ヘアアレンジ・髪型
2020.10.8

簡単!即、できる!セミロング×お団子があか抜ける「18のアレンジ術」

\"\"

お団子するなら十分な長さのセミロング。『美的.com』で好評だった、テクニックを一挙公開!基本から高め、低め、きっちり、三つ編みなどワザありテクをご紹介します。

くるっとまとめるだけの「基本」のお団子【3選】

【1】パパッと仕上げた抜け感ありシニヨン

GARDEN Tokyo 副店長

津田 恵さん

人気タレントからの指名が多く、『美的』のアレンジや髪悩み解決企画にも多数登場。クールで色気のあるスタイル作りに定評あり。

Point

・手ぐし跡が残るバックのざっくり感。
・アンニュイに落ちたはらっと前髪。

\How to/

STEP1:ざっくりとまとめ上げる
・前髪を左右一筋残したら、ざっくりと高い位置にまとめる。
・下はゆるっとたるませるように意識して。

STEP2:お団子結びにする
・頭頂部よりもやや下の位置で、きつめにしっかり結ぶ。
・このとき毛先は抜き切らず、お団子状に。

STEP3:余った毛束をゴムに巻きつける
・余った毛先を結び目にくるっと巻きつけてゴムを隠す。
・くずれないようピンでしっかりと固定して。

STEP4:お団子を立たせるようにピンを挿す
・お団子の前側を起こしてピンを挿す。
・お団子に高さを出しつつ、ランダムな動きをつけるのが狙い。

【SIDE】

【BACK】


初出:カジュアルな秋服と相性◎! 「無造作ハイシニヨン」

記事を読む

【2】巻かなくてもふんわり感のあるアレンジ「動画付き」

1

\動画で詳しくやり方をチェック!/

\How to/

STEP1:手のひらを髪の毛の内側に差し込み、空気をいれる。

2

STEP2:前髪をセンター分けにし、サイドの後れ毛を残してまとめる。

3

STEP3:まとめた部分を押さえ、後頭部とトップの毛束を引き出す。

5

STEP4:お団子を作り、残った毛束を結び目に巻きつけ毛先をゴムに挟む。

6

STEP5:お団子を押さえながら毛束を引き出してほぐす。

7

STEP6:前髪と後れ毛を揉みながら前に出す。サイドに指先で毛束を作り散らす。

9

【3】ヘアピン不要!出先でも簡単にできるアレンジ

美容ライター

越後有希子さん

スキンケアメーカーのPRを経て、美容ライターに。本誌では主にスキンケアやヘアケア、ネイルのページを担当。ネイリストの資格を持つ。10年以上ボブスタイルだった髪を昨年から伸ばし中。ヘアドネーションをするために、31cm以上伸ばすのが目標。

\How to/

STEP1:サイドの髪を少し耳にかけたまま耳の後ろでひとまとめに

「耳に髪を少しかけると、こなれた感が出ます。超簡単なアレンジ方法ですが、手抜きに見えないひと工夫です。ここでは髪をまとめるだけで、まだ結んだりしません」(越後さん/以下「」内同)

STEP2:毛先が下向きになるように毛束で輪を作る

「【STEP1】でまとめた毛束を、毛先が下向きになるように輪を作ります。片手で毛束を持ったまま、もう片方の手で毛先近くを持ち上げるように輪にしたら、毛束の下に入れ込みます。多少髪がくずれてもいい感じのゆるさが出るので、勢いよく毛先を持ち上げるのがポイント」

