食・レシピ
2020.12.28

【腸活みそ汁2週間レシピDAY11】「キムチ×カボチャ×牛肉のみそ汁」

毎日みそ汁を食べて美肌&美腸に!抗酸化作用×食物繊維がたっぷりの食材を使ったみそ汁レシピを料理研究家の今泉久美さんに教えていただきました。

キムチ×カボチャ×牛肉のみそ汁

乳酸菌がとれるキムチとアンチエイジング食材のコラボ
抗酸化作用&食物繊維がしっかりとれるカボチャと、善玉菌を増やすキムチの乳酸菌のサポートで、おなかがスッキリ。赤身肉は美肌&代謝アップ効果も。

resipi11

程よい甘みと辛みが後を引く

【材料(2人分)】
牛肉赤身(4cm幅に切り、酒大さじ1と絡める)…80g
白菜刻みキムチ…50g
カボチャ(一口大)…100g
だし…1+3/4カップ
みそ…大さじ1弱
わけぎ(3cm幅)…1本
ごま油…大さじ1/2

【作り方】
1 鍋にごま油を熱し、牛肉、カボチャを順に炒め、キムチの半量、わけぎの白い部分を炒める。
2 油が回ったらだしを加えて煮立てあくを引き、ふたをして弱火で4分ほどかぼちゃに火が通るまで煮る。わけぎの青い部分を加え、みそを溶き入れて煮立ったらお椀に盛り、残りのキムチを添える。

 

料理研究家 \家庭料理のスペシャリスト/

今泉久美さん

栄養士、女子栄養大学栄養クリニック特別講師。ヘルシーな家庭料理が人気で、著書『大人の献立ルールは2品で10分500kcal』も好評。

腸活みそ汁2週間レシピはこちら
【DAY1】「玉ねぎ×マグロ×ミニトマトのみそ汁」
【DAY2】「さつま芋×鶏ひき肉×白菜の豆乳みそ汁」
【DAY3】「にら×サバ×大根のみそ汁」
【DAY4】「チンゲン菜×豚肉×ねぎのタンタン風みそ汁」
【DAY5】「なめこ×麩×豆苗のみそ汁」
【DAY6】「アボカド×しょうがのみそ汁」
【DAY7】「かぶ×納豆のとろみみそ汁」
【DAY8】「アサリ×キャベツ×しめじのみそ汁」
【DAY9】「根菜×厚揚げのみそ汁」
【DAY10】「ブロッコリー×じゃが芋×ミニトマトのチーズみそ汁」

『美的』2021年1月号掲載
撮影/須藤敬一 スタイリスト/河野亜紀 レシピ提案・調理/今泉久美 構成/むらなかさちこ

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事