ヘアスタイル・髪型
2019.1.21

王道かわいい前髪ありの”内巻きロング”は、レイヤーを入れて軽さを出すのが今っぽルール

いつの時代でもかわいい髪型の定番、前髪ありの内巻きロング。清楚な印象で人気ですが、毛先が規則正しく内巻きになっていたら野暮ったく見えることも…。そこで、かわいくてちゃんとおしゃれ感のある、今っぽい内巻きロングの作り方をご紹介します! ポイントは、顔周りの毛束は鎖骨下からレイヤーを入れて前上がりにすること。それにより正面から見たとき裾に内巻きが溜まらず、軽やかな印象に。毛先の長さが違うのでカールに段差ができ、ふわっと感が出やすくなります。また内巻きのワンカールは、毛先をくるっと外に向ければ外ハネにも見えます。巻いた毛先を散らすことで、ただ内巻きだけのカールでなく、MIX巻きをしたような動きを出すことが可能に。
内巻きロングといえど、カットベースとスタイリングのひと手間で野暮ったさは回避されグンとおしゃれな印象に。絶対的に好感度の高いスタイルなので、かわいらしさやモテを狙うときにもオススメです!

レイヤーによって毛先に動きが出てかわいらしさUP

%e2%91%a0
【How to“ベース&カラー”】

胸丈の前上がりベース。毛先が軽すぎると古い巻き髪に見えやすいので毛先には重たさを残しつつ、顔周りは鎖骨下からレイヤーを入れます。前髪は黒目と黒目の間に落ちる毛束を目の上ギリギリでカット。前髪のサイドはややラウンドにカットし自然にサイドに流れるようにします。カラーは8トーンのウォームベージュ。黄みを抑えるベージュ系なので傷んで見えず、またほんのり赤みが入っているので肌をキレイに見せる効果もあり。
%e2%91%a1%e5%86%8d%e9%80%81

【How to“スタイリング”】

前髪を乾かすときはパカっと分かれないように、指の腹を使って頭皮をこすりながら毛束を手前に引き出すように乾かして。全体が軽く乾いたら、ロールブラシを使って毛流れを内巻きに整えるとキレイなカールを作りやすくなります。前髪はサイドに流れやすくするためカーラーで巻いておくと◎。やや太めの38mmのアイロンで、毛先を内巻きワンカールに。いちばん下の裾だけでなく、レイヤーの入っている前上がりの毛先にも内巻きを忘れずに。程よく束感が出るシアバターのスタリング剤を毛先を中心に揉み込みます。毛先を軽く散らし表面をふわっとさせるとかわいらしい印象に。前髪は軽く内巻きのクセがついたらカーラーを外し、毛先をサイドに流したら完成です。
スタイリングをキレイに決めるコツは、アイロンで巻く前のブローにあり。ロールブラシを使うのが苦手な人は、手ぐしで内巻きに整えながらでも◎。内巻きだけでも毛先の動きにラフさがあり、今っぽおしゃれな髪型に。今っぽさのある大人かわいいロングを目指している人は、今すぐTRYを!

 

afloat-ruvua%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2-2
サロン名:Ramie GINZA(ラミエ ギンザ)
担当サロンページはこちらから
Ramie GINZA(ラミエ ギンザ)

 

ヘアスタイリスト/加藤貴大(Ramie GINZA) モデル/和田 瞳 文/上村ゆう子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事