ヘアアレンジ・髪型
2020.7.19

夏は髪型を変えたくなる!【2020年夏】レングス別おすすめトレンドヘアスタイル

2020年夏の髪型をまとめました。暑い季節はバッサリショートやボブに切りたい!という人も、ミディやロングでも軽やかにしたいという人も、これを見れば夏のトレンドスタイルが分かる!カラーはベージュを取り入れて透明感を底上げするのが流行り♪今の気分にぴったりのヘアスタイルがきっとみつかるはず。簡単に夏っぽさがアップするスカーフを使ったアレンジテクニックも!

【目次】
「夏髪カラー」はベージュをプラスして透明感を底上げ
暑い夏はバッサリいきたい!「涼しげショートヘア」
すっきりあか抜け「カジュアルボブ」でこなれ見え
トレンドはこれ!「今どきミディアム」の正解は?
ダークカラー×軽やかカールが旬な「ゆるウェーブロング」
つけるだけで一気に夏映えする「スカーフアレンジ」【5選】

「夏髪カラー」はベージュをプラスして透明感を底上げ

【Style1】赤みのない透け感オリーブベージュが涼しげ

蒸し暑い夏を吹き飛ばしてくれそうな涼しげなミディ。パーマならではのエアリーで柔らかな質感が特徴で、オイルをクシュっと揉み込むだけでオシャレ感のあるデザインに。ゆるカールのキュートな仕上がり、オリーブベージュ&透け感の涼しげな印象をMIXしたミディヘア。スタイリングが苦手という大人女性におすすめです。

赤みのない透け感オリーブベージュが涼しげ

【How to ヘアカラー】

・オリーブベージュのフェミニンなパーマスタイル。
・カラーは、赤みを打ち消す9レベルのオリーブアッシュをチョイス。
・透明感があり、涼しげな印象に仕上げます。

【How to ベース】

・鎖骨下のレングスでやや前上がりにベースをカットし、トップにレイヤーを入れます。
・レイヤーによる髪の重なりで動きのある表情に。前髪は眉にかかる長さでシースルーにします。
・さらに、頰にかかる髪をつくることで小顔効果も。

赤みのない透け感オリーブベージュが涼しげ

【How to スタイリング】

・パーマの場合、20〜23mmのロッドを使い、アンダーを外ハネに、表面を内巻きにワンカール巻きます。顔まわりはピンパーマで優しいニュアンスに。スタイリングは、8割ほど乾かした後にオイルか、バームをくしゅっと揉み込んだら完成です。

・アイロンの場合、26mmのアイロンで全体を外ハネに、表面の髪は内巻きにワンカール巻きます。頰にかかる髪は2つに分けてから内巻きと外ハネに巻いてランダムな動きに。前髪は巻かなくてもOK。カールを一回ほぐしてからオイルか、バームを揉み込みます。

涼しげなミディアムヘアは、オリーブベージュとフェミニン透け感パーマが鍵!

【Style2】夏の日差しに透けるモカブラウンベージュ

透明感のある夏色カラーにマッチするミディ。たっぷりレイヤーでふんわりとしたボリューム感&軽い動きのあるスタイルに仕上げていますゆるっとした優しいニュアンスの毛束感で、おしゃれな大人女性の雰囲気に。バーム系のツヤっぽさが洗練された印象をプラスしてくれます。

夏の日差しに透けるモカブラウンベージュ

【How to ヘアカラー】

・艶やかで光に透ける夏色カラーがヘルシー美人ヘアをつくる。カラーは、9レベルのシルクベージュに。
・パーソナルカラーに合わせて調整しますが、光に透けるような透明感のあるモカブラウン+ベージュがベース。

【How to ベース】

・胸上レングスの切りっぱなしワンレンに、レイヤーをしっかりオン。
・ベースに重さが残らないようにセニングを入れます。
・前髪はリップラインでカットし、スライドカットで柔らかいニュアンスをプラス。

夏の日差しに透けるモカブラウンベージュ

【How to スタイリング】

・ドライ後、32mmのアイロンで毛先を外ハネ→レイヤーを入れた表面を内巻きワンカール→顔まわりをリバースに巻きます。
・ツヤ感の出るバームやオイルを手ぐしを通すように中間〜毛先に塗布します。耳まわりの内側も忘れずにつけて。

梅雨の湿気に負けないレイヤーヘア! ニュアンスのある毛束感で洗練されたミディに

【Style3】暗めのアッシュベージュ×セミウェット質感

風になびいたり、動くたびにふわりと揺れたりするカール感が女っぽさを演出してくれるミディアムヘア。キレイめで上品な女性らしさも、カジュアルさもゲットできる欲張りなスタイルです。今どきにするならセミウェットな質感に仕上げるのが鍵。髪質が硬めの人は、デジタルパーマをかけるとスタイリングが断然楽チンに!

