ヘアスタイル・髪型
2019.12.6

骨格をナチュラルにみせてくれる髪型!悩みをカバーするコツとあわせてご紹介

エラや面長、骨格が気になりヘアスタイルに悩む方も多いはず。今回は気になる骨格をカバーしナチュラルに仕上がる髪型を長さ別にご紹介します。サロンのスタイリストさんが骨格や顔立ちが強調されがちなストレートボブの脱却法も教えてくれました。

【目次】
骨格補整で小顔効果のショート
ボブの骨格をカバーしてくれる髪型&アレンジ
ロングはゆるふわ&前髪が骨格カバーのコツ

骨格補整で小顔効果のショート

骨格補正して小頭+首元をキレイに見せ

骨格補正して小頭+首元をキレイに見せ

【骨格カバーのポイント】
後頭部はふんわり、襟足はキュッとタイトに締めて、メリハリがあるのはもちろん、柔らかい丸いシルエットとなり女性らしい印象を与えてくれます。さらに、骨格補正して小頭+首元をキレイに見せ、スタイルアップにも。骨格をキレイに、女っぽさをUPさせるショートスタイル。髪が細くてボリュームが出にくい、髪が痛みやすいといった人にもぴったり。

【how to“ベース&カラー”】
襟足の長さは、あご下の延長線上でカットし、レイヤーを入れてコンパクトに。サイドは、あごラインに沿うように前下がりに。上部にはグラデーションを入れて丸みを強調。前髪は目が隠れるくらい、下ろしながら流せる長さを残し、シースルーバングになるよう、内側を毛量調整。カラーは、全体を10レベルのベージュでカラーリングした後、立体感を加える13レベルのイエローベージュでハイライトを重ねる。

骨格補正して小頭+首元をキレイに見せ

【how to“スタイリング”】
基本的には乾かすだけでOKという手軽さが嬉しいショートスタイル。キレイに仕上げるコツは、乾かす時に分け目がつかないように注意し、根元が自然と立ち上がるように、毛流れとは逆方向からドライヤーの風を当てる。スタイリング剤は、オイルとクリームをミックスし、根元から空気を含ませるようにボリュームを出しながら塗布。最後に整えたら完成。

下ろして流す前髪でショートが美フォルムに!ふんわり×タイトなシルエットで小頭効果も

ラフに動く毛先は、女っぽさと骨格矯正のW効果

ラフに動く毛先は、女っぽさと骨格矯正のW効果

【骨格カバーのポイント】
一歩間違えればボーイッシュになり過ぎたり、顔が大きく見えたりしがちのショートですが、“スタイリン”でふわっとさせる”を前提にして毛先を気持ち長めに残したショートなら、女っぽさが際立つショートに仕上がる。フェースラインをカバーできるので小顔効果も抜群。さらにスタイリングは簡単なアイロン使いでOK。様々なヘア悩みをカバーする、いいことづくめのショート。

【How to“ベース&カラー”】
前髪は流せるように目の下でやや長めにカット。サイドは前下がりになるようリップラインでカットし、バックは耳上のラインに丸みが出るようグラデーションにカット。スタイリングで毛先をふわっと巻くことを想定し、気持ち長めにカットするのがポイント。カラーは10トーンのフォギーアッシュ。程よいヌケ感があるカラーなので毛先の立体感が強調され、女性らしい柔らかさを引き出す。

ラフに動く毛先は、女っぽさと骨格矯正のW効果

【How to“スタイリング”】
乾かすときはトップの根元をつぶさないように注意。丁寧に行わず、あえて手ぐしでバサバサッと乾かす方がラフな空気感が出やすくなる。全体の毛先を32㎜のヘアアイロンでワンカール。毛束は90度に引き出して巻くとふわっと仕上がって◎。また一回の毛量は気にせず、ランダムに取って巻いていけばOK。ヘアクリームを手のひらに伸ばし、巻いた毛先をくしゃくしゃっと崩せば完成。

時短で小顔効果も抜群! ヘア悩みが多い人こそ“女っぽショート”

エラ張りをカバーする“骨格矯正ショート”

エラ張りをカバーする“骨格矯正ショート”

