ヘアカラー
2022.3.13

【実例14】スモーキーベージュなどくすみ系ベージュがかわいい!

\"\"

人気のくすみカラーからスモーキーベージュの他、おすすめのベージュカラーを『美的.com』の連載でも好評だった人気サロンのスタイルからご紹介します。くすみ系でも顔映りもキレイに見せてくれる髪色です。

「スモーキーベージュ」上品なくすみカラー

【how to“カラー”】
カラーは11トーンのスモーキーベージュ。やや明るめのトーンですがくすみ感があるので軽く見えず、上品さを保ちながら華やかな印象を与えます。

担当サロン:Sui(スイ) 冬木慎一さん

 

初出:“デジタルパーマ×長め前髪”は最強!セミロングの忙し女子が時短で大人かわいくなれる方法って?

記事を読む

「ハイライト×スモーキーベージュ」の抜け感カラー

【how to“カラー”】
カラーは自然なメリハリをつけるハイライトを細かく全体的に入れた後、10レベルのスモーキーベージュを重ねます。赤味を抑えるカーキ系で、透明感のある仕上がりになっています。また、襟足までしっかりハイライトが入っているので、アップやアレンジをした時も毛先の色がグラデーションとなり、おしゃれなニュアンスに。

担当サロン:MINX 原宿店(ミンクス ハラジュクテン) 石見優衣さん

 

初出:ハイライトカラーで、ロングに今っぽい抜け感が!透明感が決め手な大人の重軽ロング

記事を読む

「フォギーベージュ」大人っぽく見えるくすみカラー【3選】

Point

フォギーとは赤みのないくすんだ色味のことを表し、アンニュイでツヤのある印象になるので、美髪に見せて大人っぽい印象になります。くすみカラーと言っても、肌を暗く見せるわけではないのでどんな年代でもおすすめです。

【1】9トーンのフォギーベージュ

【how to“カラー”】
明るさがでると髪の透明感がアップするので肌色も明るく見え、美髪感がより分かるトーンになります。イエベ・ブルベどちらにもおすすめです。

担当サロン:THE ORIGIN’S SALON(オリジンサロン) 鬼頭 亜実さん

 

初出:髪色講座Vol.5【フォギーベージュ・フォギーブラウン】トーン別に人気スタイリストが解説

記事を読む

【2】8レベルのフォギーベージュ

【how to“カラー”】
カラーは8レベルのフォギーベージュに。グレー+ベージュで赤みをおさえ、柔らかい質感に仕上がります。落ち着いた雰囲気なので、秋冬カラーにぴったりです。

担当サロン:GARDEN aoyama(ガーデンアオヤマ) 塩見勇さん

 

初出:流しも、シースルーも叶える優秀バング!可愛く動くゆるっとミディ|最旬ヘアカタログ

記事を読む

【3】11トーンのフォギーベージュ

【how to“カラー”】
赤みの強い日本人にはブリーチをした方がより綺麗なくすみ感とやわらかさが出ます!カラーが褪色した時に赤っぽい茶色になりたくないという方はトーン高めのフォギーベージュが◎。ハイトーンはブルベの方におすすめです。

担当サロン:THE ORIGIN’S SALON(オリジンサロン) 鬼頭 亜実さん

 

初出:髪色講座Vol.5【フォギーベージュ・フォギーブラウン】トーン別に人気スタイリストが解説

記事を読む

「カーキ・オリーブベージュ」イエベさんにおすすめなくすみカラー【5選】

Point

赤みを抑えたカーキ、オリーブなどのマットな寒色とイエローベースのベージュを組み合わせたシックで深みのある色味は、イエローベースで特にオータムタイプの方にオススメです!クールで大人っぽい雰囲気に仕上がり、顔映りもキレイに見せてくれます。カーキベージュ、オリーブベージュともに同じ色見になります。

【1】9トーンのカーキ・オリーブベージュ

【how to“カラー”】
どの季節でも浮かず、OLさんなど会社で髪色の指定がある方もやりやすいトーンです!柔らかい質感+マット感が大人女性に人気です。色落ちも素敵なカラーなので、抜けた時は赤み少なめのふんわりブラウンに落ち着きます。

