ヘアスタイル・髪型
2019.10.13

前下がりボブのおすすめ髪型|失敗しない!かわいくなること間違いなしのヘアカタログ

定番人気スタイルの前下がりボブヘアを大特集!ストレートorパーマ、前髪なしorありなどのお好みから選んでも◎、丸顔をカバーして小顔効果がかなうものやヘアアレンジ術なども!たっぷりとお届けします。絶対かわいくなること間違いなしのスタイルをチェック♪

【目次】
ストレートタッチのショートボブで今っぽ見せ
ふんわりパーマで時短スタイリングも可能に
40代からの大人女子に◎前髪なしスタイル
前髪ありでも子供っぽくならない!
丸顔をカバーして小顔に!
ヘアアレンジでさらにおしゃれに

ストレートタッチのショートボブで今っぽ見せ

シンプルスタイルにウェット質感をプラス

シンプルスタイルにウェット質感をプラス
【How to“ベース&カラー”】
・ベースは前下がりのグラデーションボブでカット。
・前下がりを強調するとクールなイメージを与えるので傾斜は緩やかにして、顔まわりの角を削って丸くやわらかい印象に。
・前髪は流しも下ろしも2WAYを楽しめる、眉が見え隠れする長さにカット。
・カラーは8レベルのウォームブラウン。
・ツヤ感がある暖色系で、伸びた時も根元が気にならない明度と色味。

シンプルスタイルにウェット質感をプラス
【How to“スタイリング”】
・ドライヤーで乾かし、ヘアオイルを付けたら完成の時短ヘア。
・ウェットな質感がシャレ感をプラスするので、オイルは必須。
・スタイリングはオイルを手に取りまず毛先に、そして手に残っているものを表面に、前髪は毛先のみに塗布。
・髪質によっては表面にストレートアイロンを使って、ツヤとまとまり感をアップさせても。

時短&簡単スタイリングのショートボブは、ウェット質感で今っぽ見せ!

スリーク質感でスタイリング要らずのおしゃれヘア

スリーク質感でスタイリング要らずのおしゃれヘア
【How to“ベース&カラー”】
・サイドは、前下がりのグラデーションでカット。輪郭をカバーしてくれる。
・適度な厚みを残しながら、先細に毛量調整をして馴染みをよくする。
・前髪は、サイドよりやや短い鼻下の長さでカット。
・ややラウンドにすることで女性らしさをアップ。
・襟足はセンターが一番長くなるようにラウンドでカットし、首長効果で華奢なイメージに。
・10レベルのベーシュでカラーリングし、赤味を抑えたやわらかい質感に仕上げる。

スリーク質感でスタイリング要らずのおしゃれヘア
【How to“スタイリング”】
・時短スタイリングは、ドライヤーでさっと乾かしてヘアオイルを毛先中心につけるだけで終わりという手軽さ。
・より美しく仕上げるなら、くしで両サイドをすっと通してストレート感を強る。
・乾かす時は、髪をかき上げるように風をあてるとナチュラルなボリューム感に。
・襟足は、耳後ろの髪をタイトにして“ハの字”に抑えるとキュとしたくびれが出現。
・また、乾燥が気になる人や髪が膨らみやすい人は、オイルをつけた手でオールバックに数回手ぐしを通すようにすると◎。
・髪のクセが気になる人は、ストレートアイロンを軽く通しても。

夏は“時短ショートボブ”で涼やかに♪長め前髪×スリーク質感でスタイリング要らずのおしゃれヘア

しゃれ感たっぷりの甘×辛絶妙バランス

しゃれ感たっぷりの甘×辛絶妙バランス
【How to“ベース&カラー”】
・襟足ギリギリの長さでカットしたボブに、表面のみレイヤーを入れたスタイル。
・サイドはリップラインの長さで前下がりにカット。
・前髪は、下ろすことも流すこともできる長さにして扱いやすく。
・サイドとの繋がりはやや長さを残し、黒目と黒目の間を軽くすることで今っぽいバングに。
・カラーは8レベルのフォギーベージュのベースに、表面に入れた13レベルのハイライトがアクセントとなり立体感をプラス。

しゃれ感たっぷりの甘×辛絶妙バランス
【How to“スタイリング”】
・前髪の分け目がつかないように乾かしたら、ストレートアイロンを使い丸みが出るようにさらっと通すだけの簡単スタイリング。
・硬毛の場合は、カールアイロンを低めの温度で使って軽くニュアンスをつけても。
・スタイリング剤は、オイルとシアバターを混ぜてから、全体に馴染ませたらフィニッシュ。
・襟足は浮かないようにしっかり押さえることも忘れずに。

甘×辛ストレートショートは、透けバング&ウェット質感で遊び心をプラス!

