健康・ヘルスケア
2021.6.1

口臭の原因の80%は実は◯◯!?オーラルケア基本のキ|あきば美容研究生のメンズ美容塾 vol.47

マスク生活が続いて、気になるところが以前と変わってきましたよね。その中の一つとして大きいのがオーラルケア。マスクでこもることで口臭が改めて気になるようになったという人が増えているように思います。

というわけで今月は4週に渡り、YouTubeチャンネル『プチプラスキンケア研究所』にて美容情報を発信している美容好き芸人のあきば美容研究生が『オーラルケア』をテーマにお話をします!基本のキから具体的なアイテムまで紹介しますので、参考になればと嬉しいです!最後に口臭に関する「実は…」という怖い話もあるのでぜひ最後までご覧くださいませ。

オーラルケア基本のキ

rensaiyou

口の役割と仕組み

口には物を噛む、食べれるように咀嚼する以外にも様々な役割がありますね。味わう、飲む、話す、歌う、楽器を演奏する、そして笑う。マスクで隠れていたとしても、『あ、今朝うっかり歯を磨いてくるの忘れてしまった…相手にバレないかな…』なんて考えてしまうと途端に楽しくなくなってしまいますよね。だからこそ、日頃からのオーラルケアというのはすごく大事になってくるのです。個人差はありますが、生後半年くらいから歯というのは生え始めて、生え揃そろうのが平均2歳半くらいで20本になります。その後6歳前後で生え変わりが始まり、その後第三大臼歯(=親知らず)も含めると完全に生えそろうのは18歳前後となります。そこからが歯との本当のお付き合いですね。

歯の生え方、いわゆる歯並びはその人の顔の印象を作ります。しかし、歯や歯肉の病気は心臓や肺にも影響があると言われます。つまり口腔内の健康を保つことは健康を維持することにもつながるのです。また虫歯や歯垢など、口腔トラブルも放っておいてはもちろん良くないです。僕はタバコは吸いませんが、コーヒーやワインは好きなので、色素が蓄積されてステイン(歯の着色)は気にしています。歯並びの悪い部分は特に注意して洗いましょうね。

口臭の原因と実は大事な唾液の機能

口臭の原因って考えたことありますか?歯磨きで掃除しきれなかったカスや、内臓系などよく言われますよね。実は80%は口腔内の気体にあるといわれています。口臭も種類がありまして、以下の3つに分かれます。

生理的口臭…起床時、空腹時、緊張時など唾液の分泌が減少し、最近が増殖することで起きる
呼気的口臭…代謝、耳鼻咽喉系、呼吸器などの疾患からくるもの(疑わしい時はすぐにお医者さんにかかってくださいね。)
病的な口臭…虫歯や歯周病など口腔内の病が原因のもの(「呼気的口臭」と同じように歯医者さん案件です)

生理的口臭を軽減するためには、歯垢や食べ物のカス、舌の表面につく舌苔へのケアが最適です。つまり、ブラッシングや歯間ブラシ、デンタルフロス、洗口剤(マウスウォッシュなど)で正しくオーラルケアをすることで予防できるのです。逆に言うと、オーラルケアをしているのに継続的に口臭に違和感がある場合はお医者さんに行くことをおすすめします。

唾液も1日に約1,000〜1,500ml分泌されるといいますが、口腔内の浄化・殺菌・消化・再石灰化・緩衝など様々な役割があります。ストレスや疲れ、加齢などに伴って減少することもあります。唾液が適切な量出るようにマッサージしてあげるのもオーラルケアの一種です。朝起きた直後などは、細菌が繁殖しやすい状態なので、朝一でマッサージをしてあげて唾液を吐き出すだけでも口臭の予防になると言われていますよ。

オーラルケア製品の使い分け

オーラルケア製品はいろいろありますが、皆様どこまで使っていますか?多くの方が歯磨き剤で済ましているのではないでしょうか?歯並びや個人差もあるのですが、自分のケアに自信のない方は一度歯医者さんにて相談して、十分にケアできているかの指導を受けるといいかもしれませんね。オーラルケア製品にはものによって役割が異なるので紹介します。

歯磨き剤(トゥースペースト)
歯磨きをする際に使うペーストで、基本成分のみの化粧品歯磨き剤と有効成分を含む医薬部外品歯磨き剤に分かれます。研磨剤、湿潤剤、発泡剤、香味剤などが配合されますが、虫歯予防の有効成分などが加わることもあります。歯垢などを取り除き、再石灰化を促すなど、まさにオーラルケアの基本ですね。具体的なアイテムについては今月の連載のどこかで紹介しますので、次回以降もぜひご覧ください。

洗口剤(マウスウォッシュ・デンタルリンス)
歯磨き剤の液体版といったコンセプトで生まれたアイテム。殺菌作用のある液体になります。口の中をスッキリさせるだけでなく、様々な味のついたものも最近は出ていますし、強い爽快感の苦手な方向けにアルコールを除いた商品もあります。しかし、特性上どうしても歯に付着した歯垢などを取り除くことは不可能なので、ブラッシングと合わせて使うことをおすすめします。僕は歯磨きの後の仕上げに使用しています。

舌苔用ブラシ(舌ブラシ)
口臭の原因にもなる舌苔を取り除くことに特化したブラシです。もちろん歯ブラシでケアできないことはないですが、舌は非常にデリケートな部位になるので、歯磨き用の強い毛で洗ってしまうと表面を傷つけてしまう恐れがあるので、使い分けることをおすすめします。口の奥に入れすぎると「おえっ」となりますので、苦手な方も多いですが、舌を思いっきり前に出して優しく洗ってあげてくださいね。

オーラルケアはなぜ必要か

清潔でありたい、好きな人の前で堂々と笑いたい、など、どれも素敵だと思います。オーラルケアはきちんとした基準以上まできちんとしていた方が絶対に良いです。疲れていたり、出先で遠慮したり、時間が取れなかったり…といった日々の積み重ねが口臭だけでなく、健康にも大きな影響を与えてしまいます。毎食後にきちんと歯を磨き、歯を磨いたら何も食べないというのが基本になりますので、きちんとケアしていきましょうね。

そして恐ろしい話を最後にしますが、マスクをしていても口臭というのはすり抜けているらしいですよ…。久しぶりに会って「えっ…」ということにならないようにしましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!
またYouTube『プチプラスキンケア研究所』でも美容情報も発信してますので、合わせてご覧いただけたら嬉しいです。ではまた次の連載でお会いしましょう!

美容好き芸人

あきば美容研究生

日本化粧品検定1級、化粧品会社での勤務経験を経てお笑い芸人に。YouTube『プチプラスキンケア研究所』にて最新の美容情報や季節ごとの気になるテーマやなどを配信中。

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事