ヘアアレンジ・髪型
2021.9.10

丸顔のお悩み、まるっと解決!【21の簡単ヘアアレンジ術】

\"\"

丸顔さんのお悩みをカバーしつつおしゃれに見えるアレンジをご紹介します。コツ3つを押さえれば簡単です!

気になる輪郭をカバーするアレンジの【コツ】

Check
  • “フェースラインの後れ毛”こそ最強のシェーディング。
  • ふんわりニュアンスやトップにボリュームを出して丸顔をカモフラージュ。
  • 縦ラインを意識。


初出:“フェースラインの後れ毛”こそ最強の小顔術!緩んだ輪郭、エラ張りを華麗にカモフラージュ♪

記事を読む

「ボブ」の丸顔カバーアレンジ【5選】

【1】トップふんわりカチューシャ風アレンジで骨格カバー

DAMIAスタイリスト

増田怜奈さん


髪質:毛量は多めで硬さはふつう、直毛
髪型:あご下ボブ
ヘアカラー:アッシュ系ブラウン
パーマ:なし
髪コンプレックス:直毛で重たい印象に。丸顔が目立ち、地味な印象を与えがち

「ふつうの編み込みよりも簡単にできる“カチューシャ風ツイスト編み込み”なら、骨格&顔立ちカバーと脱マンネリが叶うんです!」(増田さん・以下「」内同)

\How to/

STEP1:トップの髪を少量とる
トップを7:3の位置でざっくり分けて、7側の毛束を少量とります。

STEP2:顔まわりをツイスト編み込みに
毛束を2分して、交差させツイスト編みにしていきます。

顔まわりの毛を少しずつすくい、交差させて前側にきた毛束と合わせて編み込み風に。

そのまま耳うしろまでツイスト編み込みを続けます。
「トップはゆるめに、サイドは少しタイトにツイストさせるのがコツです」

STEP3:トップの毛を引き出す
ツイストした毛先を片手でしっかり押さえ、もう片方の手でトップの毛を部分的に引き出して、ボリュームとルーズ感を出します。

STEP4:サイドの毛を引き出す
同様に片手でツイストした毛を押さえ、もう片方の手でサイドの編み目を少しずつ引き出してルーズ感を出します。

「サイドは引き出しすぎないのがポイントです」

STEP5:毛先をアメピンで固定する
ツイストした毛先をアメピンで固定します。

「大人っぽく仕上げたい場合は、小さめの黒いアメピンを目立たないように、カジュアル感を出したい場合は、色つきのアメピンを交差させてとめると◎!」

完成!

【SIDE】
「トップをねじってふんわりとしたボリュームを出すことで、丸顔+地味顔をカバーしながら、優しい印象を醸し出すことができます。ふつうの編み込みは難しいですが、ツイスト編み込みなら不器用さんでも簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね!」


初出:ボブのカチューシャ風ツイスト編み込みアレンジで脱マンネリ&骨格カバー!【髪コンプレックス解消vol.33】

記事を読む

【2】顔周りに後れ毛を残したルーズアレンジ

\How to/

STEP1:こめかみ上の髪を後頭部で結ぶ
こめかみ上の髪を手ぐしでざっくりと後頭部に集めて、シリコンゴムか細い黒ゴムで結びます。

「先にごく少量のジェル状スタイリング剤を全体に広げておくと、まとめやすくなります」(増田さん・以下「」内同)

