ヘアスタイル・髪型
2019.11.12

カールで動きをつけてヘアスタイルをおしゃれに!内巻き・外ハネなどタイプ別にご紹介

アイロンやパーマで作るカールでヘアスタイルはグッとおしゃれに!内巻きワンカールならかわいらしいモテ系ヘアに、外ハネカールはカジュアルでクールなスタイルに、ミックスランダムカールは華やかな美人ヘア、カール感の弱いごくゆるウェーブ系はラフな色気をプラスしてくれる。カールの動き次第でなりたい雰囲気に合わせてスタイルに変化をつけられます♪

【目次】
内巻きワンカールで愛らしさアップ
外ハ・外巻きネカールでカジュアル度アップ
内外ミックスのランダムカールで美人度アップ
ゆるゆるカールで色気のある抜け感アップ

内巻きワンカールで愛らしさアップ

アイロンで作る内巻きショートボブ

アイロンで作る内巻きショートボブ

\ヘアスタイルのポイント/
シースルーバングのショートボブは大人でもトライしやすい!輪郭補正で、丸顔が気になる人にも!前髪がアクセントになって、大人カワイイ!スタイリング次第で、2WAYを楽しめます。定番のショートボブは、男女を問わず高感度の高いヘアスタイルですが、人と差をつけておしゃれ度をアップしたいならシースルーバングが断然おすすめ!大人世代でも、チャレンジしやすく、さりげなく今っぽさを取り入れられます。おでこが透けるシースルーバングは、顔の型を縦長に見せて丸顔を補正する効果もあり。また、前髪アリなのに、長さを残しているため子供っぽくならずに上品な印象に。オフィス仕様ではワンレングボブでキチッとスタイルに、オフの日にはアイロンで巻いてからウェットに仕上げることで、イメージをガラリと変えることができるスタイルです。ナチュラルで幅広い年齢層にマッチするショートボブ。特に、髪質が柔らかい人にオススメのデザインですが、硬毛さんは、大きめロッドでワンカールのパーマをかければ、抜群に扱いやすくなります。

\How to ベース&カラー/
ベースはアゴラインの長さで、やや前下がりのワンレングスボブでカット。表面に入れたレイヤーが、毛先に動きをつけてくれます。前髪は横幅を狭くし、巻いた時に目にかかる長さを計算してカットします。横幅を狭くすることで、分け目を変えれば“かきあげ前髪”も楽しめます。カラーは、アッシュ寄りのベージュ。暗めの7レベルでも、透明感のあるカラーなので、重たさを感じず抜けのある印象に。

アイロンで作る内巻きショートボブ

\How to スタイリング/
髪をドライしたら、26mmのアイロンで内巻きワンカール。表面は2cm間隔で細かめの毛束を取り、リバースにワンカールさせると立体感のあるスタイルになります。最後に、ヘアオイル、もしくはシアバターを全体になじませて、カール感をほぐすようにスタイリングします。ウェットな質感と前髪にもしっかりスタイリング剤を付けるのがデザインのカギです。

シースルーバングのショートボブは大人でもトライしやすい!輪郭補正で、丸顔が気になる人にも!

毛先と前髪のカールで顔を包み込む

毛先と前髪のカールで顔を包み込む

\ヘアスタイルのポイント/
いつだって好感度の高いふんわりしたミディスタイル。顔の印象を若々しく見せる効果もある、ふんわりとした“ひし形シルエット”。最近では外ハネやくびれヘアが流行っていますが、愛され系の大人可愛いを狙うなら、断然内巻きがおすすめです。ただ、幼く見える台形のミディではなく、レイヤーを入れてひし形シルエットに仕上げた内巻きが今っぽくて◎。耳上あたりにボリュームがあり、首元にいくほどタイトになるひし形シルエットは、自然と顔を柔らかく見せ、さらに小顔効果もあります。また裾が内巻きだと女性らしい印象に。可愛らしさをプラスするなら、前髪も絶対に必要です。特に面長の人はクールに見られやすいので、前髪を作って顔の縦の面積を少なくし、丸顔に寄せると可愛らしさがグンとUPします。カッコ良さやこなれ感もいいけれど、甘めのスタイルが恋しくなる人も多いはず。可愛いけれど頑張り過ぎていない、前髪ありのひし形ミディでこの冬の可愛いを独り占めしちゃいましょう!

\How to ベース&カラー/
鎖骨丈でカット。ひし形シルエットになるように、あご下からレイヤーを入れます。前髪は眉下でカットし、こめかみ上に落ちるサイドバングは頬骨からリップラインでカット。前髪とサイドバングを自然に繋げると小顔に見えます。カラーは柔らかな9トーンのアッシュブラウン。好感度の高い上品ブラウンですが、透明感があり軽やかな印象になります。

毛先と前髪のカールで顔を包み込む

\How to スタイリング/
前髪は乾きやすいので、クセがつく前に最初に乾かして。トップは左右に振りながら乾かすと、パカっと割れずにふんわり仕上がります。サイドにクセが出ないよう全体は前にもってきながら乾かして。乾かしながら毛先をブラシで軽く内巻きに整えておくと、後のスタイリングが楽になります。32㎜のアイロンで、毛先を内巻きにワンカール。しっかり巻かず、軽く滑らせて毛先が内に向いている程度がおしゃれです。アイロンが苦手でしたら、内巻きワンカールのパーマをかけてもOK。前髪の毛先にも軽くワンカール巻くと、顔の印象がよりかわいらしくなります。柔らかいワックスを全体にもみ込み、軽く耳掛けをして耳上の毛束をふわっとさせれば完成です。レイヤーが入っているのでまとまりやすく、スタイリングが簡単なのも嬉しいスタイル。顔がクールに見えがちな面長の人や、とにかくかわいいを狙い人はぜひTRYを!