ふんわりパーマで時短スタイリングも可能に

ニュアンスパーマでふんわりとした仕上がりに

ニュアンスパーマでふんわりとした仕上がりに
【How to“ベース&カラー”】
・ベースは前下がりのショートボブにカット。
・顔まわりトップには軽さが出るようにレイヤーを入れる。
・前髪は目の上ギリギリの長さで切り、サンドバングとマッシュラインで繋げて丸みのあるスタイルに。
・量感を調整して、重すぎない印象に。
・カラーは6レベルのアッシュグレーに。
・ダークカラーでありながら、透明感があり重さを感じさせず、屋外で太陽の光に当たった時には透けたように見える色味。

ニュアンスパーマでふんわりとした仕上がりに
【How to“パーマ&スタイリング”】
・23〜25mmのロッドを使い、襟足以外に毛先ワンカールのパーマをかける。
・スタイリングは、キレイにまとめようとせずに、ドライヤーでざっと乾かすだけでOK。
・乾いたらミルクやバターなどウェットな質感に仕上がるスタイリング剤を全体的に揉み込み、毛束感を整えたら完成。

大人のゆるかわショートヘアは、ニュアンスパーマのラフさが鍵!

面長カバーにも!

面長カバーにも!
【How to“ベース&カラー”】
・前髪を6:4で分ける。
・裾はあごラインのやや前下がりのワンレンベース。
・顔周りの毛束をリップラインでカットしサイドと差をつけ、毛先の動きを見えやすく。
・表面にグラデーションカットを入れ、三角形の角を取って柔らかい印象に。
・全体の毛先に22㎜のロッドでワンカールのデジタルパーマをon。
・デジタルパーマはアイロンで巻いたようなくりっとしたカールがつきやすく、忙しい朝でもしっかりボリュームを出すことができる。
・カラーは9トーンのシナモンベージュに透け感のあるブルーアッシュをMIX。
・落ち着いた中にも柔らかさと透明感のあるこなれカラー。

面長カバーにも!
【How to“スタイリング”】
・乾かすとき、まず分け目と反対側に髪を流しながら乾かし、7割乾いたら分け目に戻して乾かすと前髪が立ち上がりやすくなる。
・さらに前髪の根元を立ち上げなら、温風と冷風を繰り返しあてると◎。
・裾は毛束を耳前、耳後ろ〜後頭部のセンターに左右それぞれ分け、ねじりながら乾かすとデジタルパーマが復活する。
・ヘアバームを毛先にもみ込み、ふわっとした立体感を出せば完成。

面長カバー! サイドボリュームで叶えるイイ女系“トライアングルボブ”

40代からの大人女子に◎前髪なしスタイル

落ち着きつつもこなれた感ある印象に

落ち着きつつもこなれた感ある印象に
【How to“ベース&カラー”】
・襟足はあごラインの延長線上でカット。
・後頭部は耳の中間よりやや高い位置にボリュームがくるように設定し、襟足に向かって緩やかなグラデーションに。
・この位置が高過ぎると老けた印象になるので注意。
・顔周りはあごラインの前下がりカット。トップの分け目がどこでもキマるように、表面と顔周りに軽くレイヤーを入れる。
・カラーはどの季節でも浮かず好感度の高い8〜9トーンのカーキ系ベージュ。
・肌の色や照明の明るさに合わせて、寒色に寄り過ぎない色味を作ることがポイント。

落ち着きつつもこなれた感ある印象に
【How to“スタイリング”】
・トップは根元だけ1〜2cm持ち上げ、やや斜め後方に倒しながら乾かす。
・トップ全体を持ち上げて乾かすと、戻したとき毛束に余分な丸みがつくので避けて。
・ストレートアイロンで表面の毛束の根元を挟み、中間まで滑らせ艶を出す。
・毛先はアイロンを90°に回転し、緩やかな内巻きカールに。
・すぐにペタッとなる人は程よく束感を作れるワックスを手のひらに少量伸ばし、毛先に軽くなじませるとふわっと感をkeepしやすい。

前髪長め×後頭部の丸みシルエットで、老けて見えない大人の“柔らかボブ”に!

