ヘアのお悩み
2020.8.28

「毛量が多い…」って悩む人にすすめたい、髪型&ヘアアレンジまとめ【ショート・ミディアム・ボブ・ロング別】

髪の量が多く、広がりやすくまとまりにくいのが悩み・・・そんな方へおすすめしたい髪型を厳選!ボリュームを活かしたデザインや、レイヤーやカラーで軽さを演出したデザインなどを、ショート・ミディアム・ボブ・ロングのレングス別に『美的.com』の連載でも好評だった人気サロンのスタイルからピックアップしました。さらに、すっきりまとまる簡単ヘアアレンジも、動画付きで詳しくご紹介します。

【目次】
ばっさりイメチェンしたい方にも◎「ショートスタイル」5選
トレンドのウルフカットなど「ミディアムスタイル」5選
技ありカットで差が出る「ボブスタイル」5選
巻き髪が映えるデザインなど「ロングスタイル」5選
もう失敗しない!「パーマスタイル」4選
【動画付き】すっきりおしゃれにまとめる「ヘアアレンジ」5選

ばっさりイメチェンしたい方にも◎「ショートスタイル」5選

トップのボリューム感がきめて「小顔マッシュショート」

【このヘアスタイルのポイント】
・今季断然おすすめのマッシュスタイル。
・コロンとした丸いシルエットで女らしさを演出するスタイルに、ニュアンスパーマで動きプラス。
・トップにボリューム感があることで、タイトな襟足の色気が際立つ。
・前髪を長めにすることで大人女性にもマッチ。
・骨格をキレイに見せる効果も抜群。
・顔周りのマッシュラインが緩やかなところも今どきっぽいポイント。
・髪がペタッとしやすい人でも動きも出しやすいスタイル。

トップのボリューム感がきめて「小顔マッシュショート」

【how to ベース&カラー&パーマ】
・「長さ」は襟足を短めに、サイドとバックはグラデーションでカット。
・「襟足」はキュッとタイトに収まるようにスライドカットで調整。
・「間引きセニング」で毛束感と動きを出しやすく。
・「前髪」は乾いて目の上ギリギリになるようカット。
・「顔まわり」はマッシュになるように整える。
・「カラー」は、ブラウンのマイルドな色合いを残しつつ、赤みを抑えたブラウンベージュで、柔らかい印象とツヤ感を与える。
・「パーマ」は20mmのロッドで毛先1回転半のパーマを。前髪は、少し太めのロッドを使い、ニュアンスがでるように。
・「アイロン仕上げ」なら、26mmのカールアイロンで毛先を内巻きに。顔まわりと耳後ろを外ハネにすると、立体感のあるスタイルに。

トップのボリューム感がきめて「小顔マッシュショート」

【how to スタイリング】
(1)ドライ後(パーマがかかっている場合、ハーフドライでもOK)トリートメントクリームを全体に揉み込む。
(2)トリートメント効果や保湿効果のあるスタイリング剤で束感を出す。
(3)顔まわりや耳後ろの外ハネを整えて完成。

担当サロン:MINX 銀座二丁目店 加茂愛仁さん

長め前髪の柔らかマッシュがおしゃれ見え! 骨格をキレイに見せる効果も♪

シルエットをコンパクトにまとめた「大人顔ショート」

【このヘアスタイルのポイント】
・長め前髪がポイントの、大人の色気が漂うスタイル。
・前髪の隙間から覗く目元がセクシーな雰囲気をプラス。
・オイルで仕上げたストレート、ふわっとボリューム感を出したスタイル、どちらも楽しめるデザイン。
・耳にかければ、より大人ムードがUP。
・コンパクトにまとめたショートスタイルは、直毛の方のみならず、広がりやすい髪質ならストレートパーマと組み合わせればお手入れも簡単に。

シルエットをコンパクトにまとめた「大人顔ショート」

【how to ベース&カラー】
・「ベース」は、サイドの長さをリップラインに設定して、やや前下がりのアウトラインでカット。
・「トップ」には角を落とす程度のレイヤーを入れて、重さを取る。
・「毛量調整」は控えめにして、耳にかけた時に“ぴょんぴょん”と毛が飛び出さないよう計算。
・「カラー」は、日本人の赤みを打ち消す8レベルのアッシュブラウン。オンでもオフでもシーンを選ばずにマッチする色味に。

シルエットをコンパクトにまとめた「大人顔ショート」

【how to スタイリング】
(1)ドライは、髪を前に向かって乾かし、トップは根元をこすりながらドライヤーの風を当てる。
(2)乾いたらストレートアイロンを中間から毛先に向かって軽めに通す。
(3)ウェットな仕上がりになるようスタイリング剤はオイルをチョイス。オイルを全体的に馴染ませる
(4)手に残ったスタイリング剤を前髪につけたらフィニッシュ。
ふんわりさせる場合は、32mmのアイロンで中間から巻いて動きをつけてから、軽く耳にかけて。

担当サロン:AFLOAT D’L (アフロート ディル) 吉武満里奈さん

長め前髪の大人顔ショートヘア。短くてもアレンジで印象チェンジOK

広がる&まとまらないを活かす「ハンサムショート」

【このヘアスタイルのポイント】
・触れたくなるような柔らかい質感のショートスタイル。
・顔まわりの浮遊感や抜け感が、ハンサムな中に色気をプラス。
・大人カジュアルなファッションとも好相性。
・広がる、まとまらないといった髪のクセを活かすことができる優秀ヘア。

広がる&まとまらないを活かす「ハンサムショート」

【how to ベース&カラー】
・「ベース」はサイドグラデーションにカットし、顔まわりをマッシュラインで重めに。
・「襟足」はすっきりタイトにレイヤーでカット。首に沿ってカットをし、ネックラインを美しく見せる。
・「前髪」は目の下の長さで重めにカット。
・「カラーリング」は6レベルのブラウンベージュをセレクト。くすみのない透明感のある色味に。

広がる&まとまらないを活かす「ハンサムショート」

【how to スタイリング】
(1)前髪はオールバックをイメージしながら、やや立ち上げるように全体を乾かす。
(2)セット力がなく、さらっと仕上がるオイルを、もみあげや前髪の産毛までしっかり塗布。
(3)26mmアイロンで毛先をランダムに巻いて完成。クセを活かすなら、アイロンなしでも◎。

