お悩み別ケア
2018.11.10

ニキビケア決定版|皮膚科医&美容のプロに聞いた!タイプ別ニキビケア・専門医&美容家によるケア法・おすすめスキンケア

鼻の上やおでこ、あご、頬……と、ふとできるニキビ。自己流のセルフケアではかえってニキビ跡が残ったり肌にダメージを与えてしまうことも。まずは正しい知識を持つことが効果的なニキビケアの第一歩。美肌への近道なのです。ここではニキビ治療の第一人者から美容家まで、一流のプロたちによるニキビケアのハウツーを集めました。これさえわかればもうニキビも怖くない!

【目次】
皮膚科医が教える!タイプ別ニキビケア
ニキビケア第一人者の専門医が教える! “大人ニキビ”の効果的ケア
美容のプロが伝授!実践的ニキビケア
ニキビケアに有効!機能性スキンケア
編集部おすすめのニキビケア商品

皮膚科医が教える!タイプ別ニキビケア

<お話を伺った医師>

痛いニキビや炎症が進む「しこりニキビ」のニキビケアは?
医師 本田えりさん
1日100名前後が来院する『美容皮膚科タカミクリニック』にて、ニキビ治療・毛穴治療をメインに、シミ、しわ、たるみなどのアンチエイジング治療まで一貫して治療を行っている。現在の肌トラブルの改善はもちろん、将来に向けて、より美しい肌で過ごせるよう治療計画の提案、スキンケア指導を含めた生活面でのアドバイスも好評。

痛いニキビや炎症が進む「しこりニキビ」のニキビケアは?

【Q:痛いニキビの原因は? 鼻の中、鼻の下、小鼻、顎、おでこ、頬…パーツによって原因って違うの?】

「鼻の中や鼻のすぐ下などにできる痛いふくらみは、ニキビじゃない可能性大。ほとんどが“毛嚢炎”だと思いますよ。鼻の穴の中や、鼻の下に毛嚢炎ができやすい人は、鼻炎で鼻をよくかんでいたり、よく鼻毛を抜いていたり、鼻水でいつも湿っていたりしませんか? 鼻の粘膜はとてもデリケートなので、ここが傷つくとそこからブドウ球菌などの菌が入ってしまうため、このような感染を引き起こすのです」(本田先生・以下「」内同)

ちなみに、小鼻の横にできるニキビの原因は“触りすぎ”が最も多いそう。

「角栓が気になってゴシゴシとこすったり、爪でひっかいたりしていると、指先や爪から雑菌が入りニキビになりやすいんです」

“うわ、やってた!”と、ドキッとした人も多いのでは?
年齢でニキビができる場所は変わる! フェイスラインにできる大人ニキビの原因は「アゴやフェイスラインなどにできるニキビはホルモンバランスの乱れが原因です。

「皮脂が多い10代~20代前半は、Tゾーンや頬にニキビが出やすいですが、ある程度、年齢がいってもおでこや頬などにもできてしまうなら、それは乾燥とスキンケアの油分過剰が原因かもしれません。年齢的にはもうTゾーンの皮脂などは減っていっていいはずなのにニキビができるのは、バリア機能を低下させるようなスキンケアの仕方に加え、クリームやオイルの塗りすぎや、マッサージが原因になることも。スキンケアのやり方やアイテムを見直したほうがいいでしょう」

自分がインナードライだと気付かずに、クリームやオイルを多量に使っていると、ニキビができてしまうんですね。

「そうです。ニキビが出やすい方は、まずは化粧水や美容液の段階でセラミドやアミノ酸といった天然保湿因子、つまり角質層の主成分や細胞の機能を高める成分、炎症を抑える成分をたっぷりと入れて保湿をしっかりしてあげることが大切です。その上で、最後に軽めに油分で膜を張ってあげるとニキビができなくなりますよ。クリームやオイルを全体に使うのを避けて、ゲルや乳液で保護をし、ニキビが出ないとこだけに油分をプラスするケア方法を試してみてください」

【治るどころか悪化!? ついついやりがちなNGケア】

ニキビには油分を与えない、というお話でしたが…ここ数年、オイル美容がトレンドです。ホホバオイルなど、ニキビへの効果を謳ったオイルもたくさんありますが、そういうオイルなら使用しても問題ないのでしょうか?

「私はおすすめしていません。オイルの種類によっては、炎症を抑える効果のあるものもありますが、それよりも油分で毛穴が詰まるリスクのほうが高いと思いますよ。植物性のオイルなどは特に、菌のエサになるというリスクまであります。アレルギーも植物性オイルのほうが出やすいです」

なんとも衝撃的なお話ですね! 基本的にはニキビ肌の人にオイルの使用はおすすめしないそうですが、もしオイルを使うのなら、精製されたオイルをスキンケアの最後に“一滴”が許容範囲だそうですよ。

【Q:痛いニキビにオロナインは効果的あり?】

ニキビができても病院に行く時間が取れない人などは、市販薬に頼りたくなると思います。よく『オロナインH軟膏』が、“ニキビに効果がある”、逆に“塗ったらひどくなった”などと話題にのぼりますが……。

「オロナインの主な成分は、クロルヘキシジン。消毒液と同じ成分なので、かなり軽いニキビなら引くこともあるでしょう。しかし、“痛いニキビ”にまでなってしまったものに関しては逆に炎症を悪化させる恐れもあります。皮膚科では、いざニキビができたときに塗る薬をもらっておくこともできるので、ニキビができやすい人はそういった、皮膚科の塗り薬をストックしておいてはいかがでしょう」

痛いんだったら、それはかなり炎症が進んでいる状態とのこと。ひどい場合は市販薬に頼るより、なるだけ早く病院にかかったほうがニキビ跡を残さないためにもおすすめだそうです。

