ヘアカラー
2020.9.20

明るめの髪色で気持ちも晴れやかに|ブラウン系、アッシュ系、ベージュ系…おすすめヘアカラーまとめ

なんとなく気分がどよんとするとき、切り替えてくれるのは意外と単純なことかもしれません。気持ちが晴れやかになるような明るめな髪色のスタイルを『美的.com』の連載でも好評だった人気サロンのスタイルから集めました!ぜひチェックしてみてください。

【目次】
ブラウンの明るめカラー
アッシュ系のカラーで華やかに
どんな服にも合わせやすいベージュ系のヘアカラー

ブラウンの明るめカラー

温かみのあるツヤ感を演出するブラウンベージュ

%e2%91%a0

【how to“ベース&カラー”】
鎖骨下5cmで、やや前上がりに。レイヤーをトップと顔まわりに入れて、ベースラインは重めに残します。大人フェミニンに見せるポイントは、中間から毛先にかけての毛量調整で、適度な厚みを残すこと。前髪は頬の位置から流れるようにカット。8トーンのブラウンベージュは、赤みを抑え、髪本来の色をキレイに見せる、温かみのあるツヤ感を演出するカラーです。

%e2%91%a1

【how to“スタイリング”】
トップと顔まわりは、根元を立ち上げながら乾かすとスタイリングが楽に。髪が乾いたら、32mmのアイロンで、サイドは2段、バックは3段に分けてそれぞれ毛先をワンカールします。サイドもバックも、上段のセクションを巻く時は、髪を引き出す位置をやや高くすると、ランダムな動きが出て、ふわっとしたカール感に。両サイドの前髪は、リバースに巻いて流します。トリートメントワックスを、全体的に揉み込み、前髪の立ち上がりをスプレーでシュッと固めたら完成です。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 阿部由菜さん

斜め前髪×ワンカールセミロングは、ふわっと華やか!大人かわいい印象に

大きめカールのカジュアル感がちょうどいいミディ

8888-2

【how to“ベース&カラー&パーマ”】
鎖骨上の長さで前上がりにカットしたローレイヤー。パーマをかけた時に厚みや広がりが出ないように毛量感を調整し、毛先はスライドカットで束感が出るようにします。カラーは、面をキレイに見せツヤ感のある髪に仕上げるため、7トーンのアプリコットブラウンに。ブラッドオレンジとブラウンをミックスした健康的な髪色です。パーマをかける場合、太めロッド&大きめカールのデジタルパーマを施します。

%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%891

【how to“スタイリング”】
スタイリングは、ドライ後にツヤが出るクリームワックスを中間から毛先に塗布し、やや重めの質感で毛束を作ります。前髪は流行りの透け感バングでも、暖色系の色味は厚みを感じやすいので、束感を強調しながら流すことで軽さや今っぽさを表現します。パーマ無しの場合、太めの38mmのアイロンで、顔周りはリバースに、バックはランダムにゆるく巻いてからスタイリング剤をつけて整えます。

担当サロン:Sui(スイ) 中村育美さん

ミディは、今どきパーマで軽やかにこなれる!ポイントは「Iライン」のシルエット

アッシュ系のカラーで華やかに

透明感のあるカラーで、スタイリングも手軽に決まる

%e2%91%a0
【how to“ベース&カラー”】
ベースは前下がりのショートボブにカット。顔まわりトップには軽さが出るようにレイヤーを入れます。前髪は目の上ギリギリの長さで切り、サンドバングとマッシュラインで繋げて丸みのあるスタイルに。量感を調整して、重すぎない印象としています。カラーは6レベルのアッシュグレーに。ダークカラーでありながら、透明感があり重さを感じさせず、屋外で太陽の光に当たった時には透けたように見える色味です。

%e2%91%a1
【how to“パーマ&スタイリング”】
23〜25mmのロッドを使い、襟足以外に毛先ワンカールのパーマをかけます。スタイリングは、キレイにまとめようとせずに、ドライヤーでざっと乾かすだけでOK。乾いたらミルクやバターなどウェットな質感に仕上がるスタイリング剤を全体的に揉み込み、毛束感を整えたら完成です。

担当サロン:Sui(スイ) 新地琢磨さん

大人のゆるかわショートヘアは、ニュアンスパーマのラフさが鍵!