面長カバーの“前髪×ひし形内巻きミディ”は大人可愛い印象が手に入る最強ヘア!

ふんわりバルーンミディは鉄板のモテヘア

ふんわりバルーンミディは鉄板のモテヘア

\ヘアスタイルのポイント/
ふわっとしたバルーンシルエットがモテのカギに♪婚活ブームが落ち着いて、自分らしいスタイルを確立する時代に突入!…とはいえ、メンズウケするモテ髪を知っておいて損はナシ。そこでご紹介したいのがこちらのミディ。ふんわり丸いシルエット、長過ぎず短過ぎない女性らしいレングス、清楚な落ち着きカラー、そしていつの時代だってメンズが好きな王道内巻きストレート。どんなにこなれた女が好きだというオシャレ男子でも、この髪型を嫌いな人はいないはず。さらにモテ髪の秘密は前髪にもアリ。おでこを隠す前髪を作ると顔が幼く見え、かわいらしい印象を与えます。もしも婚活や合コンの予定があってモテを狙っているのなら、このスタイルをしっかりCheckすることをおすすめします!

\How to ベース&カラー/
サイドは鎖骨にかかる長さで前上がりにカット。バックは立体感が出るように段差を入れます。前髪は毛先が流れるように少し隙間を作りながら目の上でカット。こめかみに落ちる毛束をやや長めにすることで顔効果を狙えます。ふわっとしたバルーンシルエットを作りやすくするためトップや表面、顔周りにはレイヤーを。カラーは透明感のあるカラー剤の“イルミナカラー”の7トーンのオーシャンサファリ。赤みを消すブルー配合で、落ち着きつつも重たくないブラウンカラーに仕上がります。

ふんわりバルーンミディは鉄板のモテヘア

\How to スタイリング/
太めのアイロンで全体の毛先を内巻きワンカールに。しっかり巻かず軽く滑らせる程度でokです。前髪も毛先が内巻きになるように軽く滑らせます。ソフトワックスを手のひらでしっかり伸ばしてから、全体の毛束の中間から毛先に揉み込んでふわっとした立体感を作ります。片側だけ、こめかみに落ちる毛束を残して耳掛けを。耳掛け&表面のふわっと浮いた毛束でバルーンシルエットが完成します。清楚さが際立つ髪型なのでモテはもちろん誰からも愛されること間違いなし。スタイリングも簡単で、手っ取り早く好感度を狙いたいときにも◎です!

モテ髪ってこーゆーこと! 内巻きストレートの清楚系“バルーンミディ”

デジタルパーマで毛先にしっかりカール

デジタルパーマで毛先にしっかりカール

\ヘアスタイルのポイント/
「かわいい系が好きだけど、子供っぽくなるのはちょっと…」という人におすすめしたい大人かわいいスタイルがこちら。かわいいヘアの代表、内巻きカールでも、ゴロンとしない毛先のみのワンカールなので甘さ控えめです。また顔周りにレイヤーが入っているので毛先に動きが出しやすく、程よくカジュアルな印象に。幼くなりがちな前髪は、長めに作って流しているので大人っぽさ◎。セミロングの丈感は女性らしさを際立てます。“内巻き、前髪、セミロング”。どれもかわいい系の髪型を作る大切な要素ですが、絶妙なさじ加減によりただかわいいだけでなく、大人っぽい印象にも。まさに大人が求める、大人かわいいスタイルです。デジパで毛先に“内巻きワンカール”!パーマなので時間が経っても取れる心配なし。またこのカールはデジタルパーマで作っているのでスタイリングは簡単。時短で作れるスタイルなので、朝が忙しい働き女子にもおすすめです!

\How to ベース&カラー/
裾は鎖骨丈、顔周りはあごラインからレイヤーを入れ前上がりにカット。トップにも少しレイヤーを入れシルエットに丸みが出し、柔らかい印象を作ります。前髪は軽く流せるように薄めに取り、目の下5㎝くらいでカット。全体の毛先に内巻きワンカールのデジタルパーマをon。前髪の毛先にもパーマをかけます。マジックカーラーで巻いたような柔らかさにしたいので、ロッドは太めを選ぶことが必須です。カラーは11トーンのスモーキーベージュ。やや明るめのトーンですがくすみ感があるので軽く見えず、上品さを保ちながら華やかな印象を与えます。

デジタルパーマで毛先にしっかりカール

\How to スタイリング/
ドライヤーでトップの根元を立ち上げるように乾かしてから、前髪を7:3に分けます。後頭部の中央で全体を左右に分け、毛束をざっくり取り内巻きにねじりながらドライ。このひと手間でカールが復活しやすくなり、持ちも良くなります。前髪も毛先をねじりながら乾かし、サイドに流して。デジタルパーマと相性の良い、水分の多いムースを全体の毛先にもみ込みカールを整えれば完成です。ワンカールの毛先は動かし方次第で内巻きにも外巻きになるので、外ハネを多く作ればよりカジュアルな仕上がりに。セミロングなので結ぶこともでき、アレンジの幅が広いところも◎。時短で大人かわいいが手に入るだけでなくアレンジも楽しめる、嬉しいが詰まったスタイルです!

