ヘアアレンジ・髪型
2019.11.9

バンダナやスカーフのおしゃれな巻き方!ヘアアレンジを格上げする使い方を教えます

おしゃれでかわいい上級者風のバンダナ・スカーフを使ったヘアアレンジをご紹介。アップスタイルにもダウンスタイルにも相性の良い万能アイテムは巻き方次第でアレンジの幅は無限大!おなじみのひとつ結びやポニーテール、マンネリくるりんぱ、地味になりがちの三つ編みなどいつものアレンジをクラスアップさせてくれます。不器用さんはヘアバンドやカチューシャタイプを使うのも手。

【目次】
アップスタイルですっきりまとめ髪
ダウンスタイルとの相性も◎
リボン結びもイタくない大人の巻き方
ポニーテール・ひとつ結びのおしゃれ度を格上げ
くるりんぱと合わせれば上級者風アレンジに
三つ編みと一緒に編み込むのはバンダナの定番アレンジ
お団子×バンダナ風ヘアバンド
カチューシャタイプを使えばもっと簡単!

アップスタイルですっきりまとめ髪

カラフルカラーが映える!短い髪もオールアップ

カラフルカラーが映える!短い髪もオールアップ

\ヘアスタイルのポイント/
“スカーフターバン”で短めヘアをオールアップ。スカーフは、短めヘアをジェニックに見せるための味方。ラフルでプレイフルな柄のスカーフがぴったり。巻きつけるだけで、おしゃれ上級者な雰囲気!

カラフルカラーが映える!短い髪もオールアップ

\How to/
全体の髪をオールバックにして、後ろでひとつに結ぶ。結んだ毛先を内側に入れ込んで、ピン留めに。顔周りに沿ってスカーフを巻きつけ、斜め後ろで結んで。前髪と耳前の毛束をほんの少しつまみ出し、ワックスで束感に。

超簡単!カラフルターバンを使った上級者風おしゃれヘアアレンジ

ロングをボブ風に♪スカーフで華やか仕上げ

ロングをボブ風に♪スカーフで華やか仕上げ

\ヘアスタイルのポイント/
ロングだってボブ気分!スカーフ使いでエレガントに。髪は切りたくないけれど、短いスタイルを味わいたいときにぜひ。スカーフを巻きつけるだけで、グンと格上げ!

ロングをボブ風に♪スカーフで華やか仕上げ

\How to/
後ろでざっくりと左右ふたつに分け、それぞれ毛先を緩く3 つ編みにして結ぶ。毛先から内側へくるりと入れ込んでボブフォルムを作り、ピン留め。ハチ周りにスカーフを巻く。

\動画でやり方をCHECK/

シーンを選ばない! 華やかスカーフを使ったトレンドヘアアレンジ

ダウンスタイルとの相性も◎

髪がふくらんでしまうボブさんのボリュームダウンアレンジ

tricca Daikanyama トップスタイリスト 小走祥菜さん

髪がふくらんでしまうボブさんのボリュームダウンアレンジ

\ヘアスタイルのポイント/
スカーフのおかげで、サイドのボリュームがすっきりしつつ、こなれたスタイルに!表面のゆるいカールが休日のリラックス感を後押し。

\How to/

髪がふくらんでしまうボブさんのボリュームダウンアレンジ

【STEP1】髪の表面だけ軽く巻いてラフな印象に。
「スカーフを巻くときは、コテで軽く動きをつけるとラフに仕上がりに。ボリュームを出しすぎないように、巻くのは髪の表面のみ。巻き始めに段差がつかないように、毛束をねじってから巻いていきます。髪がボブで短めだから、コテは巻きが細めな26mmを使用。スカーフで根元の髪は見えなくなるので、ハチの下あたりまで巻けばOKです」

