ヘアスタイル・髪型
2020.6.15

耳かけヘアであか抜けスタイルに!レングス別おすすめ【15選】

一気にあか抜けて今っぽくなること間違いなしの耳かけスタイルをお届け!耳にかけるだけで大人らしい抜け感と女性らしさたっぷりの魅力が手に入ります。おすすめヘアスタイルをショート、ボブ、ミディアム、ロングの長さ別に。いつものヘアに飽きてきた方、ぜひチャレンジしてみてくださいね♪

【目次】
こなれ感を手に入れるショート・ショートボブヘア
魅力たっぷりの大人かわいいボブヘア
カジュアルの中にも色っぽさが残るミディアムヘア
いい女度アップ間違いなしのロングヘア

こなれ感を手に入れるショート・ショートボブヘア

ふんわり×タイトなシルエットで小頭見せ

ふんわり×タイトなシルエットで小頭見せ

【How to ベース&カラー】
襟足の長さは、あご下の延長線上でカットし、レイヤーを入れてコンパクトに。サイドは、あごラインに沿うように前下がりに。上部にはグラデーションを入れて丸みを強調。前髪は目が隠れるくらい、下ろしながら流せる長さを残し、シースルーバングになるよう、内側を毛量調整。カラーは、全体を10レベルのベージュでカラーリングした後、立体感を加える13レベルのイエローベージュでハイライトを重ねる。ベージュは赤みを抑え、軽さと透明感を引き出す色。

ふんわり×タイトなシルエットで小頭見せ

【How to スタイリング】
キレイに仕上げるコツは、乾かす時に分け目がつかないように注意し、根元が自然と立ち上がるように、毛流れとは逆方向からドライヤーの風を当てる。スタイリング剤は、オイルとクリームをミックスし、根元から空気を含ませるようにボリュームを出しながら塗布。最後に整えたら完成。

下ろして流す前髪でショートが美フォルムに!ふんわり×タイトなシルエットで小頭効果も

計算された耳かけヘアスタイルで爽やかに

計算された耳かけヘアスタイルで爽やかに

【How to ベース&カラー】
サイドはリップラインくらいの長さに切り、レイヤーを入れる。襟足は首の根本くらいですっきり切り、首が引き締まって見えるように沿う形でシャギーを。バックの横から見たシルエットは重めに設定。襟足のシャギーの上に丸みが来ますが、量の調節をしっかりすることで軽やかさを出せる。前髪は、トップから分けて薄めに。長さは瞳くらいだと、大人っぽい印象に。カラーは、10レベルのアッシュブラウン。ショートに明るいカラーを合わせることで、立体感を醸し出せる。

計算された耳かけヘアスタイルで爽やかに

【How to スタイリング】
バーム(オイル系ワックス)で少しホールド感のあるタイプをチョイス。サイド、バック内側、襟足の順につけていき、手に残ったバームでトップ、前髪をつけていく。トップと前髪につけすぎてしまうと、せっかくの立体感がつぶれてしまうので注意!耳掛けスタイルは、もみあげを気持ち外して耳にかけずと落とすと、一層しゃれ感が増す。

計算された耳掛けヘアスタイルでつくる爽やかショート!立体感と抜け感で軽さを演出

はらりと落ちるおくれ毛で魅せるトレンド感を

はらりと落ちるおくれ毛で魅せるトレンド感を

【How to ベース&カラー】
リップラインのショートボブにカット。王道の小顔バランスでカットすることで、美シルエットにも。前髪は薄めのウザバングとすることで、左右に分けても、流しても、かき上げにもとアレンジが可能。ノンカラー、ノンパーマなので、ダメージ知らずの美髪をキープできる。

はらりと落ちるおくれ毛で魅せるトレンド感を

【How to スタイリング】
ドライ後、ストレートアイロンを使って内巻きに緩やかな丸みをつける。カールづけは毛流れをつくる程度にし、巻き過ぎないことでシックで今どきな仕上がりに。スタイリング剤はオイルをチョイスし、もみ上げのおくれ毛と前髪にしっかり馴染ませ、ウェットな束感をメイク。手に残ったオイルをサイドやバッグにも塗布し、毛束感を整える。最後におくれ毛を残し、両サイドの髪を耳にかけたらフィニッシュ。

タイトなショートボブヘア|はらりと落ちるおくれ毛で魅せるトレンド感

女らしさをキープしてスッキリ美人印象に

女らしさをキープしてスッキリ美人印象に

【How to ベース&カラー】
襟足はギリギリでカットし、ベースは丸みを出すグラデーションに。サイドの長さをあご上に設定して、ウェイトラインが頬骨となるように低めのレイヤー入れる。毛量調整をやや軽めにすることでスタイリングが楽チンに。カラーは、8レベルのセピアグレージュ。ラベンダー+グレー+ベージュをミックスし、透明感があるニュートラルな色味。髪にツヤをもたらし、赤みを抑えるメリットも。