“デジタルパーマ×長め前髪”は最強!セミロングの忙し女子が時短で大人かわいくなれる方法って?

レイヤー×カールで内巻きの重なりが美しい

レイヤー×カールで内巻きの重なりが美しい

\ヘアスタイルのポイント/
裾に重みを残してスカスカにしないのが、ハイレイヤーを今っぽおしゃれに見せるポイント!ストレートヘアに憧れるけど、まとまらないしブローが大変そう…。という人におすすめしたい、時短でかなえるストレートをご紹介。デジタルパーマをかけているので、手ぐしで乾かすだけで簡単に内巻きワンカールのストレートに仕上がります。しかもこのスタイル、ストレートにありがちな上品だけどちょっと真面目で野暮ったい…という印象とは異なり、華やかでカジュアルに見えませんか? その秘密は、毛先の動きにあり。顔周りからあご下までしっかりレイヤーを入れているので、毛先が内巻きに連なるような動きが出てカジュアルな印象に。アラサー世代には懐かしい顔周りのレイヤーですが、今見ると逆に新鮮です。思い切ったハイレイヤーで、野暮ったくなりがちな内巻きストレートが一気にこなれ髪に。また毛先が顔周りを包み込むので小顔効果も抜群です。ちょっと周りと差がつく、今っぽおしゃれなストレート。時短でかなうのだから、憧れていた人は今すぐTRYするべきです!

\How to ベース&カラー/
胸上で前上がりにカット。顔周りはあご下までしっかりレイヤーを入れます。裾は重みを残すのが、レイヤースタイルを古く見せないポイントです。前髪は分け目が見えないように後ろからもってきて目の上ギリギリでカット。前髪を厚めに作ると顔周りが軽くても寂しい印象になりません。また額に隙間を作りヌケ感を出すと大人っぽい印象に。太めのロッドで、毛先に内巻きワンカールのデジタルパーマをかけます。前髪も毛先がサイドに流れるようにパーマをON。カラーは、人気カラー剤ブランド『イルミナカラー』の8トーンのオーシャン・ヌード。アッシュとベージュの色味で透明感とツヤ感が抜群です。

レイヤー×カールで内巻きの重なりが美しい

\How to スタイリング/
デジタルパーマがかかっているので、手ぐしを通しながら乾かすだけで内巻きワンカールができあがります。仕上げにオイルトリートメントをなじませると、サラサラしたツヤのあるストレートに。また表面の毛束をふわっとさせひし形のシルエットを作ると、かわいらしい印象になります。より大人っぽい印象にしたければ、前髪の毛先を根元からしっかりサイドに流すと◎。ストレートはツヤがあってこそシルエットの美しさ10割増。サロンの専用トリートメントを施術することもおすすめです。スタイリングが簡単で、おしゃれ度の高いハイレイヤーのストレート。周りが始める前にぜひTRYして、一歩先のおしゃれを楽しんで!

懐かしの“ハイレイヤー”が今、新鮮! デジタルパーマでかなえる「今っぽ時短ストレート」

万人に愛される王道内巻きロング

万人に愛される王道内巻きロング

\ヘアスタイルのポイント/
いつの時代でもかわいい髪型の定番、前髪ありの内巻きロング。王道かわいい前髪ありの”内巻きロング”は、レイヤーを入れて軽さを出すのが今っぽルール。清楚な印象で人気ですが、毛先が規則正しく内巻きになっていたら野暮ったく見えることも…。そこで、かわいくてちゃんとおしゃれ感のある、今っぽい内巻きロングの作り方をご紹介します!レイヤーによって毛先に動きが出てかわいらしさUP!ポイントは、顔周りの毛束は鎖骨下からレイヤーを入れて前上がりにすること。それにより正面から見たとき裾に内巻きが溜まらず、軽やかな印象に。毛先の長さが違うのでカールに段差ができ、ふわっと感が出やすくなります。また内巻きのワンカールは、毛先をくるっと外に向ければ外ハネにも見えます。巻いた毛先を散らすことで、ただ内巻きだけのカールでなく、MIX巻きをしたような動きを出すことが可能に。内巻きロングといえど、カットベースとスタイリングのひと手間で野暮ったさは回避されグンとおしゃれな印象に。絶対的に好感度の高いスタイルなので、かわいらしさやモテを狙うときにもオススメです!