【Q:ニキビの炎症が進んだ状態「しこりニキビ(硬結ニキビ)」の正しいケアは?】

「ケロイドって聞いたことがあると思うんですが、しこりニキビはこれの前段階です。深い傷などができて炎症が起こったあとに、コラーゲンがその場所に余計に作られ、赤く固くなってしまうんです。つまり、ニキビの中でも炎症がかなりひどいため、しこりニキビ化してしまうんですね。フェイスラインやデコルテ、肩などに出やすいですが、ほかの場所の小さなニキビでも、触ったり潰したりしていると、しこりニキビ化することがあるので注意が必要です」

ニキビの中でも悪化が進んだニキビが、しこりニキビだったんですね。では、どうやって治していけばいいのでしょうか。

「触らなければ、通常は時間とともに落ち着いてくると思います。しかし、こういったしこりニキビができやすく、また治りにくいケロイド体質の方というのがいらっしゃるので、そういう患者さんは、ピーリング作用のある塗り薬やステロイド注射などを使いながら治療していきます」

ただし、しこりニキビになってしまってからでは、治療にかなりの時間がかかってしまうそう。

「もっと軽いうち、しこりニキビになる前から予防的な意味もこめて皮膚科に行くのがベストです」

“このくらいのニキビ”と思わず、早めに医師に相談しましょう。

医師が解説!痛いニキビや炎症が進んだ“しこりニキビ”の効果的なケアは

とにかくかゆい!「かゆいニキビ」のニキビケアは?

【Q:白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビ…かゆみが出やすいのはどのニキビ?】

ニキビは、症状が軽いものから順に、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビと呼ばれています。

とにかくかゆい!「かゆいニキビ」のニキビケアは?
<白ニキビ>
白ニキビは、肌表面がぽつんと小さく盛り上がった状態。痛みはなく、中に皮脂がつまっているのがわかりますが、赤みはありません。

とにかくかゆい!「かゆいニキビ」のニキビケアは?
<赤ニキビ>
白ニキビが進行し、コメドが黒く酸化したのが黒ニキビ。ここからさらに炎症が進んで、赤く盛り上がってしまったのが赤ニキビ。赤ニキビの中に膿がたまったのが黄ニキビです。

<炎症が進むとかゆみ出現! ニキビがかゆくなる理由とは……>
ニキビがヒリヒリ痛いのもツライですが、かゆいのもまたツライものです。特に背中ニキビなどは、手が届かずにイライラしたり。

「じつはそのかゆみ、ニキビが原因ではないかもそれません。というのも、ニキビがかゆいケースと、肌の乾燥やアレルギーなどで肌がかゆいケースがあるためです。自分のかゆみがどっちのケースかをまず見極めたいですね。ニキビに強い赤みがある、膿があるような炎症がひどい場合ですと、細胞からヒスタミンが出やすくなって、まわりの神経に作用するので、痛みやかゆみを伴うことがあります。しかし、炎症が軽いニキビはかゆみが出にくいので、“白ニキビなのにかゆくてたまらない”といった場合なら、化粧品や花粉などのアレルギーや、乾燥肌を疑ったほうがいいと思います」

アレルギーだったら、原因を取り除くことや飲み薬・塗り薬を使用する、乾燥肌だったら保湿剤を塗ったりスキンケアの見直しをするなど、対処法が変わってきます。自分のかゆみがどれに当たるのか、まずはそれを知ることが大切。

<炎症がひどいときor治りかけ…どっちがかゆい?>

「炎症がひどいときのほうが、かゆみが強いですね」

ただし、かゆみが強いといってもニキビの場合、強烈なかゆみが出ることはあまりないそう。

「うちの患者さんたちの声を聞くと、全員ではありませんが、ニキビでは“我慢できるかゆさ”という人が多いですね。“かかずにはいられない”というほど強いかゆみは、やはりじんましんや乾燥肌の方が多いですよ。薬の刺激でかゆみを訴える人もいます」

“私のかゆみはニキビ? それとも違う原因?”と迷うのであれば、このかゆみの度合いをヒントにしてもいいかもしれません。
ただし、これはあくまで本田先生の皮膚感覚だそうなので、自己判断で決めつけずに一度病院に足を運んでくださいとのことです。

【Q:頬、アゴ、背中、鼻、フェイスライン、おでこ…かゆみが出たときの対策は?】

<冷やすのは有効?>
×
「刺激になる可能性があるので、あまりおすすめしません」

<かゆみ止めなど市販塗り薬は?>
×
「かゆみの原因がよく分からないのであれば、塗らない方がいいと思います。クリーム状の薬などは油分が多くなってきますので、毛穴が詰まってしまうことに。それに、お薬の種類によっては、かゆみ止めの中に、ニキビの炎症が悪化するような成分が入っていることも考えられます」

<化粧水は?>

「消炎効果のある敏感肌用化粧水でコットンパックするのはいいと思います」

ただし、炎症効果のある化粧水を塗ってもさらにかゆみがひどくなるようなら、化粧品に肌に合わない成分が入っているということ。すぐに使用を中止してくださいね。

<血行がよくなるとかゆみがひどくなる! かゆいときに絶対やってはいけないことは…>

「お風呂に入るなど、温めるとよけいかゆみが増すのでやめたほうがいいでしょう。お酒を飲むのも血行がよくなってしまうので避けて」

もちろん、かくのも絶対にNG。

「かいてしまうと、ヒスタミンを誘発するので、またかゆくなります。さらに、かくことでまわりの皮膚が腫れて、毛穴がつまりやすくなるリスクも」

かくことは、ニキビにとって悪循環なんですね!

