ヘアスタイル・髪型
2022.6.17

常盤貴子さん風に近づく【15の髪型】上品で色っぽいかき上げセミロング

\"\"

常盤貴子さん風に近づくおすすめの髪型を『美的.com』の連載でも好評だった人気サロンのスタイルからご紹介します。顔にかかる髪が色っぽいかき上げバングの大人なセミロングを集めました! 内巻きも巻き髪も似合うスタイルです。

常盤貴子さん風の髪型って?

常盤貴子さんといえばきりっとした美しい目元が印象的。おでこ出しがよく似合い、ハリ・ツヤのある美髪を活かしたセミロングが定番。アレンジをする場合はタイトめで爽やかな印象に。

ドラマ「グッドワイフ風」知的な印象のかき上げセミロング【7選】

【1】ストレートパーマで扱いやすくした大人のセミロング

【how to“ベース&カラー”】

  1. ミディアムレイヤースタイル。広がる癖があるので、トリートメント効果の高いストレートを全体にかけている。
  2. 毛先は、デジタルパーマでハーフカールかけて、柔らかい質感にしている。
  3. カラーは、8トーンのナチュラルブラウン。オーガニックカラーにすることで、ダメージを少なくし、ストレートパーマとの併用でも、極力ダメージレスでいける。

【how to“スタイリング”】

  1. 濡れた状態で保湿のトリートメントをつけて、ドライヤーで乾かす。
  2. 最後に、毛先を軽くブローするとより艶がでる。ヘアオイルを軽く毛先につけたら完成。

担当サロン:SINCER ELY(シンシアリー) 唐沢ゆりこさん

 

初出:大人のうねりヘアにはストレートパーマを施して扱いやすく

記事を読む

【2】華やかさを作る毛流れがポイントのスタイル

DELA髪質改善とは、美容室DELA by afloatの髪質改善トリートメントのこと。

【how to“ベース&カラー”】

  1. セミグラデーションカットで痛みを取る程度にしながらも、顎下リップラインで一度シルエットを取って、その下部分との段差を作っている。そうすることで、上の段(顎下)でくびれができるので、メリハリスタイルが生まれる。
  2. 流れるかき上げ前髪も出来て、大人の華やかさも作れる。DELAの髪質改善トリートメントを繰り返したことで、髪に艶が蘇りまとまり感の悪かった癖毛もしっかりなじむように。
  3. カラーは9トーンのカカオブラウン。中明度なハイライトを月1で繰り返して、白髪を生かして仕込んであるハイライト部分に白髪染めでは出せない透明感を作る。直毛の方は毛先にワンカールパーマをするとスタイリングが長持ちする。

【how to“スタイリング”】

  1. 乾かす際に、必ず毛穴を起こすように乾かし、毛流れを浮き立たせる。
  2. 分け目は大人の雰囲気抜群、7:3に分けて顔まりに髪がかかるように毛流れを持ってく。
  3. デザインの縁取り(毛先、顔まわり、トップの毛先)トリートメントバームをつければ、毛流れも強調できオシャレ感をつくれる。

担当サロン:DELA by afloat(デラ バイ アフロート) 青木拓也さん

 

初出:アラフィフでも髪は甦る!癖を活かした大人のミディアムヘア

記事を読む

【3】ふんわりかき上げが色っぽいワンカールヘア

176726627_129366335876643_7731203872062711229_n1

スタイルのポイント

  1. ナチュラルなストレートスタイル(ワンカール)でも可愛いくなれるようにローレイヤーカット
  2. 顎先あたりでカットをすることで、かきあげたときに大人っぽさ、色気が2倍

担当サロン:AFLOAT RUVUA (アフロート ルヴア) 内山 光さん

 

初出:有名サロンがお悩み解消!vol.2【卵型・セミロング・前髪なし】骨格・レングス・前髪別特集

記事を読む

【4】大きめカール&ツヤ感がポイントのこなれセミロング

【how to“ベース&カラー”】

  1. 鎖骨下3cm、やや前上がりにカット。カールの動きを出しやすくするため、顔周りと耳より上の広めのトップにレイヤーをたっぷり入れる。
  2. カラーは9トーンのセンシュアルブラウン。センシュアルとは、気品や知性をもつ色っぽさの意味。ギラつかず肌をキレイに見せる赤みを含むブラウンで、上品な大人っぽさを演出する。なによりツヤが際立つカラーなので、髪にくすまずきれいなツヤを与えたい人におすすめ。

