ボディケア
2016.6.1

TYPE Dは…〝食〟系ダイエットに興味津々な人★おうちでダイエット 食べてやせる編をTRY!

昨年ヒットしたジュースクレンズよりも満腹感があって続けやすいと人気!
スープクレンズですっきりキレイを目指す!

教えてくれたのは…、

201606gdiet4-1
CLEANSING CAFE代表
今泉朋子さん
エステティシャン。体の中からキレイを提案するためカフェをオープン。6食分¥9,000のスープクレンズを通販で販売。

消化しやすく、+αの効果も期待できてダイエットに最適
元々は、ジュースクレンズの回復食という位置づけだったスープクレンズ。「ジュースクレンズだとおなかがすいたり、体が冷えるという声があり、ムリなく体をリセットできる方法として提案するように。食べ応えのあるイートタイプと手軽に飲めるドリンクタイプを用意して、味だけではなく食感も飽きないようにしたらヒット! 1食分は240ccあるので満腹感があり、通常の食事に置き換えてもつらくないのが魅力です。野菜それぞれの美容効果でキレイにやせられますよ」(今泉さん)。
今回は自宅で作れるレシピを教えてもらいました。

スープクレンズのポイント
①調味料は無添加のものを使う
ダイエットの本来の目的は〝健康的に美しい体になること〟。食べ物は体を作る基本なので、不要な添加物を蓄積させないで。

②多めに作って冷凍保存できるから続く
クレンズスープは作り置きができるため、忙しい人にもぴったり。多めに作って240ccずつ小分けにして冷凍しておいても。

③夜はドリンクタイプで消化をサポート
食べたものを消化しないまま寝ると脂肪がつきやすいので、消化の良いドリンクタイプを選ぶ方がダイエットの効率がUP。

 

固形物がゴロゴロ入っていて食べ応えあり!
イートタイプのクレンズスープ

201606gdiet4-2
夏の味方になる野菜がたっぷり「美白スープ」
ブロッコリーに含まれるビタミンCはレモンの約2倍! また、トマトに含まれるリコピンや赤パプリカのカプサイシンには抗酸化作用があるため、Wで紫外線に負けない肌に。にんにくやしょうがは夏バテ防止にも。
作り方はコチラ→https://www.biteki.com/life-style/food-recipe/160280

201606gdiet4-3
ひよこ豆ときのこがすっきりをサポート「便秘解消スープ」
ひよこ豆は、腸を刺激して食べ物の残りカスを出す役割の不溶性食物繊維が多く含まれています。また、きのこは腸内で水に溶けて便を外に出す水溶性食物繊維が豊富。2種類の食物繊維が同時にとれるレシピ。
作り方はコチラ→https://www.biteki.com/life-style/food-recipe/160283

201606gdiet4-4
やせるために必要な代謝を上げる!「体温UPスープ」
体温が上がると基礎代謝も上がってやせやすい体に。長ねぎやしょうが、ガラムマサラといった香辛料は体を温めます。カボチャに含まれるビタミンEも代謝をUP。
作り方はコチラ→https://www.biteki.com/life-style/food-recipe/160286

1 2

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事