お悩み別ケア
2019.9.26

急にできた口周りのニキビは原因や対策を知って早く治す!おすすめのケアをまとめました

口周りのニキビまとめ。急にできてしまう口周りのニキビは思春期のオイリーニキビとは違い、乾燥や寝不足、ストレスなどのホルモンバランスの乱れが密接に関わった大人ニキビ。このニキビの対策を日頃からしっかり行なって、ニキビになる原因を根本から見直していく必要があります。ニキビ対策や早く治す方法、食べ物やサプリなどのインナーケア方法など、基本的だけどとても大事なことをまとめました。

【目次】
急にできてしまう口周りのニキビ…その原因は?
ニキビを早く治す為にタイプ別治療法を知ろう
顎・口周りのニキビ対策
美容のプロに聞く!ニキビを治す方法
早く治すには食べ物やサプリなどのインナーケアも大切

急にできてしまう口周りのニキビ…その原因は?

大人ニキビの種類や肌荒れの原因

教えてくれたのは…皮膚科医 高瀬聡子先生

急にできてしまう口周りのニキビ…その原因は? ウォブクリニック中目黒 総院長。1995年慈恵会医科大学卒業後、翌年より慈恵会医科大学付属病院皮膚科に入局。2007年ウォブクリニック中目黒を開業。ドクターズコスメ『アンプルール』の開発・プロデュースも。

「大人のニキビには複雑な要因が関係していますが、思春期ニキビや大人ニキビ、どんなニキビであれ“できるプロセス”は同じなのです」(高瀬先生・以下「」内同)まずはニキビ発生のプロセスを学びましょう。

【1】皮脂の過剰分泌
ホルモンバランスの乱れや食生活の影響で、皮脂腺の働きが活発になり、通常よりも皮脂が過剰に分泌します。

【2】毛穴が詰まる
皮脂の出口である毛穴が詰まり、毛穴内部にどんどん皮脂が溜まっていきます。

【3】ニキビ菌が繁殖する
毛穴にアクネ菌やブドウ球菌などニキビ菌が集まり、皮脂をエサにして繁殖します。

【4】炎症を起こす
ニキビ菌の影響で炎症が発生し、赤みや腫れをともなうニキビとなります。

ニキビが発生する1~4の各段階には、さまざまな要因が関係します。
「たとえば1の皮脂の場合、顔のTゾーンはもともと皮脂腺が多く、鼻ニキビや額にニキビができやすいのはこのためです」一方で頬からあごにかけてのUゾーンは、男性ホルモンの影響を受けやすいエリア。「ストレスを感じると男性ホルモンが分泌され、このエリアの皮脂分泌が促されやすくなります。Uゾーンのニキビが“ストレスニキビ”といわれる所以です」また、乾燥や免疫低下も大きな原因に。「2の毛穴づまりの場合、年齢とともに肌の水分量が低下すること。さらに間違ったスキンケアで乾燥し、毛穴が詰まりやすくなることが考えられます」3のニキビ菌の繁殖や4の炎症は、不規則な生活習慣やストレスと関係しているそう。「睡眠不足やストレスで免疫が低下すると、肌の常在菌バランスが乱れたり、炎症が鎮静しにくくなります。これらの要因が複雑に関係するため、大人ニキビはなかなか治りにくいんですね」また、ニキビがどの段階にあるかは、“色”がヒントに。ニキビの色は主に白、赤、黄色に分けられます。

●白ニキビ
毛穴の出口が詰まることで、内部に皮脂や角質が詰まった初期段階のニキビです。

●赤ニキビ
毛穴に詰まった皮脂にニキビ菌が繁殖し、炎症が発生した状態です。痛みや腫れをともなうことも。

●黄ニキビ
ニキビ菌と戦った白血球の残骸が黄色に変色し、内部に溜まった状態です。炎症がひどいと膿疱と呼ばれる膿をともなうニキビになる場合も。

洗顔のしすぎも大人ニキビを悪化させる原因
ニキビを早く治したいあまり、1日に何度も洗顔を繰り返したり、ベタベタするからと保湿を避けたり。でもその努力がニキビを悪化させているかもしれません。「まずニキビの時は、オイルタイプのクレンジングは避けたほうが賢明です。洗い流しが十分でない場合、オイルと汚れが一緒に肌に残ってしまうことがあり、ニキビ菌のエサとなる可能性があります」“洗いすぎ”も毛穴づまりの一因。顔を洗いすぎると肌が乾燥して角層が硬くなり、毛穴が詰まりやすくなってしまいます。「ベタつくことを嫌って、保湿を省略することも毛穴づまりの一因です。ニキビの時もベーシックな保湿は必要。炎症部分を避け、頬などの乾きやすいエリアは潤いを与えましょう」