髪がふくらんでしまうボブさんのボリュームダウンアレンジ

「巻いたコテを外すときは、コテを縦方向に抜きます。これでゆるっとラフなカールに」

髪がふくらんでしまうボブさんのボリュームダウンアレンジ

【STEP2】オイルをもみ込んでツヤを出す。
「膨らみを抑えながらツヤを与えたいので、オイルをなじませます。髪を握るようにもみ込むと、カールが取れません」

髪がふくらんでしまうボブさんのボリュームダウンアレンジ

【STEP3】もみあげを残してサイドの髪を耳にかける。
「スカーフを巻いたときに、もみあげが見えるとラフ感が出るので、先にもみあげを出しておきます」

髪がふくらんでしまうボブさんのボリュームダウンアレンジ

【STEP4】スカーフを襟足に入れてトップで結ぶ。
「スカーフを襟足に引っ掛けて、前髪の生え際でひとつ結びに。スカーフの素材にハリがある場合は、肩結びにして固定させて。ここでは長細いスカーフを使っていますが、正方形のものを三角に折ってから長細くなるように巻いて使っても」

髪がふくらんでしまうボブさんのボリュームダウンアレンジ

「スカーフの先を、襟足近くに入れ込めば完成です」

クセ毛で髪が膨らむなら、ターバンアレンジがおすすめ!|おしゃれなスカーフ使いでこなれた印象に【美容賢者の髪コンプレックス解消vol.59】

ダウンヘアをカジュアルに仕上げるバンダナアレンジ

ダウンヘアをカジュアルに仕上げるバンダナアレンジ

\ヘアスタイルのポイント/
いつものダウンスタイルも、少しアレンジするだけでおしゃれな印象に♪使うのは、バンダナ。かわいくなりがちなヘアバンドのアレンジも、バンダナ1つでグッとカジュアルに。前髪を片側だけ入れ込んだり、ラフな毛流れを作ることで爽やかさも出せます。ラフなファッションにもマッチ!

\動画でやり方をCHECK/

ダウンスタイルをカジュアルに演出♡ラフなファッションにも似合うバンダナアレンジ

リボン結びもイタくない大人の巻き方

ちょうちょ結びを崩してアシンメトリーにすると大人っぽく

ちょうちょ結びを崩してアシンメトリーにすると大人っぽく

%e5%95%86%e5%93%81

\ヘアスタイルのポイント/
動きのあるフレア袖には、スカーフの“揺れ感”をリンクさせた上級者風アレンジを♪ ぱっと見のインパクトがあるので視線が自然と上に行き、スタイルUPにもつながります。スカーフアレンジと聞くと、複雑に編み込んだりと難しいイメージですが、これは不器用さんの味方“くるりんぱ”にちょい足しするだけ!“アレンジ上手”に見える楽テクです♪

\How to/

ちょうちょ結びを崩してアシンメトリーにすると大人っぽく

【STEP1】低い位置でひとつに結ぶ
前髪を7:3にして分け取ったら、残りの髪をまとめて低い位置で結ぶ。ゴムは見えないのが理想なので、透明のビニールゴムを使うのもおすすめ。

ちょうちょ結びを崩してアシンメトリーにすると大人っぽく

【STEP2】スカーフを3つ折りにする
最初だけ下をずらしてふたつに折る。これを計3回繰り返して。ラフに折ることで、垂れ下がったとき、裾のニュアンスが出やすく。

ちょうちょ結びを崩してアシンメトリーにすると大人っぽく

こんな感じが理想。

ちょうちょ結びを崩してアシンメトリーにすると大人っぽく

【STEP3】スカーフをひとつ結びする
細くしたスカーフを、ゴムの上からひとつ結びをする。緩まないようギュッと強めに縛って。左右の長さは均等を意識しすぎなくても大丈夫。

ちょうちょ結びを崩してアシンメトリーにすると大人っぽく

【STEP4】ゴムとスカーフを下にずらし、くるりんぱ
ゴムとスカーフをセットで少し下げ、写真のように穴をあける。そこにすべての毛束を入れ切ったら、毛束を左右に引っ張る。

ちょうちょ結びを崩してアシンメトリーにすると大人っぽく

くるりんぱ!