女らしさをキープしてスッキリ美人印象に

【How to スタイリング】
タオルドライをしたらヘアオイルを全体的に馴染ませてから乾かす。前髪のふんわり感がポイントなので、手でかき上げながらドライする。空気感のあるラフなスタイルは、ざっと乾かすだけでもOK。ニュアンスが欲しい時は、前髪の毛先をアイロンでワンカールさせると耳にかけた時にもおしゃれな印象に。ツヤと自然な束感、そして素髪のようなナチュラルな仕上がりを引き出すように、スタイリング剤はオイルクリーム、もしくは柔らかめのミルククリームを選んで。

“小顔ショート”は、ひし型シルエットがカギ!タイトな襟足で首まですっきり美人印象に

耳かけショートでアクセ映え抜群♪

耳かけショートでアクセ映え抜群♪

【How to ベース&カラー】
サイドは耳にかかる長さでグラデーションにカット。バックとトップもグラデーションでつなげる。襟足はキュッとタイトするためレイヤーで。前髪は、目が隠れるくらいの長さでカット。カラーは9レベルのウォームベージュをセレクト。赤みを抑える色味でありながら、髪にまろやかさとツヤ感を与え、柔らかい質感に見せる効果がある。

耳かけショートでアクセ映え抜群♪

【How to スタイリング】
ダメージレスでトリートメント効果が望めるGDC(ガーデンオリジナルデジタルキュア)というデジタルパーマを20mmのロッドでかける。すべて同じ太さのロッドを使い、襟足以外を平巻きで1回転巻く。スタイルングは、ハーフドライの状態でオイルクリームを髪の中間から毛先にかけて塗布。もみあげはしっかり目につけるのが鍵。アイロンで仕上げる場合は、26mm、もしくはストレートアイロンで。最後に、前髪を3〜5箇所、細めにつまんで束をつくり抜け感をプラスすることをお忘れなく。

長め前髪のモードな秋ショートヘアは、ニュアンスパーマが狙い目

ルーズな耳かけでおしゃれに!

ルーズな耳かけでおしゃれに!

【How to ベース&カラー】
ベースは肩につかない長さで、やや前下がりのグラデーションにカット。美しいシルエットとなるよう表面にレイヤーを入れる。前髪はリップラインで、薄めにカット。もみあげ部分は、耳にかけた時にボテっとしないように毛量調整。カラーは、寒色でありながら暖かみのある10レベルのラベンダーアッシュに。赤みを抑えてツヤ感があるおすすめのカラー。

ルーズな耳かけでおしゃれに!

【How to スタイリング】
髪を乾かしたら、32mmのアイロンで内巻きに。トップの髪は巻くパネルを上に引き出すとふんわりとした仕上りに。前髪も上に持ち上げて、後ろに流れるように毛先をワンカール。スタイリング剤は、髪の動きが出にくい人はシアバターを、硬毛の人はオイルクリームを選んで。どちらの場合も、スタイリング剤を手の平で馴染ませ、指の間にもつけてから、髪の内側から手ぐしを通すように塗布をしたら完成。

ふんわりショートボブヘアは、ルーズに耳にかけたシャレ感のある長め前髪が鍵

抜け感たっぷり!女性らしい洗練ミニボブ

抜け感たっぷり!女性らしい洗練ミニボブ

【How to ベース&カラー】
襟足の長さをアゴラインで設定し、グラデーションでカット。前髪も襟足と同様に、アゴラインでカット。全体にしっかり量感を調整して、束感をつくりやすくする。カラーリングは、6レベルのダークアッシュに。赤みがなく、暗めのカラーリングでクールな印象を与えてくれる。

抜け感たっぷり!女性らしい洗練ミニボブ

【How to スタイリング】
ドライヤーで乾かすだけで決まる、お手軽スタイリング。襟足が浮きやすい人は、ドライヤーの風を上から当てて、手で抑えながら乾かすと◎。さらに、センスアップするなら、32mm のアイロンで、前髪を顔の前に集めてワンカールさせる。最後に、保湿力のあるヘアオイルを全体的に馴染ませて、艶っぽく仕上げたら完成。

長め前髪がクール!女性らしい洗練ミニボブは抜け感が鍵

ウェット質感で今っぽ見せ!

ウェット質感で今っぽ見せ!

【How to ベース&カラー】
ベースは前下がりのグラデーションボブでカット。前下がりを強調するとクールなイメージを与えるので傾斜は緩やかにして、顔まわりの角を削って丸くやわらかい印象に。前髪は流しも下ろしも2WAYを楽しめる、眉が見え隠れする長さにカット。カラーは8レベルのウォームブラウン。ツヤ感がある暖色系で、伸びた時も根元が気にならない明度と色味。

ウェット質感で今っぽ見せ!

