ヘアアレンジ・髪型
2020.2.4

くせ毛風パーマ|キメすぎないナチュラルさが魅力♪長さ別くせ毛風パーマヘアカタログ

ショート・ボブ・ミディアム・セミロングの長さ別に、くせ毛風のおしゃれパーマヘアをまとめました。今おしゃれに見える人は断然、キメすぎず、それでいて洗練感の漂う、こなれたヘアスタイルですよね。即・今っぽくなれるおしゃれなくせ毛風ヘアを、パーマで手軽に叶えちゃいましょう。

【目次】
ショートのくせ毛風パーマヘアカタログ
ボブのくせ毛風パーマヘアカタログ
ミディアムのくせ毛風パーマヘアカタログ
セミロングのくせ毛風パーマヘアカタログ

ショートのくせ毛風パーマヘアカタログ

ナチュラルで動きのあるマッシュショート

ナチュラルで動きのあるマッシュショート

【おしゃれPOINT】
ニュアンスパーマで動きプラスしてふんわり仕上げ、コロンとした丸いシルエットで女らしさを演出。トップのボリューム感が、タイトで色気のある襟足を際立たせてくれます。また、前髪を長めにすることで大人女性にもマッチするデザインに。骨格をキレイに見せる効果も抜群で、動きも出しやすいので髪がペタッとしやすい人にもおすすめ。

ナチュラルで動きのあるマッシュショート

【How toベース&カラー】
襟足の長さを短めに設定し、サイドとバックはグラデーションでカット。襟足はキュッとタイトに収まるようにスライドカットで調整します。毛束感と動きが出やすいように、間引きセニングを施し、前髪は乾いて目の上ギリギリになるよう計算をしてカット。顔まわりがマッシュになるように仕上げます。カラーは、柔らかい印象とツヤ感を与えるブラウンベージュに。ブラウンのマイルドな色合いを残しつつ、赤みを抑えたカラーになります。

【How toパーマ&スタイリング】
パーマは20mmのロッドで毛先1回転半のパーマをかけます。前髪は、少し太めのロッドを使い、ニュアンスがでるように。アイロン仕上げなら、26mmのカールアイロンで毛先を内巻きに。顔まわりと耳後ろを外ハネにすると立体感のあるスタイルになります。スタイリングは、ドライ後にトリートメントクリームを全体に揉み込みます。スタイリング剤は、トリートメント効果や保湿効果もあるタイプを選んで。最後に束感を出して、顔まわりや耳後ろの外ハネを整えたら完成です。

長め前髪の柔らかマッシュがおしゃれ見え! 骨格をキレイに見せる効果も♪

セクシーさも忘れないハンサムショート

セクシーさも忘れないハンサムショート

【おしゃれPOINT】
ツヤ感とウェットな質感でちょっぴりセクシーな、トレンドのハンサムショート。重めのグラデーションがベースとなっているので、ショートでもカジュアルになり過ぎず、スタイリッシュなシャレ感のあるスタイルが叶います。顔まわりに入れた“隠しレイヤー”が、フェイスラインをキレイに見せ、小顔効果も◎。今人気のオレンジベージュのカラーとの相性がよく、どんな髪質や顔型でもマッチします。

セクシーさも忘れないハンサムショート

【How toベース&カラー】
カットのベースは前下がりのグラデーションに。トップにはレイヤーを入れて動きが出るようにします。前髪はアゴのシャープなラインを強調するように、ほおの高い位置で長さを設定。顔まわりには隠しレイヤーを入れて、顔のラインがキレイに見えるデザインに。カラーリングはトレンドのオレンジベージュをチョイス。派手に見えがちのオレンジ系でも、品があり柔らかいイメージの色味です。

【How toパーマ&スタイリング】
アイロンが取れやすかったり、アイロン仕上げが苦手なら、20mmのロッドでワンカールの柔らかパーマがおすすめです。顔まわりの髪を外ハネにすることで、動きと抜け感をプラス。最後に、軽い質感のヘアオイルを毛先にクシュクシュっと揉み込んで完成。ツヤ感と濡れ感のある質感に仕上げて今っぽく。

ハンサムショートヘアは、根元ふんわりの長めバングで女度アップ!