ちょうちょ結びを崩してアシンメトリーにすると大人っぽく

【STEP5】スカーフを片結びする
垂れ下がったスカーフで片結びを。ちょうちょ結びだと甘い印象になるので、あえてこのくらいくずしてアシメトリーに仕上げるとこなれ感UP。

ちょうちょ結びを崩してアシンメトリーにすると大人っぽく

【STEP6】前髪を丸めてピンで留める
あらかじめ分け取った前髪の毛先をねじってピンで留める。後ろにボリューム感がある分、前髪をタイトにまとめるとバランスがとりやすい。

簡単ヘアアレンジ♪ くるりんぱ×スカーフでかわいさを底上げ!

大人柄を選べばリボン結びもスタイリッシュに

大人柄を選べばリボン結びもスタイリッシュに

\ヘアスタイルのポイント/
襟足をねじったワンサイドをスタイリッシュに装って。フェースラインから襟足の髪をねじり上げた、立体的なひとつ結びアレンジが、スカーフを添えるだけでスペシャルな雰囲気。マニッシュな着こなしとマッチ。

大人柄を選べばリボン結びもスタイリッシュに

\How to/
左サイドの髪をねじりながら耳下へ集める。右サイドも、耳下から襟足にかけてねじって左耳の下へ集め、ひとつに結ぶ。結び目のゴムの上にスカーフを巻きつけてリボン結びに。

\動画でやり方をCHECK/

スカーフを使っておしゃれ度アップ! ひとつ結びヘアアレンジ

女子会でリードしちゃうおしゃれ番長ヘア

女子会でリードしちゃうおしゃれ番長ヘア

流行のスカーフを取り入れたシンプルなひとつ結びで、大人っぽく仕上げるのが気分です。

\How to/

女子会でリードしちゃうおしゃれ番長ヘア

【STEP1】ざっくりひとつに結ぶ
手ぐしでざっくりひとつにまとめて、ゴムでひとつに結ぶ。

女子会でリードしちゃうおしゃれ番長ヘア

【STEP2】毛束に逆毛を立てる
結んだ毛束に指を挿し込み、3~4か所逆毛を立ててラフさを出す。

女子会でリードしちゃうおしゃれ番長ヘア

【STEP3】スカーフを結ぶ
スカーフを斜めに折り畳んで細長くし、毛束にちょう結びする。

女子会でリードしちゃうおしゃれ番長ヘア

Finish!

\動画でやり方をCHECK/

友達をリード!女子会ホームパーティはスカーフと赤アイライナーでセンスアップを狙って!

ポニーテール・ひとつ結びのおしゃれ度を格上げ

ダサ見えポイントの結び目をおしゃれにカバー

ダサ見えポイントの結び目をおしゃれにカバー

前髪から流れるねじりがひとつ結びをクラスアップ! 結び目にスカーフを巻くコトでさらにオシャレに。

\FRONT/

ダサ見えポイントの結び目をおしゃれにカバー

\BACK/

ダサ見えポイントの結び目をおしゃれにカバー

\How to/

ダサ見えポイントの結び目をおしゃれにカバー

【STEP1】センターで分けねじってサイドの髪とつなげる
半分に分けた前髪を、片方ずつ毛先までねじる。そのままサイドの髪と合流し、巻き込むようにねじり続ける。

ダサ見えポイントの結び目をおしゃれにカバー

【STEP2】耳裏までねじり毛束をつまんで立体感を出す
耳裏までねじったら、もう片方の手で毛束から耳前の髪を少し引き出すと、正面から見たときニュアンスが出て◎

ダサ見えポイントの結び目をおしゃれにカバー

【STEP3】ピン留めしてねじりを固定しひとつに結ぶ
ピンは3本程使い左右から挿してねじりをしっかり固定。全体をひとつにまとめ、結び目にスカーフを巻いて完成!

