ヘアスタイル・髪型
2019.9.10

ボーイッシュなヘアスタイル|かっこよくもかわいくも!大人女子におすすめの髪型

ボーイッシュに決まるヘアスタイル。かっこよくもかわいくも叶う大人女子におすすめのショートスタイルをご紹介します!おしゃれでこなれ感ったぷりになること間違いなしです。スタイリングテクニックと一緒にチェックしてみてださい♪

【目次】
ショートヘアがハマる!
大人かわいいも叶うスタイル
スタイリングテクニックも要チェック

ショートヘアがハマる!

今どき無造作おしゃれヘア

今どき無造作おしゃれヘア
【How to“ベース&カラー”】
ベースにカットし、動きが出やすいように表面にレイヤーを入れる。前髪を目の上のギリギリの長さに設定することで、角度がゆるめのマッシュラインとなりナチュラルテイストに。カラーリングは、暖色である8レベルのオレンジブラウンに染める。顔色をよく見せながら、髪のツヤ感もプラスしてくれる色味。

今どき無造作おしゃれヘア
【How to“パーマ&スタイリング”】
パーマは、20〜22mm のロッドを使い、毛先を逃した中間巻きに。しっかりしたカール感ではなく、毛先の遊びや動きのニュアンスとなるパーマをかける。スタイリングは、8割くらい乾かし、ムースを全体的に揉み込むように塗布する。髪がセミウェットな状態で、下からすくいあげるようにつけるのが今どきのスタイルに仕上げる鍵。ムースをつけたら、毛先が色々な方向を向くように整えて自然乾燥させたら完成。

流行のマッシュショートヘア×ニュアンスパーマで、今どき無造作ヘアに

抜け感のあるナチュラルテイスト

抜け感のあるナチュラルテイスト
【How to“ベース&カラー”】
襟足は2cmの長さでレイヤーにカット。中間からトップにかけてはグラデーションでカットして重さを残す。前髪はサイドを同じ長さに設定して、角をとる程度のレイヤーを入れて少しだけ軽くして、動きを出す。カラーは、8レベルのフォギーベージュに。気になる赤みやオレンジ色をくすんだグレーで打ち消すことにより、透明感や柔らかさのある色味に仕上げる。

抜け感のあるナチュラルテイスト
【How to“パーマ&スタイリング”】
パーマをかける場合、20mmのロッドで毛先から2回転平巻きのデジタルパーマをかける。パーマ無しでも26mmのアイロンを使って、毛先は外ハネ、中間は内巻きにして波ウェーブとすることでも同様のスタイルを楽しめる。スタイリング剤は、パサつきを抑えて保湿力のあるヘアオイルをチョイス。適量を手に馴染ませて、毛先からも揉み込むようにつける。ラフな動きと束感を整えたら完成。

ショートヘア×ニュアンスパーマで、抜け感のあるナチュラルテイストに

夏をとことん楽しむシンプルスタイル

夏をとことん楽しむシンプルスタイル
【How to“ベース&カラー”】
レザー(カミソリ)で襟足からグラデーションカット。そこからサイドに繋げ、顔周りは頬ラインで前下がりになるようカット。トップに動きが出るよう軽くレイヤーを入れ、表面に束感を作るようにところどころレザーで間引きカット。カラーは7トーンのフォギーアッシュ。赤みを消しつつ透明感を出し、柔らかな印象に。ファッションやメイクをジャマしない落ち着いたカラーだが、透け感があるので重たく見えない。

夏をとことん楽しむシンプルスタイル
【How to“スタイリング”】
トップを6:4で分け手ぐしで乾かす。前髪は、顔前にドライヤーを持ってきて生え際に吹きかけ自然に立ち上げる。サラッと見せたいからあえてアイロンは使わず、シアバターなど保湿力の高いスタイリング剤を全体になじませるだけで完成。