アクセ映え抜群の耳かけショート

アクセ映え抜群の耳かけショート

【おしゃれPOINT】
今っぽいウェットな質感&ふわっとした髪のニュアンスが、女性らしさアップ。もみあげのタイトさと、パーマのふんわり感のコントラストが効いた大人かわいいスタイルは、耳にかけることでピアスなどのアクセサリーも映えます。前髪はやや薄め&長めにすることで、立ち上げたり、おろして流しと、アレンジも自在です。ショートで前髪をつくってみたいという人にもぴったりのスタイル。

アクセ映え抜群の耳かけショート

【How toベース&カラー】
サイドは耳にかかる長さでグラデーションにカット。バックとトップもグラデーションでつなげます。襟足はキュッとタイトするためレイヤーで。前髪は、目が隠れるくらいの長さでカットします。カラーは9レベルのウォームベージュ。赤みを抑える色味でありながら、髪にまろやかさとツヤ感をプラスし、柔らかい質感に見せる効果があります。

【How toパーマ&スタイリング】
ダメージレスでトリートメント効果が望めるGDC(ガーデンオリジナルデジタルキュア)というデジタルパーマを20mmのロッドでかけます。すべて同じ太さのロッドを使い、襟足以外を平巻きで1回転巻きます。スタイルングは、ハーフドライの状態でオイルクリームを髪の中間から毛先にかけて塗布します。もみあげはしっかり目につけるのがコツ。最後に、前髪を3〜5箇所、細めにつまんで束をつくり抜け感を出すことをお忘れなく。

長め前髪のモードな秋ショートヘアは、ニュアンスパーマが狙い目

外国の子供みたいなくせ毛ショート

外国の子供みたいなくせ毛ショート

【おしゃれPOINT】
マッシュショートとニュアンスパーマのコンビネーションスタイルにセミマットな質感もプラスされ、今っぽい仕上がりに。くるっとしたカール感を出すパーマではなく、毛先を逃して巻くことで、無造作で遊びのある表情に。暖色のオレンジブラウンにカラーリングすることで、表情が明るくなり、顔色がよく見える効果も。周りと違うおしゃれ感を楽しみたい人はもちろん、猫っ毛や毛量が少なく根元に立ち上がりが欲しい人にもおすすめです。

外国の子供みたいなくせ毛ショート

【How toベース&カラー】
マッシュベースにカットし、動きが出やすいように表面にレイヤーを入れます。前髪を目の上のギリギリの長さに設定することで、角度がゆるめのマッシュラインとなりナチュラルテイストに。カラーリングは、暖色である8レベルのオレンジブラウンをセレクト。顔色をよく見せながら、髪のツヤ感もプラスしてくれる色味です。

【How toパーマ&スタイリング】
パーマは、20〜22mm のロッドを使い、毛先を逃した中間巻きに。しっかりしたカール感ではなく、毛先の遊びや動きのニュアンスとなるパーマをかけます。スタイリングは、8割くらい乾かしたら、ムースを全体的に揉み込むように塗布します。髪がセミウェットな状態で、下からすくいあげるようにつけるのが今どきのスタイルに仕上げるテク。ムースをつけたら、毛先が色々な方向を向くように整えて自然乾燥させ完成です。

流行のマッシュショートヘア×ニュアンスパーマで、今どき無造作ヘアに

毛先の動きが強めな洗練カジュアルショート

毛先の動きが強めな洗練カジュアルショート

【おしゃれPOINT】
カジュアルで可愛いスタイルの中に、ニュアンスパーマの動きをプラスしたショートヘア。毛先のカール感が強めなので、クシュっとヘアオイルをつけるだけで簡単にスタイリングが決まります。前髪をアリとも、ナシともカテゴライズできないボーダーレスにすることで、今っぽい抜け感のある表情に。美シルエットで骨格補正の効果もあります。あえて前髪をちょろっとひと束垂らすのもおしゃれ。

