ヘアスタイル・髪型
2022.6.28

佐田真由美さん風に近づく、おしゃれぱっつんボブ&無造作ロング【19の髪型】

\"\"

モデルの他、ジュエリーブランドとアパレルブランドも手掛ける憧れの女性、佐田真由美さん。佐田真由美さん風に近づくファッショナブルで色っぽいおすすめの髪型を『美的.com』の連載でも好評だった人気サロンのスタイルからご紹介します。

佐田真由美 さん風の髪型って?

佐田真由美さんといえば近年はぱっつんボブが定番。ぱっつんボブと言っても前髪あり・なしや、ストレートまたはウェーブなど様々なバリエーションを楽しまれています。無造作感が色っぽいミディアムやセミロングのイメージも強い。明るめのヘアカラーもよく似合います。

トレンドファッションと合わせたい「前髪あり×切りっぱなしボブ」【6選】

【1】ハイカラーと無造作感が魅力の切りっぱなしボブ

timeline_20220515_112532-2

【how to“ベース&カラー”】

  1. ベースカットは、パツッと切りっぱなしボブ、レイヤーは入れない重めスタイル。
  2. 重心を重めに持ってくることで、エラ部分をカバーしている。
  3. カラーは12トーンのサンドベージュ。まろやかさを出す為にピンクを入れ上品さを出す。

timeline_20220515_112532-1

【how to“スタイリング”】

  1. 32ミリコテアイロンで外ハネにカール。
  2. 顔まわりはリバースに毛流れをつくる。耳下から、内から外に向かう毛流れをコテで作ることでエラがカバーされる。小顔効果も出で◎。
  3. ヘアオイルを全体的にウェットな質感になる様つける。

担当サロン:ALICe by afloat(アリスバイアフロート)&REVES(レーヴス) 菅原 英さん

 

初出:骨格のお悩み解消!【エラ張り・ホームベース・ボブさん】の似合わせスタイリング方法

記事を読む

【2】ハイセンスなヘアカラーのふんわりぱっつんボブ

【how to“ベース&カラー”】

  1. カットは前下がりのぱっつんボブ。毛量が多いので内側は軽めにカットにしている。
  2. ハイトーンなので艶が見えるようにレイヤーをいれてないのがポイント。7トーンの髪の毛から1日で3回ケアブリーチ。もともとのデザインカラー(インナーカラー)をいかした。髪質的にとっても明るくなりにくくオレンジが強いのですが仕上がりはキレイなミルクティーグレージュと淡いアメジストカラーに。

【how to“スタイリング”】

  1. 毛先は外はね表面はふんわりと26ミリのコテで巻きオイルを馴染ませるだけで、きれいなボブのフォルムが出来上がる。
  2. スタイリングも簡単にできるようにカットを施しているので、楽チンヘア。

担当サロン:Maria by afloat(マリア) 鳥居菜美子さん

 

初出:ミルクティーグレージュにパープルを入れたハイセンスなボブシルバーカラー

記事を読む

【3】カール感を付けた長め前髪がおしゃれなストレートボブ

【how to“ベース&カラー”】

  1. ベースカットは、ぷつんとしたラインを残した切りっぱなしボブに。
  2. 前髪は鼻先くらいの長めに設定し、流しやすいようにレイヤーを入れる。シースルーにすることで、抜け感と大人ヘアにフィットする。
  3. カラーは、7レベルのグレーアッシュに。暗く深みがありますが、光に当たると透明感がありお洒落感のある色味。

【how to“スタイリング”】

  1. ストレートアイロンで、内巻きでも外ハネでもなく、板状に伸ばすようにまっすぐに仕上げるのがコツ。
  2. 前髪のみ32mmのアイロンでリバースに巻いて、ゆるっとしたカール感を出す。
  3. 軽めのオイルを手ぐしを通すように塗布。前髪は付けすぎないように気をつけ、仕上げはコーミングしても◯。

担当サロン:MINX 原宿店(ミンクス ハラジュクテン) 松田吏菜さん

 

