健康・ヘルスケア
2021.2.13

ふくらはぎがつるのは下肢静脈瘤かもしれないってホント?真相を医師に直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

\"\"

日々の生活で生まれる美容の疑問を専門家に答えてもらうこのコーナー。今回は“足がつる原因”について。ふくらはぎがつるのは病気が原因かもしれないって…ホント?  四谷・血管クリニックの保坂純郎先生にお話を伺いました。

Q:ふくらはぎがつるのは下肢静脈瘤かもしれないってホント?

一般的な足がつる主な原因は運動不足と言われているけれど、前回でも触れたとおり、下肢静脈瘤という病気が隠れている可能性も。さっそく、この疑問を保坂先生にぶつけてみました。果たしてその答えは?

A:ホント

「前回、足がつる原因は運動不足やそれによる電解質バランスの乱れだとお伝えしました。しかし痛みが伴って長時間続いたり、重だるくて歩くのがつらいといった症状があれば話は別。これに加えて脚の血管が浮き出ていたり、ポコっと膨らむといった見た目の変化があれば、下肢静脈瘤という血管疾患である可能性が大きいと思います」(保坂先生・以下「」内同)

Point

・痛みが伴う
・長時間続く
・重だるくて歩くのがつらい

というときには、要注意!

下肢静脈瘤とは?

「まず知っておいていただきたいのは静脈について。いちばんの役割は筋肉やそのほかの臓器で酸素が消費され、汚くなった血液を心臓や肺に戻すことです。血液は肺や腎臓を経て新鮮な血液となって、動脈を流れる血液になります。脚から心臓へ、そして全身へ血液を行き渡らせるには血流が重力に逆らう必要が。

そこで重要なのが、脚の静脈内にある弁とふくらはぎの筋肉です。

弁は血液の逆流を防ぐことで血液を心臓に向かって流しています。ふくらはぎの筋肉は収縮するたびに脚の静脈が圧迫され、弁と協調しながら血液を心臓まで運んでいってくれるのです。

この弁がなんらかの原因できちんと閉じなくなり、血液が逆流するのが下肢静脈瘤。血液がたまって循環が悪くなり、血管が徐々に太く膨らんで皮膚から浮き出るように。見た目の変化は人それぞれで、

・静脈がポコポコと浮き出ている

001

・静脈がクモの巣のように見える

002

・皮膚が黒っぽく変色している

・皮膚が固く潰瘍になっている

などがあります。それ以外に脚がむくみやすい、だるい、痛い、足がつって日常生活に支障が出るといった症状が出る場合もあります」

下肢静脈瘤の原因は?

「下肢静脈瘤の男女比率は、女性2:男性1。日常的にむくみで悩んでいるけどじつは下肢静脈瘤だった、というケースは少なくありません。そして下肢静脈瘤になりやすい原因として挙げられるのは主に以下の4つです」

・立ち仕事(サービス業、看護師、調理師、客室乗務員など)

長時間立ったまま仕事をし、脚をの筋肉を酷使してあまり休憩を取れない人。近年ではデスクワークのように同じ姿勢を取り続ける人にも多くみらる。

・妊娠・出産

女性ホルモンが大きく変動することによる。お腹の中にいる胎児の成長に伴い、股関節まわりを中心に脚の循環が悪くなることも。

・肥満

体重過多により脚に負担がかかりやすい。また塩分やコレステロール、脂肪分など血液循環を滞らせる要因となりうる栄養を摂取しすぎることも悪影響。

・加齢

加齢によって血管が弱まり、逆流を防ぐ弁が壊れやすく。女性ホルモンの低下にも原因が。
あとは男性に比べて女性の筋肉量が少なく、筋肉疲労が蓄積しやすいことも関係しているかもしれませんね」

下肢静脈瘤を治すには?

「下肢静脈瘤は血管内の弁が壊れて正常に機能しなくなる疾患であり、一度できると自然に治ることはありません。とくに日常に支障がないからといって放置する人が多いのですが、知らず知らずの内に症状が悪化してしまう場合もあります。

足がむくみやすい、だるい、つりやすいなどのお悩みを抱えている人は、まず当院のような血管系のクリニックを受診することをオススメしますね。下肢静脈瘤を放置して何か重篤な病気になることはめったにありませんが、歩くときのだるさや痛みを改善したいなら早めに対処したほうが良いと思います。

女性の場合、美容的観点から脚の血管が浮き出ている状態を治したいという理由で診察に来る人もいらっしゃいますよ」

どんな治療法があるの?

「治療は下肢静脈瘤の症状の出方によって変わります。代表的なのは以下の5つ。

①手術

●皮膚レーザー・・・皮膚の上からレーザーをあて、クモの巣状など見た目を改善する

●血管内/高周波・・・血管の中からアプローチして、弁が壊れて正常に機能しない静脈を閉じる

●グルー・・・正常に機能しない静脈を閉じる際に、医療用接着剤を用いる

②硬化療法

静脈瘤自体を硬めて血流を遮断する

③弾性ストッキング

履くことで日常的に血液循環を促すストッキング。4ヶ月ほど毎日履き、弾力がなくなってきたら新しいものに交換

④内服薬

あらかじめ薬を飲んでおき、就寝時や明け方などのタイミングで足がつることを予防

⑤塗り薬

皮膚の変色を緩和する保湿剤やステロイド剤を処方

ちなみに約13年前までは静脈瘤や原因血管を外科的に取り除くしか治療法がありませんでしたが、近年は日帰りで手術を受けられるように。日常に支障をきたさずおこなうことができ、忙しいビジネスマンでも気軽に治療相談できるようになったと思います」

下肢静脈瘤以外にも足がつる原因が……

「静脈は正常にも関わらず足がつりやすい&痛いなどと訴える人は、内臓機能に問題がある可能性もあります。足がつる症状が出るのは肝臓、腎臓、心臓、甲状腺に何らかの疾患を抱えている場合が多いです。

その際は全身がだるい、むくむ、顔色の悪いなどの別症状も現れるため、診察すればほかに原因があると判断できます。そして血管にこれといった原因がなければ、別の医療機関を紹介して適切な治療を受けるようすすめることもあります」

四谷・血管クリニック

保坂純郎先生

脈管専門医、放射線医学専門医。国内のみならず海外でも研鑽を積み、四谷駅徒歩2分という好立地に「四谷・血管クリニック」を開院。下肢静脈瘤を中心に足に関する諸症状の治療にあたり、開業以来2万件近くの手術を手掛ける。診察、治療、経過観察までのすべてを院長である自らが行う、丁寧な診療方針がモットー。
■四谷・血管クリニック
足がつるのは運動不足が原因だってホント?真相を医師に直撃!

記事を読む

文/井上ハナエ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事