【骨格カバーのポイント】
ショートはパッと見でおしゃれな印象を与えやすいスタイルですが、骨格が出るので躊躇する人は多いはず。そんな人にぜひおすすめしたい、骨格矯正ショート。ポイントは、顔周りの毛束。エラが張った部分に毛先が落ちるようにカットしているので、自然とエラが隠れて輪郭が整って見える。ショートは後頭部にボリュームを出しやすく、グラデーションカットで丸いフォルムを作ることができるので、絶壁がカバーされ頭の形がキレイに。気になる輪郭や絶壁がカバーされることで、顔がキュッと小さく見える嬉しい効果もあり。襟足は首元に沿うようにカットしているので、首がすっきり長く見え、これも小顔効果に繋がる。

【How to“ベース&カラー”】
バックはあご下1cmでカット。首元に沿うようにレイヤーを入れ襟足はすっきりさせる。後頭部は、横から見たとき鼻のラインでボリュームが出るようにグラデーションカットを。サイドはやや前下がりで、顔周りはエラが張った部分に毛先を落ちるようにカット。耳の周りに毛束がたまると野暮ったく見えるので、耳が透けるくらいに軽くするとおしゃれな印象に。トップには動きが出るようレイヤーを入れます。前髪は目にかからないくらいの長さでカットし、自然にサイドに流れるよう毛量調整を。カラーは10トーンのベージュブラウン。赤みを抑えた柔らかなツヤの出るカラーで、毛束の動きを軽やかに見せる。

エラ張りをカバーする“骨格矯正ショート”

【How to“スタイリング”】
直毛やボリュームが出にくい人はパーマをかけると◎。襟足の長さが短い部分はコットンを使用したパーマでボリュームを抑えると、襟足がすっきり見える。残りのバックを横4段に分け、1段目を17mm、2段目を20mm、3段目を23mm、4段目を26mmのロッドで根元まで巻き込む。サイドは横3段に分け、1段目は20mm、2段目は23mm、3段目は26mmのロッドで根元まで巻き込む。前髪は表面と内側の毛の2段に分け、23mmと26mmのロッドで根元まで巻き込む。毛先がラフに動くように、全体的にパーマはゆるくかけるのが鉄則。スタイリングはバーム系ワックスとツヤを出すオイルをミックスし、全体的にもみ込むだけでOK。

エラ張りをカバーする“骨格矯正ショート”で、頭の形をキレイに見せてすっきり小顔に!

ボブの骨格をカバーしてくれる髪型&アレンジ

骨格カバー&小頭効果のニュアンスボブ

骨格カバー&小頭効果のニュアンスボブ

【骨格カバーのポイント】
顔まわりに入れたレイヤーが、骨格補正をしてハチ張りをカバー。小頭に見せる効果も。

【how to“ベース&カラー”】
鎖骨にかかる長さでやや前下がりにベースをカット。顔まわりにのみ、後ろに流れるレイヤーを入れる。サイドと同じ長さの前髪にせず、シャープさを抑え鼻先くらいの長さでカット。頬ラインに設定することで、柔らかい印象に。カラーは、6レベルのフォギーベージュ。フォギーベージュは、無彩色のグレーに近いベージュカラーで、赤みを打ち消し、光に透けたような透明感をアップ。

骨格カバー&小頭効果のニュアンスボブ

【how to“スタイリング”】
スタイリングは32mmのアイロンで毛先を外巻きにワンカールさせるだけの簡単ヘア。頭のハチより上の髪は、少し毛束を持ち上げて外ハネにすると◎。ハチ下は、アイロンを自分に寄せてくびれ感を出すようにワンカール。ツヤのある毛束感を作るなら、全体にヘアバターを馴染ませるようにつける。ウェットに仕上げるなら、ヘアオイルを選んでシルエットをタイトに整える。

骨格カバー&小頭効果!ニュアンスボブは、軽やかレイヤーで美人度アップ

骨格や顔立ちが強調されがちなストレートボブの脱却アレンジ

表参道の人気サロン「DAMIA」のスタイリスト・増田怜奈さんが教えてくれました!

骨格や顔立ちが強調されがちなストレートボブの脱却アレンジ

「骨格や顔立ちが強調されがちなストレートボブ。スタイリングなしでは、丸顔+地味顔が目立ってしまうんです」(増田さん・以下「」内同)
骨格や顔立ちをカモフラージュするのに最適と一押しする、アイロンを使って簡単にできる“ゆるふわボブ”の作り方をレクチャーしてもらいました。

「ランダムな動きと空気感を出した“ゆるふわ”スタイリングなら、丸顔や地味顔をカモフラージュするのに最適なんです」

\使用アイテムはこちら/

骨格や顔立ちが強調されがちなストレートボブの脱却アレンジ

左/ミルボン|ニゼル ドレシア スプレー ブライトアップ ヴェール 180g ¥1,600(写真は増田さん私物)
「髪にツヤ感と程よい毛束感を出しながらエアリー感をキープしてくれます」
右/クレイツ|イオン(R)カールプロSR 32mm ¥9,700
「髪にしっかりフィットして短時間で思いどおりのカールをつけられます。ボブのゆるふわスタイリングには32mmが最適」

\ゆるふわボブの作り方/

骨格や顔立ちが強調されがちなストレートボブの脱却アレンジ

【STEP1】耳横をリバース巻きに
髪をこめかみ位置でざっくりと上下にブロッキング。ボリューム&華やかさがほしい顔まわりの髪をリバース巻きにします。

「中間部分をヘアアイロンで挟み、毛先にアイロンを滑らせながら根元まで巻きつけ、3秒間ほど置いてオフしましょう」

骨格や顔立ちが強調されがちなストレートボブの脱却アレンジ

【STEP2】耳うしろの髪はフォワード巻きに
ボリュームを抑えたい耳うしろの髪はフォワード巻きに。STEP1同様に、ヘアアイロンで中間部分を挟み、毛先にアイロンを滑らせながら根元まで巻き込み、3秒間置いてオフ。こめかみ上とバックも同様に、リバース巻き、フォワード巻きをランダムに繰り返していきます。

骨格や顔立ちが強調されがちなストレートボブの脱却アレンジ

【STEP3】表面の髪を少量ずつランダムに巻く
表面の髪をランダムに少量ずつとり、根元までリバース巻きに。

「ボリュームがほしい部分だけ巻けばOKです」

骨格や顔立ちが強調されがちなストレートボブの脱却アレンジ

【STEP4】分け目をジグザグにつける
コームの先端でトップの分け目をジグザグにつけて、ふんわりと空気感を出します。

「これをすることで、骨格をカモフラージュできますよ」

【STEP5】カール部分にグロススプレーを
カール部分を手のひらで軽く持ち上げ、グロススプレーを軽くひと吹き。艶やかさと毛束感が出て、こなれた雰囲気に仕上がります。

完成! ストレートボブだと目立ちがちな骨格や顔立ちが、フワクシュな質感で見事にカモフラージュされています。

「キレイにカールをつけすぎようとしないで、ランダムに仕上げるのが垢抜けた印象に仕上がるポイントです。仕上げに片サイドを耳にかけると、さらにバランスよく見えますよ」

ゆるふわボブはこう作る!パーマなしでも“フワクシュ”にするアイロンの巻き方【髪コンプレックス解消vol.32】

カチューシャ風ツイスト編み込みで骨格カバー

表参道の人気サロン「DAMIA」のスタイリスト・増田怜奈さんが教えてくれました!

「骨格や顔立ちが強調されがちで、スタイリングもマンネリしがちなボブ……。私も丸顔+地味顔が目立ってしまうのが悩みです」
そんな増田さんが、自身で編み出したという、カチューシャ風ツイスト編み込みアレンジのやり方を教えてくれました。

「ふつうの編み込みよりも簡単にできる“カチューシャ風ツイスト編み込み”なら、骨格&顔立ちカバーと脱マンネリが叶うんです!」(増田さん・以下「」内同)

\カチューシャ風ツイスト編み込みのやり方/

カチューシャ風ツイスト編み込みで骨格カバー

【STEP1】 トップの髪を少量とる
トップを7:3の位置でざっくり分けて、7側の毛束を少量とります。

カチューシャ風ツイスト編み込みで骨格カバー

【STEP2】顔まわりをツイスト編み込みに
毛束を2分して、交差させツイスト編みにしていきます。

カチューシャ風ツイスト編み込みで骨格カバー

顔まわりの毛を少しずつすくい、交差させて前側にきた毛束と合わせて編み込み風に。

カチューシャ風ツイスト編み込みで骨格カバー

そのまま耳うしろまでツイスト編み込みを続けます。

「トップはゆるめに、サイドは少しタイトにツイストさせるのがコツです」

カチューシャ風ツイスト編み込みで骨格カバー

【STEP3】トップの毛を引き出す
ツイストした毛先を片手でしっかり押さえ、もう片方の手でトップの毛を部分的に引き出して、ボリュームとルーズ感を出します。

カチューシャ風ツイスト編み込みで骨格カバー

【STEP4】サイドの毛を引き出す
同様に片手でツイストした毛を押さえ、もう片方の手でサイドの編み目を少しずつ引き出してルーズ感を出します。

「サイドは引き出しすぎないのがポイントです」

【STEP5】毛先をアメピンで固定する
ツイストした毛先をアメピンで固定します。

「大人っぽく仕上げたい場合は、小さめの黒いアメピンを目立たないように、カジュアル感を出したい場合は、色つきのアメピンを交差させてとめると◎!」

完成!
カチューシャのようなふんわりとしたボリューム感が可憐な“ツイスト編み込み”アレンジの完成です。

「トップをねじってふんわりとしたボリュームを出すことで、丸顔+地味顔をカバーしながら、優しい印象を醸し出すことができます。ふつうの編み込みは難しいですが、ツイスト編み込みなら不器用さんでも簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね!」

ボブのカチューシャ風ツイスト編み込みアレンジで脱マンネリ&骨格カバー!【髪コンプレックス解消vol.33】

ロングはゆるふわ&前髪が骨格カバーのコツ

しっかり骨格は顔周りにふんわりした柔らかさを

Tierra アートディレクター 毛利仁美さんが教えてくれました!

しっかり骨格は顔周りにふんわりした柔らかさを

「しっかりした骨格のおしゃれ美人は、面長で派手顔のイメージ。なので、ふわっと横に広がる動きを顔周りに加えてバランスをとり、カール自体は縦に落ちるような動きにするといい感じ。顔周りをしっかり巻きすぎるとコンサバ感が強くなり、古めかしい印象です」

しっかり骨格は顔周りにふんわりした柔らかさを

大人顔代表は有村実樹さん。軽やかなレイヤーカット+巻きで、華やかさに磨きをかけて。
(2018年11月号 撮影/三瓶康友)

しっかり骨格は顔周りにふんわりした柔らかさを

カールのついた毛束が重なり、エアリーなボリュームが出る。ロングでも甘すぎずハンサム。
(写真提供/Tierra)

大人顔にぴったり! この春トライしたいのは“レイヤーヘア”!

長め前髪で骨格補正

長め前髪で骨格補正

【骨格カバーのポイント】
前髪は薄めでサイドと馴染むようにつくりますが、前髪として存在させることで顔まわりにふわりとした動きを演出。顔まわりの骨格補正も望め、丸顔さんにも◎。

【how to“ベース&カラー”】
ベースを胸上くらいの長さで前上がりにカットしたローレイヤー。前髪は顎下5cmくらいに設定し、サイドと馴染むくらいにい薄めにつくる。毛量調整をして、動きが出るように。カラーは、全体を9レベルのアッシュベージュに染めてから、頭のはち上にのみ細かめのハイライトを重ねます。寒色系をチョイスすることで、ヘルシーな女らしさに。

長め前髪で骨格補正

【how to“スタイリング”】
センターパートに分けたら根元からしっかりとドライ。乾いたら38mmの太めのアイロンで、サイド左右2パネルを毛先から内巻き、外巻きを1回転ずつ交互に根元まで巻く。トップ付近は内巻きと外巻きの間隔を広めにして、あえて巻かない髪をつくることでルーズ感&こなれ感な表情に。スタイリング剤は、中間から毛先にヘアオイルを揉み込んで、束感を整えたら完成。

ルーズなウェーブロングは、前髪なし×ハイライトで大人ヘルシーに

“うざバング”で小顔効果

“うざバング”で小顔効果

【骨格カバーのポイント】
前髪の奥行きを狭くしているので、顔の縦ラインをコンパクトに見せ、骨格をカバーして小顔効果もアリ!

