ヘアアレンジ・髪型
2021.1.17

超頼りになる、ミルボンのニゼルジェリー【使い方おすすめ6選】

\"\"

ミルボンから発売されているニゼルジェリー。M・S・Hと3種類ある中でも、特に人気なのは、固めずまとまり、ツヤ感もでるMとS!今回はこの2つの違いや特徴、美容賢者おすすめの使い方をご紹介します。アレンジしにくい短めボブも扱いやすくなり、シースルーバングも作れちゃいます!

ニゼルジェリー M(ピンク)とS(ホワイト)の「違い」

田中みな実さんも愛用♪ニゼルジェリー M(ピンク)

フリーアナウンサー

田中 みな実さん

フリーアナウンサーとして人気番組に出演するほか、大人キュートな魅力やプロ並みの美容知識などでも注目を集め、幅広く活躍。

「ほんのり甘い髪もモテ。ウエット系スタイリング剤です」(田中さん)

Check
  • セット力が控えめでベタつかない。
  • みずみずしいツヤ感が長もちするジェルワックス。

ミルボン|ニゼル ドレシアコレクションジェリーM

価格容量
¥1,800 90g


初出:田中みな実のこだわりの美髪ケア|「髪がみずみずしいとお肌も潤って見える。そんなツヤ髪が理想!」

記事を読む

程よいウェット感で長時間スタイルキープ!ジェリーS(ホワイト)

Check
  • ウエットな質感が加わり、なめらかなまとまりを与えるジェルタイプ。
  • 繊細な動きや空気感もつぶれにくい。

ミルボン|ニゼル ドレシアコレクションジェリーS

価格容量
¥1,800 90g

初出:初夏のヘアアレンジは、ざっくり束ねてリラックススタイルで♪

記事を読む

ほど良い濡れ感で女度UP・ジェリー「M」【ヘアアレンジ3選】

【1】髪の広がりをカバーしてくれる前髪アレンジ

Un ami omotesando トップスタイリスト

津村 佳奈さん

神崎恵さんを担当する美容師として一躍有名に。確かな技術で、その人に必ず似合うヘアスタイルを提案してくれる。


「いつもと違うスタイリング剤で質感を変え、いつもと違う分け目にするだけで全くイメージが変わります! 髪が落ち着くので、湿気による広がりもカバー」(津村さん)

【How to】

(1)ニゼル ドレシアコレクションジェリーMをなじませる


ワンプッシュ分のジェルを手に広げたら、フロントから髪をかきあげるように髪全体になじませる。

(2)9:1の横分けにする


髪が多い方はかきあげながらふんわり、少ない方はタイトに押さえてピンを飾る。


初出:ショートヘアの簡単イメチェン|梅雨の湿気による髪の広がりをカバー!

記事を読む

【2】猫っ毛のヘアスタイルキープ術

ヘア&メイクアップアーティスト

Georgeさん

多くの女性誌や広告などでも活躍中。

【How to】

(1)2種類のワックスを1:1の割合でブレンド


エマルジョンタイプのワックスと“ニゼル ドレシアコレクション ジェリーM”を手のひらにワンプッシュずつ出します。

(2)手のひらでよくなじませる


手の上に広げるようにすり合わせて、フッと感触が軽くなったらOK。

(3)混ぜたワックスを髪全体に塗布していく

髪全体にワックスをなじませます。

「シャンプー後に髪をタオルドライするときのような要領で、ワシャワシャ~ッと空気を含ませるようにワックスをつけていくと、髪にボリュームが出ると同時に、毛束感も出しやすいです」(Georgeさん・以下「」内同)

(4)毛先にワックスをつける


毛先は軽くにぎる感じでつけていきます。

(5)顔周りの髪を引き出し、ねじるように


顔周りの髪を引き出して、軽くねじるようにワックスをなじませます。

「量が多いとペったり見えてしまうので、手に残った少量のワックスを軽~くでOK!」

(6)手ぐしで軽く全体を整える


最後に手ぐしで軽く全体を整えて終了。ふんわりと空気をはらんだような、絶妙な毛束感のある仕上がりに。

「髪の長さによってワックスの量は調整してみてくださいね」

 

初出:猫っ毛の髪型の悩み…「ヘアスタイルが崩れる」を解消するスタイリング方法【髪コンプレックス解消vol.35】

記事を読む

【3】人気美容師が直伝!ゆるふわ「ドーナツくるりんぱ」

『N.Mist』スタイリスト

YU-Uさん

東京恵比寿にあるヘアサロン『N.Mist』にてスタイリストとして活躍。リアリティのある簡単こなれアレンジのエキスパート。『Hair Arrange Lesson』(主婦の友社)、『ヘアゴム1本のゆるアレンジ』(セブン&アイ出版)も話題。

【How to】

(1)保護スプレーをつける

まず軽く髪を湿らせる。髪を保護しながら、しっかりくせづくスプレーをシュッ。

(2)波巻きをする


ストレートアイロンで、根元からCカールをつなげるように巻いていく。内、外と交互に毛先まで巻く。

(3)フロントをギザギザに分ける

きっちりした分け目は浮いてしまうので、指先を使ってジグザグの分け目に。根元をふわっとさせる。

(4)スタイリング剤をもみ込む


ツヤの出るジェルミルクを手に広げて、表面の髪を握るようにくしゃっとつける。

\これを使うと◎/

ミルボン|ニゼル ドレシアコレクションジェリーM

価格容量
¥1,800 90g

(5)髪を引き出して浮き毛を作る

<トップ>

<サイド>

<結び目付近>

<襟足>

手ぐしで空気を入れてから、顔周りに後れ毛を残してひとつに結ぶ。髪を10本ずつくらいつまんで、向こう側の空間が見えるよう1cm程引き出す。

(6)毛先を巻き足す


毛先もしっかりうねりをつけたいから、ここで再度波巻きに。ボリューム感と立体感がさらに加わる。

(7)ミニくるりんぱを3つ作る


くるりんぱツールを使い、少ない毛束を取って結び目にミニくるりんぱを3つ作る。

(8)くるりんぱをくずす


3つのくるりんぱが一体化するように、毛束を広げるようにしながらくずす。これでドーナツ形に!

(9)後れ毛に束感をプラス

\巻いて/

\スタイリング剤をON/

残しておいた後れ毛も波巻きに。指にミルクを少しつけて髪をつまみつつ、左右に裂くようにくずす。

(10)浮き毛をスプレーでキープ


引き出した浮き毛や、毛束をつまみながら空間をあけて、ハードスプレーでキープする。

 

初出:ポイントはうねりをしっかりつけること!人気美容師さんのセルフヘアアレンジ

記事を読む

まとまりやすさ◎ジェリー「S」でつくる【ヘアアレンジ3選】

DAMIAスタイリスト

増田 怜奈さん

表参道の人気サロン、DAMIAのスタイリスト。

【1】簡単♪外ハネアレンジ

【How to】

(1)髪を上下に二分して、アイロンで外ハネに


サイド〜バックの髪を、こめかみ位置で上下にブロッキングします。

「一気にスタイリングしようとすると、かえって時間がかかってしまうので、必ず髪を上下に分けてください。まずは、下の段からスタイリング。中間部分をストレートアイロンで挟み、毛先に向けて滑らせて、毛先5cmのところで毛先が外にはねるように腕を外側にひねって、アイロンを抜きます」(増田さん・以下「」内同)

(2)ブロッキングした上の段もアイロンで外ハネに


続いて上の段をストレートアイロンで挟み、外ハネに。

「上の段は頭頂部を空けて、ハチのあたりをストレートアイロンで挟みます。毛先に向けて少しゆっくりめにアイロンを滑らせ、広がりやすいハチまわりをタイトに抑えるのがコツ。中間部分から徐々に手首を外側にひねりながら、アイロンを抜きます」

ここまでで約2分半!

(3)トップの分け目をジグザグに

コームの先端でトップの分け目をジグザグにとります。

「丸顔カバーに不可欠なのは、トップに高さを出して、縦長のフォルムを作ること。分け目をジグザグにすることで、トップにふんわり感が出て、自然な縦長フォルムになります」

(4)ジェル状のスタイリング剤を手に取る


“ミルボン ニゼル ドレシア ジェリーS”を500円硬貨大(ポンプタイプの場合は2プッシュ分)手に取ります。

(5)スタイリング剤を毛先にオン


「両手にジェル状スタイリング剤を伸ばし、両サイドの外側から手グシを入れて毛先になじませます。程よいウェット感を出しながら、ハネ感を長時間キープしてくれますよ」

\完成/

トップのふんわり感とサイドのタイトさで、メリハリのある外ハネボブの完成です。

「はねやすい髪は、無理に内巻きにしようとすると時間がかかるばかり。トップにふんわり感を出して、丸顔カバーにマストな高さをキープしつつ、サイドをタイトに抑え、毛先を外ハネにすると、スタイルにメリハリが生まれ、表情も華やかに見えます!」