アレンジ自在な前髪なしが正解!“シンプルショートヘア”で夏イベントをとことん楽しむ♪

タイトな襟足ですっきり美人印象に

タイトな襟足ですっきり美人印象に
【How to“ベース&カラー”】
襟足はギリギリでカットし、ベースは丸みを出すグラデーションに。サイドの長さをあご上に設定して、ウェイトラインが頬骨となるように低めのレイヤー入れる。毛量調整をやや軽めにすることでスタイリングが楽チンに。カラーは、8レベルのセピアグレージュ。ラベンダー+グレー+ベージュをミックスし、透明感があるニュートラルな色味。髪にツヤをもたらし、赤みを抑えるメリットも。

タイトな襟足ですっきり美人印象に
【How to“スタイリング”】
タオルドライをしたらヘアオイルを全体的に馴染ませてから乾かす。前髪のふんわり感がポイントなので、手でかき上げながらドライ。空気感のあるラフなスタイルは、ざっと乾かすだけでもOK。ニュアンスが欲しい時は、前髪の毛先をアイロンでワンカールさせると耳にかけた時にもおしゃれな印象に。ツヤと自然な束感、そして素髪のようなナチュラルな仕上がりを引き出すように、スタイリング剤はオイルクリーム、もしくは柔らかめのミルククリームを選んで。

“小顔ショート”は、ひし型シルエットがカギ!タイトな襟足で首まですっきり美人印象に

おしゃれな人から取り入れている外ハネ

おしゃれな人から取り入れている外ハネ
【How to“ベース&カラー”】
前髪は鼻ラインでカット。バックは襟足を短めにカットし、グラデーションカットでリップラインのサイドに繋げていく。表面に動きを出しやすくするため、顔周りを中心にしっかりレイヤーを。外ハネにしたとき短くなり過ぎないよう、裾はやや長めに残すとバランスが取りやすくて◎。カラーは9トーンのフォギーアッシュ。くすみ過ぎないアッシュカラーで自然な軽さを演出。

おしゃれな人から取り入れている外ハネ
【How to“スタイリング”】
前髪は前方からドライヤーをあて、自然にふわっと立ち上げる。全体を乾かしたらストレートアイロンで表面と顔周りの毛束を外ハネに。アイロンは毛先をはさんだら、くるっと手首を返すと簡単に外ハネが作れる。外ハネはきっちり作ろうとせず、それぞれの角度が違っても気にせずラフに作ればOK。ストレートアイロンを使うことでくるんとなり過ぎず、外ハネの角度を自分で調整しやすく。毛先にややウエットな質感になるセラムなどを揉み込み、束感を作れば完成。

長め前髪の“外ハネショート”は、差のつくトレンドヘア!

カッコいい大人女子に

カッコいい大人女子に
【How to“ベース&カラー”】
サイドは耳にかかる長さでカット。耳を全部見せず、耳たぶに毛がかかるくらいの長さが女っぽく見えるポイント。襟足はすっきりカットし、トップのボリューム感を引き立てる。前髪は目にかからない長さでカット。フェースラインは曲線を描くようにマッシュラインにカット。全体の低い位置にレイヤーを入れ、動きを出しやすくしつつトップの長さは残す。カラーは8トーンのブラウンベージュ。ショートは暗いと個性的に見えがちなので、ツヤのある暖色系カラーで軽さを演出。

カッコいい大人女子に
【How to“スタイリング”】
乾かすとき、トップの毛先を後ろから前に向かって乾かすとハチが広がって見えずに◎。また前髪はかき上げながら乾かすと、ふわっとした毛先を作りやすい。26mmのアイロンで、前髪とトップの毛先をワンカール内巻きに。サイドは巻かずにタイトに仕上げると、トップの動きが主張されおしゃれな印象に。バームをひと差し指の第一関節くらいまで取り、しっかり伸ばしてからトップの毛束の中間から毛先に向かってもみ込む。根元にはバームがつかないように注意しながら前髪をかき上げ、毛先をくしゅっと整えたら完成。

すっきり小顔に見える前髪長めの“ジェンダーレスショート”で、一歩先をいく大人女子に!