【ニキビを作らないためにはスキンケアの見直しも必要!】

患者さんには「触らないで、つぶさないで、と伝えています。“触らなきゃ、そんなに跡が残らないのに…”と、よく思っちゃいますね」

大人ニキビの原因は、ストレスによるホルモンバランスの乱れや、外食が多いなどの不健康な食生活、睡眠不足など…。こういった生活習慣は、なかなか改善するのが難しいと思うんですが。

「仕事もプライベートも忙しく、変化の大きい20代、30代女性にとって、ストレスがない環境に身を置いたり、生活習慣を変えることはそう簡単なことではありません。簡単ですぐにでもスタートできるのは、ニキビ用の外用薬を使うのと、スキンケアを見直すこと。

大人ニキビは肌が乾燥してバリア機能が低下していることも一因なので、セラミドなどの細胞間脂質を補ってしっかり保湿してくれる、敏感肌用のコスメを使うのがおすすめです。そして、ニキビができやすいところには、油分をなるべく塗らないように心がけて」

“大人ニキビを繰り返す”という人は、肌が乾燥するからとクリームやオイルを使いすぎていたり、自分の肌に合わない成分を含んだ化粧品を使っていたり…、肌をこすり過ぎていたり、ピーリングをやり過ぎていたり…。気づかないうちに、自分でニキビを作るお手入れをしてしまっているかも。自身のスキンケア方法を、一度立ち止まって考えてみてはいかがでしょうか。

かゆいニキビの対処法|冷やすのはOK?絶対やっちゃダメなことは?女医が教える正しいケア

もっともヘヴィな「黄ニキビ」のニキビケアは?

【膿んでいる黄ニキビはかなり悪化が進んだ状態!】

もっともヘヴィな「黄ニキビ」のニキビケアは?
赤ニキビが進行し、中に膿がたまった黄ニキビ(膿胞ニキビ)
「ホルモンバランスの乱れなどで皮脂が過剰に分泌したり、角質が厚くなってしまっていたりすると、毛穴が皮脂で詰まってしまいます。そこに、皮脂を栄養として繁殖するアクネ菌が増殖、炎症を起こした状態が赤ニキビ。 赤ニキビがさらに進行してしまい、皮膚表面にいるブドウ球菌が悪さをした状態が、中に膿が溜まった黄色ニキビです」

膿は、ニキビ菌と戦った白血球の残骸が溜まっている状態。ニキビがかなり悪化した状態なので、触ったら痛み、かゆみがあることも。

「ニキビ治療は、なるだけ早く皮膚科にかかるのが最善策。“このくらいじゃ、クリニックなんて”と思わず、気軽に来てください。膿胞ニキビになってからクリニックに行くより、クレーターなどの傷跡になるリスクが格段に違います」

【膿んでいる黄ニキビは放置すべき? それとも潰して芯を出すべき?】

“膿ができてくると、つい潰したくなってしまう”という人も多いかと思います。潰す行為はやはり避けるべき?

「クリニックでは、専用器具で圧出して中の膿を出す処置もあります。なので、潰すことは悪いことではありません。ただし、ご自身で潰すのは凹みなどの傷になるリスクが高いので、やめたほうがいいでしょう。場合によっては、赤くなって硬くなったまま残ってしまったり、余計に悪化してしまうので、なるべく触らないこと。

タカミクリニックでは、圧出が可能なニキビか可能でないニキビか判断し、可能でないにニキビには注射を行うことがあります。黄ニキビには抗生剤の塗り薬が効果的です」

【ニキビの膿が出た後は、どうすれば跡が残りにくい?】

ニキビでいちばん心配なのが、治ったあとも肌が凹んだままになってしまったり、黒く色素沈着をすることです。どうすれば、こういった事態を防げるでしょうか。

「ギュウギュウと指で膿を押し出してしまうと、傷にもなりやすいし治りも悪くなります。ニキビを触れば触るだけ、傷が残りやすくなってしまうので、触らないように心がけて」

<“ニキビ用コスメ”は乾燥肌では成分をよく見て>

では、ニキビ用と謳っている化粧品を使うというのは効果としてどうでしょうか?

「“ニキビ肌用”と謳っているスキンケア製品の中で、エタノールが使用されていると、乾燥肌の方はしみるかもしれません。皮膚が腫れてまた違うところにニキビができたり、赤みが強くなるリスクがあります。皮脂が多くて若い世代の、エタノールによる刺激を受けない方が使うぶんにはいいんですが、30歳以降の女性で敏感肌や乾燥肌の方は避けたほうがいいでしょう。ニキビ用化粧品は、エタノールやサリチル酸を配合していることが多く、皮脂を抑える作用が強いので、肌を乾燥させます。すると、肌のバリア機能が低下、外的刺激をブロックできずにニキビを招いてしまう原因に。さらに、“乾燥するから”といってスキンケアでクリームをたっぷり塗ってしまうと、さらに毛穴を詰まらせてしまいニキビができやすくなるという悪循環を招きます」

<ビタミンC誘導体の化粧水で色素沈着を予防!>

では、跡が残らないようにするケアとして、どんなものがあげられますか?

「ニキビ跡が残らないようにケアしたいなら、ビタミンC誘導体が入っている化粧水でコットンパックすると、色素沈着を抑えられると思います。外からのケアだけでなく、ビタミンCやLシステイン、トラネキサム酸といったサプリを飲むのもいいと思いますよ。炎症も抑えますが、メラニンを作るのも抑制してくれるので、ニキビ跡の赤みが黒くなるのを防いでくれます」

<ニキビ肌の人は敏感肌用コスメが正解>

では、大人ニキビを繰り返す人が、普段のケアで使うべきおすすめアイテムを教えてください。

「30代以降の大人の女性なら、皮膚科のニキビ薬と一緒に、ニキビ用ではなく敏感肌用の化粧品メーカーさんが出しているスキンケアアイテムを使うのがおすすめです。グリチルリチン酸などの炎症を抑える成分を入れているため、ニキビを予防でき、薬の刺激も抑えることができます。ただし、クリームの使用は避けてください。油分が毛穴を詰まらせる原因になります」

“ニキビ用化粧品を使っているのに、なかなかニキビ肌が改善しない”という人は、皮膚科のニキビ薬と合わせて敏感肌用のコスメを試してみてはいかがでしょうか。

膿がたまった黄ニキビの治し方は? 跡が残りにくいケア方法を医師が伝授

ニキビケア第一人者の専門医が教える! “大人ニキビ”の効果的ケア

<お話を伺った医師>

<専門医のニキビケア>皮膚科で処方される飲み薬を徹底解説!
医師 亀山孝一郎さん
表参道にある『青山ヒフ科クリニック』院長、皮膚科専門医、医学博士。北里大学医学部卒業。米国立保健衛生研究所(NIH)に招へいされ、メラニン生成の研究に従事。帰国後に発表した論文が話題となり、ビタミンC療法の第一人者と呼ばれるようになる。1999年、『青山ヒフ科クリニック』開業。2002年にオリジナル化粧品『ドクターケイ』を発表。肌トラブルから美容まで様々な悩みにトータルケアで応えている。

<専門医のニキビケア1>皮膚科で処方される飲み薬を徹底解説!

