ヘアスタイル・髪型
2019.9.9

おしゃれ外ハネヘアでトレンド感抜群!簡単な作り方、長さ別ヘアスタイル

トレンド感たっぷりで一気におしゃれ見えする外ハネヘア。コテとストレートアイロンを使った簡単アレンジ法からショート・ボブ、ミディアム、ロングの長さ別ヘアスタイルをお届けします。外ハネを取り入れておしゃれ女子に変身しちゃいましょう♪

【目次】
簡単!コテを使ったやり方
ストレートアイロンでも作れる!
おしゃれ感たっぷり!ショート・ボブとの組み合せ
人気のミディアムスタイル
こなれ感がでるロングヘア

簡単!コテを使ったやり方

顔周りの毛束に少し遊びをプラス

【How to】

顔周りの毛束に少し遊びをプラス
(1)32mmアイロンを使用。前髪は、外側に流しながら毛先は内巻きに。

顔周りの毛束に少し遊びをプラス
(2)顔周りの髪も、毛先だけ外ハネにする。毛束をほぐしながらスプレーを吹きつけ、動きをキープして。

顔周りの毛束に少し遊びをプラス
顔周りを外ハネにして大人っぽく!

シンプルボブがたった3分で、大人っぽボブに変身!

ストレートアイロンでも作れる!

はねやすい長さを今風にスタイリング

【How to】

はねやすい長さを今風にスタイリング
(1)サイド〜バックの髪を、こめかみ位置で上下にブロッキング。まずは、下の段からスタイリング。中間部分をストレートアイロンで挟み、毛先に向けて滑らせて、毛先5㎝のところで毛先が外にはねるように腕を外側にひねって、アイロンを抜く。

はねやすい長さを今風にスタイリング
(2)上の段は頭頂部を空けて、ハチのあたりをストレートアイロンで挟む。毛先に向けて少しゆっくりめにアイロンを滑らせ、広がりやすいハチまわりをタイトに抑えるのがコツ。中間部分から徐々に手首を外側にひねりながら、アイロンを抜く。

はねやすい長さを今風にスタイリング
(3)コームの先端でトップの分け目をジグザグにとる。分け目をジグザグにすることで、トップにふんわり感が出て、自然な縦長フォルムに。

はねやすい長さを今風にスタイリング

はねやすい長さを今風にスタイリング
(4)ジェル状のスタイリング剤を500円硬貨大(ポンプタイプの場合は2プッシュ分)手に取る。両手に伸ばし、両サイドの外側から手グシを入れて毛先になじませる。程よいウェット感を出しながら、ハネ感を長時間キープ。

はねやすい長さを今風にスタイリング
トップのふんわり感とサイドのタイトさで、メリハリのある外ハネボブの完成!

アイロンで簡単!“ボブの外ハネアレンジ”で丸顔&地味顔をカバー【髪コンプレックス解消vol.30】

くせ毛を生かしたアレンジ

【How to】

くせ毛を生かしたアレンジ
(1)手のひら全体にオイルをのばし、もみこむように髪全体になじませる。先にオイルをつけておくと、アイロンによるダメージも抑えられ、艶やかなストレートヘアに。

くせ毛を生かしたアレンジ
(2)タイトなストレートヘアにしたいので、前髪は横に流す。前髪だけ水で少し濡らし、流したい方向に髪を引っ張りながらドライヤーで乾かすと、流れがつきやすくなる。

くせ毛を生かしたアレンジ
(3)髪の表面半分をピンで押さえておき、内側からしっかりストレートに。

くせ毛を生かしたアレンジ
(4)毛先だけ巻くのではなく、ストレートアイロンで髪の中間から手を止めずに、手首を返しながら一気に外ハネを作る。自然な外ハネで大人っぽく仕上がる。

くせ毛を生かしたアレンジ
(5)ストレートアイロンで作った外ハネのカールをキープするために、バームをなじませる。指の腹全体にバームをのばし、手ぐしで毛先をそらすようにつけるのがコツ。

くせ毛を生かしたアレンジ
すっきりと大人っぽい印象のストレートに!

クセ毛でも湿度に負けないタイトなストレートに!|“1日中真っ直ぐ”をキープするドライヤー&アイロンの使い方【美容賢者の髪コンプレックス解消vol.61】

おしゃれ感たっぷり!ショート・ボブとの組み合せ

今っぽ大人カジュアルに

今っぽ大人カジュアルに
【How to“ベース&カラー”】
・ベースカットは、アゴラインでやや前下がりのワンレングス。
・ラフなハネ感を出すため、トップと顔周りにはレイヤーセニングを入れる。
・前髪は、サイドよりやや短めにカット。
・カラーは、13レベルのカーキアッシュ。
・マット系にブルーを加えることで黄味を抑えて、透明感をプラスした色味に。

