食・レシピ
2020.1.16

ひじきの栄養|栄養がないと思ってる?注目の効果や効能&簡単レシピまとめ

髪に良いのはなんとなく知っているけど、そんなに栄養はないのでは?と思っている方、実は、カルシウムやマグネシウム、ミネラルなどの栄養が豊富で、美髪はもちろん、ハリ肌やデトックスにも効果的、しかも低カロリーの、キレイになりたい女性にうってつけの食材なんです。そんなひじきの栄養や、その効果・効能を見直して、毎日の食事に積極的に取り入れていきましょう。

【目次】
ひじきの栄養やその効能とは?
ひじきの栄養を手軽に摂れる、楽うまレシピ集

ひじきの栄養やその効能とは?

マグネシウムがたるみ毛穴の拡大を阻止!

\肌の弾力を保つマグネシウムが、毛穴やたるみに効く/

マグネシウムは肌の弾力を保つので、たるみ毛穴の拡大を阻止。料理にちょい足しして、積極的に摂りたいもの。

毛穴に効く食材とは?黒ずみ、乾燥、たるみなどお悩み別おすすめ食材のご紹介!

豊富なミネラルで髪、肌、骨が健康に!

\髪、肌、骨などを作るのに必要なミネラルがたっぷり/

ヒジキにたっぷり含まれているミネラルは、髪、肌、骨などを作るのに必須の栄養素。さらにヨードの働きで毛母細胞を活性化させる効果もあり。

木下あおいのお薬ベジ★ごはん(9)ツヤツヤの美しい髪に!ヒジキの黒ごま炒め

カルシウム、食物繊維、鉄分も豊富で女性のキレイの味方!

\ダイエット、美肌、冷え性改善など・・・まさに女性の全方位キレイを支えてくれる/

骨粗しょう症を防ぐカルシウム、便秘の改善やデトックスに効果のある食物繊維、血液循環に関わる鉄分やマグネシウムがとくに豊富。低カロリーなのに栄養分たっぷりで、ダイエット、美肌、冷え性改善にも効果抜群です。

女性の全方位キレイを支える!【ひじきとおかひじきのサラダ】today’s SALAD vol.64

ひじきの栄養を手軽に摂れる、楽うまレシピ集

ツヤツヤ美髪になれる「ヒジキの黒ごま炒め」

ミネラルたっぷりのヒジキと抗酸化に優れた黒ごまが、根元から美しい髪を育んでくれます。おいしくヘルシーに作るポイントは、野菜の水分を利用して蒸し煮にすること。油を使わないのでふっくらとやわらかく、素材の味を生かした優しい味に仕上がります。

ツヤツヤ美髪になれる「ヒジキの黒ごま炒め」

【材料】(2人分)
乾燥ヒジキ…5g
にんじん…1/2本
玉ねぎ…1/2個
しょうが…少量
塩…少量
水煮大豆…50g
黒ごま…大さじ1
しょうゆ…小さじ2

【作り方】

ツヤツヤ美髪になれる「ヒジキの黒ごま炒め」

(1)乾燥ヒジキを水で戻す。

ツヤツヤ美髪になれる「ヒジキの黒ごま炒め」

(2)にんじんはせん切りに、玉ねぎは薄切りにする。
(3)熱した鍋に玉ねぎ、しょうがを入れて塩を振り、少量の水を加えてしんなりと甘い香りがする程度まで弱火で炒める。
(4)3にヒジキ、にんじんを加えてふたをし、10分弱火で蒸し煮にする。

ツヤツヤ美髪になれる「ヒジキの黒ごま炒め」

(5)水煮大豆、黒ごま、しょうゆを加えて全体を混ぜ、ふたをして数分弱火で煮込む。

\アレンジレシピ/
玄米と和えてヒジキおにぎりに

ツヤツヤ美髪になれる「ヒジキの黒ごま炒め」

ヒジキは冷めてもおいしいので、余ったら玄米と和えておにぎりに。ボリューム満点で栄養価も抜群!お弁当にもおすすめです。

木下あおいのお薬ベジ★ごはん(9)ツヤツヤの美しい髪に!ヒジキの黒ごま炒め

お弁当のおかずや作り置きに便利「ヒジキサラダ」

ヒジキや梅干しでミネラル不足を解消。作り置きおかずにぴったりの簡単レシピです。

お弁当のおかずや作り置きに便利「ヒジキサラダ」

【材料】
ヒジキ…40g
梅干し…2個
かつおぶし…10g

【作り方】

(1)ヒジキを水で戻して熱湯にくぐらせる。
(2)梅干しを包丁でたