ヘアスタイル・髪型
2020.9.8

丸顔さん「だからこそ」似合う!15のヘアスタイル

今回は「丸顔さん」に似合う、コンプレックスをカバーしつつ魅力を底上げしてくれる、ヘアスタイルを『美的.com』の連載でも好評だった人気サロンのスタイルからご紹介!レングス別だから、きっとなりたい「可愛い」を見つけられるはず!

【ショートヘア】簡単に“シャープ”な印象に

【1】マッシュショートで女性らしいシルエットに

【1】マッシュショートで女性らしいシルエットに
【ベース】
(1)長めの前髪からサイドにかけて、顔まわりをマッシュラインでカット。
(2)輪郭は隠さず、思い切ってラインを出し、トップにはレイヤーを入れて、襟足はタイトに。
(3)カラーは、9トーンのフォギーベージュで、赤みを消しつつ透明感をプラスする。

【1】マッシュショートで女性らしいシルエットに
【スタイリング】
(1)前髪は左右に振りながら乾かす。
(2)26mmのアイロンで毛先をワンカールし、トップの髪は中間をくるっと巻いてラフな動きに。
(3)ヘアバターとオイルをMIXして、髪の内側に空気を含ませるよう手ぐしでなじませ、襟足をキュッと整える。

【1】マッシュショートで女性らしいシルエットに
担当サロン名:joemi by Un ami(ジョエミ バイ アンアミ) 中島意紗奈さん

長め前髪のマッシュショートは、女性らしい丸みシルエットで“小顔”見せ!

【2】軽めショートで丸顔カバー

【2】軽めショートで丸顔カバー
【ベース】
(1)顎ラインのワンレングスでカット。
(2)骨格に合わせて調整しながらレイヤーを入れ、軽さと女性らしい丸みのあるシルエットに。
(3)シースルーバングは、黒目と黒目に隙間ができるようにカットし、前髪からサイドを繋げる。
(4)カラーは、9レベルのアッシュベージュで赤みをおさえつつ柔らかい雰囲気に。

【2】軽めショートで丸顔カバー
【スタイリング】
(1)髪のまとまりをよくするために洗い流さないトリートメントをつけてから乾かす。
(2)ストレートアイロンで、表面の髪をCカールにするとふんわり今っぽい軽さに。
(3)オイルを全体的に馴染ませ、前髪はシースルー部分の毛先のみにつける。

【2】軽めショートで丸顔カバー
担当サロン名:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 蛇石智哉さん

前髪とサイドをつなげた軽めショートへアで丸顔をカバー!

【3】王道の“ひし形”ショート

【3】王道の“ひし形”ショート
【ベース】
(1)アゴラインの長さ設定で、前下がりのショートボブにカット。
(2)ウェイトラインを低めにし、前髪は目にかかる長さで下ろし流しに。
(3)カラーは、10レベルのベージュ系で柔らかい印象をプラス。

【3】王道の“ひし形”ショート
【スタイリング】
(1)全体をストレートアイロンで仕上げ、表面はふんわりCカール風に。
(2)ウェットな仕上がりのヘアオイルを全体的に馴染ませる。
(3)内側にもしっかり塗布し膨らみを抑え、顔まわりの毛束感を整える。

【3】王道の“ひし形”ショート
担当サロン名:AFLOAT D’L (アフロート ディル) 井上晃輔さん

王道のひし形ショートヘアが、今切るなら一押し!丸顔さんも挑戦しやすい小顔効果ボブで美シルエット

【ボブ】浮遊感をプラスして女性らしさUP

【1】顎ラインスッキリ“ひし形シルエット”

【1】顎ラインスッキリ“ひし形シルエット”
【ベース】
(1)全体をあごとリップラインの間の長さでカットし、サイドはやや前下がり、顔周りに長さを残す。
(2)襟足には厚みを残しつつ、頬からあごラインに向かってグラデーションカット。
(3)表面にレイヤーを入れ、リップラインでカットした長めの前髪を作る。
(4)カラーは、高感度の高いツヤのある8トーンのブラウンベージュ。