\How to ベース&カラー/
胸丈の前上がりベース。毛先が軽すぎると古い巻き髪に見えやすいので毛先には重たさを残しつつ、顔周りは鎖骨下からレイヤーを入れます。前髪は黒目と黒目の間に落ちる毛束を目の上ギリギリでカット。前髪のサイドはややラウンドにカットし自然にサイドに流れるようにします。カラーは8トーンのウォームベージュ。黄みを抑えるベージュ系なので傷んで見えず、またほんのり赤みが入っているので肌をキレイに見せる効果もあり。

万人に愛される王道内巻きロング

\How to スタイリング/
前髪を乾かすときはパカっと分かれないように、指の腹を使って頭皮をこすりながら毛束を手前に引き出すように乾かして。全体が軽く乾いたら、ロールブラシを使って毛流れを内巻きに整えるとキレイなカールを作りやすくなります。前髪はサイドに流れやすくするためカーラーで巻いておくと◎。やや太めの38mmのアイロンで、毛先を内巻きワンカールに。いちばん下の裾だけでなく、レイヤーの入っている前上がりの毛先にも内巻きを忘れずに。程よく束感が出るシアバターのスタリング剤を毛先を中心に揉み込みます。毛先を軽く散らし表面をふわっとさせるとかわいらしい印象に。前髪は軽く内巻きのクセがついたらカーラーを外し、毛先をサイドに流したら完成です。スタイリングをキレイに決めるコツは、アイロンで巻く前のブローにあり。ロールブラシを使うのが苦手な人は、手ぐしで内巻きに整えながらでも◎。内巻きだけでも毛先の動きにラフさがあり、今っぽおしゃれな髪型に。今っぽさのある大人かわいいロングを目指している人は、今すぐTRYを!

王道かわいい前髪ありの”内巻きロング”は、レイヤーを入れて軽さを出すのが今っぽルール

外ハ・外巻きネカールでカジュアル度アップ

襟足を外巻きにワンカールしたくびれボブ

襟足を外巻きにワンカールしたくびれボブ

\ヘアスタイルのポイント/
大人ボブヘアは、ダブルバングで叶う!くびれ+ハネでメリハリ美人ヘア。上品なツヤ感を演出し、伸ばしかけのハネを生かしたスタイル。柔らかいフォルムで女性らしい雰囲気のボブヘア。すっきり爽やかな印象を与えながら、髪の質感を艶やかでキレイめにすることでフェミニンな表情を叶えています。ショートボブからボブへの伸ばしかけでも、髪のハネを生かすことができるので挫折知らずです。また、技ありの“ダブルバング”が、大人っぽい透け感と髪の流れを実現。ダブルバングとは、幅&奥行きの狭い前髪の上に、長めの髪を重ねることで、重さを残しつつ今どきの抜け感を表現できる前髪デザインのことです。サイドの重さは残し、バックには軽さを出したメリハリのあるこちらのスタイル。軽く耳にかけるとファルムが作りやすく、バランスのいい美人見えヘアが完成します。

\How to ベース&カラー/
顎下3㎝の長さに設定し、グラデーションで平行ラインにカット。バックからレイヤーを入れて丸みのあるシルエットに仕上げます。前髪は目にかかるくらいの長さでダブルバングにカットして、流した時にサイドと馴染むように調整します。カラーは、10レベルのアッシュベージュに染めます。透明感があり大人カラーにおすすめのベージュ系で、赤みを抑えるアッシュをミックスした上品な色味です。流した時にサイドと馴染むように調整します。カラーは、10レベルのアッシュベージュに染めます。透明感があり大人カラーにおすすめのベージュ系で、赤みを抑えるアッシュをミックスした上品な色味です。

襟足を外巻きにワンカールしたくびれボブ

\How to スタイリング/
乾かす前にベースオイルを毛先中心に塗布します。全体的に手ぐしを通すようにドライしたら、26mmのアイロンでアウトラインを外巻きにワンカール。ツヤ感が欲しいときは、アウトライン以外を内巻きにしても◎。乾かす前にオイルを付けているのでスタイリング剤は無しでもOK。最後に両サイドの髪を軽く耳にかければ出来上がりです。

大人ボブヘアは、ダブルバングで叶う!くびれ+ハネでメリハリ美人ヘア

かわいらしいボブに飽きたら外ハネでクールに

かわいらしいボブに飽きたら外ハネでクールに

\ヘアスタイルのポイント/
センターパート前髪でボブは色っぽクールに!脱マンネリしたい人におすすめ!人とは違ったおしゃれを楽しみたい、そんな人におすすめなボブスタイルがこちら。ポイントはセンターで分けたバングの毛先。クルンと中心を向いていることで、ちょっぴり個性的な表情に。“色気”や“クールさ”もプラスしてくれます。レイヤーの軽さがラフな空気感を演出し、女性らしい柔らかさと前下がりのかっこよさをミックス。狭い、広いといった「おでこ」のコンプレックスをカバーするので、前髪の脱マンネリにチャレンジしたい人にもおすすめです。オフの日は、こんな遊びゴコロのあるいつもと違った自分を楽しんでみては?

\How to ベース&カラー/
あごラインの前下がりでベースをカット。顔まわりにボブの重さを残しつつ、トップにレイヤーをオン。ボブのモードな雰囲気はそのまま、ラフな動きをプラスします。前髪は狭めの幅で、目にかかるギリギリのウザバングでカットし、透け感が出るように調整します。カラーは10レベルのアッシュベージュに。女性らしいベージュに寒色のアッシュをブレンドし、柔らかいイメージの色味に仕上げます。

かわいらしいボブに飽きたら外ハネでクールに

\How to スタイリング/
ドライをする時は、センターで前髪を分けてから乾かします。髪が乾いたら26mmのアイロンでアウトラインを外ハネにワンカール。レイヤーが入っている表面は内巻きに、顔まわりはリバースに巻きます。前髪は左右3パネルずつ取り、細かく中心に向かって内巻きに。スタイリング剤は、ウェットな質感に仕上がるオイルを、毛先中心にバサッと空気を含ませるようになじませます。ランダムな動きを出してから、手に残ったオイルを前髪の毛先に塗布したら完成です。

センターパート前髪でボブは色っぽクールに!脱マンネリしたい人におすすめ!