前髪からサイドへ自然につなげて☆ねじり巻き込み前髪

膨らみを抑えすっきりシルエットをキープ

膨らみを抑えすっきりシルエットをキープ

\ヘアスタイルのポイント/
スカーフで広がりを抑えてシルエットをキープ。女らしいオフモードはこれでトレンドのスカーフを使って、髪の広がりをおしゃれにカバー。手抜きに見えがちな、後れ毛なしのシンプルなサイドアップが華やかに変身。髪が多くて時間がたつと毛先がパサつきがちな場合、オイルでしなやかさをプラスして。

膨らみを抑えすっきりシルエットをキープ

\How to/
爆発している髪をそのまま生かせるアレンジ。毛先を中心にオイルをなじませたら、根元から膨らみを抑えるようにサイド下で結ぶ。スカーフをハチ周りに巻きつけて前で交差し、さらに結び目に巻きつける。

【POINT】
□ 後頭部のふっくら感は残す。
□ 結び目にもスカーフを巻きつける。
□ スカーフでハチ周りを抑える。
□ 顔周りもあえてスッキリと!
□ 毛先のパサつきはオイルで解消!

暑い夏でも簡単おしゃれヘアに♪ ボリュームヘアにぴったりなひとつ結びアレンジ3つ

サイドポニーテールに合わせてキュートカジュアル

サイドポニーテールに合わせてキュートカジュアル

日差しに映える、とびっきりのキュートヘア。

\BACK/

サイドポニーテールに合わせてキュートカジュアル

サイドポニーテールに合わせてキュートカジュアル

\How to/
左サイドで髪をゴムでひとつ結びにしてターバンをオン。結び目にターバンのリボンを結んでゴムを隠して。毛先にはワックスをつけてバランスよく散らす。

ターバン使いのサイドポニーテールでBBQパーティへ

くるりんぱと合わせれば上級者風アレンジに

キュッと頭上で結べばやる気もアップ

キュッと頭上で結べばやる気もアップ

\ヘアスタイルのポイント/
明日は休み♪スカーフ使いでもうひと頑張り!スカーフをプラスするだけで、おしゃれ上級者風に!くるりんぱにして、途中でスカーフを挟んでさらにくるりんぱをしただけなので見た目より簡単、着こなしのアクセントにも。

\How to/

キュッと頭上で結べばやる気もアップ

【STEP1】
耳上の毛を後ろで結び、2回くるりんぱを。

キュッと頭上で結べばやる気もアップ

【STEP2】
くるりんぱと下りた髪の間にスカーフを通し頭上で結び、端は結び目に入れ込んで。下りた髪を左右から1の毛束の上に持ってきて結び、くるりんぱに。

キュッと頭上で結べばやる気もアップ

【STEP3】
最後にゴムを隠すように毛束を巻きつけて。

スカーフをプラスしておしゃれくるりんぱアレンジ♪|1週間アレンジ

毛量が多くまとまりにくい髪もくるりんぱでスッキリ

美容系『You Tube』クリエイター yurika mul(ユリカ エムユーエル)さん

毛量が多くまとまりにくい髪もくるりんぱでスッキリ

\ヘアスタイルのポイント/
ポニーテールをハーフアップくるりんぱと2段にすることで、毛束の太さがすっきり。結び目の高さ、毛先の動き、スカーフ…といった今っぽさが詰まった軽やかなポニーテール完成です!

\How to/

毛量が多くまとまりにくい髪もくるりんぱでスッキリ

【STEP1】毛先が動くように髪の内側と外側の巻き方を変える
「32mmのコテを使い、毛先から耳の下くらいまで髪全体を巻きます。ポニーテールした毛先に動きが出るように、“髪の外側は内巻き、内側は外巻き”というように、巻く向きを変えるのがコツ」

毛量が多くまとまりにくい髪もくるりんぱでスッキリ

【STEP2】ハーフアップは髪を取る位置がポイント!
「両耳の上から斜め上に向かってサイドとトップの髪を取り、ハーフアップに。ポニーテールを高めの位置で結びたいので、ハーフアップの位置も高めにして、細いヘアゴムで結びます」

