ヘアアレンジ・髪型
2020.11.19

お団子の「前髪」は、こうして!【15のアレンジ見本】

\"\"

まとめ髪の定番アレンジの「お団子」は前髪のあるなしで印象が変わって見えます!カジュアルなイメージからタイトで上品なイメージまで前髪や後れ毛の作り方でお団子アレンジの幅は広がります。まずは基本のやり方をおさらいして、可愛いお団子アレンジにトライしましょう♪

「前髪あり」×お団子アレンジ【3選】

【1】前髪の分け目をターバンでカバーしたおしゃれお団子

ビーチバレー選手

宮川 紗麻亜さん

小学生の時からバレーボールを始め、高校1年生の時には“春高バレー”のヒロインと呼ばれるほどの注目選手に。2011年にビーチバレーボールに転身し、華麗なプレーで往年のファンを魅了し続けている。業界内では美容好きとしても知られており、特に紫外線ケアと韓国コスメに詳しい。

【髪プロフィール】

髪質:毛量はやや多く、太くてしっかりとしている。
髪の長さ:バスト上のロング。前髪は目の下くらい。
ヘアカラー:ベージュ
パーマ:ナシ
髪コンプレックス:毛量が多く、まとめた髪が重みで崩れやすい。

\How to/

【STEP1】
・サイドと後ろの髪をひとつにまとめて、襟足上の位置にヘアゴムで結びます。
・ポニーテールをする要領で結んでいき、最後の毛束をヘアゴムに通し切らずにおだんごに。

【STEP2】
・サイドと後ろの髪をひとつにまとめて、襟足上の位置にヘアゴムで結びます。
・ポニーテールをする要領で結んでいき、最後の毛束をヘアゴムに通し切らずにおだんごに。

【STEP3】
・【STEP1】で飛び出した毛先を、ひとつに結んだヘアゴムの中に入れます。
・このひと手間で、ラフなおだんごでもホールド力が高まって崩れにくくなります。

【STEP4】
・前髪とまとめた髪の境目をカバーするようにターバンをつけます。
・もみあげ上の髪を引き出してラフな印象を後押しします。これがタウンユース使用!

【完成】
・低めの位置でまとめた髪が大人の余裕を感じる雰囲気に。
・ターバン使いで、こなれたまとめ髪が完成!

【BACK】
・ゆるっとして見えるおだんごでも、毛先をヘアゴムに入れることで安定感がUP。
・髪の乱れを気にせずアクティブに動きたいときに、ぜひともマネしたい!


初出:ビーチバレー試合中で崩れにくいへアアレンジを伝授!|手軽にタウンユース使用になるターバン使いのまとめ髪スタイル【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 126】

記事を読む

【2】パーマをかけたウェーブ前髪に似合うコンパクトアレンジ

ヘアサロンchobbi アシスタントスタイリスト

Tomokoさん

銀座にあるヘアサロン『chobbi』のアシスタントスタイリスト。今年中にスタイリストとしてデビューを目ざしている。コンプレックスを解消しながら個性を生かしたカットを勉強中。

【髪プロフィール】

髪質:太くてしっかりとした髪質で、量も多い。
髪の長さ:鎖骨下のセミロング。前髪は眉下の長さ。
ヘアカラー:ナシ
パーマ:前髪のみ、細かいパーマがかかっている。
髪コンプレックス:毛量が多く、ハチが張っている。

\How to/

【STEP1】
・手のひらと指の間にバームを広げてから、髪をまとめていきます。
・最初にハーフアップに髪を取ってハチの部分をしっかり押さえながらまとめたあと、襟足の髪を持ち上げるのがコツです。

【STEP2】
・【STEP1】でまとめた髪をヘアゴムで結んでいきます。最後の毛束をと押し切らず、輪の状態にしておだんごヘアに。
・毛先は結び目の斜め下に持ってくると、襟足の髪となじんでアレンジいらずです。

