ヘアカラー
2021.10.17

ピンクベージュが、可愛すぎる!【ヘアカラー見本】

\"\"

旬なヘアカラー、ピンク系からピンクベージュを『美的.com』の連載でも好評だった人気サロンのスタイルからご紹介します。

ピンクベージュってどんな髪色?

THE ORIGIN’S SALON(オリジンサロン)トップスタイリスト

太郎Taroさん

好感度アップのモテ髪はお任せください♪透明感のある外国人風カラー、グレージュ系カラーが得意です!簡単楽チン上品にまとまる大人女性のヘアスタイルもお任せください。

可愛らしいピンクカラーと、柔らかく女性らしさのあるベージュカラーを合わせた今大人気のカラー。血色が良く見え、ベージュがMIXされているので比較的どんな方でも似合いますが、どちらかといえばブルベの方にオススメです!

【暗め】ピンクベージュの髪色

5トーン

・寒色の5トーンに比べ、暖かみがあるので明るく見える。
・職場で明るく出来ない方も、光の当たり具合でほんのり発色してくれるのでオススメ。

担当サロン:THE ORIGIN’S SALON(オリジンサロン) 太郎Taroさん

【明るめ】ピンクベージュの髪色

8トーン

・8トーンくらいが一番ピンクを感じるトーンになる。ピンクカラーを楽しみたい方にオススメ!
・艶感もかなり出るのでパサつきが気になる方にも◎。

担当サロン:THE ORIGIN’S SALON(オリジンサロン) 太郎Taroさん

10トーン

・ハイトーンのピンクベージュは柔らかさ重視。
・ピンク味は少し薄くなりますが、その分ベージュの柔らかさがしっかり効いてくるので、華やかさとふんわり感が欲しい方は思い切って10トーンのピンクベージュもオススメ!

担当サロン:THE ORIGIN’S SALON(オリジンサロン) 太郎Taroさん

 

初出:髪色講座Vol.7【ピンクブラウン・ピンクベージュ】トーン別に人気スタイリストが解説

記事を読む

「レングス別」ピンクベージュの髪型【3選】

【1】「ショート」カラーが愛らしさアップ!

【how to“ベース&カラー”】

  1. 襟足は短めにすっきりレイヤーでカット。サイドの長さをリップラインに設定し、グラデーションでカット。
  2. 前髪はトップに丸さとボリュームが出るように深めに取り、眉毛が隠れるギリギリの長さに。
  3. カラーは9レベルのピンクベージュをセレクト。ベージュにほんのりピンクのニュアンスを加え、透明感や柔らかさのある仕上がりとなっている。

【how to“スタイリング”】

  1. トップがふんわりするように根元を持ち上げながらドライしたら、32mmのアイロンで前髪を軽くカールをつける。この時、挟んだ髪を横にスッと抜きながら外すとキレイな流れがつくれる。
  2. ツヤ感と軽いセット力のあるバームタイプのスタイリング剤を全体的に馴染ませ、耳にかけたら完成。耳にかける時、ひし形シルエットとなるようサラっとかけるのがスタイルを決めるコツ。

担当サロン:Beauty Connection Ginza Hair Salon(ビューティーコネクションギンザ ヘアサロン) 石橋千紘さん

 

初出:前髪ありのモテショート|大人かわいい&小顔見せは“ひし型シルエット”のおかげ

記事を読む

【2】「ボブ」トレンド感のあるカールヘア

【how to“カット&カラー”】

  1. 全体をあご下ラインのボブにカット。
  2. 前髪はまゆ下のシースルーに。
  3. エアリー感を演出する極細ハイライトを入れ、ピンクベージュをオンカラー。細めにすることで主張しすぎずに立体感アップを実現。バイオレットをMIXしたピンクベージュは、柔らかさと女性らしさを感じさせる秋におすすめのカラー。

【how to“パーマ&スタイリング”】

  1. スタイルの鍵となるパーマは、17~25mmのロッドを使う。アウトラインは毛先ワンカール、それより上は空気感が出るようにランダムなSカールに。
  2. スタイリング剤は、オイルやジェルといった濡れ感や束感が出るものを選ぶ。
  3. パーマの質感を残すため、スタイリング剤はつけすぎないこと。中間~毛先に塗布するだけなので、スタイリングが苦手でも可愛く決まる。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 歳嶋建国さん

 

初出:秋のトレンドヘア!たっぷり空気感のお洒落ボブ|最旬ヘアカタログ

記事を読む

【3】「ロング」美人見せが叶うふんわりヘア

【how to“ベース&カラー”】

  1. ベースの長さは胸くらいの長さでカット。黄金バランスとなる顔の長さの等倍で長さ設定。アウトラインの重さは残し、トップ~ミドルにレイヤーを入れて動きを出す。ふわっとしたカール感に仕上がるよう毛量調整はしっかりと。
  2. 前髪は鼻先くらいの長さで流れるように切り、サイドバングでおくれ毛を作る。
  3. カラーは、9レベルのピンクベージュをセレクト。女性らしい柔らかさのある色でありつつ、クールさも併せ持つカラー。

【how to“スタイリング”】

  1. ドライをしたら、32mmの太めのアイロン、もしくはストレートアイロンで内巻きにする。
  2. 前髪は乾かす時に、顔の前に下ろし分け目を立ち上げてから、毛先をリバースにワンカール。
  3. 最後にツヤ感の出るオイルか、保湿力のあるオイルミルクを、中間から毛先にサラッと馴染ませたら完成。

担当サロン:MINX 銀座二丁目店 小嶌夏海さん

 

初出:ふんわりロングは、うざバングと“おくれ毛”で色っぽヘアに|毛先ワンカールでOK

記事を読む

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事