【How to スタイリング】
ドライヤーで乾かし、ヘアオイルを付けたら完成の時短ヘア。ウェットな質感がシャレ感をプラスするので、オイルは必須。スタイリングはオイルを手に取りまず毛先に、そして手に残っているものを表面に、前髪は毛先のみに塗布。髪質によっては表面にストレートアイロンを使って、ツヤとまとまり感をアップさせても。質感を作るヘアオイルは、トリートメント効果もあり髪の広がりを抑える効果も。

時短&簡単スタイリングのショートボブは、ウェット質感で今っぽ見せ!

魅力たっぷりの大人かわいいボブヘア

メリハリシルエットの“外ハネウルフボブ”で今っぽおしゃれ感をゲット

メリハリシルエットの“外ハネウルフボブ”で今っぽおしゃれ感をゲット

【How to ベース&カラー】
襟足4cmからサイドを平行に繋げ、顔周りはやや前上がりにカット。裾は動きが出やすいようグラデーションカットに。表面にレイヤーを入れやや軽さを出す。前髪は目の上ギリギリでカット。隙間を作るように毛量調整すると今っぽい下ろしバングに。カラーは8トーンのアッシュブラウン。程よく赤みを抑え、透け感のある柔らかな髪に見せる。

メリハリシルエットの“外ハネウルフボブ”で今っぽおしゃれ感をゲット

【How to スタイリング】
乾かすとき、前髪はクセがつかないように手ぐしで前に引き出しながら乾かす。トップは左右に振りながら乾かすとふんわり。26mmのやや細めのアイロンで、全体を内、外ランダムに1回転半のMIX巻きに。しっかり巻かず、アイロンを滑らせ軽く動きをつける程度でOK。全体を巻いた後、裾に外ハネ巻きをプラス。ソフト系のワックスを揉み込み、軽く耳掛けをして完成。

メリハリシルエットの“外ハネウルフボブ”なら、猫っ毛でも気にならないボリュームヘアに!

大人っぽく見える絶妙バランス!

大人っぽく見える絶妙バランス!

【How to ベース&カラー】
前髪はあごライン、バックは長めに残しサイドに向かってやや前下がりにカット。搔き上げたときにラフな毛流れができるよう、前髪にトップから軽くレイヤーを入れる。ふわっとしたひし形シルエットになるよう、後頭部にもレイヤーを。カラーは7トーンのアッシュブラウン。ベースは上品なブラウンですが、日本人の髪に出やすい赤みを抑えるアッシュ系をプラスすることでツヤ感や清潔感を演出する。落ち着いたカラーなので短くても軽い印象は与えない。

大人っぽく見える絶妙バランス!

【How to スタイリング】
顔周りは根元を立ち上げながら、後頭部は毛束を前に持っていきながら乾かすと立体感が出やすくなる。全体の毛束の中間から毛先に向かって32mmのアイロンで軽くワンカール。やや低めのサイドでふわっとさせたいため、毛先でなく毛束の中間からアイロンを挟むのがポイント。ワックスやオイルを毛先にもみ込み束感を出す。前髪は根元を搔き上げ内側からキープスプレーを。すぐにペタッとなりやすい人は、サイドを少し持ち上げキープスプレーを吹きかけてもOK。重たい印象が苦手な人は、片側だけ耳掛けを。よりスッキリ感が出る。

長め前髪の“ひし形ボブ”は、大人っぽく見える絶妙バランス!

“外ハネ耳かけボブ”で色っぽいい女に

 “外ハネ耳かけボブ”で色っぽいい女に

【How toベース&カラー”】
表面にレイヤーを入れた、肩上のグラデーションボブベース。前髪は8:2で分け、リップラインでカット。前髪とサイドを繋げないことで、顔周りの動きを出しやすくなる。全体の毛先から中間にかけて細めのロッドで内外MIXしてパーマを。毛先がランダムに動き大人っぽく。カラーは8トーンのパールブラウンで、内側のみ11トーンのブラウンで。パッと見はツヤのある上品ブラウンですが、内側の毛先からチラッとハイトーンカラーを覗かせることで都会的な遊び心をプラス。

 “外ハネ耳かけボブ”で色っぽいい女に

【How to スタイリング】
ドライヤーでまず根元をしっかり乾かす。毛先はパーマで作ったカールを持ち上げながら軽く乾かす。毛先にカール用ムースを揉み込みランダムな動きを出す。裾に外ハネをプラスして、全体が丸いシルエットにならないように意識する大人っぽい印象に。前髪は根元を持ち上げキープスプレーを吹きかけ、毛先はサイドに流す。片側を耳にかけてすっきりさせれば完成。

アシンメトリーで魅せる “外ハネ耳かけボブ”で色っぽいい女!