暗めのアッシュベージュ×セミウェット質感

【How to ヘアカラー】

・仕事対応のダークカラーでも、柔さかのあるアッシュにすることで抜け感をプラス。
・カラーは柔らかさとツヤ感のあるアッシュベージュに。

【How to ベース】

・鎖骨下くらいのレングスでカットし、顔まわりにレイヤーを入れます。
・前髪はアゴ下の長めに設定して、サイドに繋げて流れるようにカットすることで、髪をアップにした時、大人っぽく下ろしても一緒にまとめることもできます。

暗めのアッシュベージュ×セミウェット質感

【How to スタイリング】

・硬毛やアイロンカールがとれやすい人は、太めロッドでデジタルパーマをかけます。
・ドライ後、32mmのアイロンを使い、全体を外ハネに巻いてから、中間をフォワード&リバースのミックス巻きにします。
・顔まわりと前髪はリバースに巻いてふんわり華やかさをプラス。ややキープ力がありセミウェットな質感のバームを中間〜毛先に塗布。
・手に残っているスタイリング剤を前髪の中間〜毛先につけたら完成です。セミウェットな質感でおしゃれに仕上げる。

かき上げバングの愛らしいゆるカールミディで、上品さとカジュアルのミックスヘアに!

暑い夏はバッサリいきたい!「涼しげショートヘア」

【Style1】黄金シルエットのひし形にトレンドのシースルーバングを

ひし形シルエットで美人ヘアをつくるだけでなく、最大限の小顔効果が望めるショートボブ。前下がりベースで、洗練されたシャープなイメージに。トレンドのシースルーバングの程よい透け感も抜群です。髪質を問わないデザインなので、丸顔さんはぜひチャンレンジしてみて。

黄金シルエットのひし形にトレンドのシースルーバングを

【How to ベース】

・アゴラインの長さ設定で、前下がりのショートボブにカット。
・ウェイトラインを低めにして丸みのある後頭部帯にすることで女性らしさを演出。前髪は目にかかる長さで下ろし流しに。
・丸顔さんもチャンレジしやすい、王道のひし形ショート。

【How to カラー】

・カラーは10レベルのベージュ系をチョイス。
・赤みやオレンジを抑えつつ、くすみ知らずで柔らかい印象に仕上げます。

黄金シルエットのひし形にトレンドのシースルーバングを

【How to スタイリング】

・ドライ後、全体をストレートアイロンで仕上げます。表面をふんわりCカール風に仕上げると美シルエットに。
・ウェットな仕上がりのヘアオイルを全体的に馴染ませます。ポイントは内側にもしっかり塗布すること。
・内側にしっかりつければ膨らみも抑えられます。最後に、顔まわりの毛束感を整えたら完成です。

王道のひし形ショートヘアが、今切るなら一押し!丸顔さんも挑戦しやすい小顔効果ボブで美シルエット

【Style2】顔周りに動きをつけた柔らかパーマショート

人気のショートスタイル、今年らしくワンランクアップさせるならパーマスタイルが一押しです。ニュアンスパーマの柔らかなカール感があり、スタイルの再現性も高く、時短も叶える優秀ヘア。女性らしさだけでなく、長めの前髪にしているのでクールでスタイリッシュなショートヘア。

顔周りに動きをつけた柔らかパーマショート

【How to ベース】

・ゆるめパーマ×長めバングのベストマッチヘア。
・えり足の長さを1〜2cmくらいに設定し、後頭部にふんわり丸みのあるグラデーションでカット。サイドはやや前下がりに切ります。
・前髪はリップラインの長めに設定。

【How to ヘアカラー】

・カラーは光に透けるような軽さのあるフォギーブラウンに。
・ブラウンとグレーをミックスしたニュートラルカラーです。

顔周りに動きをつけた柔らかパーマショート

【How to スタイリング】

・パーマは18〜24mmのロッドを使い、平巻きワンカールでゆるめパーマをかけます。
・スタイリング時はツヤ感を出すため、乾かす前にヘアオイルorヘアミルクを塗布してからドライします。
・乾かす時、前髪だけかき上げるようにオールバックにすることに気をつけて。
・最後に、少量のシアバターを中間〜毛先にまんべんなくつけたらフィニッシュ。

パーマで柔らかさをプラス!女性らしい美フォルムショートヘア

【Style3】かわいい&かっこいいの両方を叶える小顔ヘア

小顔を叶える、シースルーバングのマッシュ。ショート人気とあれば、こちらのマッシュショートはいかが?オイルでさらっとツヤっぽくまとめるのが、今っぽいショートのポイント。丸みのある女らしい愛らしさだけでなく、ショートヘアならではのかっこよさもプラス。頬骨をカバーして小顔効果も望めるので、ショートにしたいけど、なかなかチャレンジできなかった人にオススメしたいデザインです。