【how to“ベース&カラー”】
ベースは緩やかな前上がりでカット。顔まわりにはローレイヤーを入れ、自然と髪がまとまるようにカット。前髪は目にかかる長さを残し、おでこが透けるように調整。重さがありながら、10トーンの明るいカラーとのコンビネーションで、トータルで軽さを感じられるスタイルに。また、ミルキーグレージュは、抜け感と透明感のある色味で、ツヤ感もあり女性らしさをプラス。

“うざバング”で小顔効果

【how to“スタイリング”】
髪をドライしたら、32mmのアイロンで襟足以外を内巻きにワンカール、襟足は外巻きカールに。異なったカールを重ねることで動きを出す。耳前の髪は左右2ブロックずつ、計4ブロックに分け、中間のみをリバースに巻くことでランダムなカール感となり、女性らしいイメージに。最後に、少量のヘアオイルを毛先に塗布し、軽く指を通すように髪を整えたら完成。

美人見えロングは、“うざバング”で小顔効果がポイント! ゆるい抜け感でしゃれ見えも

前髪あり&ひし形セミロングは目ヂカラのあるモテ顔に

前髪あり&ひし形セミロングは目ヂカラのあるモテ顔に

【骨格カバーのポイント】
ウェイトラインがAラインより上がるため、面長の骨格を補正する効果も望め、ややラウンドにカットした前髪のラインが目ヂカラUPにも。

【how to“ベース&カラー”】
ベースは鎖骨下10cmの長さで、前下がりのグラーデーションでカット。軽い動きを出すため全体にレイヤーを入れる。チョップカットで質感を調整。前髪の幅は狭めで、ラウンド気味にカット。カラーは日本人の髪の赤みを消す9レベルのアッシュベージュに。カラーでも柔らかい印象を。

前髪あり&ひし形セミロングは目ヂカラのあるモテ顔に

【how to“パーマ&スタイリング”】
パーアはデジタルパーマをセレクト。26mmのロッドでサイド2本、バック4本、トップも1回転半巻く。ドライ時は、前髪は地肌をこすりながら、トップはボリュームをつぶさないように乾かす。乾いたらウェットな質感になるオイルを手ぐしを通すように少量塗布。塗布する順番は、中間から毛先につけてから根元に。パーマがかかっているので、アイロン無しでもニュアンスのあるカール感を叶える。ツヤ感が大切なデザインなので、スタイリング剤は保湿力のあるタイプを選んで。

前髪ありヘア&王道の菱形セミロングは、柔らかい印象でも目ヂカラのあるモテ顔に!

頬骨の高さの前髪で骨格カバー

頬骨の高さの前髪で骨格カバー

【骨格カバーのポイント】
頬骨の高さでカットした前髪が、骨格をカバーして小顔効果もアリ。

【how to“ベース&カラー”】
鎖骨下5cmで、やや前上がりに。レイヤーをトップと顔まわりに入れて、ベースラインは重めに残す。大人フェミニンに見せるポイントは、中間から毛先にかけての毛量調整で、適度な厚みを残すこと。前髪は頬の位置から流れるようにカット。8トーンのブラウンベージュは、赤みを抑え、髪本来の色をキレイに見せる、温かみのあるツヤ感を演出するカラー。

頬骨の高さの前髪で骨格カバー

【how to“スタイリング”】
トップと顔まわりは、根元を立ち上げながら乾かすとスタイリングが楽に。髪が乾いたら、32mmのアイロンで、サイドは2段、バックは3段に分けてそれぞれ毛先をワンカール。サイドもバックも、上段のセクションを巻く時は、髪を引き出す位置をやや高くすると、ランダムな動きが出て、ふわっとしたカール感に。両サイドの前髪は、リバースに巻いて流す。トリートメントワックスを、全体的に揉み込み、前髪の立ち上がりをスプレーでシュッと固めたら完成。

斜め前髪×ワンカールセミロングは、ふわっと華やか!大人かわいい印象に

※価格はすべて税抜きです。
※一部サロン専売品が含まれます。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事