【how to“スタイリング”】

  1. 前髪を含むトップの毛束を持ち上げ、地肌を指の腹でこすりながら乾かすと、分け目がパカッと割れずふんわりしたトップに。
  2. 32mmのアイロンで全体の毛先を2回転内巻きに。次に耳より前の毛束を、先ほど巻いた毛先より上の部分から1回転内巻きに。さらに後頭部の毛束をトップから上に引き出し、中間まで内巻きに。レイヤーが入っている裾全体に動きをつけたいので、後頭部から耳後ろを横ラインで4~5回に分けて表面を繰り返し巻く。
  3. 全体を巻いたら手ぐしでカールをバサバサッと崩し空気感を出して。ソフトワックスとツヤの出るオイル系のワックスをMIXし、カールを中心に揉み込めば完成。

担当サロン:AFLOAT WORLD(アフロート ワールド) 秋山那代さん

 

初出:セミロングがこなれる! “かき上げ前髪”を今っぽく見せる3つのルール

記事を読む

【5】頬骨あたりにふんわりボリュームをもたせたセミロング

カットのポイント

  1. 頬骨から下にボリュームが出るように巻くと柔らかな印象に
  2. 毛先に厚みを残すのもポイント
  3. 顔周りは、ふんわり頬骨あたりにボリュームが来るように長めにカット
  4. 鼻からリップラインくらいの長さの顔周りの髪は、顔の上側の横幅を狭く見せてくれる

担当サロン:STATES omotesando(ステイツ オモテサンドウ)mitsukiさん

 

初出:有名サロンがお悩み解消!vol.106【逆三角・セミロング・前髪なし】骨格・レングス・前髪別特集

記事を読む

【6】輪郭カバーも叶うレイヤーヘア

1

スタイルのポイント

  1. 顔まわりはレイヤーを入れすぎず包み込むようなカットでエラ張りをカバー
  2. トップはふわっとレイヤー入れてさらに輪郭カバー
  3. 頬にかかる髪で縦長効果を出す

担当サロン:DELA by afloat(デラ バイ アフロート) 杉浦 友哉さん

 

初出:有名サロンがお悩み解消!vol.157【エラ張りホームベース・セミロング・前髪なし】骨格・レングス・前髪別特集

記事を読む

【7】暗髪でさらに大人っぽく!かき上げクアンクヘア

1

スタイルのポイント

  1. 大人可愛いクアンクヘア
  2. 毛先重めのレイヤースタイル
  3. かきあげバングと暗髪で大人っぽく
  4. 毛先の方に重さをつけ四角顔をカバー

担当サロン:ciel(シエル) sanaさん

 

初出:有名サロンがお悩み解消!vol.176【四角・ロング・前髪なし】骨格・レングス・前髪別特集

記事を読む

かき上げから覗く目力が魅力の「セミロング」【4選】

【1】ボリューム感が魅力の外ハネセミロング

【how to“ベース&カラー”】

  1. 鎖骨下5cm。バックからサイドに向かいやや前上がりにカット。トップにボリュームが出やすいようハチ上部分にレイヤーを入れる。外ハネの動きを出しやすくするため、肩に落ちる裾の部分にもレイヤーを。レイヤーを多く入れ過ぎるとカジュアルになり過ぎるので、肩に落ちる部分のみに入れて裾の重たさを残すことが大切。
  2. 前髪はかき上げスタイルが決まりやすいあごラインでカット。
  3. カラーは8トーンのアッシュブラウン。赤みの出ないツヤのあるブラウンベースで、大人っぽく上品な印象を与える。

【how to“スタイリング”】

  1. 前髪をかき上げながら根元にドライヤーをあてるとトップのボリュームが出やすくなる。また温風をあてた後、髪の熱が下がるまでかき上げた状態でいると、手を離した後も根元の立ち上げをKEEPできる。
  2. 32mmのアイロンで裾を外ハネワンカールに。全体的にカールがついたら表面の毛束をところどころ取り、縦巻きカールをMIX。
  3. ウエット系のバームを全体的にもみ込み、外ハネと表面の縦巻きをなじませ、立ち上げた前髪の根元にキープスプレーを吹きかければ完成。

担当サロン:Sui(スイ) 深瀬介志さん

 

初出:大人の“外ハネセミロング”|おしゃれ感の決めてはトップと裾のボリューム感!