アンニュイな雰囲気が魅力のくびれミディ

アンニュイな雰囲気が魅力のくびれミディ

\ヘアスタイルのポイント/
骨格カバー&小頭効果!ニュアンスボブは、軽やかレイヤーで美人度アップ。外ハネ&透けバングで、抜け感のある大人女性を演出。気温が上昇すると、気分もウキウキして軽やかな遊びのあるヘアスタイルに挑戦したくなりませんか?こちらのボブは、肩に当たるハネ×顔まわりに入れたレイヤーの軽さがミックスされたスタイル。ふわっとした雰囲気はもちろん、ウェットな質感もハマるので、トレンド感を出すことができます。顔まわりに入れたレイヤーが、骨格補正をしてハチ張りをカバー。小頭に見せる効果も。ひとつ結びにした時は、顔まわりの短い毛がゆるっとした後れ毛となり、柔らかいニュアンスを演出。長めの前髪は透け感を出すことで、より涼やかに見せることが可能です。エアリーな動きのあるボブスタイルは、ナチュラルで大人っぽい洗練されたイメージを与えます。スタイリングも簡単で、自然なボリューム感が欲しい人にもおすすめなデザインです。

\How to ベース&カラー/
外ハネ&透けバングで、抜け感のある大人女性を演出。鎖骨にかかる長さでやや前下がりにベースをカット。顔まわりにのみ、後ろに流れるレイヤーを入れます。サイドと同じ長さの前髪にせず、シャープさを抑え鼻先くらいの長さでカットします。頬ラインに設定することで、柔らかい印象となります。カラーは、6レベルのフォギーベージュ。フォギーベージュは、無彩色のグレーに近いベージュカラーで、赤みを打ち消し、光に透けたような透明感をアップさせます。

アンニュイな雰囲気が魅力のくびれミディ

\How to スタイリング/
スタイリングは32mmのアイロンで毛先を外巻きにワンカールさせるだけの簡単ヘア。頭のハチより上の髪は、少し毛束を持ち上げて外ハネにすると◎。ハチ下は、アイロンを自分に寄せてくびれ感を出すようにワンカール。ツヤのある毛束感を作るなら、全体にヘアバターを馴染ませるようにつけます。ウェットに仕上げるなら、ヘアオイルを選んでシルエットをタイトに整えます。

骨格カバー&小頭効果!ニュアンスボブは、軽やかレイヤーで美人度アップ

毛先の外ハネワンカールは軽めが大人っぽい

毛先の外ハネワンカールは軽めが大人っぽい

\ヘアスタイルのポイント/
斜め流し前髪を作るとカジュアルな外ハネが女っぽくなる!引き続き人気の外ハネミディ。ラフなハネ感がおしゃれですが、人気の秘密はそれだけではありません。とにかくスタイリングが簡単で、時短でキマる楽さにハマる人続出。アイロンで毛先をくるっとハネさせればOKで、複雑なテクニックは必要ありません。またミディ丈なので扱いやすく、バランスが取りやすいのも嬉しいところ。さらにこの髪型、実は男ウケも抜群との話もあり。おしゃれだけど頑張り過ぎてないラフさに良い意味で“高値の華にならない”印象があり、声をかけやすいんだとか。男ウケを狙うなら前髪を作ることが必須で、ちょっと長めの、斜め流し前髪にするとカジュアルな外ハネに女っぽさをプラスできます。こんないいことづくめの外ハネミディ。

\How to ベース&カラー/
サイドは平行で顔周りはやや前下がり、自然にハネる鎖骨にかかる長さでカットします。ハチ部分に少しだけレイヤーを入れ、表面に軽さを出します。毛先にはレイヤーを入れず重たさを残すのが今どきです。前髪は薄めに取り、目にかかる長さにカット。こめかみに落ちる毛束はやや長めにカットし、自然にサイドに繋げます。カラーは9トーンのラベンダーアッシュ。ラベンダーが黄みを抑え色ヌケを防ぎ、上品な艶ブラウンを長続きさせます。

毛先の外ハネワンカールは軽めが大人っぽい

\How to スタイリング/
パサつきが気になる人は、髪が濡れているときにツヤの出るトリートメントオイルを揉み込んでから乾かして。この段階でオイルを仕込むと髪がしっとりし、男ウケに必要なツヤ感をKEEPできます。また乾かすときは毛先を手ぐしで外ハネにするとスタイリングがよりスムーズに。32㎜のアイロンで、毛先のみ外ハネにワンカール巻きます。カールをつけすぎると子供っぽく見えるので、アイロンを滑らせる程度で軽くハネさせて。バーム系のスタイリング剤を毛先にもみ込みハネ感を整え、前髪の毛先をサイドに流せば完成です。寝ぐせのハネをいかせるので、朝時間がない人にも嬉しい外ハネミディ。前髪で女性らしさを残しつつ、大人カジュアルも男ウケも狙える万能ヘアです!