落ちついたカラーでエレガントな印象に

落ちついたカラーでエレガントな印象に
【How to“ベース&カラー”】
・サイドはあご下4.5cmの前下がり、動きが出やすいよう長めにカット。
・後頭部は目のラインにボリュームが出るようカットすると、毛量が少なくても気にならず頭の形がキレイに見える。
・襟足は首に沿うようにカット。
・前から見たとき襟足が少し見えた方がおしゃれな印象に。
・顔周りは小鼻と口の間でサイドに流れるようにカットし、長めの前髪を作る。
・カラーは8トーンのラベンダーアッシュ。
・落ち着いた色ですが、透明感があり重たく見えない。

落ちついたカラーでエレガントな印象に
【How to“スタイリング”】
・トップを乾かすとき、分け目がパカッとならいよう根元を持ち上げながら乾かす。
・後頭部も根元を立ち上げるように乾かすと、自然とボリュームが出てふわっとした仕上がりに。
・外ハネスタイルにする場合は、28mmのアイロンで毛先のみ、内外ランダムに巻く。
・特に顔周りはしっかり外ハネにすると軽やかな印象に。
・前髪は軽くリバース巻きに。
・ワックスよりツヤ感の出るクリームタイプのスタイリング剤を毛先にもみ込み、軽く耳掛けをすれば完成。

大人髪で遊ぶならこれ! 毛先の動かし方でカジュアルにも上品にもなれる“前髪長めショートボブ”

ハンサムレディに

ハンサムレディに
【How to“ベース&カラー”】
・サイドはあご下ライン、顔周りはやや前下がりにカット。
・毛量が多い人は中間や耳下の襟足の毛束をすいてカット。
・巻いたとき毛束が浮いて透け感が出るように、表面にはレイヤーをプラス。
・カラーは赤みの出ない8トーンのブルーアッシュ。
・光に当たると透け感が出るので重たくならず、毛量が多めの人におすすめ。

ハンサムレディに
【How to“スタイリング”】
・乾かすとき、まず顔周りを含むトップの毛束を前に下ろして乾かす。
・それからかき上げるように毛束を持ち上げ、自然に分かれる位置の根元に温風を。
・さらに立ち上がった根元に冷風をあてると自然と形状記憶され、ふんわりした立ち上げ前髪が作れる。
・26mmのアイロンで毛先を外ハネに。
・レイヤーの入っているトップの毛束には、ランダムに内・外MIXで縦巻きをプラス。
・縦巻きにすることでボリュームを抑えた動きをつけることができる。
・スタイリング力の高いやや重めのオイルを全体になじませる。
・このとき巻きをしっかり崩すのがポイント。
・束感を出しつつ毛先がラフに動くように整えたら完成。

毛量多めの人におすすめ! 縦巻きをプラスした“透け感ボブ”で、ラフさを楽しみハンサムレディに

大人っぽく見える絶妙バランス

大人っぽく見える絶妙バランス
【How to“ベース&カラー”】
・前髪はあごライン、バックは長めに残しサイドに向かってやや前下がりにカット。
・搔き上げたときにラフな毛流れができるよう、前髪にトップから軽くレイヤーを入れる。
・ふわっとしたひし形シルエットになるよう、後頭部にもレイヤーを。
・カラーは7トーンのアッシュブラウン。
・ベースは上品なブラウンですが、日本人の髪に出やすい赤みを抑えるアッシュ系をプラスすることでツヤ感や清潔感を演出。
・落ち着いたカラーなので短くても軽い印象は与えない。

大人っぽく見える絶妙バランス
【How to“スタイリング”】
・顔周りは根元を立ち上げながら、後頭部は毛束を前に持っていきながら乾かすと立体感が出やすく。
・全体の毛束の中間から毛先に向かって32㎜のアイロンで軽くワンカール。
・やや低めのサイドでふわっとさせたいため、毛先でなく毛束の中間からアイロンを挟むのがポイント。
・ワックスやオイルを毛先にもみ込み束感を出す。
・前髪は根元を搔き上げ内側からキープスプレーを。
・すぐにペタッとなりやすい人は、サイドを少し持ち上げキープスプレーを吹きかけてもOK。
・重たい印象が苦手な人は、片側だけ耳掛けを。よりスッキリ感が出る。

長め前髪の“ひし形ボブ”は、大人っぽく見える絶妙バランス!

