ボディケア
2020.9.25

「小顔のツボ」は、こんなにある!法令線、眼精疲労にも効く顔まわりのポイント

\"\"

ツボ押しは、血液とリンパの流れを良くし、自律神経のバランスも整えてくれます。今回は「顔」のツボをご紹介します。むくみを解消し小顔に導いたり、美しい口元にしてくれたりと嬉しい効果がたくさん!

目元のツボ押しでむくみ知らずに【攅竹(さんちく)】

眉頭のツボ(さんちく)を親指や小型ローラーでマッサージすると、目元だけでなく顔全体のむくみも解消。


初出:たるみに効く! おすすめリフトアップケア&美容液

記事を読む

血液の流れに関わる【耳珠(じじゅ)】【耳垂(じすい)】

皮膚科医

津田 攝子さん

津田クリニック副院長。ニキビや肌あれに悩んだ自身の経験から、トラブル肌でも美しくなれるケアを提唱。
関連記事をcheck ▶︎

(1)耳珠(じじゅ)
血液が流れつくポイント。

(2)耳垂(じすい)
耳たぶのすぐ下。頬骨から下の血液の流れを集めるポイント。

(3)マンディブラーノッチ
えら(あごの骨の角)に人さし指を当てたとき、その1cm程内側に感じる骨のくぼみ(中指が当たる所)。顔面の神経、動脈、静脈がすべて通り、首のいちばん太い静脈へと続く最重要ポイント。

初出:老廃物を流してクリアな小顔に! プロ直伝の静脈マッサージテクニック

記事を読む

3つをポイントに老廃物を流す「マッサージ」

STEP1:額から「(3)マンディブラーノッチ」へ

・額を手のひら全体で覆う。
・そのまま手のひら全体を押し当てながら、こめかみを通り、中指がマンディブラーノッチに届くまで流す。
・そのとき、人さし指はあごの角に当たる。左を流したら右側も同様に。


STEP2:眉間から「(3)マンディブラーノッチ」へ

・両手で鼻を覆うポジションから、目の下まで指をさすり下ろす。
・目の下からは手のひら全体を頬に押しつけ、圧を加えながらマンディブラーノッチまで流し落とす。
・少しずつあごを上げながら行うと流しやすい。


STEP3:首の太い静脈を流す

・あごを上げて、首の真ん中にある軟骨のやや外側を意識しながら、鎖骨へ向かって4本の指の腹全体を使い流し落とす。
・左側は右手で、右側は左手で交互に。さらにもう少し外側のラインも同様に流し落とす。


STEP4:目周りから「(1)耳珠」へ

・目の上下の3ルートを、目頭側から耳珠に向かって流す。
・上/両目を覆うように手を当て、4本の指先で眉毛のラインをなぞる。
・中/目のすぐ下のライン。
・下/頬骨のトップのやや上。

STEP5:顔の下半分を「(2)耳垂」へ

・“ヤッホー”のポーズからスタート。
・人さし指の側面全体を顔に押し当て、耳垂に向かい流す。
・少しずつ下方へずらして3ライン。
・やりにくければ片方ずつ行って。


STEP6:フェースラインを「(2)耳垂」へ

・人さし指と中指の先であごの先端を挟みスタート。
・指であごの骨をなぞり上げながら耳垂まで流す。
・爪で肌を引っかかないよう、指の腹が肌に当たるように角度を調整して。


STEP7:最後に首を流して仕上げ
STEP3と同様に首の静脈を流して1セット完了。1~7を約3セット繰り返す。

初出:老廃物を流してクリアな小顔に! プロ直伝の静脈マッサージテクニック

記事を読む

法令線を浅くするのをサポート【迎香(げいこう)】

歯科医師

関 有美子先生

せきゆみこ/エステティシャンの資格も所有。歯科医療×美容の融合で生まれた、独自の小顔メソッドが話題に。近著『歯科医が教える即効1秒小顔』(主婦と生活社)も人気!

小鼻の膨らみのすぐ横で、法令線上にあり。口周りの血流を高めて法令線を浅くするほか、鼻筋をすっきり通す効果も。真下に骨があるので、両側から鼻を押さえるように押して。


初出:法令線解消の小顔トレーニング|1分でできる美顔ケア

記事を読む

眼精疲労・食いしばりを解消【太陽(たいよう)】【顴(かん)りょう】

せたがや内科・神経内科クリニック 院長

久手堅 司先生

くでけんつかさ/東邦大学医学部医学科卒業。東邦大学附属医療センター大森病院などを経て、2013年にクリニックを開設。日本神経学会神経内科専門医、日本頭痛学会頭痛専門医。

(上から)
太陽
こめかみの凹んでいる所にあるツボで、頭痛や眼精疲労に効果的。気持ちがいいと感じる所を押す。

顴(かん)りょう
目尻の延長線上で頬骨の縁にある。
「日頃食いしばっている所で、頭痛や肩こりがある人はこっていることが多い」(久手堅先生)


初出:頭痛や肩こりを緩和! 低気圧による不調には耳たぶマッサージ&ツボ押しがおすすめ!

記事を読む

血液とリンパの流れを良くする「8か所のツボ」

ICHM・REPs公認フェイスエクササイズインストラクター/歯科衛生士

高橋裕美さん

井荻歯科医院勤務。“口元から健康でキレイ”をモットーに、クリニックでの勤務の他、セミナー講師や執筆業など多方面で活動中。

Point

勢いよくギュッと押すと皮膚を傷めてしまうので、息を吐きながら中指か人さし指の腹でジワジワと圧をかけ、息を吸いながらゆっくりと緩めていくのがコツです。ツボ押しには、血液とリンパの流れを良くするほか、自律神経のバランスを整える効果も期待できます。

(1)印堂(いんどう)・・・眉間の真ん中

(2)晴明(せいめい)・・・目頭の内側

(3)承泣(しょうきゅう)・・・左右の目の下の骨の縁真ん中

(4)瞳子りょう(どうしりょう)・・・目尻の外側

(5)太陽(たいよう)・・・こめかみの少しくぼんだ部分

(6)絲竹空(しちくくう)・・・眉尻の少しくぼんだ部分

(7)魚腰(ぎょよう)・・・眉毛の真ん中の少し下にあるくぼみ

(8)攅竹(さんちく)・・・眉頭の内側の凹んだところ

初出:顔の若返り筋トレ&ストレッチでシワ・たるみもフェイスエクササイズ&ツボ押しで撃退!

記事を読む

口周りの循環を促すツボ

美しい口元を作るツボとエクササイズ

Point

湯船につかりながら、TVを見ながら…いつでもできる手軽な美容術。唾液の分泌を促すので美肌効果も得られます。

【美唇ツボ】

唾液の分泌や、口周りの循環を促すツボ。法令線に沿ったライン、耳下やえら周りを指圧して。

\エクササイズ/

【棒スマイル】
口角UP&法令線に。歯ブラシを上下の歯でくわえ、口角をギュッと上げる。

【舌回し】
法令線に。唇を閉じ、舌で口の内側からシワをのばすように舌を回す。左右それぞれ3回転。


初出:法令線をなくしたいなら!口元美容スペシャリストおすすめのセルフケア&エステ

記事を読む

摩擦を与えないようオイルやクリームの滑りを生かして!

Point

ストレスによる食いしばりで、肩こりや頭痛につながる場合も。頬骨の下から奥歯の辺りを、手のひらのつけ根を使い、数か所に分け10回程度優しくプッシュ。強張った口元の筋肉をほぐして。


初出:スマホ首、猫背を改善!寝る前やバスタイムに1分以内でできるストレッチ&ツボ押し5選

記事を読む

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事