毛先の動きが強めな洗練カジュアルショート

【How toベース&カラー】
襟足は2cmの長さでレイヤーにカット。中間からトップにかけてはグラデーションでカットして重さを残します。前髪はサイドを同じ長さに設定して、角をとる程度のレイヤーを入れて少しだけ軽くして、動きを出します。カラーは、8レベルのフォギーベージュに。気になる赤みやオレンジ色をくすんだグレーで打ち消し、透明感や柔らかさのある色味に仕上げます。

【How toパーマ&スタイリング】
20mmのロッドで毛先から2回転平巻きのデジタルパーマをかけます。スタイリング剤は、パサつきを抑えて保湿力のあるヘアオイルを選択。適量を手に馴染ませて、毛先からも揉み込むようにつけます。ラフな動きと束感を整えたら完成です。

ショートヘア×ニュアンスパーマで、抜け感のあるナチュラルテイストに

ボブのくせ毛風パーマヘアカタログ

ナチュラルなのにこなれるショートボブ

ナチュラルなのにこなれるショートボブ

【おしゃれPOINT】
前髪に束間と隙間をつくることで、涼しげでこなれ感があるナチュラルヘアに仕上がっています。ショートボブがベースでありながら、トップにはレイヤーを入れて動きのあるデザインに。さらに、ニュアンスパーマをかけているので、ふわっとした可愛らしさを演出。マッシュラインの顔まわりは、ワイドバングを長めのサイドバングで繋ぐようにつくることで、耳にかけるとモードっぽくシャレ感高めのスタイルに。暗めカラーでも、パーマの動きにより軽やかな印象。ナチュラルスタイルでもちょこっと個性を出したい人はもちろん、、髪のボリュームが出やすいと悩んでいる人にもおすすめです。

ナチュラルなのにこなれるショートボブ

【How toベース&カラー】
ベースのカットはショートボブに。動きを出すため、トップにはレイヤーを入れます。襟足はすっきり切り込みます。前髪はワイドバングでカットし、サイドとマッシュラインで繋げます。また、スライドカットで調整をして涼しげな抜け感に。カラーリングは、8レベルのラバージュに。ラバージュとは、ラベンダー+アッシュ+グレーをミックスした色味で、顔色をキレイに見せながら、髪の透明感をアップさせます。

【How toパーマ&スタイリング】
26mm~32 mmの細めのロッドを使い、ふんわり感が出るようにパーマをかけます。もみ上げはより細めのロッドをセレクトし、襟足は首元になじむようにピンパーマを。スタイリングは、ボリュームと動きをだすように根元からドライヤーの風を当てながら乾かし、8割ほどドライしたら、セラムとオイルをブレンドし、内側から揉み込むように塗布。最後に表面と前髪の束間を整えたら完成です。

マッシュショートヘア…ワイドバング×ニュアンスパーマで愛らしく

大人のゆるかわショートボブ

大人のゆるかわショートボブ

【おしゃれPOINT】
やわらかい印象を与えるナチュラルショート。ニュアンスパーマをかけて毛先に動きがプラスし、ふんわりとした仕上がりに。作り込みすぎていないラフ感が絶妙でシャレ感もアップ。やさしい空気感が漂うこちらのスタイルは、厚すぎず、薄すぎない前髪もポイントです。前髪とサイドバングをマッシュで繋ぎ丸みのあるラインにし、さらにチラッと見えるおでこのすき間で抜け感も手に入ります。パーマで動きが出るので、暗めのヘアカラーでも軽いイメージに。カラーリングの制限があってもおしゃれを楽しみたい人にもおすすめです。

大人のゆるかわショートボブ

【How toベース&カラー】
ベースは前下がりのショートボブにカット。顔まわりトップには軽さが出るようにレイヤーを入れます。前髪は目の上ギリギリの長さで切り、サンドバングとマッシュラインで繋げて丸みのあるスタイルに。量感を調整して、重すぎない印象としています。カラーは6レベルのアッシュグレーに。ダークカラーでありながら、透明感があり重さを感じさせず、自然光に当たった時には透けたように見える色味です。

【How toパーマ&スタイリング】
23〜25mmのロッドを使い、襟足以外に毛先ワンカールのパーマをかけます。スタイリングは、キレイにキッチリまとめようとせずに、ドライヤーでざっと乾かすだけでOK。乾いたらミルクやバターなどウェットな質感に仕上がるスタイリング剤を全体的に揉み込み、毛束感を整えたら完成です。

大人のゆるかわショートヘアは、ニュアンスパーマのラフさが鍵!

エアリー感のあるクールな切りっぱなしボブ

エアリー感のあるクールな切りっぱなしボブ

【おしゃれPOINT】
髪質が柔らかく毛量の少ない猫っ毛さんは、パーマをかけるのもひとつの手です。レングスはパーマのボリュームが際立ち、なおかつ今っぽさのある“切りっぱなしボブ”がおすすめ。スタイリングに時間のかからないラフなパーマで、適度なボリュームをキープできるこなれヘアです。

エアリー感のあるクールな切りっぱなしボブ

【How toベース&パーマ】
あごラインのワンレンベース。レイヤーは入れず、裾を一直線の切りっぱなし風にすることで今っぽい仕上がりに。表面に細めのロッドでスパイラル巻きのパーマを。ワンカール以上の動きが出るように巻くと猫っ毛でもボリュームが出やすくなります。カラーは6トーンのブルーアッシュ。落ち着いたトーンの中に透明感がプラスされ知的な印象に。パーマの軽やかさとカラーの落ち着き効果で、どんなシーンでもサラッと決まるトレンドのボフスタイルが完成します。

【How toスタイリング】
スタイリングはパーマをかけた部分を水で濡らし、セミウエットなスタイリング剤を軽くもみむだけでOK。あえてスタイリングに手をかけないことで、パーマのラフな質感を楽しめます。ボリュームダウンが気になったらかき上げるようにバサバサッと崩せばふんわり感が復活しこなれ度もアップ! また、湿気により逆にボリュームが出過ぎる人はバームなど重めのスタイリング剤で抑えると◎。パーマ×ボブはスタイリングに時間がかからず、またオフィスにも浮かないスタイルなので、遊びも仕事も手を抜きたくない美的世代にイチオシのスタイルです!

猫っ毛におすすめ!「ボブ×パーマ」で 湿気に負けないこなれヘア

イイ女系トライアングルボブ

イイ女系トライアングルボブ

【おしゃれPOINT】
イイ女でイメージするのが、前髪なしの搔き上げヘアスタイル。憧れるとはいえ、面長がコンプレックスの人はおでこを出すことに抵抗があることも。そんな人におすすめしたいのが、こちらのサイドにボリュームを出した三角形のボブ。顔の中心付近で裾が横に広がっているので、顔全体が丸く見え面長をカモフラージュ。また耳を見せるのも、輪郭を丸く見せる効果が。裾の位置がボブにしては高めですが、ボリュームがあるのでボーイッシュにならず、むしろ女っぽさがアップします。スタリングに時間がかからないラフなパーマスタイルなので、働く女性やママにもおすすめです。

イイ女系トライアングルボブ

【How toベース&カラー】
前髪を6:4で分けます。裾はあごラインのやや前下がりのワンレンベース。顔周りの毛束をリップラインでカットしサイドと差をつけ、毛先の動きを見えやすくします。表面にグラデーションカットを入れ、三角形の角を取って柔らかい印象に。全体の毛先に22㎜のロッドでワンカールのデジタルパーマをon。デジタルパーマはアイロンで巻いたようなくりっとしたカールがつきやすく、忙しい朝でもしっかりボリュームを出せます。カラーは9トーンのシナモンベージュに透け感のあるブルーアッシュをMIX。落ち着いた中にも柔らかさと透明感のあるこなれカラーです。

【How toスタイリング】
乾かすとき、まず分け目と反対側に髪を流しながら乾かし、7割乾いたら分け目に戻して乾かすと前髪が立ち上がりやすくなります。さらに前髪の根元を立ち上げなら、温風と冷風を繰り返しあてると◎。裾は毛束を耳前、耳後ろ〜後頭部のセンターに左右それぞれ分け、ねじりながら乾かすとデジタルパーマが復活します。ヘアバームを毛先にもみ込み、ふわっとした立体感を出せば完成です。デジタルパーマは乾燥しやすいので、長持ちをさせるには必ずバームやオイルなど油分の多いスタイリング剤やトリートメントを使ってホームケアをしましょう。

面長カバー! サイドボリュームで叶えるイイ女系“トライアングルボブ”

ミディアムのくせ毛風パーマヘアカタログ

可愛い&洗練MIXミディアム

可愛い&洗練MIXミディアム

【おしゃれPOINT】
ナチュラルなかき上げバングで顔まわりの束感がニュアンスとなっているセミディ。レイヤーの軽さが今っぽヘアのヒミツ。パーマデザインなので、髪にボリュームと動きが欲しい人におすすめです。トレンドの“マロンブラウン”カラーが、ツヤ感と透明感を与えて上品さをプラス。洗練された女性らしさと、ふんわりとした可愛らしさを兼ね備えた欲張りなスタイルです。

可愛い&洗練MIXミディアム

【How toベース&カラー】
顔まわりに重さがでるように、耳より前を前下がりにカット。顔まわりはしっかりめにレイヤーを入れ、中間部分は重さが残るようにグラデーションに。さらに空気感がでるように部分的にチョップカットで調整します。前髪はリップラインに設定してカット。カラーは、8レベルのマロンブラウンをセレクト。ラベンダーとブラウンをミックスした暖色系でツヤ感がありのカラーです。

【How toパーマ&スタイリング】
パーマは20、23、26mmのロッドを使い、毛先を2回転半巻きます。前髪は太めの26mmで。パーマの種類は、デジタルパーマでも、コールドパーマでもOK。スタイリングは、前髪以外はハーフウェットの状態で、シアバターとオイルを手の平で混ぜてから全体的に揉み込むように塗布します。前髪は、完全にドライしてから中間から毛先にスタイリング剤を。保湿力があり、ツヤ感とウェットな仕上がりになるスタイリング剤をチョイスして。

洗練&可愛いを両立したセミディヘア!レイヤー&パーマで程よいボリュームを

柔らかな色っぽさ漂うミディアム

柔らかな色っぽさ漂うミディアム

【おしゃれPOINT】
童顔の人は、ヘアで縦のラインを作ってあげると、グッと大人っぽい印象に変身できます。とはいえ、ただ髪をストンと肩に落としただけでは色気ゼロ。肩先でラフに揺れる毛先やサイドに流れる長め前髪で、ふっと力の抜けたようなナチュラルな色気を醸し出せます。ポイントは、長め前髪を流す位置。頬ラインで流すと、丸い輪郭を隠しながら毛先と一緒に視線をサイドに誘えます。これで丸顔の印象をカムフラージュでき、また顔が隠れるので小顔効果も。このヘアはとても大人っぽく色気のあるスタイルなので、童顔の人がやるからこそ、アンバランスさが魅力になります。

柔らかな色っぽさ漂うミディアム

【How toベース&カラー】
鎖骨ラインの前上がりベースでサイドとバックは繋げてカット。前髪は頬ラインからサイドに流れるようにカットします。顔周りにレイヤーを、全体の中間から毛先に毛量調整カットを。全体の毛先に太めのロッドで内巻き1回転半のパーマをかけます。パーマはアイロンで巻いたような質感になる、低温デジタルパーマがおすすめ。カラーは7トーンのアッシュベージュ。赤みがなく透明感が出るカラーなので、肌を白くキレイに見せる効果も。落ち着いて見えますが透け感が出るので、上品な軽やかさもあります。

【How toスタイリング】
先に根元を乾かしてから、全体を9割乾かします。手前からドライヤーの熱をあてると根元が立ち上がります。シアバターなどトリートメント系のスタイリング剤を全体の中間から毛先にもみ込みます。1回転半の内巻きパーマは毛先をランダムに動かしやすく、内・外に重なるカールを作れるので、色っぽいヌケ感を演出。前髪にもスタイリング剤をなじませ、毛先をサイドに流せば完成です。裾は軽く動かしているだけなので、シルエットは上品な大人めIライン。そこに毛先のヌケ感で、童顔になじむ柔らかさや色気をプラスしています。

“長め前髪×ヌケ感ミディ”で、童顔を味方にした色っぽさを手に入れて!