ナチュラルで大人っぽい洗練されたイメージに

ナチュラルで大人っぽい洗練されたイメージに
【How to“ベース&カラー”】
・鎖骨にかかる長さでやや前下がりにベースをカット。
・顔まわりにのみ、後ろに流れるレイヤーを入れる。
・サイドと同じ長さの前髪にせず、シャープさを抑え鼻先くらいの長さでカット。
・頬ラインに設定することで、柔らかい印象に。
・カラーは、6レベルのフォギーベージュ。
・フォギーベージュは、無彩色のグレーに近いベージュカラーで、赤みを打ち消し、光に透けたような透明感をアップさせる。

ナチュラルで大人っぽい洗練されたイメージに
【How to“スタイリング”】
・スタイリングは32mmのアイロンで毛先を外巻きにワンカールさせるだけの簡単ヘア。
・頭のハチより上の髪は、少し毛束を持ち上げて外ハネにすると◎。
・ハチ下は、アイロンを自分に寄せてくびれ感を出すようにワンカール。
・ツヤのある毛束感を作るなら、全体にヘアバターを馴染ませるようにつける。
・ウェットに仕上げるなら、ヘアオイルを選んでシルエットをタイトに整える。

骨格カバー&小頭効果!ニュアンスボブは、軽やかレイヤーで美人度アップ

ラフなハネ感で今っぽ大人カジュアルに

ラフなハネ感で今っぽ大人カジュアルに
【How to“ベース&カラー”】
・ベースカットは、アゴラインでやや前下がりのワンレングス。
・ラフなハネ感を出すため、トップと顔周りにはレイヤーセニングを入れる。
・前髪は、サイドよりやや短めにカット。
・カラーは、13レベルのカーキアッシュ。
・マット系にブルーを加えることで黄味を抑えて、透明感をプラスした色味。

ラフなハネ感で今っぽ大人カジュアルに
【How to“スタイリング”】
・ドライ時は、分け目がつかないように注意しながら乾かす。
・乾いたら、ストレートアイロンで、全体的を外ハネに仕上げ、さらに表面を32mmのアイロンを使い、リバースカールをランダムに巻く。
・直毛やアイロンが苦手な人は、毛先に太めのロッドで軽くパーマをかけても。
・仕上げは、スタイリングオイルを毛先中心につけてから、動きの欲しい表面と毛先にワックスを塗布。
・毛束感を整えたら、セミウェットな質感の中にラフな動きのあるスタイルの完成。

前髪なし+ショートボブは、ラフなハネ感で今っぽ大人カジュアルに

前髪ありでも子供っぽくならない!

抜け感のある前髪がやさしい印象を演出

抜け感のある前髪がやさしい印象を演出
【How to“ベース&カラー”】
・首元はギリギリの長さに設定し、ベースを前下がりのグラデーションでカット。
・重さのたまりやすい耳後ろは、しっかり毛量調整。
・顔周りはマッシュラインでカット。
・前髪は厚くならないよう、柔らかさのある抜け感を演出。
・カラーは、透明感のある9レベルのフォギーアッシュをセレクト。
・寒色寄りのベージュで赤みを抑えて、柔らかい髪質感に。

抜け感のある前髪がやさしい印象を演出
【How to“スタイリング”】
・オイルなどのベース剤を塗布してから、空気感が出るようドライヤーの風を下から当ててドライ。
・乾いたら毛先がやや内巻きになるように、ストレートアイロンを通す。
・キレイなツヤ感のある仕上がりにするコツは、面を整えながらプレスすること。
・前髪は流したい方向にプレスしてしまうとカール感が強くなるので、流したい方向と逆方向に。こうすることで、こめかみ辺りが閉まりのあるデザインに。
・ベース剤のニュアンスが残り、ハーフウェットな質感となるので、スタイリング剤は毛先にオイルをつけるだけでOK。

前髪あり&ショートボブヘアで、ふんわり女らしく。輪郭カバーも!

センターパート前髪で色っぽクールに!

センターパート前髪で色っぽクールに!
【How to“ベース&カラー”】
・あごラインの前下がりでベースをカット。
・顔まわりにボブの重さを残しつつ、トップにレイヤーをオン。
・ボブのモードな雰囲気はそのまま、ラフな動きをプラス。
・前髪は狭めの幅で、目にかかるギリギリのウザバングでカットし、透け感が出るように調整。
・カラーは10レベルのアッシュベージュに。
・女性らしいベージュに寒色のアッシュをブレンドし、柔らかいイメージの色味に仕上げる。

センターパート前髪で色っぽクールに!
【How to“スタイリング”】
・ドライをする時は、センターで前髪を分けてから乾かす。
・髪が乾いたら26mmのアイロンでアウトラインを外ハネにワンカール。
・レイヤーが入っている表面は内巻きに、顔まわりはリバースに巻きに。
・前髪は左右3パネルずつ取り、細かく中心に向かって内巻きに。
・スタイリング剤は、ウェットな質感に仕上がるオイルを、毛先中心にバサッと空気を含ませるようになじませる。
・ランダムな動きを出してから、手に残ったオイルを前髪の毛先に塗布したら完成。

センターパート前髪でボブは色っぽクールに!脱マンネリしたい人におすすめ!

シースルーバング×ひし形シルエットのくびれがカギ

シースルーバング×ひし形シルエットのくびれがカギ
【How to“ベース&カラー”】
・ベースはやや前下がりのボブにカット。
・軽さと動きを出すレイヤーをトップと顔まわりに入れる。
・前髪は目にかかるくらいの長さにカット。
・厚みがあると幼く見えてしまうため、三角ベースで浅めにとり、おでこが透けるようにスライドカット&チョップカットで毛量調整。
・カラーは、9レベルのアッシュベージュ。
・トレンドカラーのベージュとアッシュがミックスされ、適度に髪の赤みを抑えて肌がくすまず、顔色をキレイに見せてくれる色味。

シースルーバング×ひし形シルエットのくびれがカギ
【How to“スタイリング”】
・髪をドライしたら32mmのアイロンを使い、アウトラインを外ハネにワンカール。
・顔まわりはリバース巻き、サイドとバックはフォワード&リバースのミックスで巻く。
・ツヤと動きが出るようにオーガニックバームを揉み込むように付ける。
・束感を強調したいなら、スタイリング剤の量を多めにが◎。

伸ばしかけヘアを楽しむ!愛されボブはシースルーバング×ひし形シルエットのくびれがカギ

ソフトで女性らしい印象に

ソフトで女性らしい印象に
【How to“ベース&カラー”】
・前下がりボブのベースでカット。
・トップにレイヤーを入れているので、ボリュームや動きが思いのままに。
・ペタっとしやすい髪質の人には特におすすめのスタイル。
・ショートでありながら女性らしいソフトな表情を作り、面長の骨格をカバーする効果も。
・前髪は、流しやすくするため斜めにカットした後、内側を毛量調整するのが抜け感と束感を再現するポイント。
・カラーは、9レベルのシアーベージュ。
・グレーがかった色味で、柔らかさを引き立て、透明感のあるカラー。

ソフトで女性らしい印象に
【How to“スタイリング”】
・26mmのアイロンで外ハネに。この時、巻き過ぎに注意。
・ふわっとゆるめに巻き、髪の毛に熱が残っているうちにしっかりほぐせばせば、ソフトな質感に。
・表面は毛束をとって、リバースやフォワードにMIXに巻いてニュアンスを。
・顔まわりは、リバースに巻くと小顔効果あり。
・スタイリング剤は、シアバター系のしっとりタイプを全体に揉み込んで、束感とシルエットを整えて完成。
・ボリュームが出にくい人は、ドライ系ワックスでも。

外ハネショートは、抜け感のある前髪ならソフトで女性らしい印象に!伸ばしかけヘアにも

ペタンコ髪の救世主

ペタンコ髪の救世主
【How to“ベース&カラー”】
・あごラインでカット。
・バックから耳上までレイヤーを入れ、耳下のラインをすっきり見せる。
・顔周りは前下がりにカットしレイヤーを。
・全体のトップに向かってグラデーションカットにしひし形のシルエットを作りつつ、トップは短くなり過ぎないように注意。
・トップに長さを残すと、表面にふわっとした毛束を作りやすくなる。
・前髪は目の上ギリギリで厚めにカットし、自然にサイドに繋げる。
・カラーは10トーンのフォギーベージュ。
・ショートボブは暗いと幼さや重たさを感じさせる。
・表面のふわっとした毛束が透けやすいカラーなので、重たくならず垢抜けた印象に。

