ヘアのお悩み
2020.11.17

アウトバストリートメントのつけ方でまとまりの良い髪に!|広がりやすい髪の一因であるダメージケアHow to【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 139】

「直毛かつ多毛で、髪が広がりやすいのが悩み」というP&GヘアケアPRの朝貝亜寿沙さん。
「広がりの一因なのが、髪のダメージ。だから、ダメージケアは欠かせません。髪が濡れるとキューティクルが開いてトリートメント成分が髪の内部まで届きやすいので、髪を洗ったあとにミルクタイプの洗い流さないトリートメントをつけてケアしています。ミルクタイプは水分量が多く浸透力にすぐれているので、お風呂あがりの濡れた髪に使えば髪内部のダメージケアにも。つけ方をひと工夫すると、まとまりのいい髪になりますよ」とのこと。
髪が広がりにくくなるアウトバストリートメントのつけ方を教えてもらいました。

今月の賢人File

P&G 広報渉外本部 ブランドコミュニケーションズ シニアマネージャー 朝貝亜寿沙さん

3w0a1043_750

名前:朝貝亜寿沙(アサガイアズサ)

髪質:硬くて毛量が多い。

髪の長さ:バストくらいのロング。前髪は眉にかかるくらいの長さ。

ヘアカラー:ナシ

パーマ:毛先に大きめのゆるいパーマをかけている。

髪コンプレックス:湿気で広がりやすく、まとまりにくい。

賢者プロフィール:外資系化粧品ブランドを経て、P&GヘアケアのPRに。外出自粛になった3月から髪を伸ばし中。直毛で毛量が多いため、髪がやわらかく見えるパーマスタイルが最近のブーム。

髪を広がりにくくするアウトバストリートメントのつけ方How to

STEP1】流さないトリートメントを手のひらに広げる

3w0a1178_750「洗い流さないヘアトリートメントを手に出し、カプセルを潰しながら手のひらに広げます。セミロングで3〜5プッシュが目安。私はロングヘアなので、5〜6プッシュ使います」
※実際は髪が濡れた状態で行います。

使うのはコレ!

3w0a1295_750「使う直前に、高濃度のカプセルイントリートメントが弾けて、フレッシュな状態で髪に届くミルク。ダメージを補修しながらも、軽やかにまとまる髪に。天気に左右されず、パサつき、広がり、うねりが気にならない髪へ導いてくれます」P&G パンテーン リペアー ゴールデン カプセル ミルク 90g 1,280(編集部調べ)

STEP2】髪全体につけてから毛束を握ってなじませる

3w0a1161_750「まず、手のひらに広げた洗い流さないトリートメントを、髪全体になじませます。そのあと、トリートメント成分を浸透させるイメージで、ダメージを受けやすい毛先から中間までの髪をぎゅっと握りしめます」

STEP3】目の荒いブラシで軽くブラッシング

3w0a1152_750「髪1本1本に洗い流さないトリートメントがまんべんなくなじむように、ブラッシングしてなじませます。髪が濡れていると摩擦ダメージを受けやすいので、ブラシは目の荒いタイプを使います」

STEP4】ドライヤーで乾かしたあとに冷風も

3w0a1172_750「ドライヤーで頭皮からしっかりと髪を乾かします。仕上げに頭頂部から毛流れに沿って冷風を当てると、キューティクルが閉じてトリートメント成分が内部にとどまってくれます」

STEP5】仕上げにブラッシングをしてまとめる

3w0a1147_750「最後にブラッシングをすると、まとまりの良い髪が続きます。また、髪にツヤも出るので、髪を乾かしたあともブラッシングはマストです」

【完成】

3w0a1089_750軽やかな仕上がりでも、毛量の多さを感じさせないまとまり感!
ナチュラルなツヤがキレイ。

構成/越後有希子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事