毛量が多くまとまりにくい髪もくるりんぱでスッキリ

【STEP3】ハーフアップした髪をくるりんぱする
「STEP2の結び目の上に指を入れて、ハーフアップの毛先を入れてくるりんぱに」

毛量が多くまとまりにくい髪もくるりんぱでスッキリ

「これでハーフアップのくるりんぱができました!」

毛量が多くまとまりにくい髪もくるりんぱでスッキリ

【STEP4】ハーフアップと後ろの髪をひとまとめに
「くるりんぱしたハーフアップの毛束と後ろの髪をひとつに。軽やかに見せたいので、耳の後ろくらいの高さで、ヘアゴムで結びます」

毛量が多くまとまりにくい髪もくるりんぱでスッキリ

「ひとまとめにしたヘアゴムの結び目を手で押さえながら、トップやサイドの髪を少しずつつまみ出し、ラフなニュアンスを作っていきます」

毛量が多くまとまりにくい髪もくるりんぱでスッキリ

【STEP5】旬のスカーフつきゴムを重ねて軽さをプラス
「STEP4でひとまとめに結んだゴムの上に、ヘアアクセサリーを。スカーフがついたヘアゴムなら、手軽に使える上、ヘアスタイル全体にスカーフの動きが加わってより軽やかな仕上がりになります」

毛量の多い髪をすっきり軽やかに|くるりんぱを入れた2段ポニーテール【美容賢者の髪コンプレックス解消vol.51】

三つ編みと一緒に編み込むのはバンダナの定番アレンジ

シンプルな三つ編みがグッとおしゃれに

シンプルな三つ編みがグッとおしゃれに

\ヘアスタイルのポイント/
スカーフを編み込むだけで、3つ編みもぐっと洗練される!うねりや広がりを黙らせるにはぴったりだけれど、3つ編みは子供っぽくなりがち。その弱点を解決するのがスカーフです。両側の毛束と一緒に編むだけと、作り方も簡単!

シンプルな三つ編みがグッとおしゃれに

\How to/
スカーフは折って帯状に。髪全体を左に集めて3分割し、中央の毛束の下へスカーフをくぐらせる。後は両側の毛束と一緒に3つ編みにし、毛先をゴムで結ぶだけ。最後に襟足へアメピンを挿すと、くずれにくくなる。

\SIDE/

シンプルな三つ編みがグッとおしゃれに

\BACK/

シンプルな三つ編みがグッとおしゃれに

\動画でやり方をCHECK/

スカーフ×3つ編みでワンランク上のヘアアレンジ~動画つき 梅雨ヘア~

お団子×バンダナ風ヘアバンド

落ち着いた色のターバンでお団子も大人っぽく

STELLAR HOLLYWOOD PR 立花朋実さん

落ち着いた色のターバンでお団子も大人っぽく

\ヘアスタイルのポイント/
コンパクトなお団子が今っぽく、ターバンとのバランスが◎。落ち着いた色のターバンで大人っぽさもキープ♪

\How to/

落ち着いた色のターバンでお団子も大人っぽく

【STEP1】トップや毛先にワックスをなでつける
「両手のひらにワックスを広げてから、髪をまとめます。ヘアゴムで結ぶ前に、トップやサイドにワックスをなでつけるようにすると、まとめやすく、崩れにくくなります」

落ち着いた色のターバンでお団子も大人っぽく

「手のひらに残ったワックスを、毛先にもなじませます。毛先がまとまって、お団子が作りやすくなります」

落ち着いた色のターバンでお団子も大人っぽく

【STEP2】ヘアゴムに最後まで通さないでお団子の土台に
「髪を結ぶ位置は、お団子が正面から見えるくらいの高さ。ヘアゴムで結んでいきますが、最後は髪を通しきらず、輪にしてお団子の土台にします」

落ち着いた色のターバンでお団子も大人っぽく

【STEP3】毛先を巻きつけてヘアゴムに入れ込む
「STEP2で残した毛先をねじりながら、ヘアゴムの結び目にまきつけていきます。毛先はSTEP2で留めたヘアゴムに入れ込んで留めます」