STEP3:毛束の輪をヘアゴムで結ぶ

「【STEP2】で輪にした毛束をヘアゴムで結んで固定します」

STEP4:結び目を抑えながら後頭部の髪をつまみ出す

「後ろから見たときのバランスを考えて、後頭部の髪だけ少しつまみ出します。ヘアゴムの結び目を抑えながら、少しずつつまみ出して」

STEP5:ヘアカフスでヘアゴムを隠す

「ヘアカフスをヘアゴムの上に引っ掛けて、ヘアゴムを隠します。最近よく見かけるヘアカフスは、フックがついていて引っ掛けるだけでおしゃれに見える便利アイテム」

完成!
耳にかかった髪と低めの位置でまとめたお団子が、落ち着いた大人らしい雰囲気に。

後ろから見ると…


初出:多毛による重みで頭や首が疲れる…を解消! 毛先を下向きにして結ぶだけの超簡単お団子ヘア【美容賢者の髪コンプレックス解消vol.79】

記事を読む

「巻く」ことでこなれ感が出るゆるっとお団子【3選】

【1】緩い動きをつけた高めお団子「動画付き」

\動画で詳しくやり方をチェック!/

\How to/

STEP1:前髪も含め、高い位置に髪全体を集める。

STEP2:毛束を折りゴムで束ねてお団子にする。

STEP3:こめかみから毛束を細めに引き出し、後れ毛を作る。

STEP4:両側の後れ毛をヘアアイロンで巻き、ゆるい動きをつける。

完成!

【2】ゆるふわ低めお団子「動画付き」

\動画で詳しくやり方をチェック!/

\How to/

STEP1:直毛ぎみの人はヘアアイロンを使って内巻きと外巻きをランダムにミックスし、ゆるい動きを全体につける。

STEP2:両側のこめかみの毛束を同時にねじり、ゴムで束ねてハーフアップにする。

STEP3:くるりんぱ(毛先を結び目の奥へ入れ込む)をしたら、毛先をしごく。

STEP4:髪全体をまとめたら、その毛束を折ってゴムで挟み、お団子にする。

STEP5:仕上げにヘアコームをつける。

完成!


初出:ゆるっと見えてくずれにくい♪梅雨にこそ挑戦したいヘアアレンジ【動画つき】

記事を読む

【3】巻く+逆毛でおしゃれなざっくりアレンジ

\How to/

STEP1
・38mmのアイロンで巻きながらほぐし、ジェル系のスタイリング剤をなじませる。
・手ぐしを使い、表面を大胆に逆毛に!

STEP2
・顔周りや襟足に後れ毛を残し、たるみをもたせながら後頭部の中央でクシャッとお団子に。
・輪っかのゴムで結ぶ。

STEP3
・サイドの毛束を引き出し、耳の上部を隠すようにする。
・この後れ毛が、こなれ感と上品さを演出するキーパーツ!

完成!
ピタッとしたお団子アレンジは、老けて見られることも。空気を仕込んでおく所が重要。


初出:こなれ感たっぷり?カット&手ぐしお団子でおしゃれなまとめ髪にアレンジ

記事を読む

シルエットが魅力の「高め」お団子【3選】

【1】後れ髪がポイントの高めざっくりシニヨン

\How to/

STEP1:全体を外巻きにする
・細めに毛束を取って外側にねじり、コテで挟んで外巻きに。
・ニュアンスをつけるだけなので、キレイに仕上げなくてOK。多少巻いていない毛束があっても大丈夫!

STEP2:トップの表面を軽く巻く
・せっかくのアレンジも、トップがペタっとしていると完成度が急降下。
・ふわっとボリュームを出すために、ガイド部分の毛束を細かく取り、写真のようにひと巻きして!

巻き終わるとこんな感じ!

STEP3:セミウエットスプレーを振る
・アレンジをおしゃれに見せるキモは、後れ毛&結んだときに表面に出る毛束感。
・必ずスタイリング剤を仕込むのを忘れずに。表面だけでなく、内側からもスプレーを。

STEP4:くしゃっともみ込む
・STEP3のスタイリング剤を髪全体になじませるように、くしゃっともみ込む。
・これをすることで、ゴムやピンの留まりが良くなり、アレンジに適した質感に。

STEP5:高い位置で輪っか結びに
・顔周り・襟足の後れ毛を分け取りつつ、全体を高い位置でまとめる。
・ゴムで結ぶ際、毛先を抜き切らず輪っかの状態に。きつく結んでおくと安定感が増します。