カジュアルの中にも色っぽさが残るミディアムヘア

ひし形シルエットのミディでカジュアルおしゃれヘアに

ひし形シルエットのミディでカジュアルおしゃれヘアに

【How to ベース&カラー】
ベースは重みを残すように鎖骨下くらいでワンレングスにカット。顔まわりと表面にレイヤーをたっぷり入れる。シースルーバングにするために奥行きを狭く取り、巻いて目にかかる程度の長さにカット。カラーリングは暗めでも透明感のある7レベルのブランジュに。ブランジュはブラウン+グレージュでツヤ感があり、色持ちのいいカラー。

ひし形シルエットのミディでカジュアルおしゃれヘアに

【How to スタイリング】
ドライ後、前髪はマジックカラーで巻いておく。32mmのアイロンで全体を外ハネにしてから、表面は内巻きにワンカール。スタイリング剤はヘアオイルを毛先中心に均一となるように揉み込む。この時、つけ過ぎに注意!手に残ったオイルで、顔まわりと前髪の束感を丁ねいにつくるのがシャレ感アップのポイントに。束感が髪の動きを演出し、ひし形シルエットに整えることで小顔見せにも。

アップデートしたミディウルフ×シースルーバングで、カジュアルおしゃれヘアに

カジュアルでも華やかな外はねミディ

カジュアルでも華やかな外はねミディ

【How to ベース&カラー】
鎖骨の長さでベースをワンレングスでカット。前上がりのレイヤーを入れ、ボボリュームと動きが出しやすいスタイルに。前髪はエレガントさを感じさせるおろし流しができる長さで薄めにカット。カラーは8レベルのベージュブラウンに。黄色ベースのベージュ系カラーで、ふんわり明るく、華やかで柔らかさのある印象を与えてくれる。

カジュアルでも華やかな外はねミディ

【How to スタイリング】
スタイリングのコツは、スバリ巻き過ぎないこと!32mmのアイロンで外ハネにしますが、髪を中間から挟みスライドさせながらカールづけをする程度でOK。スタイリング剤はさらっとしたツヤ感で今どきの質感をメイクするオイルミルクをチョイス。しっかり手の平に伸ばしてから、毛先を中心にアイロンで作った外ハネを崩さないように塗布。手ぐしで外に返すように、スタイリング剤をなじませると◎。

透け感前髪+シャレ感のある上品な外ハネミディで、カジュアルでも華やかに

いい女度アップ間違いなしのロングヘア

前髪なし×ハイライトで大人ヘルシーに

前髪なし×ハイライトで大人ヘルシーに

【How to ベース&カラー】
ベースを胸上くらいの長さで前上がりにカットしたローレイヤー。前髪は顎下5cmくらいに設定し、サイドと馴染むくらいにい薄めにつくる。毛量調整をして、動きが出るようにする。カラーは、全体を9レベルのアッシュベージュに染めてから、頭のはち上にのみ細かめのハイライトを重ねる。寒色系をチョイスすることで、ヘルシーな女らしさに。

前髪なし×ハイライトで大人ヘルシーに

【How to スタイリング】
センターパートに分けたら根元からしっかりとドライ。乾いたら38mmの太めのアイロンで、サイド左右2パネルを毛先から内巻き、外巻きを1回転ずつ交互に根元まで巻く。トップ付近は内巻きと外巻きの間隔を広めにして、あえて巻かない髪をつくることでルーズ感&こなれ感な表情に。スタイリング剤は、中間から毛先にヘアオイルを揉み込んで、束感を整えたら完成。

ルーズなウェーブロングは、前髪なし×ハイライトで大人ヘルシーに

王道のモテヘア!

王道のモテヘア!

【How to ベース&カラー】
胸ラインくらいのワンレングスベースでカットし、ローレイヤーを入れる。レイヤーは、顔まわりにニュアンスをプラスする程度で、量感は梳き過ぎずに重めで整えるくらいの方が、髪の面をキレイに見せることができる。前髪はあご下7cmくらいの長めにカット。センターでカットすることで、センターパートでも、左右どちらかに分けてもOK。オールマイティに対応できる。カラーは、8レベルのアッシュベージュ。軽さのある色味なので8レベルでも重たく見えず、透明感を感じさせてくれる。

王道のモテヘア!

【How to スタイリング】
根元をふんわり立ち上げるため、頭皮を軽くこするようにドライヤーで乾かす。乾いたらストレートアイロンを使って、ごくナチュラルな内巻きに。よりキレイに仕上げたいなら、アイロン前にブラッシングを!最後に、保湿力のあるトリートメントオイルを毛先になじませてツヤ感アップ。

長め前髪の艶やかロングは、うるサラ質感で最強のモテヘアに!カット&スタイリングに秘密あり

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事