初出:シンプルでもお洒落見え!力の抜けたライン感ボブ|最旬ヘアカタログ

記事を読む

【4】薄め前髪の外ハネウルフのぱっつんボブ

【how to“ベース&カラー”】

  1. トレンドを詰め込んだ外ハネウルフ+シースルーのスタイル。あご下切りっぱなしボブベースにカット。
  2. 表面にレイヤーを入れて立体感を出しくびれに。毛量を軽くして抜け感を出す。
  3. 前髪はシースルーバングに薄めに。
  4. カラーは透明感の出る8トーンのアッシュグレージュに。柔らかい質感にしてくれる。

【how to“スタイリング”】

  1. スタイリングは26ミリのコテで、毛先は外ハネに巻き、表面のレイヤーを内巻きにする。
  2. オイルバームを全体的に揉む込み束感をだす。
  3. 前髪も軽くつけて艶感を出せば完成。

担当サロン:ALICe by afloat(アリスバイアフロート) 鎌倉 彩さん

 

初出:外ハネの軽やかウルフボブで大人可愛いスタイルに

記事を読む

【5】眉下シースルーの空気感のあるウェーブスタイル

【how to“カット&カラー”】

  1. 全体をあご下ラインのボブにカット。
  2. 前髪はまゆ下のシースルーに。
  3. エアリー感を演出する極細ハイライトを入れ、ピンクベージュをオンカラー。細めにすることで主張しすぎずに立体感アップを実現。バイオレットをMIXしたピンクベージュは、柔らかさと女性らしさを感じさせるおすすめのカラー。

【how to“パーマ&スタイリング”】

  1. スタイルの鍵となるパーマは、17~25mmのロッドを使う。アウトラインは毛先ワンカール、それより上は空気感が出るようにランダムなSカールに。
  2. スタイリング剤は、オイルやジェルといった濡れ感や束感が出るものを選ぶ。
  3. パーマの質感を残すため、スタイリング剤はつけすぎないこと。中間~毛先に塗布するだけなので、スタイリングが苦手でも可愛く決まる。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 歳嶋建国さん

 

初出:秋のトレンドヘア!たっぷり空気感のお洒落ボブ|最旬ヘアカタログ

記事を読む

【6】重め前髪のカーリーボブ

1%e3%82%a8%e3%83%a9%e3%83%8f%e3%83%aa%e3%83%9c%e3%83%96%e3%82%aa%e3%83%b3%e7%9c%89

スタイルのポイント

  1. 人気のパッツンボブ
  2. 下に重さが出る様にグラデーションカットで重さを出しエラをカバー
  3. 束感が出る様にスライドカット

前髪カットのポイント

  1. 短めで切る事で目が大きく見えます
  2. ぱっつんオン眉で切る事で今っぽさがでます
  3. こめかみのとこをラウンドで切る事で小顔効果あり

担当サロン:AFLOAT SHONAN(アフロート ショウナン) 高屋憲嗣さん

 

初出:有名サロンがお悩み解消!vol.83【エラ張りホームベース・ボブ・オン眉】骨格・レングス・前髪別特集

記事を読む

洗練された印象の「前髪なし×切りっぱなしボブ」【4選】

【1】ゆるっとニュアンスの平行ラインボブ

【how to“ベース&カラー”】

  1. アゴ下の長さで平行ラインのボブにカット。切りっぱなしのぱつっとした質感はそのまま残す。
  2. 前髪はリップラインでシースルーに。この前髪がニュアンスのある動きを表現しながら、骨格を補整。
  3. カラーリングは、夏色のカーキベージュを8レベルで。赤みを打ち消すカーキが深み与えつつ、透明感のある色味に仕上げる。

【how to“スタイリング”】

  1. 26mmのアイロンで毛先を外ハネにし、表面の髪は根元を外してリバース&フォワードでランダムに巻く。
  2. スタイルのポイントとなる前髪は、サイドに流さず顔側に髪を下ろし、毛先をワンカールすることで軽いニュアンスのある仕上がりに。
  3. ドライワックス:オイル=1:1でMIXしたものを中間から毛先にワシャワシャと揉み込む。

担当サロン:MINX 銀座五丁目店(ミンクス ギンザゴチョウメテン) 村上由希菜さん

 

初出:骨格カバーで美人ヘアに!ニュアンスバングの大人ボブ| 最旬ヘアカタログ

記事を読む

【2】おでこ出しがクールなストレートのぱっつんボブ

【how to“ベース&カラー”】

  1. 全体をアゴ下3cmの長さで、水平のカットラインが出るように切る。トップにのみレイヤーを入れ、表面に抜け感のある動きをつける。
  2. 前髪はつくらずに、サイドを同じ長さに。
  3. カラーリングは、地毛より暗い3レベルのネイビーブラックをチョイス。個性的な色味で、クールでモードな印象を与えてくれる。