顔色をキレイに見せるアッシュブラウン

%e2%91%a0
【how to“ベース&カラー”】
サイドの長さをリップラインに設定して、やや前下がりのアウトラインでベースをカットします。トップには角を落とす程度のレイヤーを入れて、重さを取ります。耳にかけた時に“ぴょんぴょん”と毛が飛び出さないよう計算して、毛量調整は控えめに。カラーは、日本人の赤みを打ち消す8レベルのアッシュブラウンに。アッシュに寄り過ぎていないため、顔色をキレイに見せる効果があり、オンでもオフでもシーンを選ばずにマッチする色味です。
%e2%91%a1

【how to“スタイリング”】
ドライは、髪を前に向かって乾かし、トップは根元をこすりながらドライヤーの風を当てます。乾いたらストレートアイロンを中間から毛先に向かって軽めに通します。ウェットな仕上がりになるようスタイリング剤はオイルを選びます。オイルを全体的に馴染ませ、手に残ったスタイリング剤を前髪につけたらフィニッシュ。ふんわりさせる場合、32mmのアイロンで中間から巻いて動きをつけてから、軽く耳にかけて。

担当サロン:AFLOAT D’L (アフロート ディル) 吉武満里奈さん

長め前髪の大人顔ショートヘア。短くてもアレンジで印象チェンジOK

透明感がある大人カラーにおすすめベージュ

%e2%91%a0

【how to“ベース&カラー”】
顎下3cmの長さに設定し、グラデーションで平行ラインにカット。バックからレイヤーを入れて丸みのあるシルエットに仕上げます。前髪は目にかかるくらいの長さでダブルバングにカットして、流した時にサイドと馴染むように調整します。カラーは、10レベルのアッシュベージュに染めます。透明感があり大人カラーにおすすめのベージュ系で、赤みを抑えるアッシュをミックスした上品な色味です。流した時にサイドと馴染むように調整します。カラーは、10レベルのアッシュベージュに染めます。透明感があり大人カラーにおすすめのベージュ系で、赤みを抑えるアッシュをミックスした上品な色味です。

%e2%91%a1

【how to“スタイリング”】
乾かす前にベースオイルを毛先中心に塗布します。全体的に手ぐしを通すようにドライしたら、26mmのアイロンでアウトラインを外巻きにワンカール。ツヤ感が欲しいときは、アウトライン以外を内巻きにしても◎。乾かす前にオイルを付けているのでスタイリング剤は無しでもOK。最後に両サイドの髪を軽く耳にかければ出来上がりです。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 大山幸也さん

大人ボブヘアは、ダブルバングで叶う!くびれ+ハネでメリハリ美人ヘアOK

暗めの色が明るく見えるアッシュベージュ

%e2%91%a0%e5%b7%ae%e3%81%97%e6%9b%bf%e3%81%88-1

【how to“ベース&カラー”】
ベースはアゴラインの長さで、やや前下がりのワンレングスボブでカット。表面に入れたレイヤーが、毛先に動きをつけてくれます。前髪は横幅を狭くし、巻いた時に目にかかる長さを計算してカットします。横幅を狭くすることで、分け目を変えれば“かきあげ前髪”も楽しめます。カラーは、アッシュ寄りのベージュ。暗めの7レベルでも、透明感のあるカラーなので、重たさを感じず抜けのある印象に。

%e2%91%a1

【how to“スタイリング”】
髪をドライしたら、26mmのアイロンで内巻きワンカール。表面は2cm間隔で細かめの毛束を取り、リバースにワンカールさせると立体感のあるスタイルになります。最後に、ヘアオイル、もしくはシアバターを全体になじませて、カール感をほぐすようにスタイリングします。ウェットな質感と前髪にもしっかりスタイリング剤を付けるのがデザインのカギです。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 蛇石智哉さん

シースルーバングのショートボブは大人でもトライしやすい!輪郭補正で、丸顔が気になる人にも!

どんな服にも合わせやすいベージュ系のヘアカラー

透明感とツヤ感のあるオレンジベージュ

%e2%91%a0

【how to“ベース&カラー”】
ベースは鎖骨下の長さで前上がりのワンレングスでカット。表面からレイヤーを入れて軽さと動きを出します。前髪は目の上ギリギリの長さでカットして、サイドにかけて緩やかなラウンドで繋ぎます。また、浅めにすることが幼く見えないポイント。毛量調整はスライドカットで先細りの柔らかい仕上がりに。カラーは10レベルのオレンジベージュに染めます。やや明るめのレベルで透明感とツヤ感のある髪をもたらす色味です。

%e2%91%a1

【how to“パーマ&スタイリング”】
根元をふんわりと立ち上げるようにドライし、乾いたら32mmのアイロンで毛先を外ハネに巻きます。頭のハチ上は、アイロンで巻く毛束を真上に引き出して内巻きにワンカール巻くことで動きをプラス。前髪は巻き過ぎないように通すくらいでOK。スタイリング剤は、ナチュラルな束感とツヤを引き立てるためシアバター&オイルをミックスし、髪を一つ結びにするように手ぐしを通しながら塗布します。こうすることで内側の髪にもしっかりスタイリング剤をつけることができ、髪の動きを表現することができます。前髪はシアバターのみを少しだけ塗布し、透け感のアクセントを整えたら完成です。

担当サロン:Un ami omotesando(アン アミ オモテサンドウ) 島田梨沙さん

前髪ありミディアムヘアでも大人っぽさを演出! 柔らかくラフな動きの愛されミディ

赤みを抑えてくすみのない柔らかな印象のベージュカラー

%e2%91%a0

【how to“ベース&カラー”】
ベースは鎖骨下の長さでアウトラインを前上がりにカットします。動きやくびれを演出するレイヤーをトップと顔まわりに入れます。前髪は目にかかるギリギリでカットして目力アップ効果に。サイドバングは頬にかかる長さでカットして前髪と自然なラインでつなげます。カラーは、10トーンのアッシュベージュに。ベージュにアッシュを加えることで、赤みを抑えながら、くすみのない柔らかな印象に仕上げます。