記事を読む

【2】ミックス巻きでくびれが出るモテセミロング


【how to“ベース&カラー”】

  1. 胸下のレイヤースタイル。
  2. 顔周りにそう毛流れは、かき上げバングができるようにどこで分けても大丈夫なようにしている。
  3. カラーはイルミナカラーのサファリ12トーン。暖色のベージュカラーなので、前回入れたハイライトにうまくなじんでグラデーションのようにも見える。なじみがいいので、グレーヘアにもおすすめの色見。


【how to“スタイリング”】

  1. 32ミリのアイロンで毛先をワンカール内巻きにし、顔周りを中間から外側に巻く。それに繋がるように前髪も流すように巻く。
  2. 全体的にくびれが出るようにミックス巻きにしているので、かき上げてもきれいにスタイルが決まる。
  3. ツヤの出るバームを全体に馴染ませて完成。

担当サロン:Surpass 星 晃介さん

 

初出:大人のモテ暖色セミロングヘアはかき上げバングに決まり

記事を読む

【3】ふわっと華やかなワンカールセミロング

【how to“ベース&カラー”】

  1. 鎖骨下5cmで、やや前上がりに。レイヤーをトップと顔まわりに入れて、ベースラインは重めに残す。大人フェミニンに見せるポイントは、中間から毛先にかけての毛量調整で、適度な厚みを残すこと。
  2. 前髪は頬の位置から流れるようにカット。
  3. 8トーンのブラウンベージュは、赤みを抑え、髪本来の色をキレイに見せる、温かみのあるツヤ感を演出するカラー。

【how to“スタイリング”】

  1. トップと顔まわりは、根元を立ち上げながら乾かすとスタイリングが楽に。
  2. 髪が乾いたら、32mmのアイロンで、サイドは2段、バックは3段に分けてそれぞれ毛先をワンカール。サイドもバックも、上段のセクションを巻く時は、髪を引き出す位置をやや高くすると、ランダムな動きが出て、ふわっとしたカール感に。
  3. トリートメントワックスを、全体的に揉み込み、前髪の立ち上がりをスプレーでシュッと固めたら完成。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 阿部由菜さん

 

初出:斜め前髪×ワンカールセミロングは、ふわっと華やか!大人かわいい印象に

記事を読む

【4】ふんわり巻いたひし形シルエットの華やかヘア

3

スタイルのポイント

  1. 華やか大人上品ヘア
  2. ハイレイヤーにカットすることで巻いたときに動きを出す
  3. ひし形シルエットでセクシーな印象に
  4. ふんわり巻いて四角顔をカバー

担当サロン:ciel(シエル) 橋本和佳奈さん

 

初出:有名サロンがお悩み解消!vol.176【四角・ロング・前髪なし】骨格・レングス・前髪別特集

記事を読む

すっきり感のあるタイトめ「アレンジ」【4選】

【1】キュッとまとめたくるりんぱローポニー

SINCERELY ディレクター

唐沢ゆりこさん

大人可愛いアレンジの天才!20代から60代まで幅広い世代のニーズにお応え致します。もっと自分を好きになるスタイルづくりを提案させていただきます。

STEP1:アイロンで巻く
32ミリのカールアイロンでゆる巻きしたあと、ゴムで半分結びます。

STEP2:下の髪も結んでくるりんぱ
残った髪を、先ほど結んだ髪の上で結んでくるりんぱする。

STEP3:上の髪をくるりんぱした髪に通す
くるりんぱした髪を写真の右側部分を左に持って行くようにねじり、ねじってできる輪っかの部分にSTEP1で作った髪を、外に向かって持ってくるように通す。輪っかの間に指を入れて、髪の束を持ってくるイメージ。

