お悩み別ケア
2019.6.5

法令線解消の小顔トレーニング|1分でできる美顔ケア

老け顔を一気に高める法令線…。上下の歯を離して食いしばりを取り除く“1秒口開けメソッド”にプラスして行いたい法令線解消メソッドを歯科医師の関有美子先生に教えてもらいました。

まずはこちらの記事をチェック♪
>>“食いしばり”でデカ顔に!? 美人歯科医師直伝の小顔トレーニング|食いしばり&歯ぎしりチェックテスト付

老け顔度を一気に高める口周りの緩みに活! 法令線解消メソッド

口輪筋を鍛えて顔全体をリフトUP
口周りの筋肉の衰えは、顔全体がたるむ原因にも! 口の周囲を取り囲み、口を動かすあらゆる動きに使う口輪筋をしっかり鍛えれば、法令線はもちろん、口周りの小ジワの予防にも。

 

\始める前にプッシュしたい美顔点はココ!/
201907g169houreisenn1
小鼻の膨らみのすぐ横で、法令線上にあり。口周りの血流を高めて法令線を浅くするほか、鼻筋をすっきり通す効果も。真下に骨があるので、両側から鼻を押さえるように押して。

 

(1)ボタンとフロスでケアグッズを手作り

201907g169houreisenn2
ボタン1個(直径約2cm)とデンタルフロス(約30cm)を用意。フロスをボタンの穴2か所にループさせて通せば、簡単に口輪筋ケアグッズが完成。

 

(2)ボタンを唇と歯の間に挟む

201907g169houreisenn3
フロスを通したボタンを、歯と唇の間に入れてくわえる。口の中ではなく、前歯の外側の位置にセッティングして。フロスは口の外に垂らす。

 

(3)フロスを引っ張る←→緩める

201907g169houreisenn4
フロスの先を持ち、引っ張る、緩める、を交互に行う。ボタンが唇と歯の間から落ちないよう、唇に力を入れることで、口輪筋が鍛えられる。(10回)

 

教えてくれたのは…
sekiyumiko
歯科医師 関 有美子先生
せきゆみこ/エステティシャンの資格も所有。歯科医療×美容の融合で生まれた、独自の小顔メソッドが話題に。近著『歯科医が教える即効1秒小顔』(主婦と生活社)も人気!

 

『美的』7月号掲載
イラスト/片山智恵 構成/中島麻純・島田七瀬・宍戸沙希(スタッフ・オン)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事