時短で今っぽい♪前髪ありの“外ハネミディ”は男ウケも狙える万能ヘア!

外ハネのカジュアルさをセンターパ―トで大人っぽく

外ハネのカジュアルさをセンターパ―トで大人っぽく

\ヘアスタイルのポイント/
今旬の“外ハネ”דかき上げ前髪”はセミロングをおしゃれに格上げする鉄板コンビ!ボブやミディで作るスタイルが人気ですが、セミロングでももちろんおしゃれに決まります。ただ、セミロングで毛先だけを単純にハネさせたスタイルだと重心が下がってのっぺり見えたり、ただの寝ぐせに見えたりすることも…。そんな残念髪にならない、おしゃれな“外ハネセミロング”をご紹介します!ポイントは、トップにボリュームを出すことと裾に重たさを残すこと。トップにボリュームがあるだけで、こなれたリッチ感を演出できます。また裾に重たさがあると、外ハネでもカジュアルになり過ぎず大人っぽい印象に。ボリューム感が重要なので、毛量の多い人やうねりが強い人にもハマりやすいスタイル。トレンドを取り入れつつ、リッチ感や大人っぽさが手に入るのでぜひCHECKを!

\How to ベース&カラー/
鎖骨下5㎝。バックからサイドに向かいやや前上がりにカット。トップにボリュームが出やすいようハチ上部分にレイヤーを入れます。外ハネの動きを出しやすくするため、肩に落ちる裾の部分にもレイヤーを。レイヤーを多く入れ過ぎるとカジュアルになり過ぎるので、肩に落ちる部分のみに入れて裾の重たさを残すことが大切です。前髪はかき上げスタイルが決まりやすいあごラインでカット。カラーは8トーンのアッシュブラウン。赤みの出ないツヤのあるブラウンベースで、大人っぽく上品な印象を与えます。

外ハネのカジュアルさをセンターパ―トで大人っぽく

\How to スタイリング/
前髪をかき上げながら根元にドライヤーをあてるとトップのボリュームが出やすくなります。また温風をあてた後、髪の熱が下がるまでかき上げた状態でいると、手を離した後も根元の立ち上げをKEEPできます。32㎜のアイロンで裾を外ハネワンカールに。全体的にカールがついたら表面の毛束をところどころ取り、縦巻きカールをMIXします。ウエット系のバームを全体的にもみ込み、外ハネと表面の縦巻きをなじませ、立ち上げた前髪の根元にキープスプレーを吹きかければ完成です。外ハネでもカジュアルになり過ぎずリッチな印象を与える大人のセミロング。

大人の“外ハネセミロング”|おしゃれ感の決めてはトップと裾のボリューム感!

内外ミックスのランダムカールで美人度アップ

かきあげ前髪が色っぽい大人のウェーブミディ

かきあげ前髪が色っぽい大人のウェーブミディ

\ヘアスタイルのポイント/
かきあげ前髪✕抜け感の色気が魅力!大人おしゃれなウェーブミディ。決め過ぎないスタイルが人気となっていますが、こちらのミディはMIX巻きのランダムなカールが今どきの抜け感ヘアをつくり、大人可愛い仕上がりに。ノンパーマでアイロン仕上げでも、デジタルパーマでも◎。アイロンで作る場合は“あえて巻かない毛束”を作ることで、さらなる抜け感を演出してくれます。ふんわりとしたかきあげ前髪が、ほんのり色気をプラス。ナチュラルでもカジュアル過ぎない大人女性の雰囲気となっています。顔まわりに程よく髪が落ちるように計算されているので、気になる丸顔やエラ張りを補正して小顔効果も望めるミディアムレイヤー。柔らかいイメージのデザインなので、脱クールな印象を狙いたい人にもおすすめです。カラーは、しっとり秋色の“シアーベージュ”にシフトして。

\How to ベース&カラー/
ベースは、鎖骨ラインで前上がりのワンレングスにカット。中間からトップにかけてグラデーションでカットし、トップには動きを出すレイヤーを入れます。前髪は目にかからないギリギリの長さでカットすることで、かきあげたアップバングにしても、下ろし流しでもと2WAYを楽しめます。カラーは、今週に一押しの8レベルのシアーベージュに。ややくすみのあるベージュで、寒色でありながら透明感と柔らかさのある色味になります。また、色持ちを重視しているので、明るい髪色をトーンダウンしたい人にも◎。

かきあげ前髪が色っぽい大人のウェーブミディ

\How to スタイリング/
パーマをかける場合、デジタルパーマで25mmから17mmまでロッドもMIXし、ランダムなカール感が出るように巻きます。ドライ時、前髪の根元をつぶさないように気をつけて。乾いたら32mmのアイロンで、アウトラインを外ハネにしてから、中間をフォワード&リバースのMIX巻きに。トップは数カ所を細めに毛束をとり、同じく中間からMIX巻きにします。最後に乾燥を防ぐミルクタイプのスタイリング剤を全体になじませます。前髪の立ち上がりやトップにはミストをひと吹きしても。