%e2%91%a1

【how to“スタイリング”】
ドライ時は、根本を前方向に向かって乾かします。全体が乾いたら32mmのアイロンを使い、サイドの髪を毛先から外巻き→内巻きと1回ずつ波ウェーブに巻きます。バックは外ハネだけでOK。その後、もみ上げと表面の髪を細く束で取り、リバースに巻きます。前髪はストレートアイロンがオススメですが、カールアイロンを使う場合中間から軽く通すだけに。ややウェットな仕上りになるバーム系のスタイリング剤を馴染ませたらフィニッシュ。

担当サロン:AFLOAT D’L (アフロート ディル) 井上晃輔さん

くびれセミディヘアは、ラフさが鍵! ナチュラルな大人の色気を演出

ニュアンスカールが柔らかく映えるシナモンベージュ

%e2%91%a0

【how to“ベース&カラー”】
ベースは鎖骨下5cmの長さでやや前上がりにカットします。こめかみ上にレイヤーを入れ、毛先の厚みは残しつつ、ふんわり柔らかい動きをプラス。前髪は幅を“浅く広く”するのがポイントとなり、隙間ができてこなれ感のある印象になります。カラーは9レベルのシナモンベージュをワンメイク。ベージュにバイオレットとグレーをミックスしたカラーで、バイオレットが黄色を補正し、無彩色のグレーが髪の透明感をアップさせ、顔映りのいい仕上がりに。

%e2%91%a1

【how to“パーマ&スタイリング”】
毛先に2426mm のロッドでパーマをかけます。毛先のニュアンスとなるようサイドは左右2本ずつ、バックは7本、1.5回転巻きます。スタイリングは、ドライしてから、軽い質感で動きの出るクリームバターを全体的に塗布します。毛先だけではなく、11本の根元〜毛先までを薄くつけるイメージで、髪をねじりながらつけたり、結ぶように指を通すとうるおいとツヤ感のあるスタイルが完成します。

担当サロン:GARDEN harajuku(ガーデン ハラジュク) 細田真吾さん

美肌見せカラー×柔らかセミディヘアでイイ女感を!パーマで作る毛流れで今っぽさも

愛されボブはトレンドカラーのオレンジを先取り

%e2%91%a0

【how to“ベース&カラー”】
ベースは肩下くらいの長さでワンレングスにカットし、カットラインが出るように厚みを残すのがポイント。毛先の厚みを残しつつ、適度に毛量調整をします。前髪は眉が隠れる長さでワイドに。奥行きはやや浅めにすることで、セニングなしでも透け感を演出します。カラーは10レベルのオレンジベージュに。流行のオレンジにベージュを加えた色味は、透明感とツヤ感をもたらしてくれます。

%e2%91%a1

【how to“スタイリング”】
外ハネに仕上げたいので、ドライヤーの風を当てながらばーっと髪を振りながら乾かします。ボリュームが出やすい人は上から風を当て、抑えるようにドライを。乾いたら26mmのアイロンで全体を外ハネに巻きます。スタイリング剤は、オイルとバームを同量ミックスしたものを全体に付けます。オイルの束間、バームのセミウェットな質感、双方のメリットを活かした仕上がりに。もみあげと顔まわりにもしっかり塗布し、束感を出すのがキレイ見せポイントです。

担当サロンMINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 海老澤裕美さん

外ハネボブヘアには、こなれ感たっぷりのワイドバングがベストマッチ!

カジュアルミックスな秋ヘアはミルクティーベージュで

%e2%91%a0

【how to“ベース&カラー”】
ベースを鎖骨くらいの長さでワンレングスにカット。顔まわりとトップにレイヤーを入れて、ふわりとした仕上がりに。前髪は巻いた時に眉下になる長さで幅を狭めにカットし、サイドと自然なラインでつなげます。カラーは10レベルのミルクティーベージュで染めます。赤味を消して柔らかい髪質感をもたらすニュートラルな色味となり、透明感のある髪色に。

%e2%91%a1
【how to“スタイリング”】
ドライ時、トップは髪の生えグセに逆らうようにふんわり乾かしながら、外ハネとくびれ感をつくります。乾いたら32mmのアイロンを使い、全体的に波ウェーブを。毛先から外ハネ+内巻きを中間くらいまで巻いたら、顔まわりを細めに毛束をとりリバースに巻きます。さらに、表面も細めの束を取り、根元からクルクルを巻き込み、ほぐします。スタイリング剤は程よいウェット感に仕上がるヘアオイルを選び、全体になじませます。最後に束感をメイクしたら完成です。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 阿部由菜さん

前髪ありでも甘すぎない! 波ウェーブの今っぽフェミニンミディ

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事