ヘアアレンジ・髪型
2020.7.21

襟足の毛量を生かした後れ毛でこなれる!|襟足長め&多毛さんの軽快なポニーテールテク【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 122】

「襟足が長めなので、ひとつに結んだときに襟足の髪が目立つような気がするんです…」という高桑さん。
暑い夏に欠かせないポニーテールを楽しむために、襟足の髪にひと工夫しているそう。
「バランスを見ながら襟足の髪を少し引き出すと、こなれた雰囲気に。また、毛量が多くて膨らみやすい髪質なので、毛束にシースルー素材のスカーフを巻きつけて夏らしい雰囲気にするのも、毛量をカムフラージュするコツです」
夏に似合う軽やかでおしゃれなポニーテールテクを教えてもらいました。

今月の賢人File

ヘアサロンtricca銀座店 アシスタント高桑えむさん

3q6a9221_750

名前:高桑えむ(タカクワエム)

年齢:23

髪質:硬くて太めのしっかりとした髪質。毛量は多め。

髪の長さ:鎖骨に届く長さのボブ。前髪は目の下くらい。

ヘアカラー:ブリーチ

パーマ:ナシ

髪コンプレックス: 多毛かつ硬くて太い髪質でハリもあり、髪が膨らみやすい。また、襟足が長めでアップにしたときに目立ちやすい。

賢者プロフィール:銀座にあるヘアサロン『tricca』でスタイリストデビューを控えているアシスタント。ヘア悩みと向き合い、ロジカルな考え方で解消するのが得意。高桑さんのいるサロンはこちら

夏に似合う軽やかなポニーテールテクHow to

STEP1】襟足の横の髪を引き出す

 3q6a9613_750「後ろの髪をひとつにまとめたら、ヘアゴムで結ぶ前に襟足の横の髪を引き出します。耳の後ろに縦のラインになるように毛束を下ろすことで、髪をまとめたときに襟足の毛量が目立ちにくくなります」

STEP2】後ろの髪を耳下の高さで結ぶ

 3q6a9610_750「後でスカーフを巻きつけるので、低めの位置で後ろの髪をヘアゴムで結びます。スカーフをリボン結びにしても、大人っぽい雰囲気になります」

STEP3】結び目から毛先に向かってスカーフを巻きつける

3q6a9608_750「スカーフをヘアゴムの周りで1周させてから、毛先に向かって巻きつけて行きます。少しきつめに巻きつけて、毛束のボリュームを抑えます」

STEP4】スカーフの先をリボン結びに

3q6a9604_750「毛先近くまでスカーフを巻きつけたら、スカーフの先をリボン結びに。動きが出て軽やかな印象がUPします」

【完成】

3q6a9595_750襟足から垂らした毛束が女性らしい雰囲気に。
シースルーのスカーフも動きがあって軽やか♪

構成/越後有希子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事