大人ニキビと“ストレス”は、切っても切れない関係
「ストレスを感じると、男性ホルモンの一種であるアンドロゲンやプロゲステロンが優位になり、皮脂の分泌を促します」また、ストレスのせいで“甘い物”や“スパイスなどの刺激物”が欲しくなるというのもニキビの原因に「そういったものは皮脂の分泌を促したり、炎症が鎮静するのが遅くなってしまいます」仕事で帰宅が遅くなったり、深夜までスマホをチェックしたり……。これらも大人ニキビにとってNGな習慣。「睡眠が不足するとターンオーバーのリズムが乱れやすくなり、毛穴づまりの要因となります。またホルモンバランスが乱れることで、皮脂が過剰に分泌されるケースも」。さらに免疫が低下すると、炎症が治りにくくなるそう。

女医に訊く#01|ニキビの段階は色でわかる!?ニキビ予防の決め手は原因を知ること

ニキビを早く治す為にタイプ別治療法を知ろう

自分でできる治し方やケア方法は?

大人のニキビ対策をする上で、まず見直したいのは毎日のスキンケア。
「ニキビができてしまったら、ニキビ菌のエサとなりやすい“オイル系のアイテム”は避けましょう。クレンジングにはミルクタイプかジェルタイプを選び、肌に摩擦を与えないようやさしく洗います。汚れやクレンジングが残らないよう流水で十分にすすぐのも大切です」(高瀬先生・以下「」内同)その一方で、肌を乾燥させる“洗いすぎ”も、結果的に毛穴を詰まらせてしまうもと。「洗顔後は、ニキビの炎症部位を避け、軽やかなジェルなどで保湿してあげて。ノンコメドジェニックと記された、ニキビ菌の繁殖を防ぐタイプの化粧品がおすすめです」ニキビができやすい人にとって、洗顔時に「毛穴がザラついてきたな」と感じたら要注意。常に2~3種類のクレンジングと洗顔料を用意しておき、肌の調子に合わせて使い分けるのが理想です。ニキビのタイプによって、必要なお手入れは違ってきます。色で見分けるタイプ別ニキビケア法をご紹介。

◆白ニキビ
毛穴の内側に詰まった皮脂や古い角質を取り除く、ピーリングが有効です。AHAやBHA配合のピーリングソープやピーリング美容液を取り入れてみましょう。

◆赤ニキビ
ニキビ菌による炎症を鎮静するために、抗炎症作用に優れたビタミンCやグリチルグリシン配合のスキンケアがよいでしょう。炎症部位はなるべくメイクを避けるのも大切。

◆黄ニキビ
基本的に赤ニキビのケアと同じです。ニキビ跡を残さないために、肌の代謝を促す発酵食品やビタミンB群を摂取するインナーケアを取り入れて。睡眠もしっかりとりましょう。

ニキビができたら、香辛料などの刺激物や、油脂、甘い物の摂取をなるべく避けること。そして「肌の代謝を促すビタミンB群や、ビタミンCを豊富に含む食材……野菜やフルーツを積極的にとりましょう。代謝を促すという意味では、発酵食品もおすすめです」緑色の濃い葉野菜たっぷりの味噌汁、納豆、ぬか漬け、低脂肪のヨーグルトなど、一見質素でも栄養バランスのよい食事は、肌のみならず健康・体型管理にも役立つはず。本来は十分な睡眠も大切ですが、「忙しい女性はなかなか難しいはず。だとしたら、寝室にスマホを持ち込まないなど、できることから始めてみてください」