一歩先のおしゃれ感をゲット

一歩先のおしゃれ感をゲット
【How to“ベース&カラー”】
マニッシュな印象のサイドグラデーションは、耳に少しかかるくらいの長さでカット。間引きセニング&スライドカットをmixさせながら毛量調整することで、ニュアンスのある束感を作る。さらに、トップにはレイヤーを入れ、動きを出しやすく。カラーは、ブリーチで細かいハイライトを入れた後、スタイリッシュな寒色であるオリーブアッシュ(10レベル)をオン。ハイライトによりメリハリのある立体感と、髪が動いた時の透け感を演出。

一歩先のおしゃれ感をゲット
【How to“スタイリング”】
トップは根元をふんわり立ち上げ、センターパートの分け目をくっきり見せないように乾かすのがポイント。はっきりとした分け目は古いイメージとなりがちで、ペタッとするとメンズっぽくもなるのでご注意を。襟足は、浮かないように上から押さえ込みながら風を当てる。19mmの細めのアイロンで、外ハネをメインにランダムに巻いて動きを出す。バーム系ワックスを毛先中心になじませるように塗布すると、艶のある束感に。ドライ系ワックスだと子供っぽくなりやすいので、ウェットな質感を作るタイプを選んで。

マニッシュショートは、前髪レス×コンパクトシルエットで一歩先のおしゃれ感を!

モード感たっぷり

モード感たっぷり
【How to“ベース&カラー”】
前髪は目の上ギリギの長さにカットして、サイドバング、顔まわり、サイドを前上がりでつなげたマッシュスタイル。襟足は短めにカットし、レイヤーを入れてキュッとタイトなシルエットに。耳上はグラデーションでカットし、前髪からサイドにかけて重みを残す。カラーは、6トーンのフォギーベージュ。赤みを抑え、髪に柔らかい質感と透明感を与えるカラー。

モード感たっぷり
【How to“スタイリング”】
仕上がりのシルエットをイメージしながら、分け目が割れないよう乾かす。トップの髪は根元からしっかり立ち上げ、つむじからの自然な毛流れに逆らって乾かせば、ふんわりキレイなフォルムに。ツヤ感と束感が重要なので、スタイリング剤は、ミルクタイプのワックスやソフトワックスなどを選び、シルエットと質感を整えたら完成。

大人モードなマッシュショートは、暗めカラー+長め前髪で洒落感アップ

輪郭カバー効果も

輪郭カバー効果も
【How to“ベース&カラー”】
バックはあご下1cmでカット。首元に沿うようにレイヤーを入れ襟足はすっきりさせる。後頭部は、横から見たとき鼻のラインでボリュームが出るようにグラデーションカットを。サイドはやや前下がりで、顔周りはエラが張った部分に毛先を落ちるようにカット。耳の周りに毛束がたまると野暮ったく見えるので、耳が透けるくらいに軽くするとおしゃれな印象に。トップには動きが出るようレイヤーを入れる。前髪は目にかからないくらいの長さでカットし、自然にサイドに流れるよう毛量調整を。カラーは10トーンのベージュブラウン。赤みを抑えた柔らかなツヤの出るカラーで、毛束の動きを軽やかに見せる。

輪郭カバー効果も
【How to“スタイリング”】
直毛やボリュームが出にくい人はパーマをかけると◎。襟足の長さが短い部分はコットンを使用したパーマでボリュームを抑えると、襟足がすっきり見える。残りのバックを横4段に分け、1段目を17mm、2段目を20mm、3段目を23mm、4段目を26mmのロッドで根元まで巻き込む。サイドは横3段に分け、1段目は20mm、2段目は23mm、3段目は26mmのロッドで根元まで巻き込む。前髪は表面と内側の毛の2段に分け、23mmと26mmのロッドで根元まで巻き込む。毛先がラフに動くように、全体的にパーマはゆるくかけるのが鉄則。スタイリングはバーム系ワックスとツヤを出すオイルをミックスし、全体的にもみ込むだけでOK。

エラ張りをカバーする“骨格矯正ショート”で、頭の形をキレイに見せてすっきり小顔に!