ゴムに最後のひと通しをするとき、抜き切らずに、毛束が根元部分で下向きに折れた状態でキープします。

STEP2:残った髪の毛先を外ハネに
残った髪の毛先をストレートアイロンで外ハネにします。

STEP3:前髪を少量とり、ポンパドールに
前髪の中央部分を少量とり、トップに持ち上げた状態でゆるくねじってアメピンで固定し、小さなポンパドールをつくります。

STEP4:結んだ毛束をルーズに崩す
結んだ毛束の二つ折り部分を、少しずついろいろな方向に引き出して、ルーズな質感とボリュームを出します。

STEP5:トップの毛を引き出す
トップの髪(結んだ髪とポンパドール部分を一緒に)を部分的に引き出します。

「丸顔の場合は高さをしっかりと出し、面長の場合は高さを控えめに引き出すのが小顔に見せる秘訣です」

STEP6:結んだ毛束にシュシュをオン
結んだ毛束のゴムを隠すように、シュシュをかぶせます。

「シュシュは、少しボリュームのあるタイプを選ぶと、バランスよく仕上がりますよ」

完成!
「ボブアレンジは、コームやブラシを使わずに、手ぐしだけでざっくりルーズに仕上げるのがオシャレに見せるポイントです」

【SIDE】

【BACK】


初出:浴衣にもおすすめ!ボブの簡単キュートなハーフアップアレンジで脱マンネリ【髪コンプレックス解消vol.31】

記事を読む

【3】トップをふわっ!編み込みアレンジ

GARDEN Tokyo トップスタイリスト

本木亜美さん


Point

・360度どこから見ても可愛く仕上げるには、フォルムのバランスが重要。
・丸顔さんはトップをふわっとさせたり、エラ張りさんは後れ毛を多めにしたりと、顔型に合わせた工夫を。

\How to/

STEP1:後れ毛を残してまとめる
ラフ巻きにしてシアバターをなじませ、こめかみ、耳前、耳後ろの毛束を残して髪をまとめる。

STEP2:編み込みにする
まとめた髪は3束にわけ、大きく編み込みにしてバレッタで留める。ボブなら3回編む程度。

STEP3:表面をくずす
表面の髪を所々指でつまみ出す。面長さんは、横もふんわりさせるとGOODなバランス。


初出:ボブのヘアアレンジ|脱“ただ結んでいるだけ”の「こなれ感」アレンジ

記事を読む

【4】顔まわりにふんわり動きをつけたハーフアップ

ヘアサロンtricca銀座店 アシスタント

高桑えむさん

銀座にあるヘアサロン『tricca』でスタイリストデビューを控えているアシスタント。ヘア悩みと向き合い、ロジカルな考え方で解消するのが得意

髪質:硬くて太めのしっかりとした髪質。毛量は多め。
髪の長さ:鎖骨に届く長さのボブ。前髪は目の下くらい。
ヘアカラー:ブリーチ
パーマ:ナシ
髪コンプレックス: 多毛かつ硬くて太い髪質でハリもあり、髪が膨らみやすい。

STEP1:耳より1cm上から髪を取る
「耳上からサイドの髪をまとめるとフェースラインが強調されてしまうので、耳より1cm分の髪を残してハーフアップにします」(高桑さん・以下「」内同)

STEP2:ヘアゴムで結んでおだんごに
「STEP1で取った髪をヘアゴムで結びます。最後の毛束はヘアゴムを通し切らずに、おだんごに。毛先が下に向くようにして、後ろの髪となじませます」

STEP3:トップの髪をつまみ出してラフに
「片手でSTEP2の結び目を押さえながら、もう片方の手でトップの髪を少しずつ引き出してラフに崩します」

STEP4:前髪の中央のみ後ろで留める
「前髪が目の下くらいの長さで邪魔になるので、中央部分の毛束のみ後ろに持っていきます」

「結び目の上で、前髪を留めるようにクリップピンを挟みます。もうひとつのクリップピンは飾りとして、結び目の横の位置に。ふたつのクリップピンの向きが揃わないようにするのが、後ろから見たときにこなれた感を出すコツです」

STEP5:顔まわりの髪を外巻き&縦巻きで動きを出す
「前髪は外巻きにすると、伸びかけでもうっとおしさが半減します」

「サイドに残した髪は縦巻きにして、顔まわりにふんわりと柔らかな動きをつけます」

完成!
ハーフアップにすることで、ハチの膨らみが気にならず軽やか。
顔まわりのゆるやかなウェーブのおかげで、余裕を感じるラフでおしゃれな仕上がりに♪

後ろから見ると…
ふたつのクリップピンがアクセントになって、後ろから見てもハーフアップが華やか。


初出:ボリュームを抑えつつ小顔効果を狙う!|顔まわりラフなこなれハーフアップテク【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 123】

記事を読む

【5】トップに凹凸&後れ毛のひとつ結び

【Before】

【After】

後れ毛の量感を少しだけ増やしつつ、毛先にはさりげなく揺れるニュアンスを添えて、華やかな表情に。

首周りがスカッとしないよう、襟足の後れ毛でバランスをとる。

Point

襟足の後れ毛で首周りをぐっと華やかに

巻くと途端に古くさくなるので、軽く外にハネさせる程度に抑えて。

Point

毛先だけをゆるっとカールさせる

完成。


初出:ボブだと髪型がマンネリ…「外ハネひとつ結び」で新鮮な華やかさをプラス!