全体をほぐしたら完成。



初出:忙しい朝でも即できる!ママのキレイ見え度100点のローポニアレンジ

記事を読む

【2】太くて硬いロングでもできるすっきり高めお団子

ヘア&メークアップアーティスト

佐川理佳さん

メイクだけでなくヘアの技術も感度も高く、どんな髪質でもおしゃれなヘアに導く達人。今の旬のさじ加減を適切にジャッジ。

Q.多毛すぎて、トップ位置のお団子ができません!
A.毛束をいくつかに分けてお団子を作るのがおすすめ
「毛量の多い人やストレートすぎる人をはじめ、お団子がくずれてしまうという悩みをもつ人は多いもの。高さや髪質にかかわらず、どんな人も成功するためのコツは、一度に作ろうと思わず、毛束をいくつかに分けて作ること。今回は2束で作りましたが、3束や4束と、やりやすい本数でOK。結び目に巻きつけて留めるだけです」(佐川さん)


Point

・毛束が2本だと、お団子の形も偏らず、バランス良い仕上がりに。
・毛先はやや残して留める。2本の毛先は反対側に来るようにすると◎
・毛束を巻きつけた自然な動きに、軽くほぐしを加えてニュアンスに。



\How to/

STEP1:好みの高めの位置にポニーテールを作り、しっかりと結ぶ。結んだ毛束を手ぐしでざっくりとふたつの束に分ける。

STEP2:ひとつの毛束をくるくると軽くねじる。毛先付近を持ち、結び目のゴムに引っかけるようにして巻きつけ始める。

STEP3:そのまま、もう片方の毛束の下をくぐらせてゴムに巻きつけていく。力をしっかり入れてぎゅっと巻きつけてOK。

STEP4:毛先に遊びがでるように少し長めに残して、ピンで留める。ピン先をゴムに挿し込むとくずれにくい。ピンを複数使ってしっかり留めて。

STEP5:1本目の毛束を留めたところ。小さなお団子が結び目の周りにでき、毛先は長めに残して、動きが出る感じに。

STEP6:もう1本の毛束を手に取る。全体をくるくるとねじりながら、ひとつ目のお団子に巻きつけていく。

STEP7:ねじりのラフな感じは生かしながら、ひとつめのお団子にぴったり沿うようにしっかりと巻きつける。

STEP8:1本目の毛束同様、毛先を少し残しながらピンで留める。このとき、毛先が1本目と反対側に来るようにするとバランス◎。


初出:太くて硬いロングヘアだけどトップ位置のお団子は作れる! キレイなお団子ヘアを作るコツは?

記事を読む

【3】両サイドをねじった爽やかアレンジ

Point

・表面は立体感が出るように凸凹させる
・少ない髪でもきちんと留まるピンが最適
・毛先は巻いてボリューム出し
・ドライワックスでランダムな束感を作る


  1. 毛先を内と外のミックス巻きにしたら、ドライワックスをなじませる。
  2. 両サイドの髪を後ろに向けてねじり、少ない髪でも留まるピンで固定。
  3. 表面の髪を引き出す。


初出:梅雨時期は“ドライワックス”が心強い味方! ペタンコにならないハーフアップアレンジ

記事を読む

【4】フォーマルに使えるすっきり華やかなアレンジ

\How to/

STEP1:ハーフアップにしてからトップを軽くほぐす
ソフトワックスを全体へ薄くなじませ、こめかみより上の髪を手ぐしでハーフアップにしてゴムで結ぶ。トップから毛束を少しだけつまみ出し、程よくくずす。

STEP2:「くるりんぱ」をしたら結び目をヘアアクセで隠す
こめかみ下から耳下の毛束を、STEP1の結び目の上でゴムで結び、STEP1の毛束と襟足の髪を残してくるりんぱ(結び目の上へ毛束を通す)を1回する。最後にヘアアクセをオン。

【SIDE】

【BACK】


初出:初夏の簡単ヘアアレンジ|“くるりんぱ”で作るフォーマルハーフアップスタイル♪

記事を読む

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事