【how to“スタイリング”】

  1. ドライヤーで乾かす時、風を上から当てて根元は立ち上がりをつけずにボリュームをおさえながえらドライする。
  2. ドライ後、ストレートアイロンで、毛先中心にやや外に沿わすようなイメージで熱を当てる。さらっとした質感のオイルを襟足→もみあげ→全体→トップ→前髪と塗布して、全体に馴染ませたらフィニッシュ。スタイリングで外ハネっぽくするとかっこよく決まる。

担当サロン:MINX 原宿店(ミンクス ハラジュクテン) 野沢伯行さん

 

初出:ストレートがクールなボブヘア!ネイビーブラックでモード感をプラス

記事を読む

【3】長めの切りっぱなしにレイヤーをプラスした柔らかボブ

【how to“ベース&カラー”】

  1. カットベースはあご下2cmのボブ。動きが出るようトップにグラデーションを、顔まわりにはレイヤーを入れくびれをつくる。
  2. 前髪は、巻いた時にほおにかかるよう鼻先ラインでカット。
  3. カラーは7レベルのフォギーベージュに。青みとグレーをMIXしたベージュカラーで透明感があり、綺麗な色を長く楽しめる。

【how to“スタイリング”】

  1. 髪を乾かす時、センターパートの根元をしっかり立ち上げるのがポイント。
  2. ドライ後、26mm、もしくはストレートアイロンで全体を外ハネに。表面の髪は真上に持ち上げて内巻きワンカール、前髪は毛先をリバースに巻く。
  3. キープ力がありセミウェットに仕上がるバームorヘアオイルを全体に塗布したら完成。
  4. 地肌にポンポンっとつけるパウダーワックスを使えば、根元の立ち上がりが簡単にキープできる。スタイルキープにはソフトなヘアスプレーも◯。

担当サロン:lora.garden (ロラ ドットガーデン) 児玉善央さん

 

初出:小顔&結べる長さも嬉しい!センターパートの柔らかくびれボブ|最旬ヘアカタログ

記事を読む

【4】パーマで作るかき上げがラフな切りっぱなしボブ

【how to“ベース&カラー”】

  1. アゴ下の長さで前下がりの切りっぱなしボブにカット。
  2. 前下がりにすることで、顔まわりに重さが残りクールビューティな雰囲気に。
  3. カラーは、透明感のある9レベルのアッシュベージュをセレクト。赤みをおさえつつ透明感を与えてくれる。

【how to“パーマ&スタイリング”】

  1. パーマは15~20mmのロッドで毛先を1.75回転巻く。絶妙なパーマが今っぽいラフさのあるウェーブ感に。
  2. スタイリングは、前髪をオールバックにしながらやや立ち上がりをつけたら、全体をバーっと乾かす。さらっとタイプのオイルを毛先に揉み込んでから、束感をほぐしてラフな動きを出したらフィニッシュ。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 本木ヨシヒサさん

 

初出:甘すぎないゆるウェーブでお洒落に!ラフ感がちょうどいい夏ボブ| 最旬ヘアカタログ

記事を読む

無造作感がおしゃれな「ミディアム~セミロング」【4選】

【1】顔を包むようなカットのふんわり無造作ミディ

ふと首を傾げたときなど、仕草に合わせて、ふわり。ベーシックなミディアムレイヤーも、短めにデザインした顔周りの毛束感で、ぐっと今っぽく艶やかな表情に。

Point

顔周りを包み込む毛束は、横顔まで魅惑的に演出し、小顔見え効果も抜群! まとめ髪のときも、自然に落ちる毛束がニュアンスを添えてくれて、あらゆるシーンで印象的なヘアをかなえてくれる。

〈カット〉
鎖骨下のミディアムレングス。顔周りを前上がりにカットして、口元~裾にスライドカットを入れて動きを出す。

〈カラー〉
ネイビーとオリーブ、ラベンダーを2対1対1の配合でMIXし、全体を染める。

SIDE

BACK

担当サロン:SIX 久保英士さん

 

初出:【ミディアムヘア】小顔見え効果も◎! ダウンヘアもまとめ髪も可愛く決まるカットのポイントは?