 

初出:アイロンで簡単!“ボブの外ハネアレンジ”で丸顔&地味顔をカバー【髪コンプレックス解消vol.30】

記事を読む

【2】ショートボブのハーフアップ

【How to】

(1)こめかみ上の髪を後頭部で結ぶ


こめかみ上の髪を手ぐしでざっくりと後頭部に集めて、シリコンゴムか細い黒ゴムで結びます。

「先にごく少量の“ミルボン ニゼル ドレシア ジェリーS”を全体に広げておくと、まとめやすくなります」(増田さん・以下「」内同)

(2)ゴムに最後のひと通しをするとき、抜き切らない


毛束が根元部分で下向きに折れた状態でキープします。

(3)残った髪の毛先を外ハネに

残った髪の毛先をストレートアイロンで外ハネにします。

(4)前髪を少量とり、ポンパドールに


前髪の中央部分を少量とり、トップに持ち上げた状態でゆるくねじってアメピンで固定し、小さなポンパドールをつくります。

(5)結んだ毛束をルーズに崩す


結んだ毛束の二つ折り部分を、少しずついろいろな方向に引き出して、ルーズな質感とボリュームを出します。

(6)トップの毛を引き出す


トップの髪(結んだ髪とポンパドール部分を一緒に)を部分的に引き出します。

「丸顔の場合は高さをしっかりと出し、面長の場合は高さを控えめに引き出すのが小顔に見せる秘訣です」

(7)結んだ毛束にシュシュをオン


結んだ毛束のゴムを隠すように、シュシュをかぶせます。

「シュシュは、少しボリュームのあるタイプを選ぶと、バランスよく仕上がりますよ」

\完成/


浴衣にもマッチする、脱マンネリ・キュートなハーフアップの完成!

「ボブアレンジは、コームやブラシを使わずに、手ぐしだけでざっくりルーズに仕上げるのがオシャレに見せるポイントです」

 

初出:浴衣にもおすすめ!ボブの簡単キュートなハーフアップアレンジで脱マンネリ【髪コンプレックス解消vol.31】

記事を読む

【3】透け感のあるシースルーバング

【How to】

(1)前髪を床と並行に引き出してマジックカーラーを毛先に当てる


「一度真下にとかしてから、床と並行に持ち上げた前髪の毛先の下に、マジックカーラーを当てます」(増田さん・以下「」内同)

(2)根元までマジックカーラーを巻きつける


マジックカーラーで前髪を根元まで内巻きに。

「前髪がたるまないように、ピンと張った状態でマジックカーラーを巻くのがコツです」

(3)ドライヤーの温風を当てる

マジックカーラーを巻いた前髪に、ドライヤーの温風をまんべんなく当てます。

「当てる時間は10秒くらいでOKです」

(4)マジックカーラーをオフ


熱が冷めてから、マジックカーラーをオフします。

「髪のカールは、熱が冷める瞬間につくんですよ。しっかりクセづけしたいときは、カーラーを巻いたまま、メイクをするのがおすすめです」

(5)“ミルボン ニゼル ドレシア ジェリーS”を指にとる


“ミルボン ニゼル ドレシア ジェリーS”を小豆1粒分、人さし指にとります。

「ウェット感と毛束感がでる、ヘアミルクやソフトワックスでもOKです」

(6)前髪にスタイリング剤をつける


人さし指のスタイリング剤を親指にも伸ばして、カールした前髪の毛先をつまむようにしてつけていきます。


「前髪の両端は、カールがついた部分と巻いていない部分を一緒につまんでなじませるのがコツです」

\完成/

ふんわり透け感のあるシースルーバングの完成です。

「前髪に立体感を出すことで輪郭が目立たなくなり、フェミニンで垢抜けた印象になります!」

 

初出:丸顔&地味顔はシースルーバングでカバー!1分でできる前髪スタイリングテク【髪コンプレックス解消vol.29】

記事を読む

※価格はすべて税抜きです。
※ニゼルはサロン専売品です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事