【STEP3】
・トップの髪を少しつまみ出して、カジュアルダウンさせます。つまみ出す髪は、ハチとハチの内側部分のみ。
・ハチより外側の髪をつまみ出してしまうと、せっかく押さえたハチが目立ってしまうので注意です。

【STEP4】
・襟足部分の髪はしっかりと引き出して、ラフな印象にします。
・シンプルなおだんごスタイルだからこそ、抜け感が大事です

【完成】
・バームの程よいウェット感がこなれた感をUP。
・ゆるっとした襟足のおかげで、ラフでおしゃれなおだんごスタイルに。


初出:ハチ張りをカバーして頭をコンパクトな印象に!|ヘアゴムひとつでできるお手軽おだんごヘア【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 112】

記事を読む

【3】下し前髪でシンプルなのにこなれて見える時短お手軽アレンジ

美容ライター

越後 有希子さん

スキンケアメーカーのPRを経て、美容ライターに。本誌では主にスキンケアやヘアケア、ネイルのページを担当。ネイリストの資格を持つ。10年以上ボブスタイルだった髪を昨年から伸ばし中。ヘアドネーションをするために、31cm以上伸ばすのが目標。

【髪プロフィール】

髪質:太くて量が多い。年齢によるうねりもあり。
髪の長さ:バスト上のロング
ヘアカラー:ダークブラウン
パーマ:ナシ
髪コンプレックス:毛量が多すぎて、結んだ時の重さに耐えられない。

\How to/

【STEP1】
・耳に髪を少しかけると、こなれた感が出ます。
・超簡単なアレンジ方法ですが、手抜きに見えないひと工夫です。
・ここでは髪をまとめるだけで、まだ結んだりしません。

【STEP2】
・【STEP1】でまとめた毛束を、毛先が下向きになるように輪を作ります。
・片手で毛束を持ったまま、もう片方の手で毛先近くを持ち上げるように輪にしたら、毛束の下に入れ込みます。
・多少髪がくずれてもいい感じのゆるさが出るので、勢いよく毛先を持ち上げるのがポイント。

【STEP3】
・毛束の輪をヘアゴムで結ぶ。
・【STEP2】で輪にした毛束をヘアゴムで結んで固定します。

【STEP4】
・後ろから見たときのバランスを考えて、後頭部の髪だけ少しつまみ出します。
・ヘアゴムの結び目を抑えながら、少しずつつまみ出して。

【STEP5】
・ヘアカフスをヘアゴムの上に引っ掛けて、ヘアゴムを隠します。
・よく見かけるヘアカフスは、フックがついていて引っ掛けるだけでおしゃれに見える便利アイテム。

【完成】
・耳にかかった髪と低めの位置でまとめたお団子が、落ち着いた大人らしい雰囲気に。
・耳の後ろはちょうど襟足の凹み部分なので、毛束の重みを支えやすくて疲れ知らずです。超簡単なのに凝っているように見える、便利なヘアスタイル。

【BACK】
【STEP4】で髪をつまみ出したから、後頭部に立体的が出て理想的なフォルムに。


初出:多毛による重みで頭や首が疲れる…を解消! 毛先を下向きにして結ぶだけの超簡単お団子ヘア【美容賢者の髪コンプレックス解消vol.79】

記事を読む

「前髪なし」×お団子アレンジ【3選】

【1】センターでピタっと分けたノーバングタイトお団子

ヘアサロンkate スタイリスト

MIYOさん

表参道の人気ヘアサロン『kate』のスタイリスト。美容師歴13年。幅広い年齢層のお客様から指名が多く、特にボブスタイルなど、短めのスタイルのカットが得意。

【髪プロフィール】

髪質:柔らかくて細い。毛量も少なめ。
髪の長さ:鎖骨下くらいの長さのロングボブ。前髪は口元くらいまでの長さ。
ヘアカラー:ナチュラルブラウン
パーマ:ナシ
髪コンプレックス: かなりのドライヘアで膨らみやすいクセがある。

