゆいは危険信号! いい白髪ケア、やばい白髪ケア』(小学館)がある。
関連記事をcheck ▶︎

【How to】
(1)アウトバストリートメント
髪質や髪状態に合ったアウトバストリートメントは必須。適量を手に広げ、中間~毛先にもみ込みながら塗布。

(2)コーミング
必ず粗歯コームを使う。アウトバストリートメントを均一にのばしつつ、毛流れを整えて乾かしやすくする。

【STEP7】乾燥させない「ドライヤー」のかけ方

美容エディター、毛髪診断士

伊熊 奈美さん

編集者として「女性のリアルな暮らしに活かせる美容・健康情報」を念頭に企画・取材。女性誌、新聞、WEB媒体等で20年以上執筆中。特にヘアケア・毛髪科学関連分野を得意とし、美容記事の監修や講演活動も行う。著書に『頭皮がしみる、かゆいは危険信号! いい白髪ケア、やばい白髪ケア』(小学館)がある。
関連記事をcheck ▶︎
Check
  • 髪ではなくドライヤーを振りながら乾かすのがコツ

【How to】
(1)乾きにくい後頭部の地肌からドライをスタート【温】
乾かすときは必ず根元から! 地肌が露出するように髪をめくって、ドライヤーを振りながら温風を当てて乾かす。ドライヤーの温度は、熱すぎず心地よく感じる70℃程度の強風で。

(2)襟足の根元も乾きにくいので先に!【温】
乾きにくい襟足や後頭部も同様に乾かす。先に表面に風を当てると、乾かしすぎや、キューティクルが傷んで手触りの悪さにつながる。

× NG

(3)内側が乾いてから表面に。風の向きは髪と平行に【温】
根元が乾いてから表面を。少し引っ張りながら、上から毛流れに沿うように風を当ててストレートに整えることで、サラサラの手触りに。乾いたところは乾かしすぎないこと。

(4)内側の熱を取りつつ乾いているのを確認【冷】
全体が乾いたら、冷風を当ててキューティクルを引き締める。熱がたまりやすい内側にも風を入れ、冷やす。乾いていない部分は冷風を当てるとヒヤッとするため、確認にもなる。

(5)ブラッシング
冷風で粗熱が取れたら、ブラッシングを。静電気が起きにくい天然毛のブラシで、頭皮から毛先までとかしてサラッと。

しっとりと潤いをたたえながらツヤと手触りの良さも感じられるのが理想!

初出:乾かしすぎはNG!髪を乾燥させない乾かし方とは?|真冬の髪質改善プログラム

記事を読む

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事