ヘアアレンジ・髪型
2019.5.7

クセ毛で髪が膨らむなら、ターバンアレンジがおすすめ!|おしゃれなスカーフ使いでこなれた印象に【美容賢者の髪コンプレックス解消vol.59】

クセ毛で髪が広がりやすいというヘアスタイリストの小走祥菜さん。
「特にサイドのボリュームが出やすいので、スタイリングするときは膨らみを抑えるのを意識しています」とのこと。
スカーフを使えば、自然なボリュームダウンが可能だそう。
休日カジュアルにぜひとも真似したい、おしゃれで簡単なターバンアレンジを教えてもらいました。 

今月の賢人File
tricca Daikanyama トップスタイリスト 小走祥菜さん

3q6a0250_750名前:小走祥菜(こばしりさちな)

年齢:32

髪質:クセが強く、ボリュームが出やすい

髪の長さ:あご下くらいのボブ

ヘアカラー:ナシ

パーマ:ナシ

髪コンプレックス:クセが強めでボリュームが出やすい

賢者プロフィール:東京・代官山アドレス内にある洗練されたヘアサロンtricca Daikanyama(トリッカ ダイカンヤマ)の店長。髪悩みを解消するカットが得意で、“小走さんにカットしてもらうとスタイリングがラクになる”と評判。小走さんがいるヘアサロンは…www.tricca-m2b.com

サイドのボリュームを抑えつつおしゃれに見える“こなれ”ターバンアレンジHow to

STEP1】髪の表面だけ軽く巻いてラフな印象に

3q6a0397_750「スカーフを巻くときは、コテで軽く動きをつけるとラフに仕上がりに。ボリュームを出しすぎないように、巻くのは髪の表面のみ。巻き始めに段差がつかないように、毛束をねじってから巻いていきます。髪がボブで短めだから、コテは巻きが細めな26mmを使用。スカーフで根元の髪は見えなくなるので、ハチの下あたりまで巻けばOKです」

3q6a0400_750「巻いたコテを外すときは、コテを縦方向に抜きます。これでゆるっとラフなカールに」

STEP2】オイルをもみ込んでツヤを出す

3q6a0405_750「膨らみを抑えながらツヤを与えたいので、オイルをなじませます。髪を握るようにもみ込むと、カールが取れません」

使うのはコレ!
3q6a0556_750
サラっとなじみが良く、ベタつかないのにツヤが出るオイル。ナプラ N.ポリッシュオイル 150ml 3,400

STEP3】もみあげを残してサイドの髪を耳にかける

3q6a0391_750「スカーフを巻いたときに、もみあげが見えるとラフ感が出るので、先にもみあげを出しておきます」

STEP4】スカーフを襟足に入れてトップで結ぶ

3q6a0380_750「スカーフを襟足に引っ掛けて、前髪の生え際でひとつ結びに。スカーフの素材にハリがある場合は、肩結びにして固定させて。ここでは長細いスカーフを使っていますが、正方形のものを三角に折ってから長細くなるように巻いて使っても」

3q6a0364_750「スカーフの先を、襟足近くに入れ込めば完成です」

【完成!】

3q6a0352_750スカーフのおかげで、サイドのボリュームがすっきりしつつ、こなれたスタイルに!
表面のゆるいカールが休日のリラックス感を後押し。

構成/越後有希子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事