食・レシピ
2012.12.30

木下あおいのお薬ベジ★ごはん(11)疲れた胃に優しく染み渡る大根のみぞれ汁

今月のお題:
毎日飲み会続きでも二日酔いを防ぎたい

大根パワーで連日の飲み会を乗り切る

いよいよ年末。忘年会、新年会と食べて飲んで、の機会が続きます。ついつい飲みすぎてしまい、次の日は体調が最悪、なんてことも…。

そんなときは「大根のみぞれ汁」で弱った胃腸を優しく整えてあげましょう。大根にはでんぷん分解酵素〝アミラーゼ〞が含まれているので、食べ物の消化を助けて二日酔い、胸やけなどの症状を和らげてくれます。具材に乾燥しいたけを加えると、わざわざだしをとらなくても味がととのうのでとっても簡単! お酒を飲む前に、二日酔い防止策としていただくのもおすすめですよ。

●注目食材1 「大根」の効能
でんぷん分解酵素アミラーゼが消化を促して胃腸の負担を軽減。また、大根の辛み成分イソチオシアナートには、ドロドロになった血をサラサラにする効果も。

●注目食材2 「みそ」の効能
良質なたんぱく質を含み、アルコール摂取の前に食べることで肝機能を正常に保つ働きがある。また、美肌に欠かせないビタミン類やミネラル類も豊富。

【材料】(2人分)大根…2㎝、しょうが…小さじ2杯分、ねぎ…1/2本、乾燥しいたけ…5g、木綿豆腐…1/3丁、みそ…大さじ2、水…3カップ

【作り方】

①大根、しょうがをすり下ろし、ねぎを薄切りにする。大根は下ろし金に垂直に立てて、優しく円をくように下ろすと甘くなる。

②鍋にしょうが、ねぎ、乾燥しいたけ、水を入れ、乾燥しいたけがやわらかくなるまで弱火で煮込む。


③すり下ろした大根、豆腐をくずし入れ、同量の水(分量外)で溶いたみそを加える。30秒程弱火にかけ、味がととのったら完成。

+α menu
玄米を加えておじやにしても美味

みぞれ汁に茶碗1杯分の炊いた玄米を加えて、好みのかたさになるまで数分火にかける。満腹感があり消化もいいので、飲んだ翌朝にもぴったり。

 

 

 

 

\木下あおいのブログ 玄米菜食美食道♪/

 

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事