かわいい&かっこいいの両方を叶える小顔ヘア

【How to ベース】

・サイドは耳が半分くらい出る長さでサイドグラデーションにカット。
・襟足はすっきりくびれを作るようにし、トップに少しだけレイヤーを入れます。
・前髪は目にかかる長さでシースルーに。

【How to ヘアカラー】

・カラーは7レベルのブランジュをチョイス。
・ブランジュは、透明感と柔らかさを兼ね備えた今年っぽいカラーリングで、色落ちしてもキレイ色をキープ。

かわいい&かっこいいの両方を叶える小顔ヘア

【How to スタイリング】

・トップをふんわり仕上げたい人や直毛の人は、太めのロッドでパーマをかけるのがおすすめです。パーマなしなら26mmのアイロンで内巻きにさらっとワンカール巻いて、丸みのあるシルエットをつくります。前髪はマジックカーラーでナチュラルに仕上げて。

・スタイリング剤は、ウェット感と束感のでるオイルを全体的に塗布します。前髪は毛先のみでOK。耳にかければすっきりとした雰囲気になるのでアレンジも楽しめるデザインです。

大人のマッシュショートヘアは、まあるいフォルムで!可愛らしさもかっこよさも両立

すっきりあか抜け「カジュアルボブ」でこなれ見え

【Style1】ランダムカールが作る女性らしいボブスタイル

今っぽい無造作なカール感で、ギリギリ結べる長さを残したボブヘア。ラフなナチュラル感でも、女っぽスタイルに。今季、パーマスタイルは一押しです!クシュっと動きをつけた前髪は、サイドとラウンドで繋げることで顔型をカバーして小顔効果も。女性らしい柔らかさのあるパーマデザイン。おしゃれを楽しみたい人、ボリュームが欲しい人、髪の癖が活かせるので癖が気になる人はぜひトライして。

ランダムカールが作る女性らしいボブスタイル

【How to ベース】

・ベースの長さは肩につくかつかないくらいで、結べる長さでカット。
・毛先に厚みを残し、前下がりに切ります。
・程よくレイヤーを入れ、内側を毛量調整して軽さを出します。前髪は目の上でカットし、顔まわりのラインがラウンドするように繋げます。

【How to ヘアカラー】

・カラーは10レベルのシナモンベージュに。
・柔らかくくすみのないベージュなので、肌の色をパッと明るく見せてくれます。

ランダムカールが作る女性らしいボブスタイル

【How to スタイリング】

・パーマはデジタルパーマで、ベースは平巻き、動きを表現する表面はフォワード&リバースのMIX巻きで。カールが重ならないようにすることで無造作な仕上がりに。

・スタイリングは、根本を立ち上げながら8割ほど乾かしたらスタイリング剤を塗布します。おすすめはツヤ感と束感がつくれるGARDENオリジナルの“ミエル オイルバーム”。手に取り毛先→表面と揉み込むように塗布し、最後に前髪の束感を整えたら完成です。

無造作カールへアで結んでもおしゃれに!前髪ありの大人カジュアルボブ

【Style2】エアリーで軽やかな外ハネボブは長め前髪で大人仕上げに

気温の上昇につれて、髪も軽やかにスタイルチェンジしたい。そんな気分にぴったりなのがこちらのボブヘアです。外ハネ+パーマ+長めの前髪が、エアリーで抜け感を演出してくれます。前髪ありでも、長めバングなので幼く見えません。カジュアルで大人可愛いボブ。パーマをかけた方が湿度が高くても崩れにくく、時短ヘアを叶えるのでおすすめです。

エアリーで軽やかな外ハネボブは長め前髪で大人仕上げに

【How to ベース】

・パーマの軽さをプラスした短めボブは、小顔効果もバッチリ!肩上の長さで短めのボブにカットし、トップに骨格に合わせてレイヤーを入れます。
・顔まわりにおくれ毛をつくるのが小顔効果のポイントに。前髪は目の上ギリギリの長さで空気感がある仕上がりに。

【How to ヘアカラー】

・カラーは、明るめの13レベルのベージュをチョイス。
・柔らかさと女性らしさが漂うカラーリングです。

エアリーで軽やかな外ハネボブは長め前髪で大人仕上げに

【How to スタイリング】

・パーマは18mm〜23mmのロッドで内巻きカール&表面はMIXスパイラルに。
・アイロン仕上げの場合、26mmで外ハネに仕上げてから、トップをフォワード&リバースのMIX巻きにします。
・スタイリング剤はバームとオイルを混ぜて、全体に揉み込みます。ポイントは前髪だけ、毛先1/3に塗布して軽やかにつくること。