女性にはニキビができても仕方ない時期がある?
女性は生理前後でホルモンバランスが変化する以上、月に1度は“皮脂が過剰に分泌しやすい”時期があります。「生理前は黄体ホルモンの影響で、皮脂の分泌が増えたりイライラしやすくなります。この時期は“今はニキビができても仕方ない”と、ある種開き直ることも必要かもしれません」と、高瀬先生。ニキビをストレスに感じてイライラするより、この時期はビタミンCをたくさん摂取したり、リラックスする時間を増やしたりしてやり過ごすのが正解です。「生理が終わると、今度はエストロゲンの影響で肌の生まれ変わりが促進する時期に入ります。このタイミングは肌のお手入れどき。美白ケアを積極的に取り入れて色素沈着を防いだり、角質ケアをして毛穴をつまりにくくすると、ニキビの予防はもちろん美肌づくりにつながります」ニキビで一番問題なのは、跡を残してしまうこと。腫れのある炎症ニキビを繰り返すと、毛穴周囲の組織がダメージを受け“クレーター”と呼ばれる凸凹になってしまう場合もあります。「この段階になるとスキンケアでは改善が難しく、クリニックの施術も限られてしまいます。炎症が発生したらなるべく触らず、専門医にかかることをおすすめします。ニキビは早めに治療するのが一番です。1つでもニキビができたら、“これぐらいで行ってもいいのかな”などと思わず、皮膚科を受診してください。治るまでの期間が違います」「昨今ニキビの治療薬は進化しており、過酸化ベンゾイルを配合した薬剤などが登場しています。また、トレチノインやグリコール酸を用いたピーリング、殺菌と肌のターンオーバー促進が望める光治療など、複数の選択肢からその方のニキビに合った治療が可能です」そもそも、自分のニキビが白ニキビなのか、赤ニキビなのか。どのような治療が最適なのか、自身で判断するのは至難の業。「思い込みのケアで悪化させてしまうより、ぜひ皮膚科専門医の力を借りて下さい」

女医に訊く#02|ニキビ跡と色素沈着…洗顔・ニキビ薬などの治療アドバイス

あご・口周りのニキビ対策

クレンジングはマイルドなアイテムを

バリアの低下した不安定ニキビ肌に過剰な洗浄は禁物。メーク汚れも毛穴汚れも1度で落とせるクレンジング料で、負担も時短もかなえましょう。ただし、ゴシゴシと洗うのは厳禁!潤いをなるべくキープするマイルドなクレンジング料を選んで。

クレンジングはマイルドなアイテムを
マスカラやアイシャドウのラメなど、部分メイクはポイントリムーバーを使って落として。顔に広げて一気に落とすのはNG!

クレンジングはマイルドなアイテムを
摩擦を最小限にするのを心掛けて。クレンジング剤は顔の5か所に先にのせます。

クレンジングはマイルドなアイテムを
クレンジング剤の量はたっぷりと!

クレンジングはマイルドなアイテムを
すすぎのお湯の温度は32〜34℃。熱すぎるお湯は皮脂を洗い流しすぎてしまい、乾燥の原因に。

落としすぎてない? 潤いを守るクレンジングで不安定ニキビを撃退!

洗顔は3つのゾーンに分けて

顔の中には、汚れの激しい部分と、逆に乾きやすい部分とがあります。ゴワつきが気になる鼻・口周り(ゾーン1)、乾く頬・目周り(ゾーン3)、など、洗い方に差をつけるのが〇。ベタつく部分から洗えば、洗い上がりの肌が均一になります。

洗顔は3つのゾーンに分けて
【洗顔方法】

洗顔は3つのゾーンに分けて
まずは毛穴汚れがたまりやすい鼻周りから洗っていきます。口周りは角質がゴワつきやすい場所。くぼんだ部分までしっかり泡を転がしましょう。

洗顔は3つのゾーンに分けて
Tゾーンは皮脂の多いエリア。鼻筋は下から上へ、額は中央からこめかみへとかけてらせんを描くように泡を転がしていきます。

洗顔は3つのゾーンに分けて
最後は乾燥しやすい頬と目周りエリアを洗います。泡をのせている時間を最小限にすることで、洗いすぎを予防します。

洗顔は3つのゾーンに分けて
洗い流す前に、あごを一度チェックしましょう。口の下はザラつきが残りやすい部分です。舌を突き出して肌を伸ばしながら泡を転がしてみてください。

毛穴の奥まですっきり! 注目の技あり洗顔料5選

化粧水・乳液で潤いをしっかり与える

化粧水・乳液で潤いをしっかり与える

化粧水・乳液で潤いをしっかり与える
まずは、化粧水を手にとってなじませます。

化粧水・乳液で潤いをしっかり与える

化粧水・乳液で潤いをしっかり与える
塗り漏れがちな目頭の凹みや目のキワなどはしっかりと!

