顔の形から似合う髪型を探す
2021.3.10

四角顔さんに似合う【15の髪型】気になるエラ&ハチ張りをカバー

\"\"

四角顔さんのお悩み解消!気になるエラやハチの張りをカバーして小顔もGETできるおすすめヘアスタイルをレングス別にご紹介します。なりたい雰囲気に合わせて選んでみてください。おしゃれにカバーするヘアアレンジも一緒に♪

「四角顔」とは?

頭上部のエラやハチが張って四角い形に見えてしまう。
男性らしいイメージを持たれることも。

おすすめの「ショート」ヘア【4選】

【1】頭の形をキレイに見る「骨格矯正ショート」

【How to“ベース&カラー”】

  1. バックはあご下1cmでカット。首元に沿うようにレイヤーを入れ襟足はすっきりさせ、後頭部は、横から見たとき鼻のラインでボリュームが出るようにグラデーションカットを。
  2. サイドはやや前下がりで、顔周りはエラが張った部分に毛先を落ちるようにカット、耳が透けるくらいに軽くするとおしゃれな印象に。
  3. トップには動きが出るようレイヤーを入れ前髪は目にかからないくらいの長さでカットし、自然にサイドに流れるよう毛量調整を。
  4. 赤みを抑えた柔らかなツヤの出るカラー、10トーンのベージュブラウンで毛束の動きを軽やかに見せる。

【How to “スタイリング”】

  1. 残りのバックを横4段に分け、1段目を17mm、2段目を20mm、3段目を23mm、4段目を26mmのロッドで根元まで巻き込む。
  2. サイドは横3段に分け、1段目は20mm、2段目は23mm、3段目は26mmのロッドで根元まで巻き込む。
  3. 前髪は表面と内側の毛の2段に分け、23mmと26mmのロッドで根元まで巻き込む。毛先がラフに動くように、全体的にパーマはゆるくかけるのが鉄則!
  4. スタイリングはバーム系ワックスとツヤを出すオイルをミックスし、全体的にもみ込むだけでOK。

担当サロン:MINX 銀座中央通り店 服部 豪さん

 

初出エラ張りをカバーする“骨格矯正ショート”で、頭の形をキレイに見せてすっきり小顔に!

記事を読む

【2】後頭部の「丸みシルエット」で柔らかく

【How to“ベース&カラー”】

  1. 襟足はあごラインの延長線上でカット。後頭部は耳の中間よりやや高い位置にボリュームがくるように設定し、襟足に向かって緩やかなグラデーションに。この位置が高過ぎると老けた印象になるので注意。
  2. 顔周りはあごラインの前下がりカット。トップの分け目がどこでもキマるように、表面と顔周りに軽くレイヤーを入れる。
  3. カラーはどの季節でも浮かず好感度の高い8~9トーンのカーキ系ベージュ。肌の色や照明の明るさに合わせて、寒色に寄り過ぎない色味を作ることがポイント。

【How to “スタイリング”】

  1. トップは根元だけ1~2cm持ち上げ、やや斜め後方に倒しながら乾かします。トップ全体を持ち上げて乾かすと、戻したとき毛束に余分な丸みがつくので避けて。
  2. ストレートアイロンで表面の毛束の根元を挟み、中間まで滑らせ艶を出します。毛先はアイロンを90°に回転し、緩やかな内巻きカールに。
  3. そのままでもOKですが、すぐにペタッとなる人は程よく束感を作れるワックスを手のひらに少量伸ばし、毛先に軽くなじませるとふわっと感をkeepしやすい。

担当サロン:MINX 銀座中央通り店(ミンクス ギンザチュウオウドオリテン) 海野英雄さん

 

初出:前髪長め×後頭部の丸みシルエットで、老けて見えない大人の“柔らかボブ”に!

記事を読む

【3】顔周りの「毛束」で上手にカバー

【How to“ベース&カラー”】

  1. 顔周りはリップラインよりも長めの前上がりショートベース。バックは丸みが出るように長さを残し、襟足はタイトにして丸みを強調。
  2. 輪郭を包みやすくするため、もみあげより前の毛束にレイヤーを。さらにふわとしたひし形シルエットを作りやすくするため、ハチ上にもレイヤーを入れる。
  3. 前髪は目にかかる長さでカットし、サイドは自然に繋げて。
  4. カラーは8トーンのブルーアッシュにフォギーベージュを入れて、赤みを消しつつ柔らかな色味に。

【How to “スタイリング”】

  1. 乾かしたら26mmのアイロンを毛束の中間から挟み、全体の毛先を軽く内巻きに。
  2. レイヤーが入っているので毛先に動きが出やすく、自然とひし形シルエットが作れます。

担当サロン:AFLOAT D’L (アフロート ディル) 須藤直矢さん

 

初出:絶対小顔に見せたいなら、前髪あり×顔周り長めの“ひし形ショート”!