長めバングで抜け感たっぷり!エアリーな外ハネボブでおしゃれヘアに

【Style3】切りっぱなし感にレイヤーをプラスした技ありロングボブ

切りぱなしヘアに、トレンドのレイヤーを入れたロブスタイル。ベースの厚みを残しつつ、軽さや動きのある表情をプラス。カジュアルでもなく、モードでもない絶妙なエモさとフェミニンさのあるスタイルになっています。ロブでも大人っぽい雰囲気を叶える美人ヘア。レイヤーの軽い表情で今っぽい動きのあるスタイルに。柔らかい髪質の人にもおすすめです。

切りっぱなし感にレイヤーをプラスした技ありロングボブ

【How to ベース】

・肩につくくらいの長さでワンレングスにカット。重さを残しながら表面にレイヤーを入れて動きをプラスします。
・前髪は巻いた時に目にかからない長さでカットし、シースルーでもあえて“ぱっつん”とラインを出して目元を強調。

【How to ヘアカラー】

・今どきフェミニンは、カラーで抜け感アップ。カラーは赤みを打ち消すブルージュに。
・抜け感や透明感が欲しい人におすすめの色味です。

切りっぱなし感にレイヤーをプラスした技ありロングボブ

【How to スタイリング】

・ドライ後、32mmのアイロンで全体を内巻きにワンカール、レイヤーに合わせて巻きます。
・スタイリング剤はツヤ感があり、ややセット力のあるスプレーオイルがおすすめ。
・表面にしっかりツヤが出て、束感や動きをつくれるのでおしゃれなスタイルに。

ぱっつんシースルーバングで目力アップ!今っぽい“エモフェミニン”ロブ

トレンドはこれ!「今どきミディアム」の正解は?

【Style1】スライドカットで顔周りを遊ぶとトレンド感がアップ

今シーズンも不動の人気のシースルーバングとローレイヤーミディのコンビネーション。ラフで柔らかい印象でありながら、スライドカットにより顔まわりに束感のニュアンスが生まれ、今年っぽい抜け感のある仕上がりになっています。仕事スタイルにも対応でき、重めなのでボリュームが出やすいクセ毛さんにも。とにかく手軽に可愛いヘアにしたいという人におすすめです!

スライドカットで顔周りを遊ぶとトレンド感がアップ

【How to ベース】

・鎖骨と胸の間くらいの長さでワンレングスにカットして、ローレイヤーを入れます。
・顔まわりには軽さと束感をメイクするスライドカットを。
・前髪は目にかかる長さのシースルーバングで、骨格を見極めながらにデザインします。アイロン無しでもナチュラル可愛いヘアが決まる。

【How to ヘアカラー】

・カラーはツヤ感のあるパールベージュに。褪色しても綺麗な色をキープできるので、日差しが強くなる季節におすすめです。
・紫外線を浴びても綺麗なカラーをキープできるパールグレージュとの相性もよく、透明感のあるミディアムスタイル。

スライドカットで顔周りを遊ぶとトレンド感がアップ

【How to スタイリング】

・スタイルのポイントとなる前髪と顔まわりから乾かし、7割程度までざっとドライします。その後、キューティクルを整えるようにドライヤーの風を上から当てて乾かします。

・太めのロールブラシか、デンマンブラシで軽く内巻きにブローします。オイルを塗布して、束感をほぐすように整えたら完成です。32mmのカールアイロンやストレートアイロンで仕上げても◎。

人気のシースルーバング&ローレイヤーミディヘアは、顔まわりに遊びのあると今年っぽい!

【Style2】程よい外ハネが夏に似合う艶っぽミディアム

暑い季節を乗り切れる涼しげな柔らかさのある外ハネミディ。ゆるやかパーマのエアリーなハネ感によって抜け感もたっぷりです。ナチュラルであっても、艶っぽさをプラスすることでキレイめに。また、今、外出にはマスクが必須となっているので、顔まわりをすっきり軽くすることがポイントになります。カットで骨格バランスを整えられるので、どんな顔型でもトライできるデザインとなります。

程よい外ハネが夏に似合う艶っぽミディアム

【How to ベース】

・前髪あり!軽やかで、抜け感たっぷりの外ハネミディ。ベースの長さを肩上くらいに設定し、やや前上がりでカットします。
・表面にグラレイヤーを入れ、やや重めに。前髪はおろし流しができる目と眉の間くらいでシースルーにカット。

【How to ヘアカラー】

・カラーは赤みを抑えまろやかなプラチナシナモンベージュをチョイス。
・ツヤ感があってどんな肌色とも相性抜群のマルチカラーです。

程よい外ハネが夏に似合う艶っぽミディアム

【How to スタイリング】

・パーマならデジタルパーマがおすすめ。20〜23mmくらいのロッドで内巻きにワンカール。ゆるいカール感にすることで、ツヤ感と柔らかさの両方をゲットできます。ドライ前にツヤが出るベース剤を塗布。乾いたらシアバターを揉み込み外ハネに。最後に残ったスタイリング剤を前髪の毛先に付けます。