【Q:まずは基本のキ! ニキビ・肌荒れで皮膚科を受診した際、 病院で出される飲み薬にはどんな種類・効果があるの?】

亀山先生によると、病院で処方されるのは、主に以下のようなものがあるそう。

<(1)抗生物質>
種類・・・レボフロキサシン、ロキシスロマイシン、ミノマイシン
効果・・・アクネ菌の殺菌効果
飲む期間・・・約2週間

ただし、「抗生物質はすごく効く人と全然効かない人がいます。薬を2週間飲んでも効かないと思ったら、抗生物質を飲むのをやめて、ピーリングなど他の手段を考えるべきでしょう」(亀山先生・以下「」内同)。
ただし、2週間は様子を見て。「これはビタミン剤や漢方薬にも言えることですが、2~3日ですぐに薬の効果が出ることはありません。2週間は試してみないと、その薬が自分に合っているかどうかは分からないんです」自己判断で途中でやめたりせず、医師の指示をしっかり守りましょう。

<(2)ビタミン剤>
種類・・・ビタミンC、ビタミンB群、ビタミンE、ハイチオール
効果・・・代謝促進、活性酸素消去、過剰反応を抑える
飲む期間・・・約2週間

<(3)漢方薬>
種類・・・桂枝茯苓丸加薏苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)、清上防風湯エキス顆粒(セイジョウボウフウトウ)
効果・・・炎症を抑える、ホルモンバランスを整える、アクネ菌の殺菌効果
飲む期間・・・約2週間

「漢方薬の場合、“長く飲み続けないと効果が分からない”と思っている人が多いですが、これも2週間がひとつの目安。2週間経っても、ニキビが改善しないようなら、いま飲んでいる薬が自分には合っていないということ。そのまま何ヶ月も飲み続けるなんて最善策ではないので、違う薬に変えるよう医師に相談してみてください」

<ニキビの飲み薬に副作用はある?>
「ビタミンには副作用はありません。抗生物質や漢方薬には、場合によっては吐き気やめまいなどの副作用が出ることがあります」

【Q:思春期ニキビと大人ニキビでは飲む薬は違うの?】

「結論から言うと、同じものを出す場合もあれば、違うものを出す場合もあります。思春期ニキビでも大人ニキビでも、診察をもとに患者さんひとりひとりの肌質やライフスタイルに合わせて処方しますので、思春期ニキビと大人ニキビで同じ薬を使う場合もあれば、大人ニキビでは違う薬を混ぜることがあります。例えば大人ニキビの場合だと、ホルモンバランスの乱れが原因になっている場合があるので、ホルモンバランスを整える漢方薬を処方したり。また、同じ患者さんでも症状の経過を見ながら薬を変えていきますので、“大人ニキビにはこれ!”という決まった薬を処方することはありません」

つまり、診断でひとりひとりの症状に合わせた最適な薬を出してくれるんですね。

【Q:コンビニでも買える! ニキビに効果的な飲み物は?】

ふだん何気なく口に入れるもので、ニキビを予防したり、美肌を目指せるかもしれません。とはいえ、忙しい働き女子にとって、漢方茶を煎じるなどひと手間かかることはなかなか実践できませんよね。そこで亀山先生に、コンビニやスーパーなどで手軽に買えるニキビに効果的な飲み物について教えていただきました。

<飲むヨーグルト>
腸内環境が悪化すると、ニキビや肌荒れの原因に。善玉菌を増やしてくれる飲むヨーグルトは、ニキビ体質の改善に役立つそう。「ただし、飲み過ぎはNG。飲むヨーグルトは脂質が多いため、たくさん飲むとニキビの原因になるだけでなく肥満の原因にもなりますよ。脂肪を溜め込むと、ホルモンの関係でニキビがさらに悪化しやすくなる恐れも」

<チョコラBBドリンクII>
肌ケアに大切なビタミンB2、B6、ビオチン、ニコチン酸アミド、さらにヨクイニンも配合。「脂質の代謝に必要な成分が入っているので、とてもいいと思いますよ」

<野菜ジュース・トマトジュース>
ビタミンを摂れる野菜ジュースやトマトジュースもおすすめ。「ニキビにはβカロテンやビタミンC、ビタミンEが含まれているものを選ぶと、とてもいいですよ」

<アーモンドミルク>
「ビタミンEがとても豊富なのでおすすめです」

<豆乳>
「皮脂の過剰分泌の原因となるコレステロールが少ないのでおすすめ」

【病院に行く時間がなら…薬局・ドラッグストアで買えるニキビ・肌荒れ用の飲み薬やサプリを!】

仕事や子育てで忙しいと、病院に行く時間もなかなか取れませんよね。軽めのニキビや肌荒れなら、まずは市販の飲み薬でケアしてみるのもいいかも。ここでは、編集部がセレクトした、薬局で買えるニキビにおすすめの飲み薬やサプリを紹介します。

<ペアA錠やチョコラBBプラス(第3類医薬品)がおすすめ>
脂質の代謝に関わるビタミンB群や、抗酸化効果のあるビタミンCがニキビに効果的なのはすでに何度も言っています。食事だけではカバーできないこれらの栄養素を錠剤やサプリで摂りましょう。

 

ニキビの飲み薬、正しい知識で使ってる? きちんと理解して美肌をめざそう

<専門医のニキビケア2>皮膚科で処方される塗り薬を徹底解説!