記事を読む

「ミディアム」の丸顔カバーアレンジ【4選】

【1】前髪あり×トップボリュームで丸さをカバー「動画付き」

\動画で詳しくアレンジ方法をチェック!/

\How to/

STEP1:根元中心にライトワックスをもみこむ。

STEP2:両側のこめかみから毛束をとり、同時に上方向へねじる。

STEP3:ねじった毛束をバレッタで留め、ハーフアップに。

STEP4:トップの毛束を指でつまみ出し、軽くほぐす。ソフトワックスを毛先側へもみ込み、動きを出す。

【SIDE】

【BACK】


初出:梅雨にこそ挑戦!湿気によるうねりを生かしたハーフアップでこなれ感アップ!~ミディアムヘア~

記事を読む

【2】大ぶりスカーフをサイドで強調「動画付き」

\動画で詳しくアレンジ方法をチェック!/

\How to/

STEP1:ベースを巻く。フェイスラインの毛束をリバース(後ろ向き)に巻く。その後ろの毛束はフォワード(前向き)に巻く。さらにその後ろはリバース、その後ろはフォワードと交互にくり返す。

STEP2:全部を巻き終えたら手ぐしでざっくりほぐす。

STEP3:ソフトワックスはこのくらい。手に広げて、下から手を入れてなじませる。カールをほぐしながら、全体にワックスを行き渡らせれば、ベース巻きの出来上がり。


STEP4:左側の顔周りの髪を残して、サイドの髪を後ろ向きにねじる。

STEP5:左耳の下でピンで固定。

STEP6:右側は襟足の髪をねじり上げて、左耳の下でひとつに集めてゴムで結ぶ。


STEP7:結び目を押さえながら、髪をところどころつまみ出す。

STEP8:指にキープスプレーをつけて、前髪を横分けにして整える。

STEP9:2つ折りにしたスカーフを結び目の下に置き、輪にした方にもう片方を通し、キュッとしごく。

STEP10:リボン結びにして完成!



初出:スカーフを使っておしゃれ度アップ! ひとつ結びヘアアレンジ

記事を読む

【3】ワンサイドヘアで縦シルエットを演出「動画付き」

\動画で詳しくアレンジ方法をチェック!/

\How to/

STEP1:ハチ上の髪を分けてまとめる。

STEP2:襟足を軽くねじってピンで留める。

STEP:バレッタを飾る。

完成!

【4】後れ毛たっぷり高めお団子

\How to/

STEP1:全体を外巻きにする
細めに毛束を取って外側にねじり、コテで挟んで外巻きに。ニュアンスをつけるだけなので、キレイに仕上げなくてOK。多少巻いていない毛束があっても大丈夫!

STEP2:トップの表面を軽く巻く
せっかくのアレンジも、トップがペタっとしていると完成度が急降下。ふわっとボリュームを出すために、ガイド部分の毛束を細かく取り、写真のようにひと巻きして!

巻き終わるとこんな感じ!

STEP3:セミウエットスプレーを振る
アレンジをおしゃれに見せるキモは、後れ毛&結んだときに表面に出る毛束感。必ずスタイリング剤を仕込むのを忘れずに。表面だけでなく、内側からもスプレーを。

STEP4:くしゃっともみ込む
STEP3のスタイリング剤を髪全体になじませるように、くしゃっともみ込む。これをすることで、ゴムやピンの留まりが良くなり、アレンジに適した質感に。

STEP5:高い位置で輪っか結びに
顔周り・襟足の後れ毛を分け取りつつ、全体を高い位置でまとめる。ゴムで結ぶ際、毛先を抜き切らず輪っかの状態に。きつく結んでおくと安定感が増します。

STEP6:抜き切らなかった毛束をねじる
抜き切らなかった毛束をねじったら、ランダムに細かい毛束を引き出しボリュームをつける。引き出す過程でぴょこっと髪が飛び出してもOK。この無造作感がカギになる。