・アイロン仕上げなら、ストレートアイロンで。ポイントは毛束を挟んだら猫の手のように“ニャン”とすること。自然な手首の動きで柔らかく軽い仕上がりを実現。ソフト系のクリームをわしゃわしゃっと塗布したら完成です。

マスク時でも顔周りスッキリヘア|シースルーバンク×外ハネ…猫の手スタイリングで自然な仕上がり

【Style3】レイヤー&ハイライトで軽やかさアップ!浮遊感ミディ

人気の外ハネに浮遊感をプラスしたミディアムへア。レイヤーとハイライトで軽さを表現しながら、外ハネに重さを残すことでクールな表情を加え、シャレ感をアップします。ツヤ感がある大人っぽい雰囲気でありながら、カジュアルさもキープしたミディ。束感&動きたっぷりで、トレンドを先取りして周りと差をつけたい人におすすめなデザインです。

レイヤー&ハイライトで軽やかさアップ!浮遊感ミディ

【How to ベース】

・ツヤ感&束感重視!前髪ありの大人カジュアルヘア。鎖骨下3cmくらいの長さで前下がりのワンレングスでカット。
・おくれ毛の長さを計算しながらレイヤーを入れます。前髪は巻いた後に目にかかる長さで薄めにカットします。

【How to ヘアカラー】

・カラーは、全頭に細かなハイライトを入れて、柔らかい印象の10レベルラベンダーアッシュをオンカラー。
・ハイライトはレイヤーの浮遊感との相性バッチリです。

レイヤー&ハイライトで軽やかさアップ!浮遊感ミディ

【How to スタイリング】

・根元をふんわりさせてトップのボリュームが出るようにドライします。乾いたら32mmのアイロンで毛先を外ハネに、その後、トップの髪をリバースにカールづけします。前髪は毛先のみがポイント。

・髪のまとまりを良くするオイルを手に付け、髪に空気を含ませるように下から上に向けてバサバサっと塗布します。表面はツヤ感のでるバームを揉み込むように付け、束感を整えたら完成です。

人気の外ハネへアは重めでおしゃれ顔に!クール美人をつくるミディ

ダークカラー×軽やかカールが旬な「ゆるウェーブロング」

【Style1】これでモテない訳がない!暗髪ウェーブロング

ゆるカールで人気の波ウェーブスタイルですが、今どきのモテ髪としてだけでなく、実は簡単につくれる優秀ヘアなんです。アイロンが苦手……、そんな人にこそおすすめしたいロングヘア。前髪は幅が狭めのシースルーで、下ろし流しも、かき上げも2WAYで楽しめる万能バングに。根強い人気のシースルーバングとロングの最強モテヘア。

これでモテない訳がない!暗髪ウェーブロング

【How to ベース】

・胸上くらいの長さで前上がりのワンレングスにカットし、レイヤーを入れて軽さをプラス。
・前髪は幅を狭く取り、目にかからない長さでシースルーに。2WAYバングにできるバランスで薄さを調整します。

【How to ヘアカラー】

・ヘアカラーのトレンドとして注目されているのが“暗髪”だそう。
・地毛とも、黒髪とも違い、アッシュのニュアンスを加えたダークカラーで清楚な大人っぽさを演出します。
・カラーは6レベルのアッシュ系のブラウンに。明るい髪から暗髪へトーンダウンする場合、くすませ過ぎないようにすること。

これでモテない訳がない!暗髪ウェーブロング

【How to スタイリング】

・髪を乾かしたら32mmのアイロンで耳前の髪は毛先から外ハネ→内巻き→外ハネと波ウェーブを3カール。耳より後ろの髪は内巻き→外ハネ→内巻きとつくり、毛先のカールに“ズレ”が生まれることで立体的なスタイルに。

・顔まわりはリバースに流れる毛束をつくります。オイル系のスタイリング剤を全体になじませ、セミウェットな質感に仕上げます。アイロンは添える程度でカール感を強くしないことがおしゃれヘアのポイントに。

前髪ありの暗髪ロング×波ウェーブで最強モテヘア!

