ヘアスタイル・髪型
2018.10.22

懐かしの“ハイレイヤー”が今、新鮮! デジタルパーマでかなえる「今っぽ時短ストレート」

ストレートヘアに憧れるけど、まとまらないしブローが大変そう…。という人におすすめしたい、時短でかなえるストレートをご紹介。デジタルパーマをかけているので、手ぐしで乾かすだけで簡単に内巻きワンカールのストレートに仕上がります。しかもこのスタイル、ストレートにありがちな上品だけどちょっと真面目で野暮ったい…という印象とは異なり、華やかでカジュアルに見えませんか? その秘密は、毛先の動きにあり。顔周りからあご下までしっかりレイヤーを入れているので、毛先が内巻きに連なるような動きが出てカジュアルな印象に。アラサー世代には懐かしい顔周りのレイヤーですが、今見ると逆に新鮮です。思い切ったハイレイヤーで、野暮ったくなりがちな内巻きストレートが一気にこなれ髪に。また毛先が顔周りを包み込むので小顔効果も抜群です。ちょっと周りと差がつく、今っぽおしゃれなストレート。時短でかなうのだから、憧れていた人は今すぐTRYするべきです!

裾に重みを残してスカスカにしないのが、ハイレイヤーを今っぽおしゃれに見せるポイント!

%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc%e2%91%a0

【How to“パーマ&カラー”】

胸上で前上がりにカット。顔周りはあご下までしっかりレイヤーを入れます。裾は重みを残すのが、レイヤースタイルを古く見せないポイントです。前髪は分け目が見えないように後ろからもってきて目の上ギリギリでカット。前髪を厚めに作ると顔周りが軽くても寂しい印象になりません。また額に隙間を作りヌケ感を出すと大人っぽい印象に。太めのロッドで、毛先に内巻きワンカールのデジタルパーマをかけます。前髪も毛先がサイドに流れるようにパーマをON。カラーは、人気カラー剤ブランド『イルミナカラー』の8トーンのオーシャン・ヌード。アッシュとベージュの色味で透明感とツヤ感が抜群です。

 

%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc%e2%91%a1

【How to“スタイリング”】

デジタルパーマがかかっているので、手ぐしを通しながら乾かすだけで内巻きワンカールができあがります。仕上げにオイルトリートメントをなじませると、サラサラしたツヤのあるストレートに。また表面の毛束をふわっとさせひし形のシルエットを作ると、かわいらしい印象になります。より大人っぽい印象にしたければ、前髪の毛先を根元からしっかりサイドに流すと◎。ストレートはツヤがあってこそシルエットの美しさ10割増。サロンの専用トリートメントを施術することもおすすめです。
スタイリングが簡単で、おしゃれ度の高いハイレイヤーのストレート。周りが始める前にぜひTRYして、一歩先のおしゃれを楽しんで!

 

afloat-japan%e5%86%85%e8%a6%b3%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2
サロン名:AFLOAT JAPAN(アフロート ジャパン)
担当サロンページはこちらから
AFLOAT JAPAN(アフロート ジャパン)

ヘアスタイリスト/中島明日香(AFLOAT JAPAN) モデル/松本美早紀 文/上村ゆう子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事