STEP7:毛束をゴムに巻きつける
毛束の先端を持ちながらゴムにぐるりと巻きつけ、3か所程ピンを挿して固定する。無造作な動きのある毛束でゴムを隠すことで、カジュアルなおしゃれお団子に。

STEP8:全体の毛束を引き出す
お団子がくずれないようゴム付近を手で押さえながら、全体の毛束をざくざくと引き出し立体感をつける。写真のように、後ろをゆるっとたるませるのもポイント。

STEP9:後れ毛にワックスをつける
STEP5で残した後れ毛は、そのまま放置してしまうとただの“ボサボサ”に見えがち。ワックスをもみ込んできちんと毛束にする。これだけで仕上がりに雲泥の差が生まれます。



初出:この冬真似したい簡単アレンジ♪ 高めざっくりシニヨン

記事を読む

「ロング」の丸顔カバーアレンジ【6選】

【1】ふんわり×縦ライン協調の三つ編みアレンジ「動画付き」

\動画で詳しくアレンジ方法をチェック!/

STEP1:ねじり×3つ編みを組み合わせた複雑なアレンジ。始めにしっかり逆毛を立てておくと安定感が増す。

STEP2:耳上の毛を逆サイド寄りにねじってピンで留める。この位置を中心にし、左右交互にあと2回これを繰り返す。

STEP3:髪をサイドに寄せて、毛先まで3つ編みをする。この後ほぐすので、あまり緩くしすぎないように。

STEP4:指で毛先を固定しながら所々引っ張る。ランダムな形にすることで、3つ編みよりも凝った印象に。

STEP5:細い毛束を毛先に巻きつけたら、上からピンを挿して固定。毛束と3つ編みに絡めるようにピンを挿すとほつれません。

[BACK]

[SIDE]


初出:アンニュイ三つ編み<ロング>

記事を読む

【2】大胆にゆるっと前髪も流して顔周りをカバー「動画付き」

\動画で詳しくアレンジ方法をチェック!/

\How to/

STEP1:前髪を深めにとって8:2に分け、耳上の毛束を後ろまでねじる。


STEP2:サイドの毛束を少し引き出す。

STEP3:後頭部をピンで留める。

STEP4:反対側は前髪を残し、同じように後ろまでねじる。毛束を少し出し、ピンで留める。

STEP5:トップを引き出してボリュームをつける。

STEP6:毛束を二つに分け、片方を毛先までねじったら折り返す。輪になった部分をピンで固定。余った毛束を折り込んでピンで留める。


STEP7:残りの髪も同じようにねじって折り返す。輪になった部分をピンで固定。毛先も折り込んでピンで留める。ねじった部分をゆるめてピンで隠す。

STEP8:ワックスを手の平になじませ、サイドの髪を引き出す。前髪のトップを揉んで立ち上がりをつけ、毛先をサイドに流す。


完成。

【3】縦シルエットになるボヘミアン風サイド結び「動画付き」

\動画で詳しくアレンジ方法をチェック!/

\How to/

STEP1:手ぐしで分け目と逆側にまとめる。飾りゴムで結ぶ。

STEP2:毛束を細くとる。

STEP3:三つ編みにしてゴムで結ぶ。このあともう一つ三つ編みを作る。

完成。



初出:女同士の忘年会&新年会に!トレンド×コワザで作るおしゃれヘア

記事を読む

【4】流し前髪の立体ポニー

美眉アドバイザー

玉村麻衣子さん

眉の技術者資格を持ち、あらゆる眉悩みに応えるスペシャリスト。観相学視点からのアドバイスも行っている。インスタグラム(@maiko_tamamura)では、バリエーション豊富な眉メイクを披露。

\How to/

STEP1:ハチくらいの高さまで髪をランダムに巻く
「毛先からハチくらいまで、コテでランダムに巻いていきます。ランダムに巻くことで、ポニーテールにした毛先に動きが出ます」(玉村さん・以下「」内同)

STEP2:髪全体にヘアワックスをなじませる
「ひとつにまとめやすいように、髪全体にヘアワックスを。ヘアワックスを手のひらに広げたら、髪をもみ込むようになじませます」