STEP6:抜き切らなかった毛束をねじる
・抜き切らなかった毛束をねじったら、ランダムに細かい毛束を引き出しボリュームをつける。
・引き出す過程でぴょこっと髪が飛び出してもOK。この無造作感がカギになる。

STEP7:毛束をゴムに巻きつける
・毛束の先端を持ちながらゴムにぐるりと巻きつけ、3か所程ピンを挿して固定する。
・無造作な動きのある毛束でゴムを隠すことで、カジュアルなおしゃれお団子に。

STEP8:全体の毛束を引き出す
・お団子がくずれないようゴム付近を手で押さえながら、全体の毛束をざくざくと引き出し立体感をつける。
・写真のように、後ろをゆるっとたるませるのもポイント。

STEP9:後れ毛にワックスをつける
・STEP5で残した後れ毛は、そのまま放置してしまうとただの“ボサボサ”に見えがち。
・ワックスをもみ込んできちんと毛束にする。これだけで仕上がりに雲泥の差が生まれます。



初出:この冬真似したい簡単アレンジ♪ 高めざっくりシニヨン

記事を読む

【2】アクティブなアウトドアにおすすめなアレンジ

\How to/

STEP1:セミロングの髪全体を緩巻きに。前髪と耳前、耳後ろの毛束を残し、手ぐしでゴールデンポイント(あごと耳のつけ根を結んだ延長上)で毛先を引き抜かない輪結びに。
STEP2:毛先はねじりながら結び目に1回巻きつけてピン留め。毛先は垂らしたままに。


初出:涼しげお団子ヘアアレンジでアクティブなアウトドア女子に変身♪

記事を読む

【3】崩れにくいヘアバンドを使ったアレンジ

Point

・アウトドアシーンにハマるのが、高めお団子。
・ヘアバンドを使えば、落ちてくる襟足の毛も気にならない。

\How to/

STEP1:フロントは生え際よりやや後ろ、サイドは耳の上がほんの少し隠れる位置に合わせてヘアバンドをつけておく。

STEP2:後ろの髪を高い位置でひとつに結んでから、毛束をねじって丸めてピン留め。表面の髪を部分的につまみ出してくずす。

完成。


初出:アウトドアシーンにもぴったり?ヘアバンドを使った高めのお団子~ヘアアレンジ~

記事を読む

フェミニンさがアップする「低め」お団子【3選】

【1】ゆるっと柔らか見えアレンジ

tricca ginza ネイリスト

旭 美香さん

ヘアの施術と同時にネイルを受けられるサロン『tricca ginza(トリッカ銀座店)』で活躍中のネイリスト。上品なのに今っぽい、ほんのりエッジの効いたネイルデザインが得意。

\How to/

STEP1:サイドの髪をつまみ出して女らしく
「サイドと後ろの髪をひとまとめにして持ち、ヘアゴムで結ぶ前にサイドの髪を少しつまみ出しておくれ毛に。これでアップスタイルの仕上がりが柔らかい雰囲気になります」(旭さん/以下「」内同)

STEP2:サイドの髪を耳にまたがせてひとまとめに
「サイドの髪を、耳をまたぐようにして後ろの髪とまとめて、ヘアゴムで結びます。サイドの髪をすべて耳にかけるとキリッとしてしまうので、これでルーズ感を。髪をまとめる高さは、襟足部分の低い位置にすると大人っぽい印象に」

STEP3:ヘアゴムを最後まで通さずシニョン風に
「STEP2でまとめた髪を、ヘアゴムで結んでいきます。最後にヘアゴムを通すときに、毛束を通しきらず、途中で留めるとシニョンっぽくまとまります」

STEP4:髪をつまみ出してふわっと柔らかく
「STEP3で結んだヘアゴムの結び目を押さえながら、トップやサイド、後頭部の毛を少しずつつまみ出してふんわりとさせます」

STEP5:毛先でヘアゴムを隠して完成!
「毛先の束を少しだけヘアゴムに巻きつけて、ヘアピンで留めます。ヘアゴムが見えなくなり、ルーズな印象をキープできます」

バックスタイルは…ゆるっと柔らかく、女らしい後ろ姿に!

