ヘアカラー
2019.9.20

男性用のヘアカラー剤で染めるとしっかり染まるって本当? 真相を髪の専門家に聞いてみた!【美容の常識ウソ?ホント?】

A:ウソ。男性用、女性用の白髪染めに基本的な成分の違いはありません


「男性用と女性用の白髪染めに基本的な成分の違いはなく、一般的な男女の好みに合わせてそれぞれ色みや風合いを調整しています。また、一般的に短い髪の男性が多いため、付属の男性用ブラシやコームは短めの髪に合わせて作られているという違いはあります。

男性用のカラー剤は濃く染まる色番の商品が豊富です。女性向けでも濃い色番で染めれば同じですが、女性用のカラーで濃く染まる色番の商品が少ないため、そのような噂が広まったと思われます」( 田口暢彦氏・以下「」内同)

市販のカラー剤と美容室のカラーは別物!

なんと! 男性用と女性用のヘアカラーの違いといえば、色の違いくらいということ。男性用のヘアカラーの中に好きな色があればそれをチョイスしてもいい、ということですね。では、市販のカラー剤と美容室のカラー剤も、実は同じだったりするのでしょうか?

「市販品はセルフで染めたい人に扱い易く、また、できるだけムラなく染まるよう考えてつくられています。さらにはお客様のニーズに合わせ、液だれしにくいムースタイプや一本一本きちんとそまりやすいコームタイプ、チューブ、ポンプなどなど、さまざまな形状・タイプをご用意しています。それに対し、サロン品は理美容師の方がプロの技術をもって扱うカラーリング剤です。お客様の髪の毛のダメージ度合いなどによって使い分けたり、プロ用のハケを使って塗り分けたりすることを想定したクリームや液体などになっています」

ヘアカラーとパーマを同時にするならパーマが先

せっかく染めたカラーを長持ちさせるには対策が必要です。「ヘアカラーの色素は、紫外線やプールの塩素系成分、パーマ液などによって壊れることがあります。染めた髪が変色してしまうため対策が必要です。たとえば、ヘアカラーをした直後には、パーマはかけないでください。パーマ剤の1液には発色したヘアカラーの色を壊す作用があります。

また、パーマによっては、染めた髪が色が落ちたり、変色することがあるため、ヘアカラー後にパーマをかける際はヘアサロンに相談を。ヘアカラーをしてから、1週間は空けることをおすすめします」

整髪料を使うとヘアカラーが色落ちしますか?

「ムース、スプレー、ミストなどの整髪料では色落ちの心配はありません。ただし、トニックや育毛剤では、まれに色落ちすることもあります。色落ちが気になる場合は、念のために使用を避けるとよいでしょう。また、紫外線によって色素の一部が変化して、変色が起こることがあります。特に影響を受けやすいのは、寒色系のヘアカラー (マット系やアッシュ系) です。紫外線の強い季節は帽子などでの対策をお忘れなく」

ヘアカラーした髪の日々のお手入れのポイント3つ

「日々のお手入れのポイントとしては3つあります。

ポイント1 洗い流さないトリートメントを使う

まず、洗い流さないトリートメントを使うこと。キューティクルは摩擦に弱いため、ヘアカラーした髪のデイリーケアには洗い流さないトリートメントが適しています。

ポイント2 シャンプー後は濡れたままで放置しない

濡れている状態では、髪がこすれ合わないように注意してください。染毛後、1週間は髪が傷みやすい状態になっています。特に濡れた髪はお互いにこすれ合ってキューティクルを傷めやすい状態になっています。濡れたまま放置せず、またゴシゴシこすらないように気をつけましょう。

ポイント3 ドライヤーの熱を当てすぎない

ドライヤーは乾ききる直前で止めるのが効果的。髪が濡れた状態では、衣類や寝具等に色が付くことがあります。シャンプー後は、すぐに髪を乾かすようにしましょう。ただし、ドライヤーの熱を当てすぎると髪の水分が失われキューティクルがめくれ上がってしまいます。これはダメージの原因になりますのでご注意ください」

男性用と女性用のカラー剤の成分に違いはありませんでした。キレイな仕上がりを目指すには、髪質や条件に合わせてカラー剤を選ぶこと、。また、染めた髪の色、ツヤ、手触りなどを保つためのアフターケアも、欠かさずに行いましょう。

 

37b7cbfef7cdff0d6ffc25b9b619d764

ホーユー株式会社総合研究所
田口暢彦( たぐちのぶひこ)
愛知医科大学大学院博士後期過程修了( 医学博士) 。2001年の入社以来、毛髪科学、皮膚科学、色素細胞生物学の研究に従事。薬学系大学では「化粧品学」の講義を担当。
https://www.hoyu.co.jp/

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事