担当サロン:MINX 銀座五丁目店(ミンクス ギンザゴチョウメテン) 鹿野瑠璃子さん

色っぽハンサムのショートヘア。クセも活かして、柔らかい質感に

モードなワイドバングがおしゃれな「こなれマッシュショート」

【このヘアスタイルのポイント】
・今っぽくワイドバングにトライするならこちらが一押し。
・前髪に束間と隙間をつくることで、涼しげでこなれ感があるナチュラルヘアに。
・ショートボブがベースでありながら、トップにはレイヤーを入れて動きのあるデザインに。
・ニュアンスパーマで、ふわっとした可愛らしさを演出。
・マッシュラインの顔まわりは、ワイドバングを長めのサイドバングで繋ぐようにつくることで、耳にかけるとモードっぽくシャレ感のあるスタイルに。
・ダークなカラーでもパーマの動きがプラスされ軽やかな印象に。
・ナチュラルスタイルでちょこっと個性を引き出したい人はもちろん、髪のボリュームが出やすいという悩みを持つ方にもオススメ。

モードなワイドバングがおしゃれな「こなれマッシュショート」

【how to ベース&カラー&パーマ】
・「ベース」のカットはショートボブに。
・「トップ」にはレイヤーを入れて動きを出す。
・「襟足」はすっきり切り込む。
・「前髪」はワイドバングでカットし、サイドとマッシュラインで繋げる。
・「スライドカット」で調整をして涼しげな抜け感に。
・「カラーリング」はラベンダー+アッシュ+グレーをミックスした、8レベルのラバージュに。顔色をキレイに見せながら、髪の透明感をアップ。
・「パーマ」は26mm~32mmの細めのロッドを使い、ふんわり感が出るように巻く。もみ上げはより細めのロッドをセレクトし、襟足は首元になじむようにピンパーマを。

モードなワイドバングがおしゃれな「こなれマッシュショート」

【how to スタイリング】
(1)ボリュームと動きをだすように根元からドライヤーの風を当てながら乾かす。
(2)8割ほどドライしたら、セラムとオイルをブレンドし、内側から揉み込むように塗布。
(3)表面と前髪の束間を整えて完成。

担当サロン:joemi by Un ami(ジョエミ バイ アンアミ) 大久保瞳さん

マッシュショートヘア…ワイドバング×ニュアンスパーマで愛らしく

思いのままにボリュームのコントロールができる「カジュアルショート」

【このヘアスタイルのポイント】
・カジュアルで可愛いスタイルの中に、ニュアンスパーマの動きをプラスしたショートヘア。
・毛先のカール感が強めなので、クシュっとヘアオイルをつけるだけで簡単にスタイリング決まる。
・前髪はアリとも、ナシともカテゴライズできないボーダーレスにすることで、今っぽい抜け感のある表情に。あえて前髪をちょろっとひと束垂らすのも◎。
・毛先の動きが出しやすく、トップやサイドなどボリュームのコントロールが思いのまま。
・美シルエットで骨格補正の効果も。
・ナチュラルテイストで今どきヘアを取り入れたい人にオススメ。

思いのままにボリュームのコントロールができる「カジュアルショート」

【how to ベース&カラー&パーマ】
・「襟足」は2cmの長さでレイヤーにカット。
・「中間からトップ」にかけてはグラデーションでカットして重さを残す。
・「前髪」はサイドを同じ長さに設定。角をとる程度のレイヤーを入れて少しだけ軽くして、動きを出す。
・「カラー」は透明感や柔らかさのある、8レベルのフォギーベージュに。
・「デジタルパーマ」で20mmのロッドで毛先から2回転平巻く。

思いのままにボリュームのコントロールができる「カジュアルショート」

【how to スタイリング】
※パーマ無しの場合は26mmのアイロンを使用。
(1)毛先は外ハネ、中間は内巻きにして波ウェーブに。
(2)パサつきを抑えて保湿力のあるヘアオイルを適量を手に馴染ませて、毛先からも揉み込むようにつける。
(3)ラフな動きと束感を整えたら完成。

担当サロン:GARDEN omotesando(ガーデン オモテサンドウ) 中村英太さん

ショートヘア×ニュアンスパーマで、抜け感のあるナチュラルテイストに

トレンドのウルフカットなど「ミディアムスタイル」5選

クセ毛でボリュームが出やすい方に◎「ナチュラル可愛いローレイヤーミディ」

【このヘアスタイルのポイント】
・シースルーバングとローレイヤーミディのコンビネーションは、今シーズンも不動の人気。
・スライドカットにより顔まわりに束感のニュアンスを出すことで、ラフで柔らかい印象でありながら、今年っぽい抜け感のある仕上がりを実現。
・ナチュラルの中に毛束の遊びがあり、アイロン無しでも簡単にまとまるデザイン。
・パールグレージュは紫外線を浴びても綺麗なカラーをキープでき、透明感のあるミディアムスタイルとの相性もばっちり。
・仕事スタイルにも対応でき、重めなのでボリュームが出やすいクセ毛さんにもおすすめ。
・とにかく手軽に可愛いヘアにしたいという人にぴったり。

クセ毛でボリュームが出やすい方に◎「ナチュラル可愛いローレイヤーミディ」

【how to ベース&カラー】
・「長さ」は鎖骨と胸の間くらいのワンレングスにカットして、ローレイヤーを入れる。
・「顔まわり」には軽さと束感をメイクするスライドカットを。
・「前髪」は目にかかる長さのシースルーバングで、骨格を見極めながらにデザインに。
・「カラー」はツヤ感のあるパールベージュに。褪色しても綺麗な色をキープできるので、日差しが強くなる季節におすすめ。

クセ毛でボリュームが出やすい方に◎「ナチュラル可愛いローレイヤーミディ」

【how to スタイリング】
(1)スタイルのポイントとなる前髪と顔まわりから乾かし、7割程度までざっとドライ。
(2)キューティクルを整えるようにドライヤーの風を上から当てて乾かす。
(3)太めのロールブラシか、デンマンブラシで軽く内巻きにブロー。
(4)オイルを塗布して、束感をほぐすように整えたら完成。
※32mmのカールアイロンやストレートアイロンで仕上げても◎。

担当サロン:LONESS omotesando(ローネス オモテサンドウ) 樋山俊平さん

人気のシースルーバング&ローレイヤーミディヘアは、顔まわりに遊びのあると今年っぽい!

膨らみやすい髪質でも楽しめる「今っぽウルフミディ」

【このヘアスタイルのポイント】
・ふわりとした毛先の羽のような動きがポイントのウルフカット。
・しっかりレイヤーを入れて空気感のある軽さを出しつつ、襟足や耳うしろに重さを残した今っぽい仕上がり。
・襟足は肩にかかる長さでミディに見えながらも、顔まわりの長さは短めなので角度によってはボブっぽい雰囲気にも。
・大人女子も取り入れやすい長めの前髪。
・トレンドのレイヤーをさりげなく取り入れたい人に一押し。
・膨らみやすい人もボリュームが出にくい人も、髪質を問わずおすすめしたい万能デザイン。
・耳にかければすっきりカジュアルにも決まる。

膨らみやすい髪質でも楽しめる「今っぽウルフミディ」

【how to ベース&カラー】
・「ベース」は顎下5cmくらいの長さで緩やかな前上がりでカット。
・「ハイレイヤー」を顔まわりとトップをメインに入れる。
・「襟足」は重さを残すように。
・「前髪」は鼻先の長さでカット。
・「カラーリング」はほんのり赤みのあり大人っぽい仕上がりとなる、7レベルのスターダストベージュ。

膨らみやすい髪質でも楽しめる「今っぽウルフミディ」

【how to スタイリング】
(1)ドライヤーで、分け目がつかないように根元を起こしながら乾かす。
(2)空気感のある仕上がりにするため、ストレートアイロンで、部分的に外ハネをつくる。襟足は外ハネに。
(3)ややセット力のあるソフトワックスを全体的にくしゃっと揉み込むように塗布。
(4)ニュアンスをつけるため、毛先をつまんでランダムに動かしたら完成。

担当サロン:MINX 原宿店(ミンクス ハラジュクテン) 鈴木杏奈さん

ふわっと動く外ハネヘアで、大人かわいいニューカマーのウルフカット

技ありレイヤーで軽い動きを叶える「短めバングのウルフミディ」

【このヘアスタイルのポイント】
・顔まわりをすっきり、明るく見せてくれるデザイン。
・ひと昔前に流行したウルフと違い、襟足に重さを残しているのが今年顔のポイント。
・個性的で表情を豊かにする短めの前髪は、一歩先のオシャレや人と被らないスタイルを楽しみたい人にぴったり。
・ダークトーンのカラーリングで、モード感をプラス。
・凛としたイメージで女性のカッコ良さを引き立たせるスタイルでありながら、動きがあることで女性らしい華やかな印象も両立。
・どんな髪質でもこなすことができるので、思い切ったイメージチェンジを狙うならぜひトライを!

技ありレイヤーで軽い動きを叶える「短めバングのウルフミディ」

【how to ベース&カラー】
・「長さ」は鎖骨下くらいに設定し、前上がりでカット。
・「レイヤー」は、襟足の重さが残るようにトップからしっかり入れる。
・「前髪」は直線ラインがでるように眉上の短い長さでカットし、重めの仕上がりに。
・「カラーリング」は、モード感を演出するためダークブラウンに。暗過ぎず、クールな雰囲気に。

技ありレイヤーで軽い動きを叶える「短めバングのウルフミディ」

【how to スタイリング】
(1)ドライ後、19mmのアイロンで毛先を外ハネに。さらに髪の遊びが欲しい時は、内巻き&外巻きをミックスさせた波ウェーブにしても。
(2)顔まわりは、内と外をランダムに巻く。
(3)ふんわりとした仕上がりになるクリームバースを手にしっかり馴染ませたら、ポニーテールを結ぶイメージで根元から空気を入れながら塗布し。
(4)前髪はバームとオイルを混ぜ、かき上げるように付ける。
(5)自然におろしてから、束感と透け感を整えて完成。

担当サロン:MINX 銀座店 高橋里奈さん

今年顔のウルフヘアでモードに決める! 短めバングの華やかミディ

たっぷりのレイヤーでラフな動きと軽さを実現「色っぽ清楚ミディ」

【このヘアスタイルのポイント】
・子供っぽく見えがちなぱっつん前髪をシースルーバングにして、清楚さと色っぽさがミックスされたミディアムレイヤーに。
・目にかかるギリギリの長さの前髪で、目の印象を強調して女性らしさをアップ。
・顔の長さと前髪の長さが等倍になるよう前髪をカット。バランスが良く見え美人度を底上げしてくれる黄金比率デザイン。
・ラフな動きと軽さが出るたっぷりレイヤーで、毛束感と浮遊感を演出。
・動きが出にくい髪質の人にもおすすめ。

たっぷりのレイヤーでラフな動きと軽さを実現「色っぽ清楚ミディ」

【how to ベース&カラー】
・「アウトライン」は前上がりでカット。
・「フロント」に軽さを出す。
・「レイヤー」をしっかり入れて、毛の重なりや動きを表現。
・「前髪」は目の位置ギリギリでカット。セニングを入れると短い毛がぴょんと飛び出すので、奥行きと横幅を狭くしてシースルーバングに。
・「カラー」は9レベルのシナモンベージュ。ツヤ感のあるニュートラルなカラーで、大人かわいい雰囲気に。

たっぷりのレイヤーでラフな動きと軽さを実現「色っぽ清楚ミディ」

【how to スタイリング】
(1)弱めの風をあて、生えグセを修正しながら前髪を乾かす。
(2)32mmのアイロンを使い、全体を内&外ミックスでワンカールに強めに巻く。
(3)顔まわりは中間にもカール感作る。
(4)毛束をほぐしてからウェットな質感に仕上がるシアバター系のワックスを、毛先から中間→根元付近→の順番で塗布。今っぽく髪の質感に統一感を出すため、全体的に付けるのがマスト。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 清水豊さん

“黄金比バング”で美人度アップのミディは、シースルー効果で、“色っぽ清楚”がズルいんです

毛先重めレイヤーが髪の広がりを抑える「スマートミディ」

【このヘアスタイルのポイント】
・スマートな暮らしぶりまでも想像できそうな、洗練された印象のミディ。
・軽すぎない毛先重めの今っぽレイヤーは毛先にラフな遊びがあり、肩で跳ねても違和感のない動きのあるデザインに。
・ふわっとした長めの前髪がおしゃれ感を演出。かき上げた時も品のある髪の重なりが生まれ、さりげなく女っぽさをアピールすることも。
・ナチュラルさがミックスされた大人のキレイめヘアは、どんな顔型ともマッチする万能なヘアスタイル。
・髪の広がりを抑えられるので、毛量が多くて悩んでいる人でもチャレンジしやすく、しゃれ感をプラスできる。

毛先重めレイヤーが髪の広がりを抑える「スマートミディ」

【how to ベース&カラー】
・「ベース」は鎖骨下くらいのワンレングスでカット。
・「トップ」と顔まわりにレイヤーを入れ、アウトラインは重さを残す。
・「前髪」はどのパートでも分けられるようにセンター分け。ややラウンドにカットしたら、流しやすいように調整。
・「カラー」は落ち着いたブラウンで色持ちが良い、9レベルのショコラブラウン。顔色が悪く見えやすい人にオススメなカラー。

毛先重めレイヤーが髪の広がりを抑える「スマートミディ」

【how to スタイリング】
(1)髪が乾いたら、こめかみ上とこめかみ下にブロッキングする。
(2)32mm のアイロンを使い、こめかみ下を外巻きでワンカール。
(3)こめかみ上は、内巻きと外巻きのミックス巻き。
(4)前髪はリバース方向に外巻きカールを。
(5)セミウェットな質感のヘアオイルを3滴ほど毛先から馴染ませる。
(4)前髪に手に残ったオイルを少量付ける。

担当サロン:AFLOAT D’L (アフロート ディル) 吉武満里奈さん

かき上げ前髪×洗練ミディが“美人見せ”を約束!毛先重めレイヤーが髪の広がりを抑えてスマートに

技ありカットで差が出る「ボブスタイル」5選

重い雰囲気を軽く柔らかく見せる「大人かわいいミニマムボブ」

【このヘアスタイルのポイント】
・前髪の透け感やヘアカラーの透明感が、風が通り抜けるような軽やかさと柔らかさを演出するミニマムボブ。
・幼くなりがちな前髪ありのボブでも、長めの長さ設定で大人っぽさ&おしゃれ感をプラス。
・カラーリングはちょっと明るめのミルクティーベージュで、透明感や抜け感を醸し出す。
・トレンドであるベージュ系のファッションとも好相性。
・コンパクトにスタイリングをすればショートにも見せられ、アレンジも自在。
・髪質が硬く見えたり、重い雰囲気に見えてしまったりする方にイチ押し。
・アイロンを外ハネにさらっと通すだけで決まる楽ちんヘアなので、時短派にも◎。

重い雰囲気を軽く柔らかく見せる「大人かわいいミニマムボブ」

【how to ベース&カラー】
・「ベース」はアゴラインのワンレングス。質感をセニングで調整し、今どきの抜け感を演出。
・「前髪」は髪質を確認しながら、幅を狭く設定するか、量感を調整してシースルーバングに。
・「ヘアカラー」は12レベルのミルクティーベージュをチョイス。透明感&抜け感のある仕上がりで、日本人の肌色にもマッチ。

重い雰囲気を軽く柔らかく見せる「大人かわいいミニマムボブ」

【how to スタイリング】
(1)根元がふんわりとするようにドライヤーの風を当てながら乾かしたら、26mmのアイロンで外ハネに。
(2)前髪はマジックカラーでふんわり内巻きに。
(3)セミウェットな質感となるオイルを中間〜毛先を中心に揉み込む。外ハネになっている毛束を1本1本ほぐすように、ふわっと空気感のある仕上がりにするのがポイント。

担当サロン:MINX 原宿店(ミンクス ハラジュクテン) 近藤拓人さん

透け感前髪と透明感カラーが薫風を運ぶ!大人かわいい前髪ありのミニマムボブ

すっきり爽やかな印象を与える「ダブルバングボブ」

【このヘアスタイルのポイント】
・女性らしい雰囲気の柔らかいフォルムのボブヘア。
・すっきり爽やかな印象を与えながら、髪の質感を艶やかでキレイめにすることでフェミニンな表情が叶う。
・髪のハネを生かすことができるので、ショートボブからボブへの伸ばしかけでも挫折知らず。
・技ありの“ダブルバング”が、大人っぽい透け感と髪の流れを実現。
・ダブルバングとは、幅&奥行きの狭い前髪の上に、長めの髪を重ねることで、重さを残しつつ今どきの抜け感を表現できる前髪デザイン。
・サイドの重さは残し、バックには軽さを出したメリハリのあるこちらのスタイル。
・軽く耳にかけるとファルムが作りやすく、バランスのいい美人見えヘアに。

すっきり爽やかな印象を与える「ダブルバングボブ」

【how to ベース&カラー】
・「長さ」は顎下3cmに設定。グラデーションで平行ラインにカット。
・「レイヤー」をバックから入れて丸みのあるシルエットに。
・「前髪」は目にかかるくらいの長さでダブルバングにカットして、流した時にサイドと馴染むように調整。
・「カラー」は、赤みを抑えるアッシュをミックスした10レベルのアッシュベージュ。

すっきり爽やかな印象を与える「ダブルバングボブ」

【how to スタイリング】
(1)乾かす前にベースオイルを毛先中心に塗布。
(2)全体的に手ぐしを通すようにドライしたら、26mmのアイロンでアウトラインを外巻きにワンカール。
(3)ツヤ感が欲しいときは、アウトライン以外を内巻きにしても◎。
(4)両サイドの髪を軽く耳にかければ出来上がり。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 大山幸也さん

大人ボブヘアは、ダブルバングで叶う!くびれ+ハネでメリハリ美人ヘア

毛先の先細りでコンパクトシルエットを叶える「時短ショートボブ」

【このヘアスタイルのポイント】
・アイロンを使わず、スリーク(なめらか・ツヤがある)な質感で女性らしいコンパクトシルエットを叶える時短スタイル。
・長め前髪が頬骨をカバーして、小顔効果もあり。
・前髪を伸ばしている人や、おでこが狭くて前髪が思い通りにならないという人にイチ押しのスタイル。
・毛先のシュッとした先細り感で、丸みがあるナチュラルなショートボブでありながら、今っぽく洗練された印象に。
・繊細な透け感とやわらかい質感で、大人キュートな雰囲気が漂うのも魅力的。

毛先の先細りでコンパクトシルエットを叶える「時短ショートボブ」

【how to ベース&カラー】
・「サイド」は、前下がりのグラデーションでカットし、輪郭をカバー。適度な厚みを残しながら、先細に毛量調整をして馴染みをよくする。
・「前髪」は、サイドよりやや短い鼻下の長さでカット。ややラウンドにすることで女性らしさをアップ。
・「襟足」はセンターが一番長くなるようにラウンドでカットし、首長効果で華奢なイメージに。
・「カラー」は10レベルのベーシュで、赤味を抑えたやわらかい質感に仕上げる。

毛先の先細りでコンパクトシルエットを叶える「時短ショートボブ」

【how to スタイリング】
(1)髪をかき上げるように風をあて、ドライヤーでさっと乾かす。
(2)ヘアオイルを毛先中心につける。襟足は、耳後ろの髪をタイトにして“ハの字”に抑えるとキュとしたくびれが出現。
より美しく仕上げるなら、くしで両サイドをすっと通してストレート感を強調しても。
(3)乾燥が気になる人や髪が膨らみやすい人は、オイルをつけた手でオールバックに数回手ぐしを通すようにすると◎。髪のクセが気になる人は、ストレートアイロンを軽く通しても。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 秋山智彦さん

夏は“時短ショートボブ”で涼やかに♪長め前髪×スリーク質感でスタイリング要らずのおしゃれヘア

洗練されたシャープなイメージを演出「美シルエットショートボブ」

【このヘアスタイルのポイント】
・最大限の小顔効果が望める、ひし形シルエットの美人ショートボブ。
・鍵は目尻からフェイスラインに落ちる“毛束”。輪郭をキュッと締める効果が。
・全体のシルエットと顔まわり、両方がひし形となっていることも美バランスヘアのポイント。
・前下がりベースで、洗練されたシャープなイメージに。
・トレンドのシースルーバングも程よい透け感を演出。
・髪質を問わないデザインなので、丸顔さんはぜひチャンレンジしてみて。

洗練されたシャープなイメージを演出「美シルエットショートボブ」

【how to ベース&カラー】
・「長さ」はアゴラインに設定し、前下がりのショートボブにカット。
・「ウェイトライン」を低めにして丸みのある後頭部帯に。
・「前髪」は目にかかる長さで下ろし流しに。
・「カラー」はくすみ知らずで柔らかい印象の、10レベルのベージュ系をチョイス。

洗練されたシャープなイメージを演出「美シルエットショートボブ」

【how to スタイリング】
(1)ドライ後、全体をストレートアイロンで表面をふんわりCカール風に仕上げる。
(2)ウェットな仕上がりのヘアオイルを全体的に馴染ませる。膨らみを抑えるため、内側にもしっかり塗布。
(3)顔まわりの毛束感を整えて完成。

担当サロン:AFLOAT D’L (アフロート ディル) 井上晃輔さん

王道のひし形ショートヘアが、今切るなら一押し!丸顔さんも挑戦しやすい小顔効果ボブで美シルエット

抜群に扱いやすく小顔見せも叶う「愛されボブ」

【このヘアスタイルのポイント】
・“シースルーバング”は今どき感を出すのにイチオシ。
・黒目と黒目の間を結ぶ中心のみをていねいに質感調整した技ありカットとスタイリングで、大人女性でもチャレンジしやすいシースルーバングを実現。
・薄すぎない仕上がりなので下ろしても、流しても、シースルーでもと3WAYを実現できる万能バング。
・トレンドのレイヤー加減が程よく、扱いやすいさが抜群なのはもちろん、輪郭をカバーして小顔見せも。
・ふんわり柔らかい質感で、ナチュラルな大人のかわいらしさを引き出すデザイン。
・アイロンの入れ方次第で、フェミニンにもカジュアルにも決まり、おしゃれにレイヤースタイルを楽しみたい人にオススメ。

抜群に扱いやすく小顔見せも叶う「愛されボブ」

【how to ベース&カラー】
・「ベース」はやや前下がりのワンレングスでカット。
・「レイヤー」をトップと顔まわりの耳上に入て扱いやすく。
・「前髪」は黒目と黒目の間と額の中心をつなぐ三角形部分を薄く作り、大人でもこなせるシースルーバングに。
・「カラー」は赤みを抑えて透明感のある色に仕上げる、10レベルのシフォンベージュ。

抜群に扱いやすく小顔見せも叶う「愛されボブ」

【how to スタイリング】
(1)根元をしっかり立ち上げるようにドライヤーで髪を乾かす。この時、顔の全面から風を当てずに、後ろから前に乾かすとスタイリングしやすく。
(2)ドライ後、32mmのアイロンで外巻きにワンカール。
(3)顔周りの表面は、ミックスでゆるく巻く。カジュアルにしたい時は、毛先を逃して中間のみを巻く。
(4)ややセット力のあるトリートメントワックスと洗い流さないトリートメントをミックスして、毛先のパサつく部分をクシュっともみ込むように付ける。
(5)手に残ったスタイリング剤を前髪の毛先のみに塗布したら完成。

担当サロン:AFLOAT D’L (アフロート ディル) 吉武満里奈さん

今っぽボブは、シースルーバング+柔らかレイヤーでフェミニンにもカジュアルにもハマる!

巻き髪が映えるデザインなど「ロングスタイル」5選

こなれ感のあるウェーブがヘルシーな「洗練ウェーブロング」

【このヘアスタイルのポイント】
・アイロンで仕上げたこなれ感のあるウェーブロング。
・交互に内巻きと外巻きを施したルーズ感に、毛先につれて明るく見えるバリアージュ風のハイライトを入れることでさらに動きをプラス。
・脱マンネリロングにもおすすめの、ヘルシーで元気な印象を与える動きのあるスタイル。
・前髪は薄めでサイドと馴染むようにつくりつつ、前髪として存在させることで顔まわりにふわりとした動きを演出。
・顔まわりの骨格補正も望め、丸顔さんにも◎。
・女性らしいイメージにはしたいけど、甘すぎないスタイルにしたいなら即チャレンジを!

こなれ感のあるウェーブがヘルシーな「洗練ウェーブロング」

【how to ベース&カラー】
・「ベース」を胸上くらいの長さで前上がりにカットしたローレイヤー。
・「前髪」は顎下5cmくらいに設定し、サイドと馴染むくらいに薄めにつくる。
・「毛量調整」をして、動きが出るように。
・「カラー」は、全体を9レベルのアッシュベージュに染めてから、頭のはち上にのみ細かめのハイライトを重ねる。寒色系をチョイスすることで、ヘルシーな女らしさに。

こなれ感のあるウェーブがヘルシーな「洗練ウェーブロング」

【how to スタイリング】
(1)センターパートに分けたら根元からしっかりとドライ。
(2)38mmの太めのアイロンで、サイド左右2パネルを毛先から内巻き、外巻きを1回転ずつ交互に根元まで巻く。
(3)トップ付近は内巻きと外巻きの間隔を広めにして、あえて巻かない髪をつくることでルーズ&こなれた表情に。
(4)スタイリング剤で、中間から毛先にヘアオイルを揉み込んで、束感を整えたら完成。