完成。
ヘアゴムひとつとヘアピン1本だけで、大人の余裕を感じる柔らかなシニョン風のアップスタイルに。毛先をまとめてしまうから、巻く手間いらずで手軽。


初出:お手軽“シニョン風”で毛先のパサつきカバー!|簡単&おしゃれなヘアアレンジ【美容賢者の髪コンプレックス解消vol.58】

記事を読む

【2】サイドにまとめるのもあり◎おしゃれ感格上げアレンジ

\How to/

STEP1:髪を右サイドでひとつにまとめる
・中間から毛先を太めのヘアアイロンでミックス巻きに。
・右の耳下辺りで髪をひとつに結び、トップを少し引き出しゆるさを出します。

STEP2:毛束をぐるんと丸めておだんごに
・STEP1でまとめた毛束を、根元からぐるっと低い位置で丸めます。
・最初はしっかり丸めるとくずれにくくなります。

STEP3:ピンで毛束を固定し表面を引き出す
・生え際の毛と丸めた毛束を合わせるように、数か所をピンで留めておだんごを固定。
・表面の毛を軽く引き出してラフに。

完成。


初出:ゆったりした毛流れでおしゃれ感を格上げ!

記事を読む

【3】フォルムがポイント!ハーフアップ×お団子

Point

・見た目が地味になりがちな低めシニヨンは、ハーフアップを加えてバックスタイルに動きをつけると新鮮!
・ゴム1本で作る変化球の立体シニヨンもマスター必須です。

\How to/

STEP1
・ばさっと巻いてから。
・耳上の髪を後ろでまとめてゴムで結ぶ。
・前髪はシースルーになるよう少なめに残すと、リラックス感が出る。

STEP2
・残った髪をひとつに集める。
・毛先を抜き切らないよう途中までゴムを通し、お団子の丸い部分を作る。

STEP3
・毛先がお団子の上に来るよう、折り返す。
・このときお団子がくずれてしまわないようにしっかりと手で固定して。

STEP4
・最後にお団子と折り畳んだ毛先をひとまとめにゴムできつく縛る。
・余った毛先はゴムの間に挟んで収める。


初出:【ハーフアップ×お団子】どうやってるの?と聞きたくなる立体お団子で差をつけて

記事を読む

フォルムにアクセントが付く「三つ編み&ねじり」お団子【4選】

【1】三つ編みベースで作る大人っぽローシニヨン

Point

・大人っぽいローシニヨンをゆるっと3つ編みベースで作ることで、さらに重点を下に置いたのがポイント。
・たるんとした重めシルエットとすぐにでもほつれてしまいそうな緩さがどこかはかなげで浴衣にも合わせたくなる、360度色っぽいアレンジ!

\How to/

STEP1;3つ編みにしてくずす
髪を後ろでひとまとめにし、3つ編みにする。毛先をゴムで結んだら所々つまみ出して緩める。

STEP2:ねじりながら丸める
3つ編みをねじりながら丸めてお団子にしていく。このとき位置は低めを意識して。

STEP3:お団子をピンで留める
丸めた3つ編みにピンを4か所程挿して固定する。最後に毛束を引き出してお団子を軽くくずす。


初出:残暑もスッキリかわいく?今日からできる4つのお団子アレンジ

記事を読む

【2】三つ編みをくるっとまとめた高めお団子アレンジ「動画付き」

\動画で詳しくやり方をチェック!/

\How to/

STEP1:お団子をつくりたい位置でポニーテールにしてから3つ編みスタート。

STEP2:ざっくりだけど、きつめに結ぶのがコツ。

STEP3:三つ編みにした毛束の先をゴムで結んだら、毛先をつかんだまま、三つ編みをつまみ出してほぐし、ラフさを出す。

STEP4:ポニーテールの結び目を中心に毛束をくるっと一回転させ、毛先をピンで留める。

STEP5:バレッタでピンを隠して完成。


【3】シンプルなシニヨンとはひと味違う手の込んだアレンジ

美眉アドバイザー

玉村麻衣子さん

眉の技術者資格を持ち、あらゆる眉悩みに応えるスペシャリスト。観相学視点からのアドバイスも行っている。インスタグラム(@maiko_tamamura)では、バリエーション豊富な眉メイクを披露。