【Q:皮膚科でもらうニキビの塗り薬 種類とその効果は?】

ニキビ治療は「飲み薬だけでも、塗り薬だけでもダメ」と亀山先生。内と外、両方からケアすることが大切なんだそうですが、今回は塗り薬に絞って解説していただきました。

<ダラシン>
『青山ヒフ科クリニック』で処方することが多い塗り薬。アクネ菌やブドウ球菌属への殺菌作用があるお薬です。ゲルタイプとローションタイプがあり。

<アクアチムクリーム>
『青山ヒフ科クリニック』で処方することが多い塗り薬。アクネ菌やブドウ球菌属への殺菌作用があるお薬です。

<リンデロン>
「ニキビ治療で処方するドクターもいるようですが、そもそもニキビの保険適用のお薬ではありません。ステロイドのお薬なので、炎症は抑えるはたらきはありますが、皮脂分泌を促進、TLRを増強します。TLRはニキビの炎症のスイッチを押してしまう働きがあります。つまりニキビを作り、悪化させてしまうという、ニキビの悪循環が始まってしまうのです。一時的なニキビの炎症は抑えても根本的な解決にはならないため、『青山ヒフ科クリニック』では、ニキビ治療には処方していません。アトピーや接触性皮膚炎の治療には用いることもあります」

<ゲンタシン>
「抗生物質のお薬です。つまり擦り傷や切り傷、細菌性皮膚炎やおできの治療の際に用いることがあります。そのためリンデロン同様に『青山ヒフ科クリニック』ではニキビ治療には処方していません。このゲンタシンでは、本質的なニキビ治療にはならず、あくまでも補助療法といえます」

【Q:塗り薬の上から絆創膏を貼るとニキビが早くよくなるって本当?】

巷で、“ニキビが早く治る”と噂されているのが、薬を塗ってから絆創膏を貼るという方法。このやり方で、本当にニキビの治りがスピードアップするのでしょうか?

「本当ですが、注意が必要です。ニキビができている肌はバリア機能が落ちていることがあります。バリア機能が低下していると、少しの刺激でも過敏に反応してしまうことがありますので、刺激を感じたら絆創膏を剥がして、そっとしておきましょう。刺激を感じないようでしたら、絆創膏で保護することで薬が患部にしっかり密着して成分の浸透を後押しします」

【Q:ニキビ用の塗り薬を塗るタイミングは?】

忙しい現代女性。ニキビケアは、朝の洗顔後と夜のメイクオフ後などに、スキンケアと同時に行うという女性がほとんどでしょう。そこでむくむくと湧いてくる疑問が「薬ってどのタイミングで塗るの?」ということ。さて正解は?

<化粧水と塗り薬、どっちが先?>
「病院で出される薬には、ローションタイプのものもあれば、クリームのようなものもあるでしょう。その薬のタイプによって塗る順番は変えてください。
一般的に、スキンケアは油分の少ないもの→多いものという順番で重ねますが、塗り薬もその順番が正解です。油分が多い塗り薬なら、化粧水の後に。水分が多いローションタイプのものなら、乳液やクリームを塗る前につけてください」

<「1日2回」って書いてあるのに塗り忘れた! どうしたらいい?>
「『青山ヒフ科クリニック』で出す薬はだいたい、1日2~3回塗ることを推奨していますが、塗り忘れることで症状が極端に悪化することはありません。ですので、塗り忘れに気が付いたときに塗ればそれでOK。朝塗るのを忘れたのに昼ごろ気づいたら、気づいたときに塗ってもう一度夜に塗るもよし、夜まで塗り忘れに気がつかなかったら、その日は夜だけのケアでもOKです」

ニキビは塗り薬で効果的にケアしよう!皮膚科でもらう薬の種類や効果、塗るタイミングについて徹底解説

<専門医のニキビケア3>知っておきたい!美肌を作る食生活

【Q:ニキビを治すのに効果的な食べ物は? 即効性のある食べ物なんてあるの?】

ニキビで悩んでいるなら、スキンケアの見直しなど“外からのケア”ももちろん大切。ですが、明日の肌を作っているのは、なんといっても“今日食べたもの”。食べ物の選び方次第で、ニキビの悩みは解決可能です。そこで亀山先生に、ニキビにいい食べ物を教えていただきました。

「ニキビの原因はさまざまですが、その原因のひとつに、西洋型の食事があります。ニキビに悩んでいるのは実は、高脂質・高糖質の食事をしている人間だけなんです。未開の地に暮らす人々には、ニキビができている人はいないそうです。そこでいちばん望ましいと言えるのが、高糖質・高脂質食を避けた食事。油だけでなく、糖質も皮脂の原料になるからです。油たっぷりの揚げ物や、炭水化物や甘いものをたくさん食べないように心がけて。プラス、抗炎症作用のある食事を取るのがお勧めです。ビタミンCやBなどは積極的に摂取しましょう。ビタミンCが豊富な野菜や柑橘系のフルーツ、レモン水もおすすめです。タンパク質も不足しやすいので、意識的に摂取してください。ニキビのみならず、抗酸化力が非常に高く美肌に効果的な“アスタキサンチン”が豊富な鮭なども積極的に取りたい食材。また、腸内環境を整える、納豆や味噌などの発酵食品やお魚(DHAが炎症を抑えます)などもおすすめ。これらを手っ取り早く、全部実践できるのが“和食”です。お米を少なめに食べて、魚中心の和食にすると、ニキビ肌だけでなくアンチエイジングやダイエットにも効果的ですよ!」

ちなみに、ニキビに即効性のある食べ物はないそう。日頃の食生活の積み重ねが、美肌を作るんです!

