食・レシピ
2012.12.19

石坂優子の「キレイを養う★美味旬★レシピ」(64) 目指せ肉食系美人!簡単スパイシーローストビーフ☆


身体に悪そう!ダイエットには向いていない!そんなイメージがある牛肉。でもお肉が大好きな方はとても多いですよね。牛肉も食べ方と選び方によっては女性の味方になってくれます。上手に食事に取り入れて肉食系美女を目指しましょう。

まず一番大きなポイントは脂肪分の少ない「赤身肉」を選ぶこと。サシの入っていない、もも肉の塊などがとってもおススメです。良質なたんぱく質、亜鉛、鉄分などが豊富に含まれています☆そしてもう一つは週に3回手のひら1枚分を目安に取り入れ、沢山の彩り野菜と一緒に食べること。牛肉の豊富な栄養の消化、吸収を手助けしてくれるのが野菜に含まれている酵素や栄養素。上手に食事に取り入れてキレイな身体を目指しましょう。

今回紹介するのはそんな牛モモ肉の塊を使って炊飯器で簡単に出来るローストビーフ。これからのパーティーが多い季節にピッタリのメニューです。サラダやサンドイッチのトッピングにもどうぞ☆

【材料】(4人分)
牛モモ肉の塊(脂肪の少ない真っ赤なもの)…500g、ニンニク…1片、クミンパウダー…小さじ1/2、チリパウダー…小さじ1/2、ジンジャーパウダー…小さじ1/2、ガラムマサラ…小さじ1/2、塩・こしょう…適量、オリーブオイル

【作り方】
①もも肉は調理する1時間前には冷蔵庫から出しておき、室温に戻す。
②①にすりおろしたにんにくをすり込み、合わせたスパイス類、塩・こしょうを全ての面に付けてよく揉む。
③フライパンにオリーブオイルをひき、中火で②のすべての面に焦げ目が付くまで焼く。
④③をジッパー付きの冷凍バッグに入れ、ストローなどで袋内の空気を抜き冷凍バッグの口を閉める。
⑤炊飯器の釜の中に沸騰させたお湯と少しの水を入れ70℃ほど(熱いくらいのお湯)その中に④を入れ蓋をし、「保温」のボタンを押して30分低温で加熱する。
⑥完全に熱が取れてから薄めにスライスする。

☆ポイント☆
冷める前に切ると肉汁が沢山出てしまいます。
もも肉の大きさ・お好みによって調味料の量を調節しましょう。

♪ひとことメモ
味はしっかりついていますが、少し物足りない方には手作りソースがオススメ!トマト、アボカド、玉ねぎを小さくサイコロ状にカットしてレモン汁、塩、こしょうを合わせれば生サルサソースの出来上がり!とっても相性がいいですよ☆

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事