【1】顎ラインスッキリ“ひし形シルエット”
【スタイリング】
(1)トップを乾かすとき、分け目はセンターではなく6:4に。
(2)表面の毛束にアイロンを挟み、毛先が軽く内巻きになるように滑らせる。
(3)全体の毛先にシアバターをなじませる。
(4)頬ラインに立体感が出しつつあごラインに沿って毛先がシャープになるように整える。

【1】顎ラインスッキリ“ひし形シルエット”
担当サロン名:GARDEN harajuku(ガーデン ハラジュク) 髙橋 苗さん

丸顔カバー&小顔効果を狙うなら、前髪なしの“ひし形ショートボブ”!きちんと感のある大人な雰囲気もGet♪

【2】“外ハネMIX”で大人ナチュラルに

【2】“外ハネMIX”で大人ナチュラルに
【ベース】
(1)アゴラインのワンレングスベースでカット。
(2)トップに角を落とす程度のレイヤーを入れ、耳後ろなど毛量調整をして動きを出す。
(3)前髪は黒目と黒目を結ぶ三角ベースでつくり、幅が狭めのシースルーバングに。
(4)カラーリングは、8レベルのブラウンベージュで、暖かみがありツヤっぽいナチュラルな印象に。

【2】“外ハネMIX”で大人ナチュラルに
【スタイリング】
(1)26mmのアイロンを使い、外ハネワンカールに。
(2)所々に内巻きをミックスさせ、外ハネ:内巻き=8:2がベストバランス。
(3)スタイリング剤は、シャンプーをするように髪を動かしてカールをほぐしてからつける。
(4)毛先のパサつきを抑えてくれるバームを毛先→中間→前髪の順番で塗布する。

【2】“外ハネMIX”で大人ナチュラルに
担当サロン名:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 清水豊さん

サイドバングヘアで骨格補正!透けバング+外ハネミックスのショートボブ

【3】シースルーバングで輪郭補正

【3】シースルーバングで輪郭補正
【ベース】
(1)アゴラインの長さで、やや前下がりのワンレングスボブでカット。
(2)前髪は横幅を狭くし、巻いた時に目にかかる長さを計算してカットする。
(3)カラーは、7レベルのアッシュ寄りのベージュ。

【3】シースルーバングで輪郭補正
【スタイリング】
(1)26mmのアイロンで内巻きワンカール。
(2)表面は2cm間隔で細かめの毛束を取り、リバースにワンカール。
(3)ヘアオイルを全体になじませて、カール感をほぐすようにスタイリングする。

【3】シースルーバングで輪郭補正
担当サロン名:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 蛇石智哉さん

シースルーバングのショートボブは大人でもトライしやすい!輪郭補正で、丸顔が気になる人にも!

【4】透けバング×色っぽボブで小顔見せ

【4】透けバング×色っぽボブで小顔見せ
【ベース】
(1)あごラインのワンレングスにカットし、レイヤーを入れシルエットを整える。
(2)前髪は三角ベースで狭めにとり、シースルーバングにし、目尻横に短めのおくれ毛をつくる。
(3)カラーは、9レベルのアッシュベージュ。

【4】透けバング×色っぽボブで小顔見せ
【スタイリング】
(1)トップのボリュームがふわっとするようにドライヤーの風を当てる。
(2)26mmのアイロンで、内巻きと外ハネをランダムに巻く。
(3)オーガニック系のバームを、下から上にボリュームを出すように毛先→中間→根元付近と塗布。
(4)手に残っているスタイリング剤を前髪につける。

【4】透けバング×色っぽボブで小顔見せ
担当サロン名:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 清水豊さん

透けバング×色っぽボブは、内&外ミックスのランダムカールが春を誘う!

