ヘアのお悩み
2019.9.30

白髪はストレスが原因?できるメカニズムや場所を知って予防しよう!

若い人にも見られる、白く光る毛。いわゆる、若白髪ですが、白髪は加齢や遺伝だけではないストレスとの関係も。ほかにも白髪になる仕組みや抜くのはアリ?などなど、白髪にまつわる素朴なギモンを解明します。

【目次】
そもそも白髪って、何?
白髪とストレスの関係

そもそも白髪って、何?

白髪になるメカニズム&白髪ができる場所

教えてくれたのは・・・ウィメンズヘルスクリニック東京院長 浜中聡子先生

白髪になるメカニズム&白髪ができる場所

女性ホルモンに着目した女性医療を提供。特に女性頭髪専門外来は日本一の臨床数を誇る。

ZACC代表 高橋和義さん

白髪になるメカニズム&白髪ができる場所

常に最先端のスタイルをクリエイトし続けるトップスタイリスト。頭髪の知識も業界屈指。

【髪を黒くするメラニンの働きを妨げない】
髪の毛を黒くしているのは、毛母細胞にあるメラノサイトが作り出すメラニン色素。メラニン色素を作り出す機能が低下することで、白髪になると考えられています。「若い女性でも悩んでいる人は多く、特効薬はありません。むしろ、今後白髪を増やさないように、生活習慣を改善することが大事なんです」(浜中先生)


1.毛根の下部(毛母細胞)にあるメラノサイトで、アミノ酸がチロシナーゼ(酵素)によってメラニン色素に変化。
2.メラノサイトの機能が低下し、チロシナーゼが減ると、メラニン色素を作れという指令が発されなくなり、白髪になる。

【耳の後ろや後頭部の白髪は遺伝が多い】
「白髪に気づくのは、だいたい頭頂部かこめかみ、耳周り。この辺りに白髪を見つけたら、それ以上増やさないように頭皮ケアをスタートして」と、高橋さん。実は、耳の後ろや後頭部の白髪は遺伝性が強いそう。さっそくチェック。

白髪になるメカニズム&白髪ができる場所
1本見つけて抜く前に、白髪の位置確認!
遺伝の場合は、毛染めをするのが得策。頭皮が固くなり、毛細血管に栄養が届かずに老化している場合は、血行促進するマッサージをしてみて。

アラサーになったら知っておきたい!白髪予防&見つけたときの対処法

白髪の原因

教えてくれたのは・・・毛髪・美容皮膚科医 高橋栄里先生

白髪の原因

女性発毛治療専門の『東京ビューティクリニック銀座院』診療顧問と、都内美容皮膚科クリニック院長を兼任。著書に『髪のお医者さんが教える女性の白髪・薄毛の悩みがなくなる方法』(PHP出版)など。

【どうして白髪になるの?】
髪が黒くなるのは、メラノサイト内で作られるメラニンで決まります。生まれたての髪の毛はすべて白髪で、加齢などによりメラノサイトが枯渇すると白髪のまま生えてくるのです。これから生えてくる白髪の対策としては、予防が大切です。

<ストレスが原因> マッサージなどでリラックスする工夫を
ストレスがたまると、活性酸素が増えるだけでなく、頭皮も固くなります。気づいたときにマッサージして、血流をアップさせて。

<活性酸素が原因> メラニン色素を破壊する酸化物質を除去!
過度の活性酸素は、髪のメラニン色素を破壊してしまう恐れも。エビ、カキ、レバーなどの抗酸化成分を積極的に摂取しましょう。

<生活習慣が原因> 頭皮の固さや毛穴の 詰まりに要注意!
白髪を発見したら、頭皮の血流を良くして、栄養を行き届きやすくしましょう。毛穴の詰まりも頭皮トラブルの原因になりえるので、清潔に。

<遺伝が原因> 両親が若白髪体質なら、その可能性は大
通常、白髪は30代後半辺りから出始めますが、遺伝だと、10代からの人も。特に、両親のどちらかが若白髪体質の場合は、白髪になる可能性大。

白髪を発見したらまずすることは? ドクター直伝ケア法と頭皮美容液

白髪は抜いちゃダメ!

教えてくれたのは・・・花王株式会社ヘアケア研究所 杉野久実さん

白髪は抜いちゃダメ!

美容情報、消費者実態等を解析し、花王の毛髪科学・消費者研究に基づき、生活者の行動を踏まえた科学的実用的で分かりやすいお手入れや、製品技術情報を社内外へ提供している。2014年出版「ヘアケアってなに?」(繊維社)著者の1人。

【白髪を抜くのはNG】
「白髪を見つけるたびに抜くという人もいますが、たとえ数本でも、できれば抜かずに対処して欲しいです。白髪も黒髪と同じように日々毛母細胞が分裂をし、伸びています。無理やり抜くと、毛乳頭や毛母細胞が傷ついて成長に影響を及ぼす可能性があります」

白髪が気になり、あれこれ試している方も多いと思います。自身で、「白髪が減った!」と効果を感じている方法があれば続けても良いかもしれませんね。でも、とにかく“白髪を抜く”は、やってはいけません。カラーリングなどで、上手に白髪と付き合っていきましょう。

それってウソ?ホント?“白髪は減らせる”のウワサに関する真相をヘアケアのプロに直撃!

白髪とストレスの関係

ストレスは白髪の大敵だけど「一夜にして真っ白」はウソ

仕事が大変だったり、悩み事があるとき、思わずつぶやきたくなる「あー、白髪が増えそう」というひとこと。確かに、ストレスがあると白髪が増えそうな気がしますが、実際はどうなのでしょう?

「ストレスを感じると免疫力が低下して、あらゆる細胞の産生や働きも低下しますから、毛根のメラニン生成も減少すると考えられます。ただし、一時的なストレスによる白髪の場合、精神的に落ち着いて環境も安定してくると、また黒髪に戻る可能性もあるでしょう」

極度のストレスから一夜にして白髪になったとして有名なのが、フランス王妃マリー・アントワネット。しかしこのエピソード、現実的には起こりえない現象なのだとか。

「新しく生えてくる髪が全て白髪になるならまだしも、すでに生えている髪は死んだ細胞ですから、色が変化することはありません。恐らく投獄されて処刑されるまでの間に、並々ならぬストレスを抱え、白髪が増えたりやつれた印象になったのではないかと思います。それまで華々しい生活をしていた王妃が、そんな姿で民衆の前に姿を現した結果“一夜にして白髪に変わった”逸話として残されているのではないでしょうか」

女医に訊く#13|ストレスも関係?医師が解説「白髪にまつわるウソとホント」

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事