ヘアカラー
2021.6.13

タイプ別!市販セルフ「ヘアカラー」【おすすめ9選】

\"\"

外出できなくて、白髪やヘアカラーのメンテナンスに困っている人も多いはず…。市販買えるヘアカラーをタイプ別に厳選してご紹介します。セルフヘアカラー初心者さんはトリートメントタイプがおすすめ!美容師さんが教える、セルフヘアカラーの色選びのポイントや上手なカラーリング方法もチェックしてみてくださいね。

【泡】タイプのヘアカラー(白髪染め)2選

【1】ダリヤ サロンドプロ 泡のヘアカラー・エクストラリッチ(白髪用)[医薬部外品]

すっかり定番になったフォームタイプの白髪染め。泡特有の扱いやすさでムラなく染まります。

価格容量
¥1,320(編集部調べ) 全14色
Check
  • 髪にしっかり密着する濃厚な泡でタレてこないヘアカラー。
  • ロイヤルゼリーエキスとパールエキスのうるおい成分にアンズエキス(うるおい成分)、シルクプロテイン(つややか成分)、植物性プロテイン(毛髪保護成分)、海藻エキス(毛髪保護成分)をプラス。
  • 混ぜる手間なしのワンプッシュ、アンモニアフリーでイヤなにおいがしないのがうれしい。

【2】花王 リライズ 白髪用髪色サーバー

価格容量
¥2,920(編集部調べ) 155g 全2色
Check
  • シャンプーの後にお風呂場でカラーリング。
  • 水気を切った後に適量をなじませ5分ほど放置、流すだけ。
  • 3日間連続で使い、あとは週1回、根元を中心に。使うたびに徐々に白髪が色づく。
  • 「黒色メラニンのもと(ジヒドロキシインドール)」だけで染める。
  • 100%天然由来の着色成分は、植物から抽出した成分で、麹の発酵技術を応用してつくられている。

【ミルク】タイプのヘアカラー(白髪染め)

ヘンケルジャパン サイオス カラージェニック ミルキーヘアカラー[医薬部外品]

価格容量
¥990(編集部調べ) 1剤50g、2剤100ml 全15色
Check
  • プロのスタイリストが開発・テストしたサロン品質のヘアカラー。
  • ちらりと気になりだした白髪もきれいなトレンドカラーに染め上げる。
  • なめらかなミルキータイプで均一に塗り広げが可能。
  • ロングヘアでも1箱で染められる大容量。たっぷり使えるから染めムラの心配なし!
  • 髪を補修するアフターカラー ヘアパック付き。

【トリートメント】タイプのヘアカラー(白髪染め)4選

【1】Jコンテンツ ルプルプ ヘアカラートリートメント

シャンプーの後にトリートメントとして使うだけで、髪をつややかにケアしながらダメージを与えずにカラーリング。
1回でもきちんと色づき、簡単にヘアカラーが可能。毎日のケアで使うことで、しっかりと染め上げていきます。

価格容量
¥3,300 200g 全6色
Check
  • 商品開発・販売に関わるスタッフ全員が毛髪診断士で、従来の酸化染毛剤・ジアミンに敏感な人や、髪や頭皮へのダメージが気になる人に支持されています。
  • 天然色素が髪表面に浸透・不着する、髪を痛めないヘアマニュキアタイプ。
  • 染めるほどしっとりうるおう質感がうれしい!

【2】ウエラトーン ヘアカラートリートメント

価格容量
¥2,420(編集部調べ) 200ml 全2色
Check
  • サロン発想の処方をベースにした髪をいたわるカラートリートメント。
  • 6つのトリートメント成分配合で染めるたびに美しい色とうるおいのある髪に!
  • カラーマグネット処方で、プラスイオン化した染料が、マイナスイオン化している髪の表面と引き合って結合。
  • 1回5分、3回の連続使用でしっかり染まります。
  • 日本人の髪色に合わせて厳選した全3色。