かきあげ前髪✕抜け感の色気が魅力!大人おしゃれなウェーブミディ

ランダムな柔らかいカールが作るくびれスタイル

ランダムな柔らかいカールが作るくびれスタイル

\ヘアスタイルのポイント/
かきあげバング×毛先のラフな遊びが、今年顔のレイヤーミディ。波ウェーブのくびれスタイルは、ツヤ感とふんわり毛束が美人度をアップ。秋を迎えてイメチェンを狙うならハイレイヤーのこちらのスタイルがおすすめ。内巻き+外巻きをミックスした波ウェーブのニュアンスが、ランダムな柔らかいカール、毛先のハネや遊びとなり今どきの表情に。空気感のあるゆるいカールなので、崩れた時でもかわいさをキープできます。スタイリングのコツは、スタイリング剤を手の平で髪とこすり合わせながらつけて、ふわっとした仕上がりにすること。根元を立ち上げた前髪から無造作に落ちて顔にかかる毛束もポイントです。女性らしいくびれシルエットでやさしい印象のミディアムヘア。カジュアル&クールなスタイルは、ビジネースシーンでも注目されること請け合いです。

\How to ベース&カラー/
ベースを鎖骨下くらいの長さでワンレングスベースにカットします。顔まわりから全体的にレイヤーを入れます。さらにハチ上にレイヤーをオンして、髪の動きが出るようにカット。前髪は狭め&薄めにつくり、鼻が隠れる長さでカットしてから、サイドとなじむように微調整します。カラーは透け感のある8レベルのラベンダーグレージュに。重たく見ない色設定で艶やかさをプラスし、イエベベースにぴったりの色味です。

ランダムな柔らかいカールが作るくびれスタイル

\How to スタイリング/
前髪の根元が潰れないよう、オールバックにかきあげ左右に手を振りながら乾かします。ドライ後、32mmのアイロンで毛先を外ハネにしたら、ハチ上の髪を真上に引き出し内巻きにワンカール。さらに、両サイド2束ずつを波ウェーブで巻くことで、柔らかい動きのある仕上がりになります。最後に、ややセット力のあるクリームバターを手でこすり合わせながら髪に塗布したら完成です。

かきあげバング×毛先のラフな遊びが、今年顔のレイヤーミディ

ゆるっと見えて実はしっかり巻いてるミックスカール

ゆるっと見えて実はしっかり巻いてるミックスカール

\ヘアスタイルのポイント/
“黄金比バング”で美人度アップのミディは、シースルー効果で、“色っぽ清楚”がズルいんです。毛束感と浮遊感をプラスした目力アップの美人レイヤー。子供っぽく見えがちなぱっつん前髪ですが、シースルーバングとすることで、清楚さと色っぽさがミックスされたミディアムレイヤーに。前髪が目にかかるギリギリの長さなので、目の印象を強調して女性らしさをアップさせるポイントです。さらに、デザインを美しくしているカギは、顔と髪の長さの黄金比率にもあり!顔の長さと前髪の長さが等倍になるよう、前髪カットすると、バランスが良く見え美人度を底上げしてくれるのです。たっぷりレイヤーでラフな動きと軽さが出て、毛束感と浮遊感のある色っぽミディ。これからの季節に注目したいスタイルなのはもちろん、前髪を作ってみたい、動きが出にくい髪質の人にもおすすめです。

\How to ベース&カラー/
アウトラインは前上がりでカット。フロントに軽さを出します。レイヤーをしっかり入れて、毛の重なりや動きを表現します。前髪は、目の位置ギリギリでカット。セニングを入れると短い毛がぴょんと飛び出すので、奥行きと横幅を狭くしてシースルーバングに。カラーは9レベルのシナモンベージュに染めます。ツヤ感のあるニュートラルなカラーで、大人かわいい雰囲気を与えます。

ゆるっと見えて実はしっかり巻いてるミックスカール

\How to スタイリング/
ドライ時に気をつけたいのが前髪の乾かし方。弱めの風をあて生えグセを修正しながら乾かしましょう。32mmのアイロンを使い、全体を内&外ミックスでワンカールに強めに巻きます。さらに、顔まわりは中間にもカール感を作ります。毛束をほぐしてからウェットな質感に仕上がるシアバター系のワックスを、毛先から中間→根元付近→の順番で塗布します。髪の質感に統一感があると今っぽくなるので、全体的に付けるのがマストです。

“黄金比バング”で美人度アップのミディは、シースルー効果で、“色っぽ清楚”がズルいんです

ゆるゆるカールで色気のある抜け感アップ

軽めのカールで透明感のあるクールビューティーに

軽めのカールで透明感のあるクールビューティーに

\ヘアスタイルのポイント/
まとまる髪型ならAラインボブ!クールビューティは、ラフなカールで差をつけて。レイヤーレスならクール美人を演出できる。ハイレイヤーが流行っているものの、レイヤーを入れるとまとまらなくなる、そんな経験のある方におすすめしたいのがこちらのボブです。ちょっこっとレイヤーで毛先に程よい重さを残し、キレイなカットラインを見せることでキチッとしたクールな女性のイメージに仕上げています。アイロンカールは中間から巻くのがポイントで、毛先のカール感が緩やかなデザインとなり、作り込みすぎないニュアンスが洒落感をプラス。暗めの髪色が落ち着いた雰囲気を表現し、大人女性にマッチします。短めのAラインシルエットのボブヘアは、サイドのボリュームが出しやすいので、髪がストンとしやすい人やペタッとしやすい人にチャレンジして欲しいスタイルです。