今っぽ大人カジュアルに
【How to“スタイリング”】
・ドライ時は、分け目がつかないように注意しながら乾かす。
・乾いたら、ストレートアイロンで、全体的を外ハネに仕上げ、さらに表面を32mmのアイロンを使い、リバースカールをランダムに巻く。
・直毛やアイロンが苦手な人は、毛先に太めのロッドで軽くパーマをかけても。
・仕上げは、スタイリングオイルを毛先中心につけてから、動きの欲しい表面と毛先にワックスを塗布。
・毛束感を整えたら、セミウェットな質感の中にラフな動きのあるスタイルの完成。

前髪なし+ショートボブは、ラフなハネ感で今っぽ大人カジュアルに

長め前髪でフェースラインカバー

長め前髪でフェースラインカバー
【How to“ベース&カラー”】
・前髪は鼻ラインでカット。
・バックは襟足を短めにカットし、グラデーションカットでリップラインのサイドに繋げていきく。
・表面に動きを出しやすくするため、顔周りを中心にしっかりレイヤーを。
・外ハネにしたとき短くなり過ぎないよう、裾はやや長めに残すとバランスが取りやすくて◎。
・カラーは9トーンのフォギーアッシュ。
・くすみ過ぎないアッシュカラーで自然な軽さを演出。

長め前髪でフェースラインカバー
【How to“スタイリング”】
・前髪は前方からドライヤーをあて、自然にふわっと立ち上げる。
・全体を乾かしたらストレートアイロンで表面と顔周りの毛束を外ハネに。
・アイロンは毛先をはさんだら、くるっと手首を返すと簡単に外ハネが作れる。
・外ハネはきっちり作ろうとせず、それぞれの角度が違っても気にせずラフに作ればOK。
・ストレートアイロンを使うことでくるんとなり過ぎず、外ハネの角度を自分で調整しやすくなる。
・毛先にややウエットな質感になるセラムなどを揉み込み、束感を作れば完成。

長め前髪の“外ハネショート”は、差のつくトレンドヘア!

キレイなシルエットを叶える技ありヘア

キレイなシルエットを叶える技ありヘア
【How to“ベース&カラー”】
・マニッシュな印象のサイドグラデーションは、耳に少しかかるくらいの長さでカット。
・間引きセニング&スライドカットをmixさせながら毛量調整することで、ニュアンスのある束感を作る。
・さらに、トップにはレイヤーを入れ、動きを出しやすく。
・カラーは、ブリーチで細かいハイライトを入れた後、スタイリッシュな寒色であるオリーブアッシュ(10レベル)をオン。
・ハイライトによりメリハリのある立体感と、髪が動いた時の透け感を演出。

キレイなシルエットを叶える技ありヘア
【How to“スタイリング”】
・トップは根元をふんわり立ち上げ、センターパートの分け目をくっきり見せないように乾かすのがポイント。
・はっきりとした分け目は古いイメージとなりがちで、ペタッとするとメンズっぽくもなるのでご注意を。
・襟足は、浮かないように上から押さえ込みながら風を当てる。
・19mmの細めのアイロンで、外ハネをメインにランダムに巻いて動きを出す。
・バーム系ワックスを毛先中心になじませるように塗布すると、艶のある束感に。

マニッシュショートは、前髪レス×コンパクトシルエットで一歩先のおしゃれ感を!

メリハリシルエットでおしゃれ感up!

メリハリシルエットでおしゃれ感up!
【How to“ベース&カラー”】
・襟足4cmからサイドを平行に繋げ、顔周りはやや前上がりにカット。
・裾は動きが出やすいようグラデーションカットに。
・表面にレイヤーを入れやや軽さを出します。
・前髪は目の上ギリギリでカット。
・隙間を作るように毛量調整すると今っぽい下ろしバングに。
・カラーは8トーンのアッシュブラウン。
・程よく赤みを抑え、透け感のある柔らかな髪に見せる。

メリハリシルエットでおしゃれ感up!
【How to“スタイリング”】
・乾かすとき、前髪はクセがつかないように手ぐしで前に引き出しながら乾かす。
・トップは左右に振りながら乾かすとふんわり。
・26mmのやや細めのアイロンで、全体を内、外ランダムに1回転半のMIX巻きに。
・しっかり巻かず、アイロンを滑らせ軽く動きをつける程度でOK。
・全体を巻いた後、裾に外ハネ巻きをプラス。
・ソフト系のワックスを揉み込み、軽く耳掛けをして完成。

メリハリシルエットの“外ハネウルフボブ”なら、猫っ毛でも気にならないボリュームヘアに!