落ち着いた色のターバンでお団子も大人っぽく

【STEP4】さらにヘアゴムをつけて飛び出した髪を押さえる
「ヘアゴムをもうひとつ使い、飛び出ている毛を押さえるように留めます。これでお団子をしっかりと固定」

落ち着いた色のターバンでお団子も大人っぽく

【STEP5】前髪の分け目を隠すようにターバンをオン
「ターバンをのせる位置は、前髪の分け目の上がバランス◎」

落ち着いた色のターバンでお団子も大人っぽく

サイドから見ると…お団子の位置をあごから耳の延長線上にすると、横から見てもキレイなバランスに。

お団子ヘアを“ターバン”で今どきに!広がりやすい髪質もすっきり【美容賢者の髪コンプレックス解消vol.70】

高めお団子×バンダナでアウトドアにピッタリの元気ヘア

高めお団子×バンダナでアウトドアにピッタリの元気ヘア

\ヘアスタイルのポイント/
アウトドアシーンにハマるのが、高めお団子。ヘアバンドを使えば、落ちてくる襟足の毛も気にならない。

\How to/

高めお団子×バンダナでアウトドアにピッタリの元気ヘア

【STEP1】
フロントは生え際よりやや後ろ、サイドは耳の上がほんの少し隠れる位置に合わせてヘアバンドをつけておく。

高めお団子×バンダナでアウトドアにピッタリの元気ヘア

【STEP2】
後ろの髪を高い位置でひとつに結んでから、毛束をねじって丸めてピン留め。表面の髪を部分的につまみ出してくずす。

\SIDE/

高めお団子×バンダナでアウトドアにピッタリの元気ヘア

アウトドアシーンにもぴったり♡ヘアバンドを使った高めのお団子~ヘアアレンジ~

お団子ハーフアップ×アースカラーバンドでこなれる

お団子ハーフアップ×アースカラーバンドでこなれる

\ヘアスタイルのポイント/
アースカラーヘアバンドを使ってあかぬけヘアにざっくりハーフアップアレンジ。顔周りのおしゃれニュアンス出しは、ヘアバンドにお任せ!ひとつもっていたいのは、合わせやすいアースカラー。無造作なハーフアップお団子を、より小粋に見せてくれます。

お団子ハーフアップ×アースカラーバンドでこなれる

\How to/
生え際より少し後ろにヘアバンドをつける。顔周りの髪を残して、手ぐしでハーフアップに。毛先を輪っか状にしたお団子風にまとめて。

\動画でやり方をCHECK/

アースカラーヘアバンドを使ってあかぬけヘアに♡ ざっくりハーフアップアレンジ

カチューシャタイプを使えばもっと簡単!

後頭部はふんわりボリュームを出すとキレイなシルエットに

STELLAR HOLLYWOOD PR 立花朋実さん

後頭部はふんわりボリュームを出すとキレイなシルエットに

\ヘアスタイルのポイント/
カチューシャの後ろから見えるふんわり感が今っぽい雰囲気に。すっきりとしたトップやサイドとのバランスも◎。

\How to/

後頭部はふんわりボリュームを出すとキレイなシルエットに

【STEP1】コテで耳上まで“2段階巻き”していく
「下したときに髪のボリュームが出るように、2段階巻きをして動きを出します。まずは毛先から耳上までを内巻きに」

後頭部はふんわりボリュームを出すとキレイなシルエットに

「内巻きにした毛先をコテにキープしたまま、中間部分の毛束だけコテから外します」

後頭部はふんわりボリュームを出すとキレイなシルエットに

「毛先をコテで押さえたまま、毛束が縦ロールになるように内側にねじります」

後頭部はふんわりボリュームを出すとキレイなシルエットに

「再び、ねじった毛束を耳上まで内巻きに巻いていきます」

後頭部はふんわりボリュームを出すとキレイなシルエットに

【STEP2】2段階巻きした毛束はほぐさずそのままで
「STEP1の通りに、後ろの髪をすべて2段階巻きしていきます。巻いたあとは毛束をほぐさず、熱が冷めるまでそのままキープしておきます」