\How to ベース&カラー/
鎖骨ラインのワンレングスでカットした後、自然な内巻きになるようにインナーにグラデーションを入れます。顔まわりのみに角を取る程度のレイヤーを入れます。前髪は目より少し長めにして流れるように。耳後ろの毛量がたまりやすい部分を中心に調整し、毛先は重さを残します。カラーは、6レベルのヌードベージュに。ニュアンスにマットをミックスしたベージュ系ブラウンで、自然光に当たるとふわっと軽く透明感のある色味です。

軽めのカールで透明感のあるクールビューティーに

\How to スタイリング/
全体的に乾かしたら、32mmのアイロンで耳横の髪をランダムに取り、中間からスパイラルで巻きます。毛先がくるっとし過ぎないようラフに仕上げるのがコツ。前髪も中間から毛先にかけてアイロンで軽くカールづけします。スタイリング剤は、ツヤ感を出すため洗い流さないミルクトリートメント、もしくは、柔らかいワックスを髪の中間から毛先に揉みこむように塗布。毛束感を整えたら完成です。

まとまる髪型ならAラインボブ!レイヤーレスならクール美人を演出できる

緩やかなカールが穏やかな大人の女性を演出

緩やかなカールが穏やかな大人の女性を演出

\ヘアスタイルのポイント/
大人セミロングヘアは、カール&レイヤーでヘルシー美人に!前髪をかき上げた時もふわりとやらわかい色気が漂います。緩やかカール×レイヤーのこちらのセミロング。レイヤーがしっかり入っているので軽い表情となり、ひし形シルエットの美バランスに。ボリュームが出にくく、ペタッとしやすい人でも、程よい抜け感のあるスタイルに仕上がります。毛先をスライドカットで先細りにすることで、繊細さや柔らかさを演出し、ヘルシーな雰囲気に。また、カールの緩やかな曲線が色気をプラスします。ベージュカラーをチョイスすることにより、柔らかい印象をさらに高め、肌トーンアップにも。スタイルのポイントである「SUGAMIパーマ」は、通常のパーマよりもダメージレスで、クルリとしたカール感ではなくニュアンスのある、よりやわらかい仕上がりを叶えるパーマです。

\How to ベース&カラー/
ベースは胸の高さくらいで前上がりのワンレングスでカット。レイヤーはしっかり目に入れて、動きと軽さを出します。前髪はリップラインに設定。かき上げて髪が落ちてきた時の透け感を計算して、やや薄めに作ります。カラーは、8レベルのブラウンベージュに。そろそろ秋仕様に、ややこっくりした色味にシフトして。

緩やかなカールが穏やかな大人の女性を演出

\How to スタイリング/
パーマは「SUGAMIパーマ」を28mmのロッドを使い、ニュアンスが出やすいようにフォワードとリバースをランダムに巻きます。スタイリングは、ばーっとドライヤーで乾かしてから、軽めのワックス、もしくはクリームをクシャクシャっと全体的に揉み込んだらフィニッシュ。前髪はセンターパートがオススメですが、生えグセが強い場合は、自然な分け目を活かしてリラックス感のあるスタイルを楽しんで。

大人セミロングヘアは、カール&レイヤーでヘルシー美人に!

大きめカールで作るラフなロングヘア

大きめカールで作るラフなロングヘア

\ヘアスタイルのポイント/
長め前髪のロングヘアは、大きめカールとラフな遊びで今どきに!大人セクシーなハイレイヤーは、クセも生かせる色っぽヘア。大きめカールのロングヘアは、巻いた後にカール感を散らすことが鍵に。また、たっぷりレイヤーが入っているので、毛先に遊びがありこなれ感のあるスタイルになっています。スタイリングは中間のカール感を強調することで、大人女性のセクシーさを演出することに加え、結び目の跡が自然と馴染みやすいので、暑い日は気軽にアップにすることも。前髪のウェイトは目元ギリギリに設定し、目の印象をアップ。さらに、自然な流れがクールさを引き立ててくれます。髪がぺたっとしやすい人や毛量が少なめの人はもちろん、クセを生かせるのでクセ毛の人にもおすすめなデザインです。

\How to ベース&カラー/
ベースは胸くらいの長さのロングレイヤー。ハイレイヤーにすることで毛先の遊びをプラスします。前髪は顔まわりのレイヤーに繋げて、一体感のあるスタイルに仕上げています。カラーは7ベレルのスモーキーアッシュに。アッシュにグレーのニュアンスをミックスして、オレンジ色をオフする寒色系でありながら、ツヤ感のある色味になっています。

大きめカールで作るラフなロングヘア

\How to スタイリング/
全体的に乾かしたら32mmのアイロンを使い、まず毛先から耳下くらいまで巻き込みます。その後、アイロンを縦使いにして、中間のカールが強くなるよう毛先にかけてスパイラルで巻きます。前髪はアイロン、ブロー、マジックカラーでも毛流れが作れればOK。スタイリング剤は、ツヤ感の出るオイルか、バーム系ワックスを使い手ぐしを通すように塗布します。その後、毛先のカールを裂くように散らして、ラフ感をプラスしたらフィニッシュ。

長め前髪のロングヘアは、大きめカールとラフな遊びで今どきに!

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事