人気のミディアムスタイル

抜け感のある大人女性を演出

抜け感のある大人女性を演出
【How to“ベース&カラー”】
・鎖骨にかかる長さでやや前下がりにベースをカット。
・顔まわりにのみ、後ろに流れるレイヤーを入れる。
・サイドと同じ長さの前髪にせず、シャープさを抑え鼻先くらいの長さでカット。
・頬ラインに設定することで、柔らかい印象に。
・カラーは、6レベルのフォギーベージュ。
・フォギーベージュは、無彩色のグレーに近いベージュカラーで、赤みを打ち消し、光に透けたような透明感をアップさせる。

抜け感のある大人女性を演出
【How to“スタイリング”】
・スタイリングは32mmのアイロンで毛先を外巻きにワンカールさせるだけの簡単ヘア。
・頭のハチより上の髪は、少し毛束を持ち上げて外ハネにすると◎。
・ハチ下は、アイロンを自分に寄せてくびれ感を出すようにワンカール。
・ツヤのある毛束感を作るなら、全体にヘアバターを馴染ませるようにつける。

骨格カバー&小頭効果!ニュアンスボブは、軽やかレイヤーで美人度アップ

おしゃれ美人にブラッシュアップ!

おしゃれ美人にブラッシュアップ!
【How to“ベース&カラー”】
・肩上でカットし、サイドのハチ上からバックにかけてレイヤーを入れる。
・顔周りも頬ラインからしっかりレイヤーを。
・前髪は眉上で薄めにカットしてから、パッツンにならないように隙間を作るセニングカットで毛量調整。
・カラーはしっとりツヤの出る7トーンのピンクバイオレット。
・アッシュなど寒色にせず暖色にすることで、カジュアルなボブでも落ち着いた印象に。

おしゃれ美人にブラッシュアップ!
【How to“スタイリング”】
・濡れた状態の短め前髪はすぐ乾きやすく根元が立ちやすいので、自然なクセがつく前に、ドライヤーで根元をつぶすようにしっかり乾かす。
・28㎜のアイロンで、裾の毛束を少量ずつ取りなら外ハネに。
・さらにレイヤーを入れたサイドやバック表面の毛束を真上に引き上げ外ハネをプラス。
・毛先がパサついて見えないよう毛先にバームをもみ込み、前髪の毛先にも少量もみ込んで。前髪を目の粗いコームでとかすし程よい隙間を作れば完成。

流行の外ハネボブは“短め前髪×レイヤーボブ”で、パッと見おしゃれ美人にブラッシュアップ!

男ウケも狙える万能ヘア

男ウケも狙える万能ヘア
【How to“ベース&カラー”】
・サイドは平行で顔周りはやや前下がり、自然にハネる鎖骨にかかる長さでカット。
・ハチ部分に少しだけレイヤーを入れ、表面に軽さを出す。
・前髪は薄めに取り、目にかかる長さにカット。
・こめかみに落ちる毛束はやや長めにカットし、自然にサイドに繋げる。
・カラーは9トーンのラベンダーアッシュ。
・ラベンダーが黄みを抑え色ヌケを防ぎ、上品な艶ブラウンを長続きさせる。

男ウケも狙える万能ヘア
【How to“スタイリング”】
・パサつきが気になる人は、髪が濡れているときにツヤの出るトリートメントオイルを揉み込んでから乾かして。
・この段階でオイルを仕込むと髪がしっとりし、男ウケに必要なツヤ感をKEEPできる。
・また乾かすときは毛先を手ぐしで外ハネにするとスタイリングがよりスムーズに。
・32㎜のアイロンで、毛先のみ外ハネにワンカール巻く。
・カールをつけすぎると子供っぽく見えるので、アイロンを滑らせる程度で軽くハネさせる。
・バーム系のスタイリング剤を毛先にもみ込みハネ感を整え、前髪の毛先をサイドに流せば完成。

時短で今っぽい♪前髪ありの“外ハネミディ”は男ウケも狙える万能ヘア!

こなれ感がでるロングヘア

カジュアルになり過ぎないリッチ感を演出

カジュアルになり過ぎないリッチ感を演出
【How to“ベース&カラー”】
・鎖骨下5㎝。
・バックからサイドに向かいやや前上がりにカット。
・トップにボリュームが出やすいようハチ上部分にレイヤーを入れる。
・外ハネの動きを出しやすくするため、肩に落ちる裾の部分にもレイヤーを。
・レイヤーを多く入れ過ぎるとカジュアルになり過ぎるので、肩に落ちる部分のみに入れて裾の重たさを残すことが大切。
・前髪はかき上げスタイルが決まりやすいあごラインでカット。
・カラーは8トーンのアッシュブラウン。
・赤みの出ないツヤのあるブラウンベースで、大人っぽく上品な印象を与える。

カジュアルになり過ぎないリッチ感を演出
【How to“スタイリング”】
・前髪をかき上げながら根元にドライヤーをあてるとトップのボリュームが出やすくなる。
・また温風をあてた後、髪の熱が下がるまでかき上げた状態でいると、手を離した後も根元の立ち上げをKEEPできる。
・32㎜のアイロンで裾を外ハネワンカールに。
・全体的にカールがついたら表面の毛束をところどころ取り、縦巻きカールをMIX。
・ウエット系のバームを全体的にもみ込み、外ハネと表面の縦巻きをなじませ、立ち上げた前髪の根元にキープスプレーを吹きかければ完成。

大人の“外ハネセミロング”|おしゃれ感の決めてはトップと裾のボリューム感!

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事