【Q:おでこニキビなどの“思春期ニキビ”と“大人ニキビ”では摂るべき食べ物は違うの?】

「思春期ニキビも、大人ニキビも、摂るべき栄養素は同じ。高脂質・高糖質を避け、抗酸化作用の高いビタミンC、B群、アスタキサンチン、DHAを含む魚、タンパク質、発酵食品などがおすすめです」。

【Q:コンビニで買えるニキビに効く食べ物・飲み物は?】

忙しく働く女性にとって、コンビニは強い味方。でもどうせなら、ニキビに効果的な食べ物をチョイスしたいもの。そこで、亀山先生に次にあげるコンビニフード・ドリンクがニキビにいいかどうか“○ △ ×”でお答えていただきました。

<専門医のニキビケア>知っておきたい!美肌を作る食生活
<ヨーグルト>
○ 「腸内環境をよくすることは、ニキビを予防するためには大切。ただし、食べ過ぎはNG。脂質・糖質ともに高いものが多いので注意です」

<専門医のニキビケア>知っておきたい!美肌を作る食生活
<トマトジュース>
○ 「抗酸化作用が高いリコピンが豊富なので○」

<野菜ジュース>
○ 「代謝を上げてくれるビタミンCやEが含まれるので」

<専門医のニキビケア>知っておきたい!美肌を作る食生活
<豆乳・豆腐>
○ 「女性ホルモンに似たイソフラボンが豊富。イソフラボンは皮脂の分泌を減らす役目をします。コレステロールが少ないのも、おすすめな理由です」

<アーモンド>
△ 「ビタミンEなどが豊富で栄養の塊。ですが脂質も高め。うちの病院でも、ヘルシーだからといってたくさん食べていたら顔がニキビだらけになった職員もいるくらい。食べるとしても、1日2~3個程度がいいでしょう」

<チーズ>
△ 「タンパク質ですが、これも栄養の塊なので、食べ過ぎはNG」

<コーヒー>
△ 「ただし、飲み過ぎはNG。カフェインが交感神経を刺激するので、ニキビの原因となる男性ホルモンを増やします。また、利尿作用があるため、腸内の水分が減り便秘になりやすいので注意しましょう。同じ理由から、紅茶も飲みすぎないほうがベター」

<100%オレンジジュース>
△ 「ビタミンCは豊富ですが、糖質が多いので飲み過ぎはNG」

<チョコラBBドリンク>
○ 「文句なしに○」

<豆類のサラダ>
○「こちらも同じく、大豆イソフラボンが豊富なため」

<ミニトマト>
○「リコピンはニキビ跡にも効果的。たくさん摂ってほしい栄養素」

<ビタミンドリンク>
○「さまざまなビタミンドリンクが並んでいるので、活用してみては」

<アーモンドミルク>
○「乳糖が含まれず、ビタミンEが豊富。コレステロールも含まれていません」

【できれば我慢して! ニキビを悪化させる食べ物は…】

逆に、ニキビのためには避けたい食べ物も教えていだだきました。それが以下のようなもの。

<チョコレート>
<ケーキなど脂質たっぷりの洋菓子>
<スナック菓子>
<アーモンドなどのナッツ系(大量に食べるとNG)>
<揚げ物など油っぽいもの(天ぷら、フライドポテトなど)>
<アイス>

やはり、糖質や脂質が高いものはダメ。「“どうしてもチョコが食べたい!”というときは、その前後に代謝を上げるビタミンBやCをサプリなどで摂りましょう」

ニキビに効く食べ物・飲み物は?コンビニで買える“美肌ご飯”から簡単レシピまで

<専門医のニキビケア4>ニキビ跡の対処法

【Q:ニキビ跡の“赤み”なぜ引かないの? 原因は?】

ニキビが治っても、ずっと赤いままなのはどうしてしょうか。

「皮膚の内部で炎症の残骸が残っているためです。ニキビは純粋な感染症ではなく、アクネ菌が出す菌体に対して過剰な炎症反応が起こってしまうもの。炎症を起こした細胞が放射したサイトカインや蛋白分解酵素が残っているため、赤みが残ってしまうのです。また、細胞を修復するために血管が開いているため、赤く見えるんです。修復が終われば血管が閉じるので、赤みも自然と消えますよ」

自然と赤みは引くということですが、“なるべく早く赤みを消したい!”といった場合はどうすればいいのでしょうか。

「赤みを抑えるビタミンC配合のローションやクリームなどをたっぷり塗るといいですよ。また、赤いだけではなくクレーターになったダメージが深いものも、まだ赤いうちにピーリング、ビタミンC導入などのケアをしてあげることが大事。赤いということは、まだ細胞が修復をしようと頑張っているということ。その段階できちんとケアをしてコラーゲンを増やしてあげると、治ります。しかし、赤みが引いたものや数年経過したクレーターは、修復しようとする力が働いていないので、なかなか治すのが難しいんです」

赤いということは、まだ肌が美しくなるチャンスが残っているということなんですね。凹んでしまったダメージの大きいニキビ跡は、早めに病院を受診しましょう。

【Q:ニキビの赤みを早く消したい! やるべきケアは?】

病院でのケアだけでなく、セルフケアも大切。続いては、自分でできるニキビとニキビ跡のお手入れについて伺いました。やりがちないくつかのケアについて、正しいかどうかを教えてもらいました。

<冷やす、オロナインなどの市販薬は効果ある? セルフで頑張るべきスキンケアは…>

まず最初に、毎日のスキンケアで心がけるべきことを教えてください。

「まず、紫外線対策はしっかり行ってください。紫外線は、炎症を招く作用があるため、ニキビがひどくなってしまうんです。また、美白化粧品を使うなら、成分をしっかりチェックすること。ビタミンCやトランサミン(トラネキサム酸)などの炎症を沈静化させる働きのある美白剤であれば効果は期待できます。ただし、このような成分が入っていない美白化粧品は、ニキビには効果が見込めません」

ニキビを冷やしたり、オロナインなどのクリームを塗るという人も多いようですが…。

「痛みを伴ったり、熱を持っているニキビは、冷やしてもいいですが、それは痛みを一時的に和らげる、という意味です。また、ニキビを温めるのは絶対にNG。炎症を促進してしまいます。オロナインなどは、抗菌作用は期待できますが、あくまでも抗菌作用はニキビの本質的は治療ではなく補助療法ですので赤みが消えることは期待できません」