究極のカジュアルヘア

究極のカジュアルヘア
【How to“ベース&カラー”】
バックは襟足を首に沿わせるよう短めにカット。耳のすぐ前のサイドの毛束は長めにし、やや前下がりにカット。前髪は耳かけができる頬にかかる長さでスライドカットし、自然とサイドに繋げる。ショートのシルエットを丸くするため全体はグラデーションカットに。トップをふんわりさせ、耳周りにはニュアンスが出やすくなるようレイヤーもプラス。カラーは7トーンのブラウンベージュ。ツヤがしっかり出るカラーで、落ち着いた大人の雰囲気を出す。

究極のカジュアルヘア
【How to“スタイリング”】
トップをまず右側に寄せて乾かし、それから左側に寄せて乾かす。左右両方から風をあてることでトップが立ち上がりふんわり。ストレートアイロンで、前髪の毛先が軽くワンカールするように滑らせる。直毛やボリュームが出にくい人は、全体の毛束の中間から毛先に向かってアイロンを滑らせ丸みをつけても◎。柔らかめのワックスを毛束の中間から毛先になじませる。襟足は首に沿わせるように整え、前髪は毛先のみワックスをなじませサイドに流せば完成。

耳かけアリorナシどっちも決まって小顔効果あり!“長め前髪×ショート”は究極の大人カジュアルヘア

大人かわいいも叶うスタイル

愛らしいこなれヘア

愛らしいこなれヘア
【How to“ベース&カラー”】
ベースのカットはショートボブに。動きを出すため、トップにはレイヤーを入れる。襟足はすっきり切り込む。前髪はワイドバングでカットし、サイドとマッシュラインで繋げる。また、スライドカットで調整をして涼しげな抜け感に。カラーリングは、8レベルのラバージュに。ラバージュとは、ラベンダー+アッシュ+グレーをミックスした色味で、顔色をキレイに見せながら、髪の透明感をアップさせる。

愛らしいこなれヘア
【How to“パーマ&スタイリング”】
26mm~32 mmの細めのロッドを使い、ふんわり感が出るようにパーマをかける。もみ上げはより細めのロッドをセレクトし、襟足は首元になじむようにピンパーマを。スタイリングは、ボリュームと動きをだすように根元からドライヤーの風を当てながら乾かす。8割ほどドライしたら、セラムとオイルをブレンドし、内側から揉み込むように塗布。最後に表面と前髪の束間を整えたら完成。

マッシュショートヘア…ワイドバング×ニュアンスパーマで愛らしく

柔らかな丸みで女性らしさを

柔らかな丸みで女性らしさを
【How to“ベース&カラー”】
前髪は厚めに。目の下でカットし、サイドは耳下までラウンドカット。フェースラインを包むように毛束はやや長めに残す。後頭部は丸みが出るようにグラデーションカット、重さを残すのが女っぽく見せるカギ。トップを動かしやすくするよう、ハチ上にレイヤーを入れる。カラーは8トーンのオリーブアッシュ。赤みをおさえた外国人風の人気カラー。マッシュは頭でっかちに見えがちなので、全体に細くハイライトを入れて軽さを出すと◎。

柔らかな丸みで女性らしさを
【How to“スタイリング”】
毛先全体に28mmの細めのロッドで、平巻き1.25回転のパーマを。ドライヤーで根元からしっかり乾かし、顔周りの毛束は後ろから前に向かってフェースラインを包むように流す。軽めのワックスを毛先全体にもみ込み、さらにところどころ毛先をラフに動かせば完成。

前髪長めの“マッシュショート”で、この春は差のつくおしゃれ女子に!