後頭部はふんわりボリュームを出すとキレイなシルエットに

【STEP3】熱が取れてから髪全体をバサッとほぐす
「巻いた髪の熱が取れたら、両手を首の後ろに入れ込み、髪全体をバサッとほぐします。少しずつほぐすとバラバラになってボリュームが出にくくなってしまうので、“バサッと”がポイントです」

後頭部はふんわりボリュームを出すとキレイなシルエットに

【STEP4】毛先にオイルをつけてツヤを出す
「毛先にオイルをなじませて、パサつきを抑えます。巻きが取れないように、もみ込むようにつけます」

後頭部はふんわりボリュームを出すとキレイなシルエットに

【STEP5】髪を後ろにしてからカチューシャをオン
「髪を後ろに持っていってからカチューシャをつけると、トップとサイドがすっきりします。カチューシャをつける位置は、前髪の生え際。斜め上から差し込むようにつけます」

後頭部はふんわりボリュームを出すとキレイなシルエットに

【STEP6】後頭部の髪を持ち上げてボリュームUP
「髪を巻いていない後頭部は、もみ出すように髪を持ち上げてボリュームを出します。カチューシャの後ろから髪が見えるくらいふわっとさせるのが、今っぽくさせるコツ」

今どきカチューシャテク|広がりやすい髪質を逆手に取った“前すっきり&後ろボリューミィ”バランス【美容賢者の髪コンプレックス解消vol.71】

ふんわりとしたトップ×ターバン風カチューシャでベストバランス

Fujiko PR 大谷奈央さん

ふんわりとしたトップ×ターバン風カチューシャでベストバランス

トップの髪がカチューシャの上から見えて今っぽい!ファッションが格段におしゃれに♪

\How to /

ふんわりとしたトップ×ターバン風カチューシャでベストバランス

【STEP1】膨らみやすいサイドはワックスでピタッと
「カチューシャを付ける時は、サイドがタイトな方が高バランス。ワックスをなで付けるようにコームでとかします」

ふんわりとしたトップ×ターバン風カチューシャでベストバランス

【STEP2】耳下あたりの低い位置で髪をまとめる
「ターバン風のカチューシャはボリュームがあるので、後ろの髪はすっきりとひとまとめに。耳下あたりの低い位置でまとめます」

ふんわりとしたトップ×ターバン風カチューシャでベストバランス

「後ろの髪をヘアゴムでひとまとめにしたら、結び目を持って後頭部の髪をつまみ出します。後ろもボリュームを出すと、カチューシャをつけたときのバランスが◎」

ふんわりとしたトップ×ターバン風カチューシャでベストバランス

【STEP3】前髪の生え際よりやや前にカチューシャをオン
「ターバンらしさを引き立たせるために、カチューシャはやや前につけます。前髪の生え際より少し前が“らしい”位置!」

ふんわりとしたトップ×ターバン風カチューシャでベストバランス

【STEP4】トップにさらふわパウダーをつけてボリュームをキープ
「頭皮の皮脂を吸収してさらさら&ふんわりとさせるパウダーを使って、トップにボリュームをだします。まず、パウダーを指先に取ります」

ふんわりとしたトップ×ターバン風カチューシャでベストバランス

「次に、指先でトップをつまみ出しながらパウダーを塗布してトップをふんわりと。指に取ってからなじませると、狙ったところにボリュームが出しやすくなります」

ふんわりとしたトップ×ターバン風カチューシャでベストバランス

■フジコ|FPPパウダー ¥1,800
頭皮の皮脂を吸収し、瞬時に髪をさらふわにするパウダー。

旬の“カチューシャ”ヘアはトップのボリュームバランスが今っぽさの鍵!ボリュームの出やすさを生かした休日アレンジ【美容賢者の髪コンプレックス解消vol.74】

今っぽいつけ方はサイドの髪がポイント

SIMPLISSE/DAMAI PR 田代佳奈さん

今っぽいつけ方はサイドの髪がポイント

\ヘアスタイルのポイント/
カチューシャとヘアゴムひとつで今っぽいヘアアレンジが簡単!帽子でついたクセが気にならないおしゃれなスタイルの完成です。

「髪の日焼け防止としても、帽子をかぶることが多いです。でも、帽子をかぶると髪が潰れてしまうので、それをカバーするヘアアレンジをします。旬のカチューシャと、見えてもおしゃれなヘアゴムがあれば、コテやスプレーなどを持っていなくてもサマになります」