記事を読む

【2】ハイカラー×ウェット質感の色っぽミディ

【how to“カット&カラー”】

  1. 全体を鎖骨と胸の間くらいの長さにカット。ベースの厚みを残しながら、レイヤーを入れる。
  2. 顔まわりには独立したハイレイヤーを入れるのがスタイルの鍵。軽さと透け感を演出してくれる。
  3. 前髪も今っぽく薄めにラウンドでカット。
  4. カラーは、ブリーチをしてからシフォンベージュをオンカラー。ハイトーンのヌーディーカラーは、太毛さん硬毛さんのコンプレックスを解消して、柔らかい質感を叶える。

【how to“スタイリング”】

  1. 髪を乾かしたら、120℃の低温に設定したストレートアイロンを全体に通します(ブリーチ毛なので低めがおすすめ)。
  2. 重めのヘアオイルを毛先が外ハネになるように塗布。
  3. 首まわりなどの内側も忘れずに。全体にまんべんなくつけ、ウェットな質感に整えたら完成。

担当サロン:MINX 銀座五丁目店(ミンクス ギンザゴチョウメテン) 河野沙耶佳さん

 

初出:顔まわりウルフで今年顔に!愛されミディアムレイヤー|最旬ヘアカタログ

記事を読む

【3】大きめカールのアンニュイセミロング

【how to“ベース&カラー”】

  1. カットベースは胸上の長さで、やや前上がりに。顔まわりと表面にレイヤーを入れて柔らかい動きを出しやすくする。
  2. 前髪は目上ギリギリの長さで目元を強調。サイドにかけて緩やかにつなぐ。
  3. 全体のカラーは、7レベルのグレージュに。さりげないインナーカラーにしたい人には、顔まわりに細めのハイライトを入れるのがおすすめ。巻いた時に可愛いニュアンスを加えてくれる。

【how to“スタイリング”】

  1. 34mmのコテで毛先から外ハネ→内巻きのSカールに。
  2. バックは外ハネのみでも。スタイリング剤は、ボリュームが出にくい人はシアバター、広がりやすい人はシアバター+オイルを。毛先から持ち上げるようにつけてカールをキープさせる。
  3. 手ぐしを通しながらほぐし、前髪と顔まわりを整えたら完成。

担当サロン:GARDEN Tokyo(ガーデントウキョウ) 田中麻由さん

 

初出:さりげないインナーカラーで小顔も!大きめカールの柔らかセミロング|最旬ヘアカタログ

記事を読む

【4】フレーミングカラーがおしゃれな大人なスタイル

【how to“ベース&カラー”】

  1. ミディアムローレイヤースタイル。前髪は鼻の位置からサイドに流すように長めにつくる。
  2. 全体12トーンのオリーブベージュで最大に明るめに、前髪とフレームラインはブリーチをして、ハイトーンのアクセントを入れて、フレーミングカラーに。ダブルカラーのチョイスは、白髪をぼかすためにも、大人ヘアの最旬トレンド。

【how to“スタイリング”】

  1. 32ミリのカールアイロンでベースは外側巻きにしています。表面のみ縦に巻き込んで、動きをつける。
  2. スタイリング剤は特に使わず仕上げる。

担当サロン:SINCER ELY(シンシアリー) 唐沢ゆりこさん

 

初出:ダブルカラーで作るのが大人ヘアのトレンド!今最も熱いフレーミングカラースタイル

記事を読む

ファッション誌でもよく目にしていた「モテロング」【5選】

【1】重め前髪のワンカールロング

【how to“ベース&カラー”】

  1. 重ためのベースカットに表面はレイヤーを入れる事で、艶はありつつも重たさを感じさせないように。
  2. 前髪も重たくなりすぎないように隙間を空けるような量感調節を。
  3. カラーはペールベージュ。透明感、明るさを損なわないような淡い色が特徴。今回使ったアディクシーカラーのペールラインは、元の自分の髪色に、そのまま色が入るので完成する色見は様々。なので、色のチョイスはプロのセンスが光ります。また、自分色が完成するのもうれしいポイント。

【how to“スタイリング”】

  1. スタイリングは全体を32ミリのコテで、ゆるくワンカールをつけて顔まわりはカールが出るように少し強めに巻く。全体を巻きすぎないのでスタイリングも簡単で頑張りすぎないカジュアルなイメージが作れる。
  2. 仕上げは軽めのオイルでサラッと仕上げると、明るめのカラーが活かせる重すぎない仕上がりに。

担当サロン:DELA by afloat(デラ バイ アフロート) 杉浦 友哉さん

 

初出:自分色が作れる!淡い透明感ペールベージュのロングレイヤースタイル

記事を読む

【2】ファッションがさらに楽しくなるカジュアルパーマロング

【how to“ベース&カラー”】

  1. 胸上の長さで、ローレイヤーを入れ毛先には重さを残します。クセを活かし、パーマもキレイに見えるよう、程よい重さがあるのが鍵。
  2. 前髪はリップラインの長さにカットする。
  3. カラーは、パーマでパサついて見えやすいので、ツヤ感のあるナチュラルブラウンをチョイス。

【how to“スタイリング”】

  1. パーマは、前髪は根元まで平巻き、全体は28mmのロッドをメインに毛先ワンカールをかける。より動きが欲しい場合は、32mmのコテで毛先をワンカール、顔まわりはリバースに巻いても。
  2. ツヤ感の出るオイルやバームを毛先~根元近くまで塗布。セミウェットな質感に仕上げるのがおすすめ。

担当サロン:S.HAIR SALON(エス) 紗良さん

 

初出:クセを活かしてお洒落ヘアに!大人カジュアルなパーマヘア|最旬ヘアカタログ

記事を読む

【3】内巻きがポイントのふんわりウルフロング

【how to“ベース&カラー”】

  1. ウルフカットは、髪全体にレイヤーを入れて長短をつけたメリハリのあるスタイル。根本がペタッとしてしまう細毛や猫っ毛の方は、フェイスレイヤーとトップにレイヤーを入れることによって毛先の重さが消えるので、軽さが出てふんわりしやすい。
  2. 顔周りをフェイスレイヤーをいれることにより小顔に見せてくれるのが一番のポイント。毛量が多い方、広がりやすい方でもレイヤーを入れることによって、収まりがよくなり、綺麗なシルエットになる。
  3. カラーは、今季トレンドの、10トーンのトープグレージュ。ベージュの色をベースにグレーの色味が入ることにより、赤みを抑えまろやかさを出すので、重くなり過ぎず、綺麗な色味に。

【how to“スタイリング”】

  1. 顔まわりを外巻きにするか、内巻きにするか、ベースの毛先を内巻きにするか外巻きにするか、など様々なアレンジ次第で雰囲気ががらりと変わるので、その日の気分に合わせてスタイリングを楽しめるのがポイント。
  2. 写真のようなアレンジだと全体的に毛先を内巻きにするだけで、レイヤーが入っているので、ふわっとした柔らかい印象になる。トップにレイヤーがあるので、ひし形になるので、レングス問わず、ペタッとしてしまわないので、スタイリングが決まりやすい。

担当サロン:ALICe by afloat(アリスバイアフロート) 中園祥吾さん

 

初出:細毛・猫っ毛の人におすすめのメリハリふんわりウルフヘア

記事を読む

【4】顔周りのフェイスレイヤーが魅力の大人っぽいスタイル

1

スタイルのポイント

  1. 胸の位置でカットしパーマを入れて動きが出やすいように低めの位置でレイヤーをいれる
  2. お顔周りのフェイスレイヤーを骨格の位置、えらを隠せる位置でカットしてかきあげが流れやすいやように

担当サロン:ALICe by afloat(アリスバイアフロート) 田山穂波さん

【5】綺麗なお姉さん風!流し前髪のカールロング

3

スタイルのポイント

  1. 全体にレイヤーを入れてひし形のシルエットにカット
  2. デジタルパーマで動きが出やすいように適度に軽さをいれる
  3. パーマで髪質が柔らかく見えるようにする
  4. エラハリをカバーして 顔まわりのひし形とシルエットで引き締め効果をつくる

担当サロン:ALICe by afloat(アリスバイアフロート) 早川隆介さん

 

初出:有名サロンがお悩み解消!vol.70【エラ張りホームベース・ロング・前髪なし】骨格・レングス・前髪別特集

記事を読む

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事