ヘアカラー
2021.11.27

赤系ベースとオレンジで作る大人の控え目インナーカラースタイル

\"\"

大人のインナーカラーは派手すぎない赤み系にしてみては?赤み系ベージュとオレンジで作ればコントラストがあまり出ないので、大人でもおすすめです。

コントラストを少なくする色見にするのがさりげない大人インナーカラー

【白川さんが提案するインナーカラーのポイントと人気理由】

Point

・大人が初インナーカラーにする場合は、コントラストを出しすぎない色を選べば、派手になりすぎないのでおすすめです。

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%bc%e7%99%bd%e5%b7%9d12

【how to“ベース&カラー”】
ベースカットは前下がりではなく平行ボブです。高さはお客様にもよりますが、襟足を刈らないギリギリの高さのミニボブ。カラーはもみあげから下の部分にオレンジカラーをオン。暖色系は色持ちもいいのでオススメ。アクセントになり、おしゃれ度も一気にアップします。派手すぎないので、どんな服装とも合わせやすいのも嬉しいポイント!ベースは10~11トーンの赤味ベージュにインナーは1回ブリーチをし、オレンジベージュをオン。耳掛けをすることでベースとインナーカラーのコントラストがあまりないので、グラデーションカラー風にも見せることができます。

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%bc%e7%99%bd%e5%b7%9d11

【how to“スタイリング”】
スタイリングは毛先を全体的に外ハネ。耳から前の中間を縦巻きでリバース、耳後ろの中間だけ縦巻きでフォワードに巻いてます。スタイリング剤は、軽めのバームとオイルを1:1で混ぜて使用するとトレンドなウエット感が出つつ、形もキープしてくれるのでオススメです。

AFLOAT GINZA スタイリスト

白川 雄副さん

さまざまなヘアメイクもこなすハサミもカメラも握る美容師。カラーマイスターの経験と知識を活かし、お客様一人一人の髪質や生活スタイルに合わせたご提案をします。ハイライトや外国人風カラーなどのハイトーンカラーから、地毛風に見せる艶カラー・社会人カラーまで幅広くお任せください。
@shiro.afloat_hair
afloat-ruvua%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2-2
サロン名:AFLOAT GINZA(アフロート ギンザ)
担当サロンページはこちらから
AFLOAT GINZA(アフロート ギンザ)

文/黒木咲希

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事