\玉村さんのヘアアレンジのコツ/
「耳辺りから毛先までを緩く巻いておくと、アレンジした際に柔らかいニュアンスのある仕上がりに。1本結びでもこなれて見えます」(玉村さん/以下「」内同)

\How to/

STEP1
・まず、こめかみ横から髪を後ろに束ねてくるりんぱに。
・さらに髪全体を襟足辺りでひとつ結びにしてくるりんぱを作る。
・くるりんぱ部分は適宜ほぐして。

STEP2
・下りた髪は毛先3~4cm手前くらいまで3つ編みに。
・緩めにラフに編み、毛先をゴムで留めた後に編み目は軽くほぐして。

STEP3
・ふたつ目のくるりんぱ(襟足上辺り)の穴にくるくる2回程、STEP2の3つ編みを通す。
・毛先は見えないように内側でピンを使って留めて、アップヘアに。

完成!


初出:女子会で注目の的! 手が込んでいる風・簡単くるりんぱ|1週間アレンジ

記事を読む

【4】ねじり編みで程よい立体感を

Un ami omotesando トップスタイリスト

津村佳奈さん

神崎恵さんを担当する美容師として一躍有名に。確かな技術で、その人に必ず似合うヘアスタイルを提案してくれる。

Point

「お団子状にまとめてしまえば、巻かなくても大丈夫です!ただまとめるより、毛束をねじり編みや3つ編みにしておくと、程よい立体感が出るのでぜひ」(津村さん)

\How to/

STEP1:耳を隠して結ぶ
・全体を手グシで整え、耳を隠しながら低い位置でひとつに結ぶ。
・サイドはたゆませつつ、結び目はきつめに。

STEP2:毛束をねじり編みに
・結んだ毛束をふたつに分け、交互に重ねながらねじり編みにする。
・編みながら、髪を緩く引き出してもOK。

STEP3:お団子をピンで固定
・毛先まで編んだら、ぐるっと丸めてお団子に。
・ピンを外から中央に向けて挿し込み、しっかりと固定する。

完成!


初出:ヘアアレンジ|巻く必要なし! こなれて見える簡単シニヨン

記事を読む

下ろした髪を残せば雰囲気変わる「ハーフアップ」お団子【2選】

【1】低めでたゆませがポイントの浴衣にも合うアレンジ

\How to/

STEP1:32mmのアイロンで全体をミックス巻きにして、よくほぐしておく。
STEP2:耳ラインから斜め後ろに髪を取って表面を引き出し、輪結びのハーフアップに。
STEP3:毛束をねじりながら根元に巻きつけてお団子にしてピン留め。
STEP4:耳前の毛束はワックスで束感を出し、お団子にマジェステを斜めに飾る。


初出:浴衣のヘアアレンジ|ハーフアップシニヨンでかわいらしさを演出

記事を読む

【2】三つ編みお団子で可愛さアップ

\How to/

STEP1:ハーフアップを3つ編みにして程よくくずす
・両サイドの耳上の髪をすくってまとめた後、3つ編みにする。
・その後、毛先側を押さえながら指で編み目をつまんでほぐす。

STEP2:3つ編みにした毛束を 回転させてシニョンに
・まとめた位置を中心に1の毛束を毛先までぐるっと巻いて、シニョンを作る。
・毛先はゴムで結ばず、くずれないようにつかんでいて。

STEP3:2か所からスティックを挿して固定する
・スティックは、時計の12時と2時の角度を目安に挿すのが基本。
・下からスティックを挿し上げて頭皮についたら、そのままスティックを立てて下へ挿し込む。

完成。

初出:3つ編みをほぐして巻いて 花のようなシニョンハーフアップに!

記事を読む

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事