記事を読む

【4】エラが隠れる長さの「前下がりショートボブ」

【How to“ベース&カラー”】

  1. 顔まわりをエラが隠れる長さで前下がりのショートボブにカット。重さのポイントを低めにして、丸みのあるシルエットにすることが今っぽさの鍵に。
  2. 前髪は、眉上でぱっつんラインが残るように切る。ややワイドにすると耳にかけた時のバランスがよく、シースルーにもしやすくなる。
  3. カラーは8レベルのオレンジベージュに。日本人の肌色によく似合う暖色で、血色アップの効果あり。また、ベージュをプラスしているので柔らかさと抜け感のある仕上がりになっている。

【How to “パーマ&スタイリング”】

  1. パーマは23~17mmのロッドを使い、毛先を1カール巻いてボディパーマをかける。
  2. スタイリングは、クリームタイプの軽めのワックスを全体にしっかり揉み込む。
  3. 襟足は首に沿わせるようにし、最後に手に残っているワックスを前髪に塗布したら完成。より動きを出したい場合、8割ほど乾かして毛先が少し湿った状態でワックスをつけると◎。

担当サロン:MINX 銀座五丁目通り店(ミンクス ギンザゴチョウメテン) 村上由希菜さん

 

初出:パーマでアレンジも思いのまま!オン眉バングの旬顔ショートボブ

記事を読む

おすすめの「ボブ」ヘア【5選】

【1】「ストレートライン」でシャープさを出す

【How to“ベース&カラー”】

  1. 全体をアゴ下3cmの長さで、水平のカットラインが出るように切ります。トップにのみレイヤーを入れ、表面に抜け感のある動きをつける。
  2. 前髪はつくらずに、サイドを同じ長さに。
  3. カラーリングは、地毛より暗い3レベルのネイビーブラックをチョイス。個性的な色味で、クールでモードな印象を与えてくれる。

【How to “スタイリング”】

  1. ドライヤーで乾かす時、風を上から当てて根元は立ち上がりをつけずにボリュームをおさえながえらドライする。
  2. ドライ後、ストレートアイロンで、毛先中心にやや外に沿わすようなイメージで熱を当てる。
  3. さらっとした質感のオイルを襟足→もみあげ→全体→トップ→前髪と塗布して、全体に馴染ませたらフィニッシュ。スタイリングで外ハネっぽくするとかっこよく決まる。

担当サロン:MINX 原宿店(ミンクス ハラジュクテン) 野沢伯行さん

 

初出:ストレートがクールなボブヘア!ネイビーブラックでモード感をプラス

記事を読む

【2】「前髪あり×毛束」でフェースラインを隠す

【How to“ベース&カラー”】

  1. 襟足5cm、肩に触れるぐらいの長さでやや前下がりにカット。基本はワンレングスですが、毛先に動きを出しやすくするため顔周りと表面に軽くレイヤーを入れる。
  2. 前髪は隙間ができるように薄めに取り、目の上で毛先が流れるようにカット。
  3. カラーは好感度の高い9トーンのアッシュベージュ。動きのある毛先が軽やかに見えるように、ところどころハイライトを入れる。ハイライトは明るくし過ぎず、ベースのカラーとなじみませるのがおしゃれに見せるポイント。

【How to “スタイリング”】

  1. トップを左右にくしゃくしゃっと掻き上げながら乾かすと、トップがペタッとならずふんわりする。
  2. 150℃くらいの中温に設定したストレートアイロンで裾を外ハネに。さらに表面の毛束を少量取り、ところどころ外ハネをプラス。
  3. ハネた毛先にスプレーワックスを吹きかけてから、バーム系のワックスを全体にもみ込み束感を出す。スプレーワックスを吹きかけておくと軽くゴワついた質感になり、立体感をKEEPしやすくなる。
  4. 前髪は内側の根元にドライヤーをあてながらハンドブローで乾かし、毛先を軽くサイドに流して。顔周りの毛束をフェースラインにかけつつ、片側だけ顔周りの後れ毛を残して軽く耳掛けをすれば完成。

担当サロン:Sui(スイ) 深瀬介志さん

 

初出:丸顔やエラ張りをカバーして小顔に! 前髪ありの“輪郭矯正ボブ”って知っている?