担当サロン:Sui(スイ) 中村育美さん

ルーズなウェーブロングは、前髪なし×ハイライトで大人ヘルシーに

カラーリングで軽さをミックスした「重軽ロング」

【このヘアスタイルのポイント】
・重さのあるカットの中にカラーリングで軽さをミックスし、抜け感や透明感をプラス。
・細めのハイライトによるコントラストが、気品のある立体感を生み、やさしくフェミニンなイメージに。
・襟足までしっかり入ったハイライトで、アップやアレンジをした時もおしゃれなニュアンスに。
・毛先に重さや厚みは残しつつ、レイヤーの動きが軽い質感となる重軽ヘア。
・ふんわりとした柔らかさと女性らしさが漂うロングは、髪質が硬く見えやすい人にオススメ。

カラーリングで軽さをミックスした「重軽ロング」

【how to ベース&カラー】
・「ベース」はワンレングスでカット。
・「レイヤー」を低めに入れる。
・「毛量調整」は毛先の厚みを残しながら、内側を中心に行う。
・「前髪」はサイドより短めにカットしてやや軽い印象にし、パートで分けてもオールバックにしても決まるデザインに。
・「カラー」は自然なメリハリをつけるハイライトを細かく全体的に入れた後、10レベルのスモーキーベージュを重ねて透明感のある仕上がりに。

カラーリングで軽さをミックスした「重軽ロング」

【how to スタイリング】
(1)根元に空気感が出るように全体を乾かす。
(2)ドライ後34mmの太めアイロンで、ランダムに内+外カールを巻いて大きく緩やかなウェーブ感を作る。
(3)スタイリング剤は、ツヤ感と束感を作るオイルワックス、もしくはクリームワックスを塗布。セミウェットな質感で色っぽい仕上がりに。
(4)ナチュラルな女性らしい雰囲気にするなら前髪を7:3に分け、クールに決めたいならオールバックに。

担当サロン:MINX 原宿店(ミンクス ハラジュクテン) 石見優衣さん

ハイライトカラーで、ロングに今っぽい抜け感が!透明感が決め手な大人の重軽ロング

重みを残してまとまりよく仕上げた「モテロング」

【このヘアスタイルのポイント】
・重みを残してまとまりがいいのはもちろん、レイヤーがニュアンスとなって、今っぽい動きのあるスタイルに。
・耳にかければスッキリかわいい表情になり、そのまま下ろせばクールで大人な雰囲気が漂う。
・前髪が長いので、まとめた時もパラパラと髪が落ちてこなくてストレスフリー。
・美しい髪の面とツヤ、そして、うるサラな質感はメンズを惹きつけること間違いなし。
・どんな顔型とも相性がいいデザイン。
・少し背伸びをして大人っぽいイメージを演出したい人、女性らしく振る舞いたいにオススメ。

重みを残してまとまりよく仕上げた「モテロング」

【how to ベース&カラー】
・「ベース」は胸ラインくらいのワンレングスでカットし、ローレイヤーを入れる。
・「レイヤー」は顔まわりにニュアンスをプラスする程度で、量感は梳き過ぎずに重めで整え、髪の面をキレイに見せる。
・「前髪」はあご下7cmくらいの長めにカット。センターでカットすることで、センターパートでも、左右どちらかに分けてもOK。
・「カラー」は、透明感を感じさせる8レベルのアッシュベージュ。

重みを残してまとまりよく仕上げた「モテロング」

【how to スタイリング】
(1)根元をふんわり立ち上げるため、頭皮を軽くこするようにドライヤーで乾かす。
(2)ストレートアイロンを使って、ごくナチュラルな内巻きに。よりキレイに仕上げたいなら、アイロン前にブラッシングを!
(3)保湿力のあるトリートメントオイルを毛先になじませてツヤ感アップ。これからの湿気が気になる季節、オイル系のスタイリング剤は心強い味方に。

担当サロン:Sui(スイ) 深瀬介志さん

長め前髪の艶やかロングは、うるサラ質感で最強のモテヘアに!カット&スタイリングに秘密あり

レイヤーの浮遊感が涼しげで軽やかな「ヘルシーロング」

【このヘアスタイルのポイント】
・まとまりの良さやツヤ感はキープしたいけど、涼しげで軽やかなスタイルにしたい、その上、簡単なスタイリングで仕上げたい・・・そんなわがままを叶えるレイヤーロング。
・毛先に厚みを残しているのでまとまりの良さはそのまま、顔まわりに入れたレイヤーが浮遊感を演出し、ヘルシーな色っぽさを感じさせる仕上がりに。
・乾かすだけでもキレイにまとまり、アイロンでワンカール巻けばグッとフェミニンな雰囲気にすることも可能。
・もちろん結ぶこともOKと、様々なスタイルでおしゃれを楽しみたい人にチャレンジして欲しいデザイン。
・扱いやすさ重視派にオススメのロング。
・ミニマムなレイヤーが、女性らしい華やかさをアップ。
・長さがあってもぺたんとしないで、今っぽいほつれ感とふんわり動きのあるヘアを叶える。

レイヤーの浮遊感が涼しげで軽やかな「ヘルシーロング」

【how to ベース&カラー】
・「ベース」はグラデーションでカットで重ためにし、丸みがある女性らしいスタイルに。
・「レイヤー」を顔まわりと表面に入れ、スライドカットと毛量の調整で浮遊感のあるデザインに。
・「カラー」は、透け感があり軽い印象を与える10レベルのブランジュ。ブランジュとは、ブラウン+ベージュのいいとこ取りをした色味で、肌ぐすみをカバーする効果も。

レイヤーの浮遊感が涼しげで軽やかな「ヘルシーロング」

【how to スタイリング】
(1)全体を乾かしたら、32mmのアイロンを使い、サイド3段、バック4段に分けてワンカール。
(2)アウトラインのみ外巻きに、その他は内巻きでカールをつける。
(3)レイヤーを入れた顔まわりと表面は、髪を細い毛束で拾ってワンカール。
(4)巻いたらほぐしてほつれ感をつくる。
(5)シアバターとオイルをミックスし、毛先中心に塗布。根元は少なめにつけて、セミウェットな質感に。
(6)手ぐしを通しながら、髪を高い位置(耳くらいの高さ)からパラパラと落としつつほぐして整えたら完成。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 清家勇典さん

