健康・ヘルスケア
2020.2.9

フッ素配合の歯磨き粉で虫歯予防とオーラルケア!笑顔になれる自信のある口元に

虫歯予防としてぜひとも取り入れて欲しい、フッ素配合の歯磨き粉。高濃度フッ素配合のものからジェルタイプのものまでご紹介。正しい磨き方も一緒にチェックして自信のある綺麗な口元に♪

【目次】
高濃度フッ素配合の歯磨き粉
ジェルタイプで歯をコート!
正しく磨けてる?きちんとケアして美しい口元に

高濃度フッ素配合の歯磨き粉

グラクソ・スミスクライン|高濃度フッ素配合〈1450 ppm〉 薬用シュミテクト やさしくホワイトニング EX[医薬部外品]

グラクソ・スミスクライン|高濃度フッ素配合〈1450 ppm〉 薬用シュミテクト やさしくホワイトニング EX[医薬部外品]

【このアイテムのおすすめポイント】
・歯に優しく美白&歯周病ケアできるタイプ。
90g ¥582(編集部調べ)

田中みな実「自信をもって笑いたいからオーラルケアは丁寧に」|“あざとかわいい”パーツ美容 vol.16

第一三共ヘルスケア|クリーンデンタルL トータルケア [医薬部外品]

第一三共ヘルスケア|クリーンデンタルL トータルケア [医薬部外品]

【このアイテムのおすすめポイント】
・10種の薬用成分を配合し、歯周病からムシ歯まで、歯と歯茎をトータルにケア。
・歯質強化・ムシ歯予防効果のあるフッ素も高濃度配合。
100g ¥1,280(編集部調べ)

しっかりかめる歯&歯茎でないと、老け顔へまっしぐら!【オーラルケア・予防歯学編】

ジェルタイプで歯をコート!

ウエルテック|コンクール ジェルコートF [医薬部外品]

ウエルテック|コンクール ジェルコートF [医薬部外品]

【このアイテムのおすすめポイント】
・発泡剤や研磨剤を含まず、殺菌剤とフッ化ナトリウム(フッ素)で歯をコート。
・歯周病やムシ歯予防に、ブラッシング効果を最大限に引き出す歯科推奨の歯磨きジェル。
90g ¥1,000

しっかりかめる歯&歯茎でないと、老け顔へまっしぐら!【オーラルケア・予防歯学編】

正しく磨けてる?きちんとケアして美しい口元に

1日の歯磨き時間はどのくらい?

教えてくれたのは…『ホワイトホワイト』院長 石井さとこ(いしいさとこ)先生

1日の歯磨き時間はどのくらい?『ホワイトホワイト』恵比寿本店の院長であり、口もと美容スペシャリストとしても活躍。女性歯科医師ならではの、歯と体を美しく保つための食事や、歯が美しく見える口もとメイクについてのアドバイスに定評が。9月8日に書籍『美しい口もと(ワニブックス出版)』を発売。

【あなたの歯磨き意識をチェック】
(1)朝、起床後すぐの“朝歯磨き”
「朝起きたときの口内は、便10gと同じ菌がいる状態です。そのまま身体の中に入れてしまわないよう、朝一番には歯磨きを」(石井先生・以下「」内同

(2)朝食後には“ちょい歯磨き”
「食事後の汚れを放置すると虫歯の原因にもなるため、朝食後も軽く歯磨きするのが理想的。時間がなければ口ゆすぎをするだけでも違いが出ますよ」

(3)仕事の合間に“ランチ歯磨き”
「可能ならば昼食後にも歯磨きを。仕事の合間とあって時間がない方は、電動歯ブラシがオススメ! 奥歯の汚れを落とすのに適しており、全部の歯を磨き終わるまで2~3分と短い時間で済むのがメリットです」

(4)口臭が気になる時間帯はだ液を分泌
「15~17時ごろは身体に疲れが出始め、口臭が気になる時間帯。天然のデンタルリンスと言われるだ液は口内環境を整えてくれるので、口を動かしてだ液を分泌させることを心がけましょう。お手洗いに立ったタイミングで口ゆすぎをおこなったり、ガムを噛むのも有効です」

(5)夕食後は仕上げの“じっくり歯磨きタイム”
「じっくり時間をかけて細かいところまで歯を磨くことで、1日の汚れをきれいに落とし、就寝中に口内の菌を育てないようにしましょう。口ゆすぎの後に歯ブラシで磨き、歯間ブラシ、デンタルフロスといったツールを使い、10分くらいかけて全ての汚れを落とすように!」

(6)歯磨き前には“口ゆすぎ”を!
「どのタイミングにも関わらず、歯磨きの前に絶対におこないたいのは口ゆすぎ。おちょこ一杯分(約20ml)のぬるま湯を口の中でグチュグチュと音がするくらい、あらゆる方向へゆすぎましょう。30秒程度で口内の大きな汚れを落とすことができ、また、口を動かすことでだ液の分泌を促せるので口まわりのたるみ防止にも効果的です」

美人の印象は口もとが9割!プロ直伝「美しい口もと」を育むビューティメソッドとは

歯ブラシを小刻みに動かすことがポイント

教えてくれたのは…歯科医 中村 都(なかむら くに)先生

歯ブラシを小刻みに動かすことがポイント東京ミッドタウンデンタルクリニック院長。明海大学歯学部卒業後、日本大学歯学部矯正科入局研修を経て、1998年渡英 Eastmasn Dental Hospital 、International Center For Excellence in Dentistry London にて5年間診療および研究に従事。2007年8月より東京ミッドタウンデンタルクリニックに勤務、2010年9月より同クリニック院長に就任。あたたかい人柄と相手に寄り添う丁寧な治療が人気で、遠方からの通院者も多い。

【正しい歯磨き方法】
「歯ブラシをゴシゴシ大きく動かして磨くイメージがあるかもしれません。しかし本来、歯磨きとは歯と歯茎の境目に歯ブラシをやさしく当て、小刻みに動かすことなんです。そうでないと、細かい汚れまで落とせません。そして、口腔内にたくさん唾液を分泌させてあげてることで汚れを洗い流すのが基本の磨き方です。

特に注意して欲しいのは、電動歯ブラシを歯に力強く押し当てること。ヘッドの高速回転によって、手磨き以上に歯の表面を削ってしまう可能性があります。電動でも手磨きでも、力加減と歯ブラシを当てる位置に気をつけていれば、歯茎へのダメージは軽減できますよ」(中村先生

毛の固い歯ブラシは歯茎を傷つけるってホント? 真相を歯科医に直撃!

*価格はすべて税抜きです。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事