\How to/

【STEP1】
・髪の膨らみを抑えるために、ヘアオイルとセラムを1:1で混ぜ合わせたトリートメントをたっぷりとなじませます。
・髪をかき分けるようになじませ、内側までまんべんなく塗布。トリートメントを2種類を使うことで、乾燥ダメージをケアしながらしっとりツヤツヤに。

【STEP2】
・前髪をセンターできっちり分けると、タイトな印象がUPして小顔効果も。
・ブラシを頭皮になでつけるように髪をとかし、反対の手で毛束をぎゅっとつかみながらひとまとめにします。

【STEP3】
・【STEP2】でまとめた髪を、ヘアゴムでお団子にします。コンパクト感を出すために、結び目の高さは襟足ギリギリぐらいがベスト。
・ヘアゴムの最後を毛束の上からかぶせて、毛先が下向きになるように輪を作って留めます。

【完成】
・すっきりとしたセンターラインとツヤツヤのストレートが、“いい女”を印象づける仕上がりに。
・このツヤタイトなら、1日中髪が膨らむ心配もナシ。

【SIDE】
・毛先を結び目の下に持ってきたことで、よりコンパクトな印象に。
・低い位置でまとめているから、美しいストレートヘアとツヤが引き立っている。


初出:髪の膨らみをピタッと抑えてコンパクトにまとめれば小顔効果も|タイトなひとまとめでも色っぽいおだんごスタイル【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 101】

記事を読む

【2】オールバックでも表面の毛をつまみだしてカジュアルダウン

美眉アドバイザー

玉村 麻衣子さん

眉の技術者資格を持ち、あらゆる眉悩みに応えるスペシャリスト。観相学視点からのアドバイスも行っている。インスタグラム(@maiko_tamamura)では、バリエーション豊富な眉メイクを披露。

【髪プロフィール】

髪質:太さは普通だが、やや少なめ
髪の長さ:バストトップまであるロング。前髪はあご下の長さ
ヘアカラー:ダークブラウン
パーマ:ナシ
髪コンプレックス:後頭部が絶壁なこと。

\How to/

【STEP1】
・髪をひとまとめにしやすいように、ヘアワックスをなじませます。
・手のひらに広げてから、髪をくしゃくしゃっともみ込むようにすると、髪全体に均一にふわっとつけられます。

【STEP2】
・高い位置でまとめる場合は、襟足の髪を引き出して後頭部に丸みを出して絶壁をカバーします。
・襟足の髪をしっかり引き出せるように、まとめる位置はかなり高めに。あご~耳上の延長線上がベストです。

【STEP3】
・【STEP2】でまとめた髪をヘアゴムで結びます。
・最後の毛束はヘアゴムを通しきらず、親指1本分が入る輪の状態にします。

【STEP4】
・おだんご部分の髪をつまみ出してラフな印象に。
・少しずつつまみ出し、ボリュームを出しておきます。

【STEP5】
・ヘアゴムの結び目の下の髪を引き出して丸みを出し、絶壁をカバー。
・漢字の“小”の字をイメージして、ヘアゴムの真下はやや多めに、さらに左右の髪も少し引き出すと、キレイな丸みが出ます。

【STEP6】
・【STEP3】で残しておいた毛先をねじりながらヘアゴムに巻きつける。
・ヘアピンをヘアゴムの中に入れ込むように留めます。

【STEP7】
・トップの髪ともみ上げの髪を少しずつつまみ出してカジュアルダウンします。
・もみ上げをふわっと出すと、小顔効果にもなりますよ!

【完成】
・大人の女性らしい愛らしさと柔らかさのあるおだんごスタイルが完成!
・高めの位置でまとめても子どもっぽくならないのは、トップもおだんご部分ももみ上げもふんわりとラフに崩しているおかげ。

【SIDE】
・結び目から襟足にかけて、キレイな丸みのある頭に。
・どの角度から見ても柔らかさのある女性らしいスタイル。


初出:高めの位置でまとめた“おだんご”で絶壁をカバーしつつ脱バレリーナ!|大人かわいいおだんごヘアアレンジ【美容賢者の髪コンプレックス解消vol.87】

記事を読む

【3】潔くフルアップにしたタイトなお団子スタイル

カジュアルなアップお団子をドレッシーな印象にチェンジ。髪全部をアップにした、タイトなお団子アレンジ。フレッシュでアクティブに見えがちだからこそ、キラキラコームでエレガントなエッセンスをIN。大人にハマる爽やかさに見違えるはず!

  1. 全体の髪を高い位置でひとつに結ぶ。結んだ毛束は丸めてお団子にし、ピンで固定。
  2. 下からかきあげるように、サイドにコームを飾る。

\動画で詳しくアレンジ方法をチェック!/

\How to/

【STEP1】
・ベース巻きをする。フェイスラインの毛束をリバース(後ろ向き)に巻く。
・巻いた部分の毛束を外し、毛先を巻き直す。

【STEP2】
・その後ろの毛束はフォワード(前向き)に巻く。さらにその後ろはリバース、その後ろはフォワードと交互にくり返して巻く。
・全部を巻き終えたら手ぐしでざっくりほぐす。

【STEP3】
・ソフトワックスをよく手に広げて、下から手を入れてなじませる。
・カールをほぐしながら、全体にワックスをいき渡らせてベース巻きは出来上がり。

【STEP4】
・やや上を向きながら、手ぐしでタイトに整えながら髪を高い位置に集め、高い位置でゴムで結ぶ。
・キュッとしごく。

【STEP5】
・落ちてる前髪はオールバックに整えピンで固定。

【STEP6】
・毛束をねじりながら、くるっと丸めてお団子にしピンで固定。
・お団子の髪をところどころつまみ出す。

【STEP7】
・右サイドの下から上へコームを押し込んで出来上がり。



初出:さりげなく女性らしさをアップ? キラキラコームを使ったすっきりアレンジ【Long編】

記事を読む

「後れ毛」も大事!お団子がダサくならないコツ

ヘア&メークアップアーティスト

佐川 理佳さん

メイクだけでなくヘアの技術も感度も高く、どんな髪質でもおしゃれなヘアに導く達人。今の旬のさじ加減を適切にジャッジ。

Q.しゃれた後れ毛の作り方を教えてください!
「田中みな実さんのような後れ毛に憧れますが不器用でできません。」(美的クラブ 風間りおさん)

A.引き出した後のひと手間でぐんと見違えます
「たくさんの後れ毛を出すスタイルはプロでもバランスが難しいし、失敗するとだらしなくのでおすすめしません。後れ毛は少量でもちゃんと手を加えるとぐんとしゃれ見えするので、もみあげだけで清潔感のある感じに仕上げるのが◎です」(佐川さん)

お手本はコレ!S字カーブを描くもみあげで顔の横に空間ができ小顔効果も!