ニキビ跡には、先ほどから何度も話に出ている“ビタミンC”が入ったローションなどを塗るのがおすすめだそう。

<ピーリングでターンオーバーを促進するのは、赤味を早く消せますか?>

「これは効果的です。ただし、バリア機能が下がっている場合は要注意。刺激になってより悪化してしまう恐れがあるため、自己判断でやるのはやめましょう。じつは今日も、市販のピーリング剤を使って顔が真っ赤になってしまってうちのクリニックに駆け込んできた患者さまがいらっしゃいました。あくまで肌質に合わせたピーリングの濃度調整が必要ですので、必ず医師の判断のもと皮膚科でやってもらってください」

他にも、肌の代謝を高めるビタミンCやB群、Eなどを摂ってターンオーバーを高める、肌のバリア機能を高めるためにしっかり保湿する、適度な運動をする、十分な睡眠を取る、高糖質・高脂質食を控える、ストレス発散などが効果的だそうです。

<化粧品や市販薬で治らないクレーターには皮膚科でのレーザー治療が有効なことも>

皮膚科でのニキビやニキビ跡治療に“レーザー”があると思うんですが、詳しく教えてください。

「レーザー治療によって皮脂分泌を抑えるというエビデンスはありません。そのため、ニキビに効果があると断言することはできません。ただ、ビタミンCと併用して補助療法としては良いかもしれません。僕がいろいろな論文を調べたり、実践した結果、効果があると思えなかったので、僕のところではやってません。ただし、クレーターなどの“ニキビ跡”には、レーザー治療は効果があると僕が思うものがいくつかあります。たとえば、ジェネシスはミトコンドリアを活性化して、皮膚のバリア機能を上げ、コラーゲンの合成を促進するので、クレーターなどのニキビ跡に効果が期待できます。リフトアップも期待でき、1回で1カ月は頬が上がっていますよ。ピクセル、フラクショナルレーザーなどは、うちでも使ってます。15年前のクレーターでも、レーザーと外用剤でのスキンケア、プラス注射などで上がりますよ。ただ、レーザーをやるとダウンタイム(顔が赤くなり、その状態がしばらく続くこと)が伴うので、“それでもいいからクレーターを治したい”という人にはおすすめです。」

できたての赤みのあるニキビ跡には、ケミカルピーリングとスキンケアだけで十分だそうです。

<塗り薬&飲み薬なども効果あり?>

何度も出てきますが、赤みにはやはりビタミンCだそう。

「塗るのも飲むのも、ビタミンCが効きます。うちは医療機関なので、治癒を目的として効果が期待できる塗り薬と飲み薬を処方しています。処方して、塗布・服用してもらい2週間を目安に再度来院いただき、そのときに経過を見て、症状の緩和、薬の効き具合などを判断し、より効果の期待できる処方を提案します」

早く赤みを消したいなら、一度病院で相談してみましょう。

【ニキビの赤みを1日で消す魔法!? メイクで赤みをカバー】

そうはいっても、明日突然ニキビ跡が消えてくれるわけではありません。「どうしても明日のデートには、肌ムラのないキレイな顔でのぞみたい」ということもありますよね。
そんなときは、メイクで上手にニキビ跡をカバーしましょう。

<ニキビ跡を隠すにはコンシーラー! 最適なタイプはステックかパレット>
ニキビ跡を隠すなら、なんといってもコンシーラー。コンシーラーと一口に言ってもさまざまなタイプがありますが、ニキビ跡には筆やアプリケーターで塗るリキッドタイプやペンシルタイプはNG。カバー力がいまひとつで赤み消しには向きません。スティックタイプかパレットタイプの固いテクスチャーのものがおすすめです。

ニキビ跡の赤みを消す方法ってあるの?セルフから皮膚科まで…正しいケア方法は

美容のプロが伝授!実践的ニキビケア

ニキビを潰してしまったときのケア

『鎮静効果のあるコスメで部分パック』
「色素沈着と炎症を防ぐために、美白系ローションや乳液で部分的にコットンパックするのが効果的です。傷が癒えたらしっかり保湿をすることも忘れずに」(松倉HEBE DAIKANYAMA・貴子先生)触るのは避けて。

ニキビを潰してしまったときのケア
資生堂 |HAKU メラノディープモイスチャー[医薬部外品]
美白と保湿を両立したジェル状化粧水。100g¥4,500(編集部調べ)

<教えてくれた人>

ニキビを潰してしまったときのケア
松倉HEBE DAIKANYAMA・貴子先生
美容クリニック松倉HEBE DAIKANYAMA院長・医師。美容医療の第一人者として数多くのメディアにて活躍中。インナーケアにも精通。

「ニキビを思わずつぶしてしまった…」「髪を乾かさずに寝てしまった…」そんな時の対処法は?

生理前などにできる「大人ニキビ」のケア

『ニキビ用のコスメを使い、胃腸の弱りとホルモンバランスを整える規則正しい生活を』
「生理前などにできる吹き出物を俗に〝大人ニキビ〟といいますが、それはホルモンバランスの乱れによるものです。サイクルがわかっていれば、ニキビケア用のスキンケアと角質ケアを併用して、アクネ菌を取り払ってしまうのもいいでしょう」(皮膚科・内科医 友利 新さん)。
「ストレスや胃腸の疲れが原因なことも。充分な睡眠をとったり、穏やかな生活を心掛けるだけでも、変化があると思いますよ」(KohGenDoブランドディレクター 瀬戸口めぐみさん)。

<白湯を飲んで胃腸を休めて>

生理前などにできる「大人ニキビ」のケア
胃腸の働きを穏やかに整えるために、朝起きたらまず白湯を飲む習慣を。寝る前も、お酒やカフェイン飲料ではなく白湯にすると、より効果的。

<大人ニキビに特化したスキンケアも活用して>

生理前などにできる「大人ニキビ」のケア
右/オルビス|薬用 クリアローション[医薬部外品]
繰り返す周期ニキビに。肌のバリア機能を高め、ニキビの根を断つ。 全2種 180ml ¥1,500

左/富士フイルム|ルナメアAC スキンコンディショナー[医薬部外品]
有効成分をナノレベルにまで粒子化。ニキビと毛穴をトータルにケア。全2種 120ml ¥2,200