記事を読む

【3】「軽やかレイヤー」で小頭効果をGET

【How to“ベース&カラー”】

  1. 鎖骨にかかる長さでやや前下がりにベースをカット。顔まわりにのみ、後ろに流れるレイヤーを入れる。
  2. サイドと同じ長さの前髪にせず、シャープさを抑え鼻先くらいの長さでカットする。頬ラインに設定することで、柔らかい印象となる。
  3. カラーは、6レベルのフォギーベージュ。フォギーベージュは、無彩色のグレーに近いベージュカラーで、赤みを打ち消し、光に透けたような透明感をアップさせる。

【How to “スタイリング”】

  1. スタイリングは32mmのアイロンで毛先を外巻きにワンカールさせるだけの簡単ヘア。
  2. 頭のハチより上の髪は、少し毛束を持ち上げて外ハネにすると◎。ハチ下は、アイロンを自分に寄せてくびれ感を出すようにワンカール。
  3. ツヤのある毛束感を作るなら、全体にヘアバターを馴染ませるようにつける。ウェットに仕上げるなら、ヘアオイルを選んでシルエットをタイトに整える。

担当サロン:GARDEN harajuku(ガーデン ハラジュク) 細田真吾さん

 

初出:骨格カバー&小頭効果!ニュアンスボブは、軽やかレイヤーで美人度アップ

記事を読む

【4】輪郭をカバーするふわっと「ひし形」シルエット

【How to“ベース&カラー”】

  1. 首元はギリギリの長さに設定し、ベースを前下がりのグラデーションでカット。重さのたまりやすい耳後ろは、しっかり毛量調整。
  2. 顔周りはマッシュラインでカット。髪は厚くならないよう、柔らかさのある抜け感を演出。
  3. カラーは、透明感のある9レベルのフォギーアッシュをセレクト。寒色寄りのベージュで赤みを抑えて、柔らかい髪質感に。

【How to “スタイリング”】

  1. オイルなどのベース剤を塗布してから、空気感が出るようドライヤーの風を下から当ててドライする。
  2. 乾いたら毛先がやや内巻きになるように、ストレートアイロンを通す。キレイなツヤ感のある仕上がりにするコツは、面を整えながらプレスすること。
  3. 前髪は流したい方向にプレスしてしまうとカール感が強くなるので、流したい方向と逆方向に。こうすることで、こめかみ辺りが閉まりのあるデザインになる。
  4. ベース剤のニュアンスが残り、ハーフウェットな質感となるので、スタイリング剤は毛先にオイルをつけるだけでOK。

担当サロン:joemi by Un ami(ジョエミ バイ アンアミ) 小倉太郎さん

 

初出:前髪あり&ショートボブヘアで、ふんわり女らしく。輪郭カバーも!

記事を読む

【5】「長め前髪」で縦長シルエットに

【How to“ベース&カラー”】

  1. ワンレングスでやや前下がりにカット。
  2. 丸いシルエットにならないように内側を軽くし、表面もルーズな束感が出せるように調整。
  3. 全体に細く入れたハイライト効果で、立体感がさりげなくも際立つ。

担当サロン:kiito 岩井典久さん

 

初出:輪郭もカバーしてくれる! 好感度◎の定番ボブカタログ

記事を読む

おすすめの「ミディアム・ロング」ヘア【4選】

【1】「“Wレイヤーミディ」でエラ張りをカバー

【How to“ベース&カラー”】

  1. 骨丈。バックの中心からサイドに向かって、やや前上がりに丸みをつけてカット。
  2. あご下から鎖骨にかけてレイヤーを入れ、顔周りに縦のラインを作る。またレイヤーを入れた左右の毛束であごを包むのも小顔に見えるポイント。
  3. トップにもレイヤーを入れ、表面にふわっとした毛束を作る。
  4. 前髪は軽く巻いて目の上に流れるように、目にかかる長さでカットし自然とサイドにつなげる。厚めに作っておでこを隠すと小顔効果UP。
  5. 7トーンのアッシュブラウンで、ツヤを出しつつ赤みを抑え上品な印象に。

【How to “スタイリング”】

  1. 32mmのアイロンで毛先のみ軽くワンカール。顔周りの毛束があごを包むと小顔に。
  2. 前髪も軽く巻いてサイドに流す。
  3. 少しセット力のあるクリームワックスを全体になじませ、表面の毛束をふわっとさせれば完成。

担当サロン:AFLOAT D’L (アフロート ディル) 斎藤詩歩さん

 

初出:顔周りと表面に入れる“Wレイヤーミディ”なら、丸顔もエラ張りも面長もカバーして小顔が手に入る!