【5】長めシースルーバンクでシャレ度UP

【5】長めシースルーバンクでシャレ度UP
【ベース】
(1)えり足は、あごラインくらいの長さに、バッグをグラデーションにカットに。
(2)サイドはリップラインの長さで、瞳の位置でカットした前髪とつなげる。
(3)カラーは、10レベルのアッシュブラウンで、自然なカジュアル感を演出する。

【5】長めシースルーバンクでシャレ度UP
【スタイリング】
(1)ドライヤーを放射線状に全体にかける。
(2)ヘアオイルを内側からまんべんなくさっとつける。
(3)片方の耳に髪をかけれる。

【5】長めシースルーバンクでシャレ度UP
担当サロン名:MINX 銀座二丁目店(ミンクス ギンザニチョウメテン) 関真吾さん

長めシースルーバング&マッシュショートボブで、カジュアルな中にもピュアさを!

【ミディアム】軽やかなウェーブで色っぽさをプラス

【1】毛束感×浮遊感で美人度アップ

【1】毛束感×浮遊感で美人度アップ
【ベース】
(1)アウトラインは前上がりでカットし、レイヤーを入れる。
(2)前髪は、目の位置ギリギリでカットし、奥行きと横幅を狭くしてシースルーバングに。
(3)カラーは、9レベルのシナモンベージュに染め、大人かわいい雰囲気に。

【1】毛束感×浮遊感で美人度アップ
【スタイリング】
(1)弱めの風をあて生えグセを修正しながら乾かす。
(2)32mmのアイロンを使い、全体を内&外ミックスでワンカールに強めに巻く。
(3)顔まわりは中間にもカール感を作る。
(4)シアバター系のワックスを、毛先から中間→根元付近→の順番で塗布する。

【1】毛束感×浮遊感で美人度アップ
担当サロン名:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 清水豊さん

“黄金比バング”で美人度アップのミディは、シースルー効果で、“色っぽ清楚”がズルいんです

【2】“ひし形ミディ”のおしゃれヘア

【2】“ひし形ミディ”のおしゃれヘア
【ベース】
(1)鎖骨下くらいでワンレングスにカットし、顔まわりと表面にレイヤーを入れる。
(2)シースルーバングにするために奥行きを狭く取り、巻いて目にかかる程度の長さにカット。
(3)カラーリングは、暗めでも透明感のある7レベルのブランジュに。

【2】“ひし形ミディ”のおしゃれヘア
【スタイリング】
(1)ドライ後、前髪はマジックカラーで巻く。
(2)32mmのアイロンで全体を外ハネにし、表面は内巻きにワンカール。
(3)ヘアオイルを毛先中心に均一となるように揉み込む。
(4)手に残ったオイルで、顔まわりと前髪の束感をつくる。

【2】“ひし形ミディ”のおしゃれヘア
担当サロン名:drive for garden(ドライブフォーガーデン) 森紫織さん

アップデートしたミディウルフ×シースルーバングで、カジュアルおしゃれヘアに

【3】“長め前髪×ヌケ感ミディ”で色っぽさをプラス

【3】“長め前髪×ヌケ感ミディ”で色っぽさをプラス
【ベース】
(1)鎖骨ラインの前上がりベースでサイドとバックは繋げてカット。
(2)前髪は頬ラインからサイドに流れるようにカットし、顔周りにレイヤーを、全体の中間から毛先に毛量調整カットを。
(3)全体の毛先に太めのロッドで内巻き1回転半のパーマをかける。
(4)カラーは、赤みがなく透明感が出る7トーンのアッシュベージュに。

【3】“長め前髪×ヌケ感ミディ”で色っぽさをプラス
【スタイリング】
(1)先に根元を乾かしてから、全体を9割乾かす。
(2)トリートメント系のスタイリング剤を全体の中間から毛先にもみ込む。
(3)前髪にもスタイリング剤をなじませ、毛先をサイドに流す。

【3】“長め前髪×ヌケ感ミディ”で色っぽさをプラス
担当サロン名:joemi by Un ami(ジョエミ バイ アンアミ) 赤井希望さん

“長め前髪×ヌケ感ミディ”で、童顔を味方にした色っぽさを手に入れて!