生理前は要注意! 大人ニキビの効果的な治し方

多忙&ストレスが原因の「大人ニキビ」ケア

『お手軽冷却パックでレスキュー!』
鎮静作用のある化粧水でコットンパックをし、さらにその上から冷やして

多忙&ストレスが原因の「大人ニキビ」ケア
「ニキビや肌あれに効果のある鎮静タイプの化粧水でコットンパックをして、 成分をしっかり浸透させましょう。炎症を起こしている場合は、さらにその上から冷やすと落ち着きます」(美容家・山本未奈子さん)
化粧水自体を冷やしておくのもアリ。

多忙&ストレスが原因の「大人ニキビ」ケア
(左)ディオール スノー ブライトニング エッセンスローション[医薬部外品]
イクロカプセル内のビタミンEが肌あれを鎮静。 200ml¥6,900

(中央左)メナード|薬用 ビューネ[医薬部外品]
洗顔後すぐに使用。ニキビを防ぎ、すべすべ肌に。160ml¥6,000

(中央右)アルビオン|薬用スキンコンディショナー エッセンシャル[医薬部外品]
濃縮ハトムギエキスがあれた肌を整える。165ml¥5,000

(右)コーセー |薬用 雪肌精[医薬部外品]
和漢植物エキスの力で透明感UP。200ml¥5,000

<教えてくれた人>

多忙&ストレスが原因の「大人ニキビ」ケア
美容家・山本未奈子さん
MNC New York代表。3児の母として公私ともに多忙な日々を送りつつも美肌をキープ。自社ブランド「シンプリス」もプロデュース。

年末うっかりな“大人ニキビ”を撃退! コットンパック+保冷剤でもっちり美肌に♪

ニキビケアに有効!機能性スキンケア

ビタミン系&免疫アップ系スキンケア

ニキビで悩む肌には、ビタミンCが第1 選択。乾燥やゴワつきに悩む肌には、肌の代謝を高めて肌内の水分を増やすレチノール(ビタミンA前駆体)が効果的。肌が揺らぎやすい人には、免疫アップ系もおすすめ。

【ビタミンAの多い食材】
カボチャやモロヘイヤなどの夏野菜には、ビタミンAの前駆体であるβカロテンが豊富。にんじんやパセリなど色の濃い野菜にも。動物性食品ならウナギがダントツ。

【揺らぎがちな肌には免疫アップ系】

ビタミン系&免疫アップ系スキンケア
7. SSC |エルボ パーフェクト オールインワン ジェル
ビワ発酵エキスで、菌バランスを整えるオールインワン。  50g ¥6,300

8. HANA|オーガニック ホワイトジェリー
肌の常在菌に着目したオーガニック美容液。 えそらフォレスト  30ml ¥5,500

9. クラランス|ブースター E
いつも使っているクリームに5滴加えて使う。  15ml ¥6,000

10. ヘレナ ルビンスタイン|P.C. スキンミュニティ セラム
今夏、バージョンアップして有用成分が2倍に。オリゴ糖や乳酸菌も配合。30ml ¥15,300

11. 資生堂インターナショナル |アルティミューン パワライジング コンセントレート
肌の免疫に着目した元祖美容液。みずみずしいので、ほかの美容液の前にプラスして使える。 30ml ¥8,000

ニキビや揺らぎ肌に悩んでいる人必見!おすすめビタミン系or免疫アップ系コスメ

編集部おすすめのニキビケア商品

コーセー |プレディア スパ・エ・メール ブラン コンフォール[医薬部外品]

ニキビケアのコットンパックにおすすめ!化粧水4選
<日焼け後や、乾燥ほてりに>
海洋深層水とハトムギ水をベースに使用。ビタミンC誘導体や保湿成分を配合していて、特に日焼け後の鎮静や、乾燥トラブルにおすすめ。効きを予感させるハーブの香りも心地よい。
170ml¥3,600

資生堂|ベネフィーク マルチコンディショニング ローション[医薬部外品]

ニキビケアのコットンパックにおすすめ!化粧水4選
<穏やかな感触で鎮静したい人に>
肌あれ防止成分と、鎮静に働く植物エキスを贅沢に配合。スーッとするのが苦手な人にも使いやすいマイルドな清涼感。145ml¥3,500(編集部調べ)

コットンパックに◎! 消炎効果で肌トラブルを予防してくれる化粧水4選

市販の飲むタイプのニキビケア商品

<専門医のニキビケア>皮膚科で処方される飲み薬を徹底解説!
1.ライオン|ペアA錠(第3類医薬品)
解毒を担う肝臓の働きを助け、肌の新陳代謝を高める。 60錠 ¥1,440

2. TAKAKO STYLE| theCB+
1包にビタミンC2,000mg。水なしで飲める。 30包 ¥6,000

3.エーザイ|チョコラBBプラス(第3類医薬品)
ニキビや口内炎のためのビタミンB。 60錠 ¥1,280

ニキビの飲み薬、正しい知識で使ってる? きちんと理解して美肌をめざそう

ニキビを隠すおすすめコンシーラー

<専門医のニキビケア>ニキビ跡の対処法
(左)カバーマーク|ブライトアップファンデーション
カバーしているのに、隠したことを気付かせない。 コンシーラーを超えた部分用ファンデーション。SPF33・PA+++ 全4色¥3,500

(右)カネボウ化粧品 |インプレス コンシーラーセット
シミ、そばかす、クマなどの悩みを自然かつ確実にカバーするコンシーラーセット¥6,000

<コンシーラーの上手な塗り方>

<専門医のニキビケア>ニキビ跡の対処法
【1】ニキビ跡よりひと回り大きく塗るのが鉄則。パレットならブラシで、スティックなら直接塗って。

<専門医のニキビケア>ニキビ跡の対処法
コンシーラーの縁を、指先もしくは綿棒で軽く叩くようにして境目をぼかします。その後、崩れにくくするためにフェイスパウダーを重ねて完成。

ニキビ跡の赤みを消す方法ってあるの?セルフから皮膚科まで…正しいケア方法は

*価格はすべて税抜きです。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事