STEP3:逆毛を立ててトップにボリュームを
「ヘアゴムで結ぶ前にトップに逆毛を立てておくと立体感を作りやすいので、コームで逆毛に」

STEP4:髪全体にヘアスプレーをしてボリュームをキープ
「【STEP2】と【STEP3】で出したボリュームをキープするために、髪全体にホールド力のあるヘアスプレーを仕込みます。髪を潰さないように、遠目の位置からシューッとスプレーするのがポイント」

STEP5:結ぶ位置は耳下の高さの低い位置
「手ぐしで髪をまとめたら、ヘアゴムで結びます。結ぶ高さは耳下の延長線上。この高さは後頭部の髪を引き出しやすく、立体的に見えます」

STEP6:後頭部の髪を思いっきり引き出す
「横から見たときに後頭部に丸みが出るように、髪をたっぷりとつまみ出します。つまみ出したあと、もう一度後頭部にヘアスプレーをしてホールドを」

STEP7:顔まわりの髪はつまみ出しながらヘアスプレーを
「顔まわりのふんわり感は、髪をつまみ出したときにヘアスプレーをして作ります。これで引き出した髪をしっかりホールドできます。仕上げに結び目にヘアカフをして、ヘアゴムを隠します」

完成!
顔まわりに引き出した髪がふんわりと柔らかい印象に。ヘアワックスとヘアスプレーのW使いで、このふんわり感を1日中キープ。

横から見ると…
たっぷりと引き出した後頭部の髪のおかげで、絶壁感ゼロ。美しい立体ヘアに仕上がっている。


初出:潰れやすい髪質でもふんわりとした立体感を1日キープ|絶壁もカバーする低めポニーテールの作り方【美容賢者の髪コンプレックス解消vol.86】

記事を読む

【5】毛束感のある前髪で丸みをカバーしたお団子

美的.com編集担当

鬼束真帆

『美的com』にて、本誌の転載や診断記事を担当。コスメの新作発表会で培った知識をフルに活用し、マイベストコスメを模索中。

\How to/

STEP1:動きを出しやすくするために毛先を巻く
「アップにしたときに毛先まできっちりまとめないので、軽やかに見せるためにコテで巻いていきます。巻き方は内巻きと外巻きをランダムにして動きを出します」(鬼束/以下「」内同)

STEP2:ヘアゴムの最後を通しきらずにコンパクトなお団子を
「ポニーテールをするようにヘアゴムで髪をひとつにまとめていきます。最後だけヘアゴムを通しきらず、親指1本分が入るくらいのコンパクトなお団子の状態でストップ。お団子は小さめの方がボリュームを抑えられ、タートルネックとのバランスがよくなります」

STEP3:ヘアゴムに髪を巻きつけて結び目を隠す
「後ろ髪から少し毛束を取り、ヘアゴムに巻きつけて結び目を隠します。巻きつけた毛先は、【STEP2】で結んだヘアゴムに入れて固定を」

STEP4:トップの髪をつまみ出して縦長ラインに
「【STEP2】の結び目を持ち、トップの髪を少しずつつまみ出していきます」

STEP5:前髪の毛先にヘアオイルをつけて毛束感を
「前髪の毛先にヘアオイルをつけて、毛束感を出します。前髪を少しずつ毛束にすると動きがついて、フェースラインが目立ちにくくなります」

完成。ラフな毛束感のある前髪で、顔の丸みをカバー。ボリュームのあるタートルネックのセーターを着ても軽やかな印象に。

後ろから見ると…


初出:冬の重たい印象を打破!|タートルネックを着たときの丸顔感もカバーする“ゆるくしゃ”アップスタイル【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 97】

記事を読む

【6】縦長フォルムを意識したカチューシャアレンジ

\How to/

STEP1:トップの髪を後ろに流す
「カチューシャをつけやすいように、前髪を残してトップの髪をかき上げて後ろに流します。手のひらにほんの少しヘアオイルを広げておくと、毛流れを動かしやすいですよ」(鬼束さん/以下「」内同)

STEP2:カチューシャを頭頂部から差し込む
「カチューシャを、とめたい位置の真上から差し込みます。前から髪を持ち上げるようにするのではなく、差し込むのが今っぽくなるコツです」

STEP3:毛先にオイルでツヤとまとまり感をプラス
「ダウンスタイルの時は毛先のパサつきも気になるので、オイルをなじませてツヤを出します。毛先のまとまり感もよくなりますよ」