ふんわり×タイトなシルエットで美フォルムに

ふんわり×タイトなシルエットで美フォルムに
【How to“ベース&カラー”】
襟足の長さは、あご下の延長線上でカットし、レイヤーを入れてコンパクトに。サイドは、あごラインに沿うように前下がりに。上部にはグラデーションを入れて丸みを強調。前髪は目が隠れるくらい、下ろしながら流せる長さを残し、シースルーバングになるよう、内側を毛量調整。カラーは、全体を10レベルのベージュでカラーリングした後、立体感を加える13レベルのイエローベージュでハイライトを重ねる。

ふんわり×タイトなシルエットで美フォルムに
【How to“スタイリング”】
基本的には乾かすだけでOKという手軽さが嬉しいショートスタイル。キレイに仕上げるコツは、乾かす時に分け目がつかないように注意し、根元が自然と立ち上がるように、毛流れとは逆方向からドライヤーの風を当てる。スタイリング剤は、オイルとクリームをミックスし、根元から空気を含ませるようにボリュームを出しながら塗布し、整えたら完成。

下ろして流す前髪でショートが美フォルムに!ふんわり×タイトなシルエットで小頭効果も

小顔効果も!

小顔効果も!
【How to“ベース&カラー”】
長めの前髪からサイドにかけて、顔まわりをマッシュラインでカット。輪郭は隠さず、思い切ってラインを出した方が丸顔をカバーできる。トップにはレイヤーを入れて、襟足はタイトに。レザー(カミソリ)でカットすることで、毛先がソフトな質感に。カラーは、9トーンのフォギーベージュ。ややくすみのあるベージュブラウンで、赤みを消しつつ、透明感のあるカラー。

小顔効果も!
【How to“スタイリング”】
スタイリングで動きを出しやすくするため、前髪は左右に振りながら乾かす。その後、26mmのアイロンで毛先をワンカール。さらに、トップの髪は中間をくるっと巻いてラフな動きをプラス。スタイリング剤は、ヘアバターとオイルをMIXして、髪の内側に空気を含ませるよう手ぐしでなじませ、襟足をキュッと整えて完成。

長め前髪のマッシュショートは、女性らしい丸みシルエットで“小顔”見せ!

スタイリングテクニックも要チェック

フワクシュな外国人風スタイル

【How to】

フワクシュな外国人風スタイル
(1)髪を真上に引き出したトップの毛の根元横に140度ほどに温めた32mmのアイロンをオン。その上に引き出した毛束をのせて、3秒ほど置くと、根元がふんわりと立ち上がりエアリーに。

フワクシュな外国人風スタイル
(2)顔まわりの髪の毛先から5㎝の部分をランダムに挟み、毛先を外ハネに。前髪はストレートのまま残しておくほうがバランスよく決まる。

フワクシュな外国人風スタイル
(3)(2)同様にバックの毛先から5cmの部分をランダムにアイロンで挟み、軽く外ハネに。こちらも、部分的にハネ感を出すことが垢抜けの秘訣。

フワクシュな外国人風スタイル

フワクシュな外国人風スタイル
(4)大豆ひと粒分のワックスを、両手によく伸ばしてから髪にオン。無造作に髪を握るようにして揉み込むとフワクシュな質感に。

\使用アイテム/

フワクシュな外国人風スタイル
■ザ・プロダクト|ヘアワックス 42g ¥1,980

フワクシュな外国人風スタイル
トップのエアリー感と、毛先のランダムなハネ感がキュートな外国人風フワクシュスタイルの完成!

猫っ毛ショートのスタイリングテク|ワックスとアイロン使いでフワクシュな外国人風スタイルに!【髪コンプレックス解消vol.48】

*価格はすべて税抜きです。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事