前髪なしのレイヤーロングは、“ほつれ感”プラスで今どきの色っぽ美人に

オールマイティにキレイが手に入る「うざバングロング」

【このヘアスタイルのポイント】
・目にかかる長い前髪の“うざバング”をシースルーに仕上げた、こなれた雰囲気のスタイル。
・顔まわりにローレイヤーを入れたロングで、前髪のゆる〜い抜け感がポイントとなり、ふんわりフェミニンな印象に。
・全体的には重めなスタイルであっても、透明感のあるカラーリングとのベストバランスで軽さを演出。
・前髪の奥行きを狭くしているので、顔の縦ラインをコンパクトに見せ、骨格をカバーして小顔効果も◎!
・ランダムなカールの重なりで、ナチュラルな華やかさに。
・広がりやすい髪質でも、ボリュームが欲しい人でも、オールマイティにキレイが手に入る優秀デザイン。

オールマイティにキレイが手に入る「うざバングロング」

【how to ベース&カラー】
・「ベース」は緩やかな前上がりでカット。
・「ローレイヤー」を顔まわりに入れ、自然と髪がまとまるように。
・「前髪」は目にかかる長さを残し、おでこが透けるように調整。
カラーは10トーンのミルキーグレージュ。明るい色とのコンビネーションで、トータルで軽さを感じられるスタイルに仕上げる。

オールマイティにキレイが手に入る「うざバングロング」

【how to スタイリング】
(1)髪をドライしたら、32mmのアイロンで襟足以外を内巻きにワンカール、襟足は外巻きカールに。
(2)耳前の髪は左右2ブロックずつ、計4ブロックに分け、中間のみをリバースに巻く。
(3)少量のヘアオイルを毛先に塗布し、軽く指を通すように髪を整えたら完成。

担当サロン:AFLOAT D’L (アフロート ディル) 赤川 敬一さん

美人見えロングは、“うざバング”で小顔効果がポイント! ゆるい抜け感でしゃれ見えも

もう失敗しない!「パーマスタイル」4選

ボリュームを活かして柔らかなパーマヘアにトライ「色っぽボブ」

【このヘアスタイルのポイント】
・女性らしく柔らかいイメージを与える、ふんわりゆるいカールのパーマをあてたボブスタイル。
・柔らかさがありつつも、外ハネ&目にかかる長さの前髪で、色気があり自立した女性の雰囲気をプラス。
・ほどよいバランスで、カジュアルとフェミニンのいいとこ取りをした欲張りスタイル。
・パーマスタイルでスタイリングも簡単。もちろんノンパーマで、アイロン仕上げでもOK。
・ナチュラルだけどこなれ感のある、大人スタイルに挑戦したい人におすすめ。

ボリュームを活かして柔らかなパーマヘアにトライ「色っぽボブ」

【how to ベース&カラー&パーマ】
・「ベース」はあご下に設定してやや前下がりでカット。表面にはレイヤーを入れ、動きを出やすく。
・「前髪」は鼻先くらいの長さで流れるように薄めに作る。
・「カラー」は9レベルのアッシュベージュに細かいハイライトをオンカラー。
・「ハイライト」はトップのみに入れ、透明感がありクールな印象を与える色に仕上げる。
・「パーマ」はふんわりとしたカールでダメージレスに仕上がるエアパーマ(もしくはデジタルパーマ)で、20~26mmのロッドを使用。全体を外ハネになるように巻き、トップはフォワードとリバースのMIX巻きで。

ボリュームを活かして柔らかなパーマヘアにトライ「色っぽボブ」

【how to スタイリング】
パーマ無しの場合、アイロンは26mmをセレクト。
(1)アウトラインを外ハネに巻いて、表面は毛先から巻かずに毛束の中間から巻いてゆるいカール感に。
(2)前髪は流れやすくするために縦のパネルで3つに分けて巻く。
(3)セミウェットな質感のオイルかクリームを手の平になじませたら、髪の中間から毛先にかけて揉み込む。
(4)手に残ったスタイリング剤を前髪の毛先に塗布して、全体の質感を揃えたらフィニッシュ。

担当サロン:MINX 銀座二丁目店 小嶌夏海さん

ニュアンスパーマが鍵!大人ボブは長め前髪で色っぽさをプラス

ボリューミーなカールが華やかな「ウェーブミディ」

【このヘアスタイルのポイント】
・今どきの抜け感のある、MIX巻きのランダムなカールが大人可愛い、ミディスタイル。
・ふんわりとしたかきあげ前髪がほんのり色気をプラスし、ナチュラルでもカジュアル過ぎない大人女性の雰囲気に。
・顔まわりに程よく落ちる髪が、気になる丸顔やエラ張りを補正して小顔に。
・脱クールな印象を狙いたい人にもおすすめの、柔らかいイメージのデザイン。

ボリューミーなカールが華やかな「ウェーブミディ」

【how to ベース&カラー&パーマ】
・「ベース」は、鎖骨ラインで前上がりのワンレングスにカット。
・「中間からトップ」にかけてグラデーションでカット。
・「トップ」には動きを出すレイヤーを。
・「前髪」は目にかからないギリギリの長さでカット。かきあげたアップバングにしても、下ろし流しでもと2WAYを楽しめる。
・「カラー」は8レベルのシアーベージュに。色持ちを重視しているので、明るい髪色をトーンダウンしたい人にも◎。
・「パーマ」はデジタルパーマで25mmから17mmまでロッドもMIXし、ランダムなカール感が出るように巻く。

ボリューミーなカールが華やかな「ウェーブミディ」

【how to スタイリング】
パーマ無しの場合、アイロンは32mmをセレクト。
(1)アイロンで、アウトラインを外ハネにしてから、中間をフォワード&リバースのMIX巻きに。
(2)トップは数カ所を細めに毛束をとり、同じく中間からMIX巻きに。
(3)乾燥を防ぐミルクタイプのスタイリング剤を全体になじませる。
(4)前髪の立ち上がりやトップにはミストをひと吹きしても。

担当サロン:MINX 銀座五丁目店(ミンクス ギンザゴチョウメテン) 黒田真未さん

かきあげ前髪×抜け感の色気が魅力!大人おしゃれなウェーブミディ

ニュアンスパーマが優し気な「ふんわり美人セミロング」

【このヘアスタイルのポイント】
・レイヤーがしっかり入っているので軽い表情となり、ひし形シルエットの美バランスに。
・毛先をスライドカットで先細りにすることで、繊細さや柔らかさを演出し、ヘルシーな雰囲気に。
・カールの緩やかな曲線が色気をプラス。
・ベージュカラーで柔らかい印象をさらに高め、肌のトーンアップも狙える。
・スタイルのポイントである「SUGAMIパーマ」は、通常のパーマよりもダメージレスで、クルリとしたカール感ではなくニュアンスのある、よりやわらかい仕上がりを実現。

