食・レシピ
2012.12.17

石坂優子の「キレイを養う★美味旬★レシピ」(63) 小さな緑黄色野菜、豆苗と牛肉のアジアンラップサンド


小さな緑黄色野菜、豆苗。豆苗とはその名の通りえんどう豆の若芽です。βカロチンを多く含み、葉酸やビタミンCも多く、安価なのにとっても力持ちのスプラウトです。少し青臭さがあるので炒めたり、茹でたりして食べるのが一般的ですが生のままでも十分美味しく、様々な料理にも使うことが出来ます。

とても手軽に使える豆苗を使ったレシピをご紹介します☆今回のレシピはアジアンテイストのラップサンド。一人でランチを作っている時に冷蔵庫の中にあったもので偶然出来た私の大好きなランチレシピです。トルティーヤはなるべく全粒粉やライ麦などを使った色つきのものを使用することによって食物繊維量もアップ。GI値も下がりますよ!無い場合はたっぷりの野菜や豆をはさむようにしてよく噛んで食べることをオススメします。海外のスーパーマーケットにはオーガニックの物などで日持ちするものがたくさん売っています。軽くてかさばらないのでお土産にもピッタリですよ!

【材料】 (2人前)
赤身牛肉切落とし(脂肪の少ない真っ赤なもの)…150g、すりおろしニンニク…少々、豆苗…1袋、しめじ…1パック、ミニトマト…5個、塩・こしょう…適量、オリーブオイル…大さじ1、レモン汁…1/4個分、ベビーリーフ…1パック、パクチー…適量、トルティーヤ(小)…4枚、粒マスタード…適量

【作り方】
①フライパンにオリーブオイル、すりおろしにんにく、しめじ、豆苗、牛肉、塩・こしょうの順番に入れ、大さじ2杯の水を入れて蓋をし、弱火で牛肉に火が通るまで蒸し焼きにする。(5分ほど)
②①が蒸しあがって粗熱が取れたら、①、1/4に切ったミニトマト、ベビーリーフ、パクチー、レモン汁を加え、お好みで追加のオリーブオイル、塩・こしょうで味を調える。
③マスタードを塗ったトルティーヤの上の方に②をたっぷり乗せ、下、右、左と折りたたんで巻く。

☆ポイント☆
お好みで具をオイスターソースなどのお好きなソースと一緒に巻いてみましょう。
トルティーヤが無い場合は茶色のパンにはさんだサンドイッチもオススメ。

♪ひとことメモ
市販で売っている豆苗は大体根付きの物。一回切って使っても根の部分を平らなお皿の上に置き、豆いつかないくらいの少量のお水を保っているとまた芽が生えてきます。すぐの捨てず、育ててみてくださいね!

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事