\How to/

今っぽいつけ方はサイドの髪がポイント

【BEFORE】
「帽子は『CALLi tokyo』を愛用。強い日差しから顔をしっかりと包み込む形で、小顔効果もあります。また、内側に小さなコームがついているので、風で飛ばされる心配がなく、実用的♪」

今っぽいつけ方はサイドの髪がポイント

【STEP1】前髪の生え際ラインにカチューシャをオン
「帽子でつぶれやすい前髪の生え際ラインをカチューシャでカバー。サイドの毛束を耳の前に持ってきてからセットします」

今っぽいつけ方はサイドの髪がポイント

つけるとこんな感じ♪
「サイドの髪を出しておくのが、今っぽいカチューシャのつけ方です!」

今っぽいつけ方はサイドの髪がポイント

【STEP2】後ろの髪をヘアゴムでお団子に
「後ろの髪をヘアゴムでひとつにまとめます。最後のひと結びは髪を通しきらずにお団子に。毛先を結び目の下に持っていけば、丸っとしたいい感じのお団子になります」

今っぽいつけ方はサイドの髪がポイント

【STEP3】ハチ張りが目立たないように後頭部の髪をつまみ出す
「ハチが張っているので、後頭部のハチの内側だけ髪をつまみだしてルーズに。サイドはすっきりさせたままの方が、ハチが目立ちません」

今っぽいつけ方はサイドの髪がポイント

ちなみにサイドから見ると…ツイストされたトップはスカーフアレンジしたように見えて、手軽にこなれた雰囲気に。

帽子を取ったあとのペタンコ髪対策アレンジ|簡単にサマになるカチューシャ&ヘアゴム使い【美容賢者の髪コンプレックス解消vol.66】

アクティブだけどリラックス感のある大人のアウトドアアレンジ

ランス ラックスPR 西村カナコさん

アクティブだけどリラックス感のある大人のアウトドアアレンジ

\ヘアスタイルのポイント/
ゆるっとまとめながらも、女性らしいこなれ感は必須!グランピングやバーベキューなど、アクティブなアウトドアシーンのヘアスタイルは、元気な印象のアップスタイルがおすすめ!一つに束ね、毛先を結び目に巻きつけることでまとまり感を出しながらも、トップやサイドをふわっとさせることで女性らしさもプラスします。さらに、ヘッドバンドを使えば、簡単ヘアアレンジがよりスタイリッシュに大変身!

\BACK/

アクティブだけどリラックス感のある大人のアウトドアアレンジ

「キチンとまとめることにはこだわらず、髪の引き出す量だったり、引き出す部分を調節することがナチュラルなまとめ髪をつかれた感じに見せないポイントになります。鏡で色んな角度からヘアスタイルを見ながら、まとめ髪の表面を少量ずつ引き出してみてください!」

\How to/
耳上の髪を後ろでまとめて“くるりんぱ”に。髪全体を下位置にまとめ、ポニーチューブで結ぶ。このとき毛先は抜ききらず残しておくのがポイント!残しておいた毛先を結び目に巻きつけ、毛先をゴムの中に入れて固定。形を整え、毛束を引き出します。根元からしっかりと引き出すとふんわり感が出て◎!ヘッドバンドをつけて、頭頂部の毛束を出す。

\動画でやり方をCHECK/

キャンプやバーベキュー…アウトドアにもおしゃれ♡ヘッドバンドを使ったヘアアレンジ【動画つき】

*価格はすべて税抜きです。

 

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事