化粧水・乳液で潤いをしっかり与える
乳液は、化粧水7に対して3のイメージで顔に塗ります。手のひらで全体に広げたら、なじみきるまで約30秒待ちましょう。ニキビや毛穴詰まりを防ぎたい人こそ、乳液は効果的。肌を柔軟にしてくれます。

化粧水・乳液で潤いをしっかり与える
あごや口周りは、肌が固くなりやすい部分です。しっかりと乳液をなじませ、肌を柔軟にすることで、ニキビを予防できます。

潤いに満ちた透明美肌に導く! 肌タイプ別おすすめ化粧水&乳液

乾きやすい口周りは、クリームを厚めに

乾きやすい口周りは、クリームを厚めに
保湿を行なっても、口周りや頬は特に乾きやすい部分なので、厚めに重ねることをおすすめします。

乾きやすい口周りは、クリームを厚めに
■花王|キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム[医薬部外品] 40g ¥2,300(編集部調べ)

肌が敏感なときの味方!低刺激の優秀オールインワンアイテム

美容のプロに聞く!ニキビを治す方法

突如できたニキビは保冷剤で冷やす

突如できたニキビは保冷剤で冷やす
「急にできた炎症を起こしているニキビを少しでも早く鎮めるため、小さめの保冷剤で冷やすのが効果的!ただし、冷やしすぎには注意して!」(美容家 岡本静香さん

「ニキビを早く治す方法は?」「横顔美人に見せるメイクテクは?」美容のプロが徹底回答!

早く治すには食べ物やサプリなどのインナーケアも大切

ニキビを悪化させる食べ物

教えてくれたのは・・・表参道にある『青山ヒフ科クリニック』院長、皮膚科専門医、医学博士 亀山孝一郎・先生

ニキビを悪化させる食べ物

北里大学医学部卒業。米国立保健衛生研究所(NIH)に招へいされ、メラニン生成の研究に従事。帰国後に発表した論文が話題となり、ビタミンC療法の第一人者と呼ばれるようになる。1999年、『青山ヒフ科クリニック』開業。2002年にオリジナル化粧品『ドクターケイ』を発表。肌トラブルから美容まで様々な悩みにトータルケアで応えている。

・チョコレート
・ケーキなど脂質たっぷりの洋菓子
・スナック菓子
・アーモンドなどのナッツ系(大量に食べるとNG)
・揚げ物など油っぽいもの(天ぷら、フライドポテトなど)
・アイス

これらはニキビを悪化させてしまう食べ物。糖質や脂質が高いものは避けるべきです。ただし、どうしても食べたい!というときは、食べる前後に代謝を上げるビタミンBやCをサプリなどで摂るとGOOD!

ニキビに効く食べ物・飲み物は?コンビニで買える“美肌ご飯”から簡単レシピまで

ビタミンC摂取は肌荒れを改善する

ニキビに悩むなら、ビタミンCやB群を積極的に摂取すること。さらに亜鉛は肌のバリア機能を高めてくれます。ビタミンがバランス良く取れる、マルチサプリもおすすめです。

ビタミンC摂取は肌荒れを改善する
1. シンプリス|トータルプログラム 27 60袋 ¥12,000
2. ナチュレサプリメント|亜鉛 30mg 90粒 ¥2,000
3. ライオン|ペアA錠[第3類医薬品]60錠 ¥1,440(編集部調べ)
4.ポーラ|ホワイトショット インナーロック リキッド IX 10本 ¥5,800
5.スピック|リポ–カプセル ビタミンC 30包 ¥7,200

美肌をキープしたい方必見!育菌成分入りコスメで保湿&ビタミンC摂取習慣!

*価格はすぺて税抜きです。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事