【STEP1】結ぶ前にもみあげを細く引き出す

ヘアアレンジのゴムで結ぶ前の段階で、耳前のもみあげの毛を一筋、ごく細い毛束で引き出しておく。

【STEP2】アイロンで真横にクセをつける

ストレートアイロンで、もみあげの根元近くを挟み、真横にくせづける。アイロンはできればプレート細めのミニアイロンで、低温でサラッとくせがつけばOK!火傷に注意。

【STEP3】S字カーブを作る

そのままS字を描くようにゆっくりと滑らせ、毛先付近でもう一度、真横にくせづける。

【STEP4】ワックススプレーを指にひと吹き

人差し指の指先にワックススプレーをシュッとひと吹き。濡れたのがわかるくらいが適量。

【STEP5】指でこすり合わせながら後れ毛にワックスをつける

ワックススプレーを吹きかけた人さし指と親指の指先をこすり合わせて軽くもみあげを挟んで滑らせ、なじませる。

【STEP6】S字の形をなぞりながらくせづけ

2本の指で挟みながらもう一度、S字の形をなぞるようにしてくせづける。極細の毛束に散らして、完成。


初出:田中みな実さんのようなおしゃれな後れ毛はどう作るの? 簡単ヘアアレンジ方法を人気H&Mが伝授♪

記事を読む

「高さ別」可愛いお団子アレンジ法

【高め】表情まで明るい印象になるハイシニヨン

大胆なアップヘアがこなれてキマる!前髪も含めて高い位置でお団子を作り、こめかみから後れ毛を引き出す。その毛束をヘアアイロンで1回転巻き、緩い動きをつけたら、セットスプレーを吹きつけてキープ。

\動画で詳しくやり方をCHECK/

【STEP1】
前髪も含め、高い位置に髪全体を集めます。

【STEP2】
毛束を折り、ゴムで束ねてお団子にします。

【STEP3】
こめかみから毛束を細めに引き出し、後れ毛を作ります。

【STEP4】
両側の後れ毛をヘアアイロンで巻き、ゆるい動きをつけます。


初出:ゆるっと見えてくずれにくい♪梅雨にこそ挑戦したいヘアアレンジ【動画つき】

記事を読む

【低め】アンニュイな雰囲気のローシニヨン

大人の余裕が薫るゆるシニョンヘアに。うねりがニュアンスとなり、事前に髪を巻かなくてもお団子ヘアがおしゃれにキマる。低めの位置に作るのも、大人っぽくしとやかに仕上げるコツです。

  1. 全体を縦に3分割し、中央の毛束を低い位置でゴムで結ぶ。
  2. その後、両サイドの毛束を同時にねじりながら、中央の毛束の結び目の上でまとめてハーフアップに。
  3. 上下の毛束をゴムで束ねた後、その結び目に毛束を巻きつけ、お団子にして。ピン数本を使ってしっかり留め、最後にコームをオン。

\動画で詳しくアレンジ方法をチェック!/

\How to/

【STEP1】
顔まわりの毛束をヘアアイロンで巻き、動きをつける。

【STEP2】
耳の位置を基準に全体を3分割し、中央の毛束を低い位置でゴムで結ぶ。

【STEP3】
両サイドの毛束を同時にねじり、中央の毛束の結び目の上でゴムで結ぶ。

【STEP4】
ハープアップした毛束をしごき、すべてまとめてゴムで結ぶ。

【STEP5】
結び目を押さえながら、毛束を細めにつまんで軽くほぐす。

【STEP6】
毛束をねじったら結び目に巻きつけ、お団子にする。アメピンを数本使い、しっかり固定。

【STEP7】
仕上げにヘアコームを挿して完成。

【SIDE】

【BACK】


初出:動画つきで紹介!梅雨のうねりでおしゃれなお団子ヘア

記事を読む

「長さ別」こなれ見えお団子アレンジ法

【ボブ】頭の形も綺麗に見えるフルバングお団子

ヘアサロンtricca銀座店 スタイリスト

野口 眞莉奈さん

銀座にあるヘアサロン『tricca』の人気スタイリスト。女性らしいモードなショートやボブスタイルが得意で、銀座で働く感度の高い女性たちから支持されている。

【髪プロフィール】

髪質:猫っ毛で量は少なめ。
髪の長さ:あご下のボブ。前髪は眉が隠れる長さ。
ヘアカラー:ハイライトとローライトを入れてトーンアップしている。
パーマ:ナシ
髪コンプレックス:猫っ毛で毛量が少ない。後頭部が絶壁気味。
\How to/

【STEP1】
・髪が短いので、まとめたスタイルをキープするために、ヘアオイルをなじませます。
・表面にヘアオイルをつけておくと、最後に髪をつまみ出しやすくなります。