ペタンコ髪の救世主
【How to“スタイリング”】
・トップを持ち上げながら乾かす。
・また毛束を左右に動かすことで、分け目がパックリ割れるのを防ぐ。
・また全体の毛束を後ろから前に向かって乾かすとボリュームが出やすい。
・トップを前後ふたつに分け、それぞれ32㎜のアイロンでリバースワンカール。
・この毛束が表面にふわっとした立体感を出す。
・ややセット力のあるクリームワックスを手のひらに少量のばし、全体の毛先になじませ束感を作り、耳上をふわっとさせる。
・前髪の毛先にもなじませサイドに流して。
・トップの根元をつまんでキープスプレーを少し吹きかけると、ふんわりした毛束をKEEPしやすい。

ボリュームが出ないペタンコ髪は“厚め前髪×ひし形ショートボブ”でトップふんわり&小顔効果も!

丸顔をカバーして小顔に!

輪郭をひし形に見せるサイドバング流し

輪郭をひし形に見せるサイドバング流し
【How to“ベース&カラー”】
・あご下5㎝の前下がりワンレンボブ。
・こめかみに落ちるサイドバングの毛束を頬にかかる長さでカット。
・正面から見たとき毛先に動きが出るよう顔周りに軽くレイヤーを入れる。
・バックは重たく見えないよう、ジグザグにはさみを入れるチョップカットで軽さをプラス。
・前髪は目の上ギリギリで薄めにカット。
・おでこを隠すことで小顔効果をUPさせつつ、薄めに作っているので幼く見えない。
・カラーは6トーンのダークグレージュ。
・光に透ける寒色系なので、暗めでも重たく見えずあか抜けた印象に。

輪郭をひし形に見せるサイドバング流し
【How to“スタイリング”】
・乾かすとき、全体の毛束を後ろに流しながら乾かス。
・前に引き出して乾かすとレイヤーの毛束が顔周りを包み、輪郭がひし形になりにくい。
・また後頭部に厚みができハチが張って見えてしまうキケンもあり。
・顔周り、耳前サイド、耳後ろ、後頭部とざっくり毛束を取り、それぞれ32㎜のアイロンで毛先を内巻きにワンカール。
・さらに表面の毛束だけ引き上げ、同じく内巻きワンカールをプラス。
・耳上にふわっとした毛束を作りシルエットもひし形に近づける。
・前髪は黒目と黒目の間の毛束だけ軽く内巻きに。
・ヘアバターをなじませながらカールを崩し、毛先を内、外とランダムに動かす。
・サイドバングをサイドに流し、正面から見たとき輪郭がひし形になるように整えれば完成。

小顔効果抜群!輪郭をひし形に見せる“サイドバング流し”って知っている?

女性らしさを残しながらカッコ良さを表現

女性らしさを残しながらカッコ良さを表現
【How to“ベース&カラー”】
・全体をあごとリップラインの間の長さでカット。
・サイドはやや前下がりで、顔周りに長さを残す。
・襟足には厚みを残しつつ、頬からあごラインに向かってシャープな毛流れになるようグラデーションカット。
・表面に動きを出しやすくするためレイヤーを入れ、リップラインでカットした長めの前髪を作る。
・正面から見たときは毛束がなじむので前髪なしの印象に。
・この毛束により顔周りに動きが出て、表情が明るく見える。
・カラーは8トーンのブラウンベージュ。
・好感度の高いツヤのある落ち着いたカラー。
・短くても軽く見えず上品な印象に。

女性らしさを残しながらカッコ良さを表現
【How to“スタイリング”】
・トップを乾かすとき、まず毛束を右に寄せながら乾かし、次に左に寄せて乾かす。
・左右に揺さぶるように乾かすことでトップが潰れなくなり、センター付近で分けたとき立ち上がりやすく。
・分け目はセンターではなく6:4に。
・ちょっとずらした方が今っぽくおしゃれに見える。
・全体はハンドブローしたあと、手ぐしで毛流れを整えるとまとまりやすくなって◎。
・表面の毛束にアイロンを挟み、毛先が軽く内巻きになるように滑らせる。
・全体の毛先にシアバターをなじませ、頬ラインに立体感が出つつあごラインに沿って毛先がキュッとシャープになるように整える。
・顔周りの毛先に束感を作り軽く動かせば完成。

丸顔カバー&小顔効果を狙うなら、前髪なしの“ひし形ショートボブ”!きちんと感のある大人な雰囲気もGet♪

耳掛け&頬の上に毛束を落とせば丸顔やエラ張りが目立たない!