ニュアンスパーマが優し気な「ふんわり美人セミロング」

【how to ベース&カラー&パーマ】
・「ベース」は胸の高さくらいで前上がりのワンレングスでカット。
・「レイヤー」はしっかり目に入れて、動きと軽さを出す。
・「前髪」はリップラインに設定。かき上げて髪が落ちてきた時の透け感を計算して、やや薄めに作る。
・「カラー」は8レベルのブラウンベージュ。
・「パーマ」は「SUGAMIパーマ」を28mmのロッドを使い、ニュアンスが出やすいようにフォワードとリバースをランダムに巻く。

ニュアンスパーマが優し気な「ふんわり美人セミロング」

【how to スタイリング】
(1)ばーっとドライヤーで乾かす。
(2)軽めのワックス、もしくはクリームをクシャクシャっと全体的に揉み込んだらフィニッシュ。
前髪はセンターパートがオススメですが、生えグセが強い場合は、自然な分け目を活かしてリラックス感のあるスタイルを楽しんで。

担当サロン:Sui(スイ) 塩田勝樹さん

大人セミロングヘアは、カール&レイヤーでヘルシー美人に!

最新ストパなら断然扱いやすく「王道ストレートロング」

【このヘアスタイルのポイント】
・女の色香を引き立てる、ストレート×ロングの最強タッグスタイル。
・自然体で気取らず、女性らしさの漂うレイヤーロングは、前髪なしで大人っぽく、知的で品のある好印象ヘアに。
・ナチュラルで柔らかなストレートの秘密は、「SUGAMI ストレート」!最新のストレートパーマは、ダメージレスで素髪のようなナチュラルな仕上がりを実現。
・センターパートの前髪で、ピュアなかわいらしさを演出。さっとかき上げれば、男ゴコロをぐっと掴むセクシーな雰囲気にも。
・毛先を逃して太めのアイロンで中間を巻けば、カジュアル感のあるヘアも楽しめる。
・扱いやすくなるので、「髪が広がりやすい」「クセ毛でまとまらない」という人におすすめ。

最新ストパなら断然扱いやすく「王道ストレートロング」

【how to ベース&カラー&パーマ】
・「ベース」は鎖骨下15cmでカットしたローレイヤー。
・「前髪」は長めに残し、全体とつなげる。分け目はセンターでカットして、左右どちらで分けた時でも自然な仕上がりに。
・「カラー」は地毛の明るさを生かした、6レベルのベージュブラウン。
・「ストレートパーマ」は「SUGAMIストレート」。酸性タイプの低ダメージで、不自然な直毛ではなく素髪のようなナチュラルな仕上がりに。

最新ストパなら断然扱いやすく「王道ストレートロング」

【how to スタイリング】
(1)濡れているうちに洗い流さないトリートメントをつけてから、根元がふんわりするように乾かす。
(2)ブラシでブロー仕上げをするとさらにツヤ感アップ。くるくるドライヤーを使っても◎。
(3)保湿効果のあるトリートメントオイルなどを塗布したらフィニッシュ。
ロングストレートのキレイに見せる一番のポイントは“ツヤ感”なのでトリートメントも抜かりなく!

担当サロン:Sui(スイ) 深瀬介志さん

清潔感No.1のストレートロングで男ゴコロをわし掴み|実は“ストパ”で作ってる、素髪っぽさがズルい♪

【動画】すっきりおしゃれにまとめる「ヘアアレンジ」5選

ボリュームを活かした「華やかハーフアップ」

毛量が多い髪を活かし、トップにふんわり高さを出して華やかに♪

\詳しいやり方を動画でチェック!/

【how to アレンジ】
(1)コームで分け目をジグザグにとる。
(2)顔周りの毛を残してハーフアップにして、ヘアクリップで固定する。
(3)ヘアクリップを手で押さえながらトップから毛先をつまみ出し、軽くほぐす。
(4)ソフトワックスを毛先側に薄くなじませ自然に仕上げる。

ボリュームを味方にトップに高さを出した華やかハーフアップ

サイドの広がりをスマートにまとめる「ねじりハーフアップ」

ボリュームの出るサイドをおしゃれに抑えつつ、好感度もアップ♪

\詳しいやり方を動画でチェック!/

【how to アレンジ】
(1)こめかみ上の毛束をとり、指を使って後ろ向きにねじる。
(2)2束を後頭部でまとめ、ねじった部分をほぐす。
(3)バレッタで留めて完成。

ねじりハーフで好感度アップ♡

ねじってタイトにまとめる「片寄せアレンジ」

クセや広がりが気になる時も、タイトにまとめてリラックス感のあるスタイルに♪

\詳しいやり方を動画でチェック!/

【how to アレンジ】
(1)ストレートアイロンで前髪のクセをのばし、斜めに流す。
(2)ハードワックスをなじませ、サイドでふたつに分ける。
(3)手前の毛束を外巻きに、奥の毛束を内巻きにねじる。
(4)ねじった2束を毛先まで絡み合わせる。
(5)毛先をつまんでほぐし、ゴムで結ぶ。
(6)バレッタをつけて結び目を隠す。

タイトにねじれば、くせが強い日もリラックス感のあるスタイルに

ヘアアクセでこなれ感UP「らくちんお団子ヘア」

シンプルなお団子ヘアに、ヘアアクセでこなれ感をプラス!

\詳しいやり方を動画でチェック!/

【how to アレンジ】
(1)髪を根元から巻いて、ベースをつくる。
(2)根元にスプレーをする。
(3)手ぐしで髪全体をまとめて、ポニーテールにする。
(4)右・左・真ん中の三か所から毛束をつまみ出す。
(5)ポニーの下部分からも毛束をつまみ出す。
(6)毛先を結んだゴムに巻きつけ、クリップで留める。

ヘアアクセを使ったお団子ヘア

ふんわり&キュッのメリハリが魅力「カチューシャアレンジ」

ふんわり感とキュッとしたメリハリが、女性らしさを引き立たせる♪

\詳しいやり方を動画でチェック!/

【how to アレンジ】
(1)襟足の髪を少しだけ残し、全体をゴムで結ぶ。
(2)残しておいた襟足の毛束を結び目に巻きつけ、毛先をゴムへ入れ込む。
(3)結び目を手で押さえながら、後頭部の毛束を軽く引き出してほぐす。
(4)カチューシャをつけ、トップをふんわりほぐす。

ふんわりキュッのメリハリが女性らしいカチューシャアレンジ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事