食・レシピ
2020.10.8

簡単にもう1品!“腸ファースト”なスープレシピ3選|“だし”を手作りすることで、味覚を呼び覚ます!

味のベースになる“だし”を手作りすることで、味覚を呼び覚ます!簡単にもう1品ができる汁ものレシピをご紹介します。

天然だしで作る養生スープ

胃腸に負担をかけてしまう化学調味料の代わりに、うまみが出やすい食材を活用した天然だしで、味覚を整える“腸ファースト”なスープを1品に加えてみましょう!

アサリの落とし卵スープ

yakuzen7588
「肝臓機能を強化するタウリンなどのアミノ酸が豊富なアサリ。漢方では肝が弱るとよけいなことを口にしたくなるとも言われ、その衝動を抑える効果も」(薬剤師・国際中医師・国際中医美容師 大久保 愛さん/以下「」内同)

<材料(2人分)>
・アサリ 150g
・A【水 400ml、酒 大さじ1】
・玉ねぎ 1/4個
・えのき 50g
・卵 2個
・しょうが(すり下ろし) 小さじ1
・塩 小さじ1/4

<作り方>
1 アサリは砂抜きしてよく洗う。鍋にAと共に入れて火にかけ、アサリの口が開いたら一度取り出す。

2 玉ねぎはくし切り、えのきは石突きを取って半分の長さに切る。

3 1の鍋に2と塩を加え煮る。玉ねぎが透き通ってきたら卵を割り入れて、半熟になるまで煮る。

4 アサリを3に戻し入れ、しょうがを加えて器に盛る。

 

手羽先のサムゲタン風

yakuzen7589
「抗酸化作用のあるビタミンAが豊富な鶏肉。だしをとりやすい手羽先は煮込むとホロホロになり、もち麦効果でとろみもつき腹もちも満点!」

<材料(2人分)>
・手羽先 6本
・しょうが(薄切り) 2枚
・にんにく 1片
・長ねぎ…1本
・ごぼう…1/4本(50g)
・干ししいたけ 2枚
・昆布 5cm角1枚
・もち麦 大さじ2
・塩 小さじ1/2
・こしょう 少量
・水 800ml

<作り方>
1 分量の水に干ししいたけと昆布を浸けて戻す。柔らかくなったら干ししいたけは石突きを除いて半分に切る。昆布は食べやすい大きさに切る。戻した水は取っておく。

2 長ねぎは4cm長さのぶつ切りにし、ごぼうは皮をこそげて縦半分に切り、4cm長さに切る。

3 鍋に1を戻した水と共に入れ、手羽先、しょうが、にんにく、2を加え火にかける。

4 煮立ったらもち麦を加えて弱火にし、フタをして20~30分煮て、塩・こしょうで味を調える。

 

ひき肉のにら玉スープ

yakuzen7597
「鶏ガラスープを作るより簡単な“ひき肉だし”。ひき肉は牛肉、豚肉、鶏肉どれでもOK。ビタミンCの多いにらと合わせると肉の鉄分の吸収率がUPします」

◆にら玉スープ

<材料(2人分)>
合いびき肉のだし汁 400ml
・にら 5~6本(30g)
・卵 1個
・しょうが(薄切り) 3枚
・しょうゆ 小さじ2
・ごま油 小さじ1/4

<作り方>
1 にらは3cm長さに切り、しょうがはせん切りにする。

2 鍋に合いびき肉のだし汁としょうがを入れて火にかけ、煮立ってきたらしょうゆとにらを加える。

3 卵を溶きほぐし2に回し入れて、固まったら火を止めてごま油を回しかける。

◆合いびき肉のだし汁

<材料(作りやすい分量)>
・合いびき肉 100g
・水 500ml
・しょうが(薄切り) 2~3枚

<作り方>
1 合いびき肉をお茶パックに入れる。

2 鍋に1と水、しょうがを入れて火にかけ、沸騰したら弱火にし15分程煮る。

 

合いびき肉の出がらしは“薬膳肉みそ”に!
yakuzen7599
「出がらしの合びき肉に、コチュジャン(大さじ1)、白練りごま(小さじ2)、ナンプラー(小さじ1/2)、クミンパウダー(小さじ1/4)をすべて混ぜ合わせます」
※保存期間:冷蔵約1週間、冷凍約1か月

【番外編】大久保先生の毎朝の朝食も、天然だしを活用しています!

簡単レンジで茶碗蒸し風

yakuzen7604

「胃腸に負担をかけず、心と体の基本を作るアミノ酸スコアが満点の食材“卵”は、1日の始まりである朝食にとると◎。卵に唯一ない食物繊維を含んだ、しいたけ、きくらげを加えれば完全食になります!」

<材料(2人分>)
・A【干ししいたけ 1枚、きくらげ 2枚、水 200ml】
・卵 1個
・B【無調整豆乳 50ml、Aの戻し汁 100ml、薄口しょうゆ 小さじ1、みりん 小さじ1、塩 少量】

<作り方>
1 Aをボウルに入れて戻す。柔らかくなったら干ししいたけは石突きを取って4等分にし、きくらげは食べやすい大きさに切り、耐熱容器に半量ずつ入れる。

2 ボウルに卵を溶きほぐし、Bを加え混ぜたらザルでこし、1の耐熱容器に半量ずつ入れる。

3 ラップをかぶせて、竹串などで数か所穴をあける。

4 電子レンジ(600W)で1分間加熱したら一度取り出して混ぜる。さらに30秒加熱する。

 

 

 

教えていただいたのは…
%e5%a4%a7%e4%b9%85%e4%bf%9d%e5%85%88%e7%94%9f
薬剤師・国際中医師・国際中医美容師 大久保 愛さん
おおくぼ・あい/昭和大学薬学部生薬学・植物薬品化学研究室卒業。北京中医薬大学で漢方・薬膳・東洋の美容を学び、日本初の国際中医美容師資格を取得。漢方カウンセラーとして商品開発などにも携わる。最新刊『女性の「なんとなく不調」に効く食薬事典』(KADOKAWA)が好評発売中。

『美的』2020年10月号掲載
撮影/宮濱祐美子 スタイリスト/来住昌美 調理協力/石黒裕紀 構成/宮田典子(HATSU)、有田智子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事