耳掛け&頬の上に毛束を落とせば丸顔やエラ張りが目立たない!
【How to“ベース&カラー”】
・襟足5㎝、肩に触れるぐらいの長さでやや前下がりにカット。
・基本はワンレングスですが、毛先に動きを出しやすくするため顔周りと表面に軽くレイヤーを入れる。
・前髪は隙間ができるように薄めに取り、目の上で毛先が流れるようにカット。
・カラーは好感度の高い9トーンのアッシュベージュ。
・動きのある毛先が軽やかに見えるように、ところどころハイライトを入れる。
・ハイライトは明るくし過ぎず、ベースのカラーとなじみませるのがおしゃれに見せるポイント。

耳掛け&頬の上に毛束を落とせば丸顔やエラ張りが目立たない!
【How to“スタイリング”】
・トップを左右にくしゃくしゃっと掻き上げながら乾かすと、トップがペタッとならずふんわりする。
・150℃くらいの中温に設定したストレートアイロンで裾を外ハネに。
・さらに表面の毛束を少量取り、ところどころ外ハネをプラス。
・アイロンの温度を上げ過ぎないことでクセがつきにくくなり、今っぽいラフな毛先に。
・ハネた毛先にスプレーワックスを吹きかけてから、バーム系のワックスを全体にもみ込み束感を出す。
・スプレーワックスを吹きかけておくと軽くゴワついた質感になり、立体感をKEEPしやすくなる。
・前髪は内側の根元にドライヤーをあてながらハンドブローで乾かし、毛先を軽くサイドに流す。
・顔周りの毛束をフェースラインにかけつつ、片側だけ顔周りの後れ毛を残して軽く耳掛けをすれば完成。

丸顔やエラ張りをカバーして小顔に! 前髪ありの“輪郭矯正ボブ”って知っている?

スタイリング次第の2WAY仕様

スタイリング次第の2WAY仕様
【How to“ベース&カラー”】
・ベースはアゴラインの長さで、やや前下がりのワンレングスボブでカット。
・表面に入れたレイヤーが、毛先に動きをつけてくれる。
・前髪は横幅を狭くし、巻いた時に目にかかる長さを計算してカット。
・横幅を狭くすることで、分け目を変えれば“かきあげ前髪”も楽しめる。
・カラーは、アッシュ寄りのベージュ。
・暗めの7レベルでも、透明感のあるカラーなので、重たさを感じず抜けのある印象に。

スタイリング次第の2WAY仕様
【How to“スタイリング”】
・髪をドライしたら、26mmのアイロンで内巻きワンカール。
・表面は2cm間隔で細かめの毛束を取り、リバースにワンカールさせると立体感のあるスタイルに。
・最後に、ヘアオイル、もしくはシアバターを全体になじませて、カール感をほぐすようにスタイリング。
・ウェットな質感と前髪にもしっかりスタイリング剤を付けるのがデザインのカギ。

シースルーバングのショートボブは大人でもトライしやすい!輪郭補正で、丸顔が気になる人にも!

ヘアアレンジでさらにおしゃれに

大人っぽくなる巻き方を伝授

【How to】

大人っぽくなる巻き方を伝授
(1)32mmアイロンを使用。前髪は、外側に流しながら毛先は内巻きに。

大人っぽくなる巻き方を伝授
(2)顔周りの髪も、毛先だけ外ハネにする。毛束をほぐしながらスプレーを吹きつけ、動きをキープして。

シンプルボブがたった3分で、大人っぽボブに変身!

簡単にできる耳下プチ結び

簡単にできる耳下プチ結び
【How to】
(1)前髪をざっくりとセンターで分けたら、サイドの毛束を耳の後ろでタイトに押さえてちょこんと結ぶ。“いかにも”な結び目にならないように、地肌に沿わせながら結ぶこと。

ちょこっと結びで髪の広がりを防止! プールで映える簡単ヘアアレンジ

短めでもいけるアップスタイル

短めでもいけるアップスタイル
【How to】

短めでもいけるアップスタイル
(1)ハチ上の髪を後ろで全部留め、ハーフアップに。軽くワックスをつけた手で、ざっくりと作って。

短めでもいけるアップスタイル
(2)そのまま下部分もひとつ結びに。表面の髪を部分的に引き出し、耳前の後れ毛は束っぽく仕上げる。

短めヘアの方にもおすすめ!フルアップで暑い夏も爽やかな印象を叶えるヘアアレンジ~2段結び~

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事