【Style2】落ち着きカラーにノーバングゆるカールスタイルでいつでも美人見え

あざと過ぎない女性らしさを演出するこちらのロング。キリッと芯のある女性らしさをプラスしてくれるので、働く女子に一押しのスタイルです。オフィスではもちろん、ゆるやかなカール感はカジュアルなファッションとも好相性。艶感のある仕上がりにすることで女性らしさを引き立ててくれます。直毛や硬毛の人はゆるめにデジタルパーマをかけるのがおすすめです。働く女子におすすめしたい、艶感重視のロングヘア。

落ち着きカラーにノーバングゆるカールスタイルでいつでも美人見え

【How to ベース】

・髪の長さは、顔と等倍の黄金比率にすることが美人ヘアの秘訣に。ベースの長さ設定は美人ヘアの鉄則である“顔の等倍”にカット。
・アウトラインの重さを残しながら、顔まわりにレイヤーを入れます。前髪はアゴくらい長さで薄めにカットします。

【How to ヘアカラー】

・落ち着いたカラーリングにしつつ、ハイライトを入れることで柔らかさと動きのあるデザインになっています。
・艶感があり赤みを抑えるアッシュラベンダーのカラーに、表面・顔まわり・襟足にハイライトを入れて柔らかさをプラス。

落ち着きカラーにノーバングゆるカールスタイルでいつでも美人見え

【How to スタイリング】

・毛量の多い人、少ない人、直毛の人にはデジタルパーマを。太めのロッドで毛先を1.5回転巻いてゆるめのパーマをかけます。パーマなしの場合、32mmのアイロンで全体を内巻きワンカール。表面を数カ所1cmくらい取り、根元付近からフォワードに巻いて柔らかい印象に。

・巻き終わったら手ぐしでほぐしてから、艶感の出るバームを揉み込みます。塗布する際、高い位置でポニーテールを結ぶようにするとキレイに仕上げることができます。

ダークカラーヘアでも柔らかい印象に!前髪なしの美人ロングはゆるやかカールで艶っぽく

つけるだけで一気に夏映えする「スカーフアレンジ」【5選】

【Style1】湿気でうねる髪もスカーフターバンでおしゃれにまとめる

【1】湿気でうねる髪もスカーフターバンでおしゃれにまとめる

プライベートスタイルなら即効、おしゃれに映える「スカーフターバン・シニヨン」!

\How to/

【STEP1】 ヘアミルクを全体になじませる。
【STEP2】 前髪をセンターパートに分ける。
【STEP3】 襟足でひとつ結びにし、後頭部の毛束を引き出して形を整える。
【STEP4】 毛先をみつ編みしてぐるりと巻き、ラフなシニヨンに。
【STEP5】 スカーフを斜めにふたつ折りして三角にしてから細長く畳む。
【STEP6】 襟足からぐるっとスカーフを巻き、トップでねじり折り返し襟足で結ぶ。

【1】湿気でうねる髪もスカーフターバンでおしゃれにまとめる

【SIDE】

【1】湿気でうねる髪もスカーフターバンでおしゃれにまとめる
【BACK】

\もしスカーフがうまく巻けないならカチューシャを活用しても◎/

【1】湿気でうねる髪もスカーフターバンでおしゃれにまとめる

湿気が多い日のヘアアレンジ|即効おしゃれに映える「スカーフターバン・シニヨン」

【Style2】ボリュームアップも叶う夏っぽアレンジ

\教えてくれたのは…ヘアサロンtricca銀座店 スタイリスト野口眞莉奈さん

【2】ボリュームアップも叶う夏っぽアレンジ
銀座にあるヘアサロン『tricca』の人気スタイリスト。女性らしいモードなショートやボブスタイルが得意で、銀座で働く感度の高い女性たちから支持されている。

髪質:猫っ毛で量は少なめ。
髪の長さ:あご下のボブ。前髪は眉が隠れる長さ。
ヘアカラー:ハイライトとローライトを入れてトーンアップしている。
パーマ:ナシ
髪コンプレックス:猫っ毛で毛量が少なく、ボリュームが出にくい。後頭部が絶壁気味。

\短い髪のひとつ結びにボリュームを出して華やかにするスカーフアレンジHow to/

【STEP1】
・髪の表面と襟足にヘアオイルを。
・髪が短いので、まとめたスタイルをキープするために、ヘアオイルをなじませます。
・表面にヘアオイルをつけておくと、最後に髪をつまみ出しやすくなります。

【2】ボリュームアップも叶う夏っぽアレンジ

襟足にもヘアオイルをなじまると、短い髪でもまとめやすくなります。手のひらと指の間にヘアオイルを広げて、手ぐしで襟足の髪をかき上げるようになじませます。

【2】ボリュームアップも叶う夏っぽアレンジ

【STEP2】
・ひとつに結んで後頭部の髪をつまみ出す。
・手ぐしで髪をひとつにまとめたら、ヘアゴムでポニーテールに。
・結ぶ高さは襟足ギリギリの位置にすると、あとでスカーフをつけた時に止まりがいいですよ。
・ヘアゴムで結んだ後、片手で結び目を押さえながら、後頭部の髪を色々な場所から細くつまみ出して、絶壁をカバーします

【2】ボリュームアップも叶う夏っぽアレンジ

【STEP3】
・スカーフを巻きつけていく。
・スカーフをトップの髪が隠れない程度の幅に折りたたんだら、襟足の結び目したから巻きつけていきます。
・前髪の生え際で折り返し、襟足の下で1回結びにします。その後、ヘアゴムの上でもう一度ひとつ結びに。