記事を読む

【2】「ウルフ風カット」でおしゃれにカバー

【How to“ベース&カラー”】

  1. 鎖骨の長さでボブベースにカット。フロントにしっかりレイヤーを入れて、顔まわりに動きと抜け感のあるウルフっぽい表情に。
  2. 前髪は目にかかるくらいの長さに切る。
  3. カラーリングは冬らしさを演出する6レベルのアッシュベージュに。やや暗めですが日本人特有のオレンジ色を打ち消し、色気があり柔らかい雰囲気を与えてくれる色味。

【How to “パーマ&スタイリング”】

  1. パーマは20~15mmのロッドで根元までパーマをかける。前髪はゆるめにランダムなピンパーマを。
  2. スタイリングは、毛先のみを濡らしてトリートメントムースを揉み込んでから軽くドライヤーで乾かす。乾燥する季節なので、ムースは多めにしっかり塗布して、水分を閉じ込めて。
  3. アイロンで巻く場合、26mmのカールアイロンでリバース&フォワードのMIX巻きに。パーマでも、アイロンでも前髪は無造作に仕上げるのがコツ。
  4. ストレートタッチにするなら、手ぐしで伸ばしながら乾かす。指を使って外ハネにしつつ、表面に動きを出すと洗練された表情に。ナチュラルにヘアオイルをさらっとつけたら完成です。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 田中美有里さん

 

初出:大人ミディアムヘアは無造作パーマでおしゃれヘアに早変わり!

記事を読む

【3】エラ張りを補正してくれる「かきあげミディ」で小顔に!

【How to“ベース&カラー”】

  1. ベースは、鎖骨ラインで前上がりのワンレングスにカット。中間からトップにかけてグラデーションでカットし、トップには動きを出すレイヤーを入れる。
  2. 前髪は目にかからないギリギリの長さでカットすることで、かきあげたアップバングにしても、下ろし流しでもと2WAYを楽しめる。
  3. カラーは、8レベルのシアーベージュに。ややくすみのあるベージュで、寒色でありながら透明感と柔らかさのある色味になる。また、色持ちを重視しているので、明るい髪色をトーンダウンしたい人にも◎。

【How to “パーマ&スタイリング”】

  1. パーマをかける場合、デジタルパーマで25mmから17mmまでロッドもMIXし、ランダムなカール感が出るように巻きます。ドライ時、前髪の根元をつぶさないように気をつけて。
  2. 乾いたら32mmのアイロンで、アウトラインを外ハネにしてから、中間をフォワード&リバースのMIX巻きに。トップは数カ所を細めに毛束をとり、同じく中間からMIX巻きにする。
  3. 最後に乾燥を防ぐミルクタイプのスタイリング剤を全体になじませる。前髪の立ち上がりやトップにはミストをひと吹きしても。

担当サロン:MINX 銀座五丁目通り店(ミンクス ギンザゴチョウメテン) 黒田真未さん

 

初出:かきあげ前髪×抜け感の色気が魅力!大人おしゃれなウェーブミディ

記事を読む

【4】「サイドバングカット」で顔面積を小さく見せる

【How to“ベース&カラー”】

  1. 胸上5cm。やや前上がりにカットし、顔周りと表面にレイヤーを。毛先にはレイヤー入れず重ためにすると今っぽいセミロングに。
  2. 前髪は、正面は目にかかる長さでカット。目と耳の間のサイドバングはあごラインでカットし、正面の前髪と自然に繋げる。頬骨にかかる、サイドバングのやや斜めのラインが小顔効果のカギに。
  3. カラーは10トーンのシナモンベージュ。明るめですが赤みのないくすみ系のベージュなので落ち着いた印象に。透明感がありどんな肌色にもなじむ。