STEP4:トップの髪をつまみ出して縦ラインを作る
「カチューシャの後ろのトップの髪をつまんで高さを出します。これで頭の形が縦長になり、丸顔もカバーできます」

完成。太めカチューシャでハリのボリュームを自然にカバーしつつ、トップはふんわりとしてすっきり縦長に。


初出:サイドの髪を抑えつつ手軽に今っぽく♪|縦長フォルムを意識した旬の太めカチューシャアレンジ【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 95】

記事を読む

トップに高さを出した「ポニーテール」【2選】

【1】トップの丸みをたっぷり出した「ポニー」

GARDEN Tokyo 副店長

津田 恵さん

人気タレントからの指名が多く、『美的』のアレンジや髪悩み解決企画にも多数登場。クールで色気のあるスタイル作りに定評あり。

Point

・下をあえてたるませルーズにまとめる。
・はらりと落ちたようなナチュラル後れ毛。

\How to/

STEP1:後れ毛を残してまとめる
耳後ろの髪を後れ毛用に細く分け取る。下をたるませながら全体をまとめ、後頭部の位置で結ぶ。

STEP2:トップの毛束を引き出す
結び目を手で押さえながら、トップの毛束を細く引き出す。ハチが張り気味な人は、やや高めに引き出して。

STEP3:ゴムに毛束を巻きつける
ポニーテールから毛束を1本取り、ゴムに巻きつける。最後はゴムの下でピンを挿して固定。

【SIDE】

【BACK】


初出:たるませシルエットでほのかに色っぽく? 「大人の高めラフポニー」

記事を読む

【2】ゆるふわボリューム「ポニー」動画付き

\動画で詳しくアレンジ方法をチェック!/

\How to/

STEP1:オールバックになるよう手ぐしで高い位置にひとまとめに。少しだけ前髪を引き出します。

STEP2:髪を手でまとめた状態で、トップの毛束を細かく引き出す。立体的なシルエットを作っていきます。

STEP3:高すぎる位置で結んでしまうと、ポニーの長さが短くなりボリュームを出しづらくなる。後頭部上め辺りが◎。

STEP4:ゴムは毛束でキレイに隠して。毛束はポニーの下から取って結び目に1周させ、下でこっそりピン留めしましょう。

STEP5:ポニーに弾むようなリズムをつけるには逆毛が必要!クマの手で下から上へざくっとたっぷり逆毛を立てて。

完成!


初出:冬ポニーテール<ミディアム>

記事を読む

後れ毛でフェイスラインカバー「ハーフアップ」【2選】

【1】トップボリュームとたゆませがポイントのくるりんぱハーフアップ

GARDEN Tokyo 副店長

津田 恵さん

人気タレントからの指名が多く、『美的』のアレンジや髪悩み解決企画にも多数登場。クールで色気のあるスタイル作りに定評あり。

Point

・ちょこっと耳にかけて、ゆるリラックスなムードに!
・ハーフアップをたるませて緩やかな曲線を作る。

\How to/

STEP1:耳上の髪をまとめて緩く結ぶ
顔周りの後れ毛を細くひと束残し、耳上の髪をまとめる。結んだ後ゴムを少し下げて緩める。

STEP2:ゴムの上から毛束をくぐらせる
ゴムの上に穴を作ってくるりんぱ。仕上げに毛束を左右にぎゅっと引っ張り、ゴムを押し上げる。

STEP3:毛束を引き出してくずす
結び目付近の毛束を細かく引き出してゴムを隠す。トップと耳横の毛束も引き出し、ラフな空気感をプラス。

【FRONT】

【BACK】


初出:正統派ハーフアップに今っぽさをプラス!「ほの甘ハーフアップくるりんぱ」

記事を読む

【2】小顔見えが叶うツイストハーフアップ

tricca ginza ネイリスト

旭 美香さん

ヘアの施術と同時にネイルを受けられるサロン『tricca ginza(トリッカ銀座店)』で活躍中のネイリスト。上品なのに今っぽい、ほんのりエッジの効いたネイルデザインが得意。

