食・レシピ
2012.6.29

木下あおいのお薬ベジ★ごはん(5)ヘルシーなのにボリューム満点! 野菜麺のアボカドパスタ

今月のお題:
夏の水着姿に備えて無理なくダイエットしたい

おなかいっぱい食べて美肌&美ボディに!

楽しい夏はもう目前♪ 水着姿に備えて、今から緊急ダイエットを始める人も多いのでは? でも極端な食事制限はリバウンドのもと。そこでおすすめしたいのが「野菜麺のアボカドパスタ」です。

ズッキーニ、きゅうり、にんじんをスライスして麺状にし、アボカドソースで和えた野菜尽くしの1品。パンチのある味で食べ応え充分なのに、油はいっさい使っていないのでとってもヘルシー♥

ビタミンや食物繊維もたっぷりとれるので、女性らしいメリハリツヤボディを目指したい人に最適です。冷蔵庫で2日間程保存も効きますよ!

●注目食材1 「アボカド」の効能
アボカドに含まれる不飽和脂肪酸はコレステロール値を下げたり、中性脂肪を減らす働きあり。老化予防に効果的なビタミンE、ビタミンB群も豊富。

●注目食材2 「黒酢」の効能
新陳代謝を促す必須アミノ酸をバランス良く含み、腸の働きを活発にする麹菌、乳酸菌などもたっぷり。ほかにも便秘改善、殺菌作用などの働きがある。

【材料】(2人分)ズッキーニ…1/2本、きゅうり…1本、にんじん…1/2本
<ソース>アボカド…1個、木綿豆腐…1丁、黒酢…大さじ1と1/2 白みそ(米みそ・麦みそ)…大さじ1と1/2
<トッピング>ズッキーニ…適量、にんじん…適量

【作り方】

①ズッキーニ、きゅうり、にんじんをピーラーで幅1cm程のきし麺状になるように、薄く長くスライスする。あまり力を入れないのがコツ。トッピング用の野菜は5mm角に切る。


②アボカドの身を取り出す。まず縦半分に切り込みを入れ、種に沿ってぐるりと1周刃を入れてからアボカドを両手でひねって半分に割り、種に包丁の刃の角を軽く突き立て、包丁をひねるとキレイに種が外れる。

③ダイエット豆腐ソースを作る。木綿豆腐、黒酢、白みそをフードプロセッサーに入れてなめらかになるまで回す。半量を取り出し、絞り器に入れる(透明袋の先を少し切ったものでも良い。)
④アボカドソースを作る。③のダイエット豆腐ソースの残りに②のアボカドを加えて、なめらかになるまでフードプロセッサーを回す。ボウルに移す。
⑤④のアボカドソースに①の野菜麺を加え、全体をふんわりと和える。器に盛り、③の豆腐ソースを上から絞り、トッピング用の野菜を散らす。

アボカドソースの代わりにオリーブオイルと塩でもOK。あっさりといただけます

+α menu
葉野菜をプラスしてサラダ風に

野菜麺の量は少なめにして、ベビーリーフやグリーンレタス(適量)を加えてもおいしい。おしゃれなサラダとしておもてなしにもぴったり。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事