襟足にもヘアオイルをなじまると、短い髪でもまとめやすくなります。手のひらと指の間にヘアオイルを広げて、手ぐしで襟足の髪をかき上げるようになじませます。

【STEP2】
・髪を手ぐしでラフにひとつにまとめたら、ヘアゴムで結びます。最後の毛束を通し切らずにおだんごに。
・毛先は、サイドの毛流れと同じ方向に持ってくると、すっきりとしたおだんごに見えます。

【STEP3】
・髪をつまみ出して、ラフな印象にします。つまみ出す毛束は、極少量にするのがポイント。猫っ毛でもふわっと立体的になります。
・つまみ出す位置は、ハチより内側のトップ、後頭部の上の、結び目の上の3か所。結び目の上もつまみ出すことで、絶壁感がしっかりとカバーできます。

【STEP4】
・もみ上げ&襟足の毛束を少し残してヘアピンで留める。
・サイドの髪が短くて崩れやすいため、ヘアピンで固定します。


【STEP5】
・【STEP4】で引き出したもみ上げを、ストレートアイロンで巻きます。
・もみ上げの長さが短くて顔との距離が近いので、コテよりもストレートアイロンを使う方が火傷の心配がなく、カールも失敗しません。

【完成】
・あご下の長さのボブでもすっきりとしたおだんごに。
・もみ上げや襟足の後れ毛のおかげで、女性らしさもキープ!

【SIDE】
・極細くつまみ出した毛束のおかげで、立体感のある仕上がりに。
・動きのある後れ毛がこなれた印象をバックアップ。


初出:あご下の長さでもまとめ髪を楽しむ!|絶壁を感じさせないおだんごスタイル【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 117】

記事を読む

【ミディアム】脱力感のあるざっくりまとめアレンジ

「結びっ放し」をやめるだけでおしゃれ度急上昇。

\動画で詳しくやり方をチェック!/

\How to/

【STEP1】
手のひらを髪の毛の内側に差し込み、空気をいれる。

2

【STEP2】
前髪をセンター分けにし、サイドの後れ毛を残してまとめる。

3

【STEP3】
まとめた部分を押さえ、後頭部とトップの毛束を引き出す。

5

【STEP4】
お団子を作り、残った毛束を結び目に巻きつけ毛先をゴムに挟む。

6

【STEP5】
お団子を押さえながら毛束を引き出してほぐす。

7

【STEP6】
前髪と後れ毛を揉みながら前に出す。

8

【STEP7】
サイドに指先で毛束を作り散らす。

9

【BACK】

【SIDE】


初出:ざっくりお団子<ミディアム>

記事を読む

【ロング】ミニマムにまとめたほっこりシニヨン

こなれ感とかわいさが両立する、コロンとしたミニマムシニヨン。忙しい朝にも手早く可愛くなれる、ゴムだけでできるお団子ヘアのアレンジ方法をお伝えします。

\動画で詳しくやり方をチェック!/

【STEP1】
・前髪やサイドを少しだけ残し、残りの髪をひとつにまとめます。
・ブラシは使わずに手ぐしてザクッとするのがこなれ感を出すポイント。結ぶ位置は低めに。

ピン不要!パパッと完成ざっくりお団子

【STEP2】
・ゴムを髪に引っかけ、輪っか結びをする途中でストップ。毛束を全部ゴムに通し切らないで!
・毛先を輪の上に折り返したら、それごとゴムで縛ります。お団子がふたつあるような感じになっていればOK。

ピン不要!パパッと完成ざっくりお団子

【STEP3】
・余った毛先をゴムに挟み込んで完成。
・ピンを使わないで済むだけでなく、毛先が収まることで手の込んだヘアアレンジに見えます。

ピン不要!パパッと完成ざっくりお団子

【BACK】

【SIDE】


初出:ざっくりお団子<ロング>

記事を読む

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事