担当サロン:THE ORIGIN’S SALON(オリジンサロン) 原菜摘さん

【2】10トーンのカーキ・オリーブベージュ

【how to“カラー”】
ブラウンよりもベージュ系で、より色味、透明感を出したい人はブリーチがオススメ!繰り返し染めることで地毛の赤みが消え、色が入りやすくなります。

担当サロン:THE ORIGIN’S SALON(オリジンサロン) 原菜摘さん

 

初出:髪色講座Vol.3【カーキ・オリーブベージュ】トーン別に人気スタイリストが解説

記事を読む

【3】8レベルのオリーブベージュ

【how to“カラー”】
寒色系でもツヤ感があり、赤みをおさえて色落ちしてもキレイ色が持続します。

担当サロン:MINX 銀座店(ミンクス ギンザテン) 岡本麻利さん

 

初出:長め前髪でお洒落に!柔らか見せの前下がりミニボブ|最旬ヘアカタログ

記事を読む

【4】12トーンのオリーブベージュ

【how to“カラー”】
全体12トーンのオリーブベージュで最大に明るめに、前髪とフレームラインはブリーチをして、ハイトーンのアクセントを入れて、フレーミングカラーにしてます。ダブルカラーのチョイスは、白髪をぼかすためにも、大人ヘアの最旬トレンドです。

担当サロン:SINCER ELY(シンシアリー) 唐沢ゆりこさん

 

初出:ダブルカラーで作るのが大人ヘアのトレンド!今最も熱いフレーミングカラースタイル

記事を読む

【5】ハイライト×オリーブベージュ

【how to“カラー”】
スタイルのポイントとなるインナーハイライトは、14レベルで顔まわりに細く入れます。その後、9レベルのオリーブベージュをオンカラー。赤みを消す寒色系でもベージュがメインなので、くすみ過ぎず柔らかい色味に。

担当サロン:GARDEN Tokyo(ガーデン トウキョウ) 鈴木彩乃さん

 

初出:くすみ知らずのインナーハイライトで柔らかに!結んでも可愛い大人レイヤー

記事を読む

「グレーベージュ」寒色ベージュのくすみカラー【4選】

Point

グレーベージュ(グレージュ)は、ややくすみがかった様な寒色ベージュ。どちらかと言えばブルベの方にオススメ!イエベの方にはベージュの割合を多くして、あまりくすませ過ぎないのがポイント!柔らかい質感になれるので、髪が硬い方や重く見えてしまう方に是非オススメしたいカラーです。

【1】5トーンのグレーベージュ

【how to“カラー”】
地毛に近いトーンでもグレーベージュなら重く見えず、上品な大人っぽさがある印象に。仕事でカラートーンの決まりがあっても大丈夫。

担当サロン:THE ORIGIN’S SALON(オリジンサロン) 太郎Taroさん

【2】8トーンのグレーベージュ

【how to“カラー”】
大人気王道グレーベージュ。柔らかさと透明感があり、どんな方にも似合う好感度抜群カラー。年齢問わず中間色はおすすめです。

担当サロン:THE ORIGIN’S SALON(オリジンサロン) 太郎Taroさん

【3】11トーンのグレーベージュ

【how to“カラー”】
とにかく透明感が欲しい!という方にオススメなのが11トーンのグレーベージュ。硬毛の方は一度ブリーチをするとより綺麗に発色してくれます。

担当サロン:THE ORIGIN’S SALON(オリジンサロン) 太郎Taroさん

 

初出:髪色講座Vol.1【グレーベージュ】トーン別に人気スタイリストが解説

記事を読む

【4】10トーンのグレージュとブラウンをMIX

【how to“カラー”】
カラーは、10トーンのダークトーンカラーにグレージュとブラウンをMIXする事により、キツ過ぎない柔らかな色合い。ブラウンが入ると持ちがとても良くなります!暗めカラーとかき上げバングでミステリアスなモテヘアになります。

担当サロン:Maria by afloat(マリア) 鳥居菜美子さん

 

初出:ミステリアスなダークグレージュのロングモテヘア

記事を読む

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事