【How to “スタイリング”】

  1. 前髪のクセが強い人は、乾かすときに前髪を粗目のくしで左右にとかしながら乾かして。前髪がパカッと割れずにふんわりする。
  2. 32mmのアイロンで、全体の毛先を内巻きワンカール。次に耳より後ろの後頭部表面の毛束を持ち上げ、高い位置で毛先から中間まで内巻きに。さらに耳より前の毛束を縦にふたつ分け、内巻きにした毛先より上の部分を巻きます。顔周りになる手前の毛束は外巻き1回転、奥の毛束は内巻き1回転に。
  3. 全体のカールに手ぐしを通しバサバサとくずすと、今っぽい程よいボリューム感のラフウエーブに。
  4. パサつき防止用にオイルを1:1で混ぜたソフトワックスを毛先から中間に向かってもみ込み、手に余ったワックスで前髪の毛先にも軽くもみ込む。サイドバングで輪郭を隠すよう整えれば完成。

担当サロン:AFLOAT WORLD(アフロート ワールド) 秋山那代さん

 

初出:独自のカット技術をSCOOP! 小顔に見えるセミロングの秘密は“サイドバングカット”にあり

記事を読む

2つの「ヘアアレンジ」で上手にカバー

ヘアサロンchobbi アシスタントスタイリスト

Tomokoさん

銀座にあるヘアサロン『chobbi』のアシスタントスタイリスト。今年中にスタイリストとしてデビューを目ざしている。コンプレックスを解消しながら個性を生かしたカットを勉強中。

【1】コンパクトに見せる「おだんごヘア」

バームの程よいウェット感がこなれた感をUP。ゆるっとした襟足のおかげで、ラフでおしゃれなおだんごスタイルに。

【How to】
(1)バームを撫でつけながらひとまとめに
「手のひらと指の間にバームを広げてから、髪をまとめていきます。最初にハーフアップに髪を取ってハチの部分をしっかり押さえながらまとめたあと、襟足の髪を持ち上げるのがコツです」(Tomokoさん・以下「」内同)

(2)毛先が斜め下になるようにおだんごに
「(1)でまとめた髪をヘアゴムで結んでいきます。最後の毛束をと押し切らず、輪の状態にしておだんごヘアに。毛先は結び目の斜め下に持ってくると、襟足の髪となじんでアレンジいらずです」

(3)ハチの内側のみトップの髪を引き出す
「トップの髪を少しつまみ出して、カジュアルダウンさせます。つまみ出す髪は、ハチとハチの内側部分のみ。ハチより外側の髪をつまみ出してしまうと、せっかく押さえたハチが目立ってしまうので注意です」

(4)襟足も毛束を引き出して脱・バレリーナ
「襟足部分の髪はしっかりと引き出して、ラフな印象にします。シンプルなおだんごスタイルだからこそ、抜け感が大事です」

【使用アイテム】
リッカ リレイ|トリートメントバーム

「髪をしっとりと落ち着かせて、動きがつけやすくなります。ハンドクリームとしても使えるナチュラルな成分でできているから、頭皮についても安心」

価格容量
¥2,500 40g

初出:ハチ張りをカバーして頭をコンパクトな印象に!|ヘアゴムひとつでできるお手軽おだんごヘア【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 112】

記事を読む

【2】膨らみをカバーする「スカーフアレンジ」

トップの髪をすべてスカーフで押さえているから、膨らみが気にならない!
パーマのウェーブを生かした前髪は、スカーフで押さえたスタイルに軽さをプラス。

【How to】
(1)バームを撫でつけて膨らみを押さえる
「手のひらにバームを広げ、髪の膨らみを押さえ込むように撫でつけていきます。トップとサイドの表面になじませたら、前髪をくしゃっと握りながらバームをつけて、ウェーブ感を出しておきます」(Tomokoさん・以下「」内同)

(2)低めの位置でポニーテールに
「髪をひとつにまとめて、ヘアゴムでポニーテールにします。結ぶ位置は、襟足近くに低め。後でスカーフを結んだ時にフィット感がいい位置です」

(3)トップの髪を覆う幅のスカーフをつけていく
「正方形のスカーフをトップ全体が隠れる幅に折ってから頭にのせます。スカーフの幅を太めにすることで、ハチの膨らみがしっかり押さえられます」

「スカーフをトップからポニーテールにしたヘアゴムの下に持っていき、ヘアゴムを隠すようにひとつ結びします」

【使用アイテム】
リッカ リレイ|トリートメントバーム

「髪をしっとりと落ち着かせて、動きがつけやすくなります。ハンドクリームとしても使えるナチュラルな成分でできているから、頭皮についても安心」

価格容量
¥2,500 40g

初出:ハチの膨らみをスカーフでカバー!|ポニーテールがグッと華やぐスカーフアレンジ【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 113】

記事を読む

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事