【4】“クラシカルウエーブ”で丸顔をカバー

【4】“クラシカルウエーブ”で丸顔をカバー
【ベース】
(1)鎖骨丈よりやや長めにカットし、軽やかさを出すため顔周りだけレイヤーを入れる。
(2)前髪は眉下ギリギリで、毛先を流したとき眉が見えるようにする。
(2)カラーは、6トーンのネイビーアッシュ。

【4】“クラシカルウエーブ”で丸顔をカバー
【スタイリング】
(1)前髪はカーラーで巻い、髪全体を表面の毛、中側の毛、内側の毛と分ける。
(2)それぞれ25mmのアイロンで毛束の中間から毛先に向かい波巻きをする。
(3)全体を巻いたあと、表面の毛束のみところどころ縦巻きをプラスする。
(4)巻き終わったらスプレーワックスを拭きかけ、全体の巻きをほぐします。
(5)前髪はカーラーを外し、毛先をサイドに流す。

【4】“クラシカルウエーブ”で丸顔をカバー
担当サロン名:S.HAIR SALON(エス) 宮澤卓也さん

丸顔をカバー! “クラシカルウエーブ”のセミディで、女っぽかわいい秋顔に

【5】内巻きでフェイスラインをカバー

【5】内巻きでフェイスラインをカバー
\Point/
・全体のシルエットを丸→逆3角形にシェイプする。
・デカ丸顔さんの場合は、全体的に丸いフォルムを逆3角形になるように整える。

【5】内巻きでフェイスラインをカバー
【ベース&スタイリング】
(1)前髪は、眉下くらいの長さでカットし、隙間を作ってヌケ感を出す。
(2)髪全体をカジュアルなミックス巻きにし、頰にかかる毛を内巻きにする。

丸顔さん必見☆ ほんの少しのテクニックで小顔見せが叶うんです!

【ロング・セミロング】ふんわりカールでこなれ感を演出

【1】長め透けバンクで透明感をプラス

【1】長め透けバンクで透明感をプラス
【ベース】
(1)ベースの長さはあまり変えずやや前上がりに、ワンレングスでカット。
(2)こめかみ部分にレイヤーを入れてつなぐ。
(3)厚みのある前髪は、右に流れるようにカットし、すき間が出るように調整。
(4)カラーは、9トーンのシフォンベージュで、赤みを打ち消し柔らかい髪質感をプラス。

【1】長め透けバンクで透明感をプラス
【スタイリング】
(1)32mmのアイロンで襟足と顔周りにカールをつける。
(2)顔まわりは、細かめに毛束を取り外巻き&内巻き交互にカールをつけ、表面のみ、1cm四方でリバース巻き。
(3)オイルをごく少量つけるとスタイルが長持ちする。

【1】長め透けバンクで透明感をプラス
サロン名:AFLOAT D’L (アフロート ディル) 赤川 敬一さん

髪伸ばしかけの人、必見。長め透けバングの大人ロングは、イメチェン+小顔効果あり!

【2】こなれ感のあるおしゃれスタイル

【2】こなれ感のあるおしゃれスタイル
【ベース】
(1)アウトラインは胸上くらいの長さでカット。
(2)襟足〜サイド、顔まわりにレイヤーを入れ、動きを出す。
(3)軽さ+動きが出やすいように表面にもレイヤーを入れる。
(4)前髪は、フロントを目の上ギリギリの長さでカットし、サイドとつながるラインはやや長さを残し自然に繋げる。
(5)カラーは、8トーンのアッシュグレージュに。

【2】こなれ感のあるおしゃれスタイル
【スタイリング】
(1)アイロン前に保湿力のあるオイルトリートメントを髪全体につける。
(2)アイロンは32mmを使い、毛先を外ハネに。
(3)髪の中間部分は、フォワードとリバースのMIX巻きにする。
(4)表面は毛束を細めに取りゆるくカールを作る。
(5)動きを出したい中間の髪を引き出し、軽めのワックスで束感を作れば完成です。

【2】こなれ感のあるおしゃれスタイル
担当サロン名:XELHA(シェルハ) 谷 賢二さん

セミロングは、長め前髪&大きめカールで、抜け感ある大人フェミニンに

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事