STEP1:軽やかさを出すために毛先から中間まで巻く
「ハーフアップしたあとの毛先に動きを出して軽やかにしたいので、毛先から中間までをカールが大きめにつく32mmのコテで巻きます。巻き方は、内巻きと外巻きをランダムに。ランダムに巻いていくことで、エアリー感が出ます」(旭さん/以下「」内同)

STEP2:ツイストする髪をねじって膨らみを防止!
「ハーフアップする髪を左右に分けてツイストすると、ただねじるよりも頭がキュッとコンパクトに。トップから耳上の髪を取って上下に二等分し、上の髪は外巻きに、下の髪は内巻きにねじってからツイストします」

「ねじった毛束を、後頭部に向かってツイストしていきます。毛先近くまでねじったら、クリップなどで留めておき、反対側も同様に上下に分けてからツイストします」

STEP3:両サイドのツイストを結んでくるりんぱに
「ツイストした両サイドの毛束を後頭部に持ってきて、ヘアゴムでひとつに結びます。それからくるりんぱを。これで膨らみやすい襟足部分を自然に押さえられます」

STEP4:後頭部とツイストをほぐしてルーズに
「軽やかに見えるために、ツイストした髪と後頭部の髪を少しずつつまみ出していけば完成です」

完成!
ツイストしたことでハチの張りが目立たなくなったのと、ハーフアップで髪のボリュームも自然と抑えられて、すっきりとした印象に。ランダムに巻いた毛先も軽やかで好バランス。


初出:膨らむ髪質なら、サイドのボリュームダウンアレンジ♪|小顔見せも叶えつつ春らしく…軽やかツイス トハーフアップ【美容賢者の髪コンプレックス解消vol.56】

記事を読む

ゆるふわニュアンスでカモフラージュ「お団子」【2選】

【1】たっぷりの後れ毛で顔周りをカバーしたゆるふわ「お団子」動画付き

\動画で詳しくやり方をチェック!/

\How to/

STEP1:直毛ぎみの人はヘアアイロンを使って内巻きと外巻きをランダムにミックスし、ゆるい動きを全体につける。

STEP2:両側のこめかみの毛束を同時にねじり、ゴムで束ねてハーフアップにする。

STEP3:くるりんぱ(毛先を結び目の奥へ入れ込む)をしたら、毛先をしごく。

STEP4:髪全体をまとめたら、その毛束を折ってゴムで挟み、お団子にする。

STEP5:仕上げにヘアコームをつける。

完成!


初出:ゆるっと見えてくずれにくい♪梅雨にこそ挑戦したいヘアアレンジ【動画つき】

記事を読む

【2】後れ毛に動きを付けた低めお団子

美容系『You Tube』クリエイター

yurika mul(ユリカ エムユーエル)さん

『You Tube』クリエイターとして、自身のメイクテクニックやヘアアレンジなどの美容ネタを動画で配信中。わかりやすくて真似したくなるテクニックを惜しみなく紹介して人気に。

\How to/

STEP1:耳下の位置で髪をひとまとめに
「サイドの髪を残して、髪をヘアゴムでひとつにまとめます。結ぶ位置は、大人っぽく見せたいので耳下くらいの低い位置にするのがポイント」(ユリカ エムユーエルさん/以下「」内同)

STEP2:ひとつ結びした毛束を上下に分けて輪を作る
「STEP1でひとまとめに結んだ毛束を上下に分け、それぞれ、上まわりと下まわりで輪にします」

STEP3:ふたつの輪をヘアゴムで結んでおだんごに
「STEP2で輪を作ったところを、ヘアゴムで結んでおだんごにします」

「ふたつの輪を結んだヘアゴムは見えるので、キラキラしたヘアゴムを使ってアクセントにしても」

STEP4:サイドの髪をゆるく外巻きにする
「残しておいたサイドの髪は、32mmのコテでゆるく外巻きに。サイドだけ巻くと、女らしい仕上がりになります」

完成。
ふたつの輪を作ったおだんごヘアなら、後ろの髪を巻かなくてもアップスタイルがこなれた印象に。おだんごは、高い位置だと元気な印象になりますが、低い位置にするとしっとりと色っぽく仕上がります。


初出:後ろ髪を巻かずに簡単おだんごヘア♪|ポニーテールから手軽に“色っぽ”おだんごスタイルを【美容賢者の髪コンプレックス解消vol.52】

記事を読む

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事