【3】ファンケル ヘアカラー&ボリュームトリートメントセット

価格容量
¥3,740 泡のヘアトリートメント 80ml×1本/ヘアカラートリートメント 200g×1本
Check
  • シャンプー後のタオルドライした髪に「泡のヘアトリートメント」をつけて5分。この泡がムラなく染める髪に整える秘密です。
  • 洗い流してタオルドライして、「ヘアカラートリートメント」をたっぷり塗布し、しっかりカラーを入れていく2ステップ。vvv
  • カラー長持ち成分のはたらきでしっかり染まる!
  • ジアミン系染料不使用で、頭皮と髪への刺激を排除。
  • ボリュームアップとツヤのための成分も配合しています。

【4】ポーラ グローイングショット カラートリートメント

価格容量発売日
¥3,190 200g 2016/07/07 全2色
Check
  • 髪のダメージを補修しながらきれいに染める、1本2役のカラートリートメント。
  • 毛髪補修成分や、ツヤやかな髪と頭皮環境を整える美容成分を配合。
  • 重ねるごとに深い色とツヤの美髪へ。
  • 大きさの異なる2つのピグメントを採用。
  • 浸透型ピグメントが毛髪内部に入り込み、鮮やかに発色。
  • 吸着型ピグメントが毛髪表面をコーティング。

【ヘアマニキュア】タイプのヘアカラー(白髪染め)2選

【1】ダリヤ サロン ド プロ ヘアマニキュア・スピーディ(白髪用)

価格容量
¥990( 編集部調べ) ヘアマニキュア100g/リムーバー10ml/プロテクトクリーム2g 全4色

【2】ホーユー シエロ オイルインヘアマニキュア

価格容量
¥1,186(編集部調べ) 本体100g、プロテクトクリーム3g、クレンジングジェル10g 全6色

セルフで上手に白髪を染める2つのコツ

【1】「ヘアマニキュア」編

【Step.1】ブラシにヘアマニキュアをのせる

【Step.2】髪をとかすようにムラなく塗る

【Step.3】5分ほどおく

【Step.4】十分にすすぎ洗いし、シャンプーをした後、リンスやコンディショナーで仕上げ、よく乾かす

 

初出:白髪染めランキング上位常連は?初心者にもおすすめの泡タイプやトリートメントも厳選

記事を読む

【2】「トリートメント」タイプ編

へア&メイクアップアーティスト

石川ユウキさん

サロン勤務後に、へア&メイクアップアーティストとして活動。タレント、女優、アーティストからの指名も多く、“今っぽい”メイクに仕上げてくれると定評。
関連記事をcheck ▶︎

Q. セルフカラーをするなら、どんなカラー剤を選ぶのが良い?

A. トリートメント感覚でできるカラーがおすすめ
「ブリーチ力が高いものは、やはり髪が傷みやすくダメージが出てしまいます。染めているカラーがそこまで明るい色でなく、自宅で今だけをしのぐセルフカラーならば、カラートリートメントタイプのほうが◎。程よく染まる程度なので、失敗した感が出にくいですよ。おすすめは、バイモア スペクトラムカラーズです。保湿力があるので、カラーしてもしっとりした髪でいられます」(石川さん・以下「」内同)

Q. 色選びのポイントは?

A. 暖色系なら失敗した感じにならない。
「もちろんご自身の色のトーンにもよりますが、失敗しにくいのは暖色系。原色系で色味が強いおのは、色が入りやすいので、セルフ初心者の片は、まずはブラウン系で試してみるのが良いです。ブラウン、ベージュ、グレージュなどが無難です」

Q. カラー剤の上手なつけ方は

A. 手でペタペタつけるだけでOK!
「カラートリートメントなら、ビニール手袋を手にはめて、ペタペタとつけ、もみこみます。そのあと大きめのコームでとかせばOKです。へアトリートメントをつけている感覚で使用してください。ただ色味が表面に入りにくい人が多いので、表面は少し多めに。表面に色が入っていれば、サロンに行っていない感が出にくいですからね」

Q. 色が入るか心配…髪色が明るいのでブリーチ力の高いものを使う場合は、どのようにつけたらいい?

A. 耳下から染めましょう!
「ブリーチ剤は表面体温で明るくなりやすういので、いきなり表面に入れてしまうとそこだけ明るくなりすぎてしまう可能性が。耳下や襟足部分は明るくなりにくいので、そこから塗っていき、徐々に上にもっていき仕上げましょう」

 

初出:サロンに行けない今こそ!セルフカラーメンテナンスは、カラートリートメントを選べば失敗しない

記事を読む

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事