かきあげ前髪×ランダムカールのミディアム

かきあげ前髪×ランダムカールのミディアム

【おしゃれPOINT】
今どきはキメ過ぎないスタイルが断然人気ですが、こちらのミディはMIX巻きのランダムなカールが今っぽい抜け感ヘアをつくり、大人可愛い仕上がりに。ふんわりとしたかきあげ前髪がほんのり色気をプラスして、ナチュラルでもカジュアル過ぎない大人女性の雰囲気が手に入ります。顔まわりに程よく髪が落ちるように計算されているので、気になる丸顔やエラ張りを補正して小顔効果も◎。クールな印象を柔らかくチェンジしたい人にもおすすめです。

かきあげ前髪×ランダムカールのミディアム

【How toベース&カラー】
ベースは、鎖骨ラインで前上がりのワンレングスにカット。中間からトップにかけてグラデーションでカットし、トップには動きを出すレイヤーを入れます。前髪は目にかからないギリギリの長さでカットすることで、かきあげたアップバングにしても、下ろし流しでもと2WAYを楽しめます。カラーは、8レベルのシアーベージュ。ややくすみのあるベージュで、寒色でありながら透明感と柔らかさのある色味になります。また、色持ちを重視しているので、明るい髪色をトーンダウンしたい人にもおすすめ。

【How toパーマ&スタイリング】
デジタルパーマで25mmから17mmまでロッドもMIXし、ランダムなカール感が出るように巻きます。ドライ時、前髪の根元をつぶさないように気をつけて。乾いたら32mmのアイロンで、アウトラインを外ハネにしてから、中間をフォワード&リバースのMIX巻きに。トップは数カ所を細めに毛束をとり、同じく中間からMIX巻きにします。最後に乾燥を防ぐミルクタイプのスタイリング剤を全体になじませたら完成。前髪の立ち上がりやトップにはミストをひと吹きしても。

かきあげ前髪×抜け感の色気が魅力!大人おしゃれなウェーブミディ

今年っぽIラインミディアム

今年っぽIラインミディアム

【おしゃれPOINT】
ヘアスタイルのトレンドはI(アイ)ライン。Iラインとはすそ広がりのAラインとは違い、毛先に重さや厚みのないシルエットになります。こちらのミディはパーマスタイルでも広がらないよう毛量調整をして、ラフな動きとニュアンスを演出。外ハネミックスがしゃれ感をプラスしてくれます。肩に当たるハネを動きとして活かせるので、伸ばしかけでもストレスを感じません。また、髪色はアプリコットブラウンの暖色系をチョイスすれば、パサつきを抑え、髪表面のキレイさやツヤ感が引き立ちます。

今年っぽIラインミディアム

【How toベース&カラー&パーマ】
鎖骨上の長さで前上がりにカットしたローレイヤー。パーマをかけた時に厚みや広がりが出ないように毛量感を調整し、毛先はスライドカットで束感が出るようにします。カラーは、面をキレイに見せツヤ感のある髪に仕上げるため、7トーンのアプリコットブラウンに。ブラッドオレンジとブラウンをミックスしたヘルシーなカラーです。パーマをかける場合、太めロッド&大きめカールのデジタルパーマを施します。

【How toスタイリング】
スタイリングは、ドライ後にツヤが出るクリームワックスを中間から毛先に塗布し、やや重めの質感で毛束を作ります。旬の透け感バング前髪でも、暖色系の色味は厚みを感じさせるので、束感を強調しながら流すことで軽さや今っぽさが手に入ります。