【2】ボリュームアップも叶う夏っぽアレンジ

ヘアゴムがすべり止めの役割りをしてくれるので、ひとつ結びでもきちんと止まり、毛束とのなじみもいいですよ

【2】ボリュームアップも叶う夏っぽアレンジ

【STEP4】
・もみ上げと襟足の毛を少しつまみ出す。
・ヘアスタイルに動きが出るように、もみ上げと襟足部分の髪を少しだけ引き出します。

【2】ボリュームアップも叶う夏っぽアレンジ

【完成】
・ほんの少し下ろしたもみ上げと襟足の毛束のおかげで、こなれたスタイルに。
・スカーフのおかげで、トップにボリュームも出て華やか。

【2】ボリュームアップも叶う夏っぽアレンジ

【BACK】
・短い毛先とスカーフの先がなじんで、自然とボリュームUP!
・細くたくさんつまみ出した毛束のおかげで、絶壁を感じさせない立体ヘアに。

【2】ボリュームアップも叶う夏っぽアレンジ

つぶれやすい髪をスカーフでカムフラージュ!|結んだ毛束のボリュームUPも狙えるスカーフアレンジ【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 118】

【Style3】簡単だけどおしゃれに見えるざっくりまとめ髪

【3】簡単だけどおしゃれに見えるざっくりまとめ髪

スカーフはもちろん、低め&アシンメトリーもエフォートレスの決め手。

【3】簡単だけどおしゃれに見えるざっくりまとめ髪

【SIDE】

【3】簡単だけどおしゃれに見えるざっくりまとめ髪

【BACK】

\How to/

【STEP1】
・センターからあえてずらし低めの位置でお団子に。
・手ぐしで髪全体を右下へ集めてゴムで結んだら、最後に毛束をふたつに折ってお団子を作る。
・毛先を多め&ラフに出すのがコツ。トップの毛束をつまみ、ほぐして。

【3】簡単だけどおしゃれに見えるざっくりまとめ髪

【STEP2】
・カラフルなスカーフをカチューシャ風にアレンジ。
・スカーフをラフに折って帯状にし、髪の結び目の下へ通したら、左右の長さをアシンメトリーにして一度結ぶ。
・その後、結び目へ巻きつけてリボン結びにする。

【3】簡単だけどおしゃれに見えるざっくりまとめ髪

【STEP3】
・スタイリング剤をつけ後れ毛と前髪の毛束を強調。
・ウエットな質感が加わるスタイリング剤を指先へ少量つけ、後れ毛や前髪へつまむようにつける。
・毛束感が際立ち、ナチュラルだけど洗練された雰囲気へ!

【3】簡単だけどおしゃれに見えるざっくりまとめ髪

初夏のヘアアレンジは、ざっくり束ねてリラックススタイルで♪

【Style4】膨らんでしまう髪をカバー!華やかアレンジ

\教えてくれたのは…ヘアサロンchobbi アシスタントスタイリスト Tomokoさん/

【4】膨らんでしまう髪をカバー!華やかアレンジ
銀座にあるヘアサロン『chobbi』のアシスタントスタイリスト。今年中にスタイリストとしてデビューを目ざしている。コンプレックスを解消しながら個性を生かしたカットを勉強中。

髪質:太くてしっかりとした髪質で、量も多い。
髪の長さ:鎖骨下のセミロング。前髪は眉下の長さ。
ヘアカラー:ナシ
パーマ:前髪のみ、細かいパーマがかかっている。
髪コンプレックス:毛量が多く、ハチが張っている。

\ハチ張りを押さえてこなれた印象を与えるスカーフスタイルHow to/

【STEP1】
・バームを撫でつけて膨らみを押さえる。
・手のひらにバームを広げ、髪の膨らみを押さえ込むように撫でつけていきます。
・トップとサイドの表面になじませたら、前髪をくしゃっと握りながらバームをつけて、ウェーブ感を出しておきます。

【4】膨らんでしまう髪をカバー!華やかアレンジ

【STEP2】
・低めの位置でポニーテールに。
・髪をひとつにまとめて、ヘアゴムでポニーテールにします。
・結ぶ位置は、襟足近くに低め。後でスカーフを結んだ時にフィット感がいい位置です。

【4】膨らんでしまう髪をカバー!華やかアレンジ

【STEP3】
・トップの髪を覆う幅のスカーフをつけていく。
・正方形のスカーフをトップ全体が隠れる幅に折ってから頭にのせます。
・スカーフの幅を太めにすることで、ハチの膨らみがしっかり押さえられます。

【4】膨らんでしまう髪をカバー!華やかアレンジ

【STEP4】
・スカーフをトップからポニーテールにしたヘアゴムの下に持っていく。
・ヘアゴムを隠すようにひとつ結びします。

【4】膨らんでしまう髪をカバー!華やかアレンジ

【完成】
・トップの髪をすべてスカーフで押さえているから、膨らみが気にならない!
・パーマのウェーブを生かした前髪は、スカーフで押さえたスタイルに軽さをプラス。

【4】膨らんでしまう髪をカバー!華やかアレンジ

【BACK】
スカーフはひとつ結びにすることで、ポニーテールの髪となじんで華やかな雰囲気に。

【4】膨らんでしまう髪をカバー!華やかアレンジ

ハチの膨らみをスカーフでカバー!|ポニーテールがグッと華やぐスカーフアレンジ【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 113】

【Style5】短めヘアでもできるお団子ハーフアップにスカーフをプラス

\教えてくれたのは…ヘアサロンchobbi スタイリスト wacoさん
【5】短めヘアでもできるお団子ハーフアップにスカーフをプラス
表参道の隠れ家的ヘアサロン『chobbi』のスタイリスト。美容師歴10目。学生時代から文化祭や習い事の発表会で友人たちのヘアアレンジを担当。お出かけからパーティアレンジまで、お任せあれ!

髪質:太めの直毛。量も多い。
髪の長さ:肩にかからない長さのボブ。前髪は目にかかるくらいの長さ。
ヘアカラー:髪が柔らかく見えるように明るめのベージュブラウン。
パーマ:ナシ
髪コンプレックス:毛量が多いうえ、直毛で動きがつきにくい。

\スカーフを使った華やかなハーフアップおだんごアレンジHow to/

【STEP1】
・髪全体にバームとオイルを混ぜてなじませる。
・髪に動きをつけやすくするために、バームとオイルを1:1で混ぜたスタイリング剤を全体になじませます。
・オイルだけだとバーコードのように髪が割れてしまいやすいので、ワックスを混ぜて、ツヤと毛束感を出します。

【5】短めヘアでもできるお団子ハーフアップにスカーフをプラス

【STEP2】
・ハチ上の髪をラフに取る。ハーフアップする髪は、ハチ上部分だけにします。
・これで高めのハーフアップおだんごが作りやすくなるうえ、あとでサイドの髪にニュアンスをつけられ、大人っぽく仕上げられます。
・手ぐしを通さず、毛束を持ち上げるようにまとめるだけにすると、サラサラの髪もラフな印象に。

【5】短めヘアでもできるお団子ハーフアップにスカーフをプラス

【STEP3】
・毛束をヘアゴム2本で結んでおだんごに。【STEP2】でまとめた毛束を、ヘアゴムを2本まとめて使って結んでいきます。
・ヘアゴムを2本使いすることでしっかり留まり、おだんごがコンパクトになってバランスが良くなります。
・最後は毛束をヘアゴムに通しきらず、親指1本分が入る輪でおだんごに。
・毛先は下向きになるように留めます

【5】短めヘアでもできるお団子ハーフアップにスカーフをプラス

【STEP4】
・おだんごから毛束を少しずつ引き出す。
・【STEP3】の結び目を片手で押さえながら、もう片方の手でおだんごの毛束を少しずつ引き出してルーズに。

【5】短めヘアでもできるお団子ハーフアップにスカーフをプラス

【STEP5】
・結び目にスカーフを巻きつけて。
・ヘアゴムの結び目部分に、スカーフを巻きつけていきます。
・2重に重ねたら一度ひとつ結びをして固定し、さらにもう1周巻きつけます。

【5】短めヘアでもできるお団子ハーフアップにスカーフをプラス

スカーフの先を適当に折りたたんで、先端をヘアピンで留めます。スカーフの先もラフな形にすることで、大人カジュアルな雰囲気になります。

【5】短めヘアでもできるお団子ハーフアップにスカーフをプラス

【STEP6】
・前髪、サイド、毛先をコテで巻く。
・前髪につむじがあって割れやすいので、センターの髪をしっかりと巻きます。

【5】短めヘアでもできるお団子ハーフアップにスカーフをプラス

サイドの毛束を外側にねじってから巻き、コテを縦にしながらぬいていきます。後ろのかみの毛先は外ハネに巻いて、動きを出します。すべて巻き終えたら、サイドの髪を少し耳にかけて、すっきりと見せます。

【5】短めヘアでもできるお団子ハーフアップにスカーフをプラス

【完成】
・スカーフのアクセントと動きのある毛束感が、幼さを感じさせないハーフアップおだんごに。
・リラックス感のあるスタイルで、大人な余裕を感じるカジュアルを楽しめる。

【5】短めヘアでもできるお団子ハーフアップにスカーフをプラス

顔周りの髪をすっきり♪|サラサラ髪に動きをつけて華やぐハーフアップおだんごに【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 109】

 

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事