ミディは、今どきパーマで軽やかにこなれる!ポイントは「Iライン」のシルエット

脱力系ゆるウエーブミディアム

脱力系ゆるウエーブミディアム

【おしゃれPOINT】
忙しくて時間が取れない、不器用でスタイリングが苦手・・・だけど髪を伸ばしたいし、ウェーブヘアにも憧れる!そんな欲張りな悩みを叶えるのがこちらの優秀パーマスタイル。朝起きて軽く濡らして、スタイリング剤をもみ込むだけでOKの時短ヘアです。低めの温度設定で柔らかくかかる“低温デジタルパーマ”なら、スタイリングもテクいらずで今っぽい脱力感あるウエーブヘアが簡単に手に入ります。あえて肩にかかってハネやすい長さに設定することもポイントで、ゆるいパーマの動きとハネがMIXし、自然とこなれ感のあるラフな毛先に仕上がります。またトリートメント成分が95%以上配合のパーマなので、乾燥しがちなパーマヘアでも潤いを保つことができます。

脱力系ゆるウエーブミディアム

【How toベースパーマ&カラー】
裾は肩にかかってハネる長さにカット。表面に少しだけレイヤーを入れ動きが出やすくします。さらに乾かす時間を時短できるように、やや軽めに毛量調整を。前髪は目の上でカット、サイドをやや長めに残して柔らかい表情に見せます。パーマはすべて平巻き2回転半で、サイドを上から20㎜、20㎜、22㎜のロッドで3段構成、バックを上から22㎜、20㎜、20㎜、18㎜のロッドで4段構成に。60℃で10分加熱する低温デジタルパーマをかけます。カラーは淡いグレーとブラウンベージュをMIXした9トーンのシナモンベージュ。赤みを抑えつつ、日本人の肌色になじむカラーです。

【How toスタイリング】
タオルドライ後に根元から軽く乾かし、中間から毛先を中心にオイルをなじませれば完成の時短楽ちんヘア。おすすめのオイルはボディオイル。サラサラし過ぎず程よい束感とツヤが出て、パーマと相性抜群です。ふわふわのウエーブとは違い、スタイリングでパーマの復活に時間をかけない脱力系ウエーブ。低温デジタルパーマだからこそ、絶妙な柔らかくゆるっとした質感が叶います。

低温デジタルパーマで作る“脱力系ウエーブ”で、パパッと時短スタイリング

セミロングのくせ毛風パーマヘアカタログ

ヘルシーな美人オーラ漂うセミロング

ヘルシーな美人オーラ漂うセミロング

【おしゃれPOINT】
緩やかカール×レイヤーで作るセミロング。レイヤーがしっかり入っているので軽い表情となり、ひし形シルエットの美バランスに。ボリュームが出にくく、ペタッとしやすい人でも、程よい抜け感のあるスタイルに仕上がります。毛先をスライドカットで先細りにすることで、繊細さや柔らかさをプラスし、ヘルシーな雰囲気に。また、カールの緩やかな曲線で色気もアップ。ベージュカラーで柔らかい印象をさらに高め、肌トーンもアップします。スタイルのポイントである「SUGAMIパーマ」は、通常のパーマよりもダメージレスで、クルリとしたカール感ではなくニュアンスのある、よりやわらかい仕上がりを叶えるパーマです。

ヘルシーな美人オーラ漂うセミロング

【How toベース&カラー】
ベースは胸の高さくらいで前上がりのワンレングスでカット。レイヤーはしっかり目に入れて、動きと軽さを出します。前髪はリップラインに設定。かき上げて髪が落ちてきた時の透け感を計算して、やや薄めに作ります。カラーは、8レベルのブラウンベージュに。

【How toパーマ&スタイリング】
パーマは「SUGAMIパーマ」を28mmのロッドを使い、ニュアンスが出やすいようにフォワードとリバースをランダムに巻きます。スタイリングは、ラフにドライヤーで乾かしてから、軽めのワックス、もしくはクリームをクシャクシャっと全体的に揉み込んで完成。前髪はセンターパートがオススメですが、生えグセが強い場合は、自然な分け目を活かしてリラックス感のあるスタイルを楽しんで。

大人セミロングヘアは、カール&レイヤーでヘルシー美人に!

カジュアルフェミニンなセミロング

カジュアルフェミニンなセミロング

【おしゃれPOINT】
重さと軽さがミックスされたセミロング。重さを残しつつ扱いやすさが欲しい時や、イメージチェンジしたい時にも、トライしやすいスタイルです。顔まわりは、毛束が頬にかかるよう、骨格に合わせてレイヤーを。小顔見せ効果はもちろん、毛先の遊びがふんわりとエアリーな印象を与えます。ラフ感を取り入れつつも、女性らしさを兼ね備えたカジュアルフェミニンなスタイル。可愛らしくソフトなイメージを目指す人や、重めスタイルにしたいけどトップはペタンとしたくない人におすすめです。

カジュアルフェミニンなセミロング

【How toベース&カラー】
鎖骨下あたりのワンレングスでカット。トップの顔まわりは、頬にかかるようにレイヤーを入れるとラフな浮遊感が出ます。前髪は眉毛と目の中間くらいの長さでフルバングに切り、内側を毛量調整します。カラーは、9トーンのブラウンベージュ。ややグレーがかった色味で、柔らかい印象に。透明感のあるキレイな肌色に見せ、イエべ、ブルベどちらでも似合う万能カラーです。

【How toスタイリング】
デジキュアパーマでニュアンスウェーブを。デジキュアは、通常のデジタルパーマよりもダメージレスで時短なパーマ。ロッドは、23mmをメインに、耳下は平巻きで、耳上はリバースとフォワードのスパイラルを交互に巻きます。スタイリングは、クリーム系のワックスとオイルを混ぜ、下からクシャッともむようにつけて、整えたら完成です。

厚め前髪×浮遊感のあるセミロングは、カジュアルフェミニン&小顔見せ!

華やかで上品なセミロング

華やかで上品なセミロング

【おしゃれPOINT】
暗めカラーでも重たくならない、華やかさのあるパーマスタイル。ポイントは、耳下の毛束は平巻きでかけること。耳上の毛束は内・外MIX巻きですが、耳下からは平巻きにすることで、横に広がったウエーブに仕上がります。横に広がることで毛束の動きが強調されやすくなり、華やかな印象に。さらに面長をカバーしつつ、柔らかな印象も手に入る効果も。長過ぎるとケバく見えがちなので、長さは鎖骨で揺れるセミロングがベスト。毛先に隙間ができてヌケ感があるので、重たいカラーでも軽やかさが際立つスタイルに。また前髪は、おでこが見えるくらいの厚さで毛先をサイドに流すとかわいらしい印象に。耳掛けするとさらにすっきり感が出て重たく見えません。

華やかで上品なセミロング

【How toベース&カラー】
鎖骨下7cm、毛先に厚みを残した切りっぱなし風ワンレンカット。パーマの動きが出やすいよう、表面にはレイヤーを入れます。前髪は眉と目の間でカットし、毛先がサイドに流れるように毛量調整をします。カラーは7トーンのダークブラウンアッシュ。赤みのない青系のカラーは髪に透け感や透明感を与え、暗いカラーでもペタッとならず立体感を出します。ツヤが増しエレガントな印象に。

【How toスタイリング】
パーマは柔らかい質感に仕上がる水パーマがおすすめ。20〜28mmのロッドで、耳上は毛束の中間から内・外MIX巻き、耳下は毛先まで平巻きのパーマをかけます。乾かし方は、根元をしっかり乾かしてから毛先を8割乾かします。さらにカールを手のひらで包むように持ち上げながら乾かすとふわっとしたウエーブに仕上がります。セミウエットになるムースを毛束全体にもみ込み、片サイドを耳掛けすれば完成です。

暗めカラー必須のお仕事でも“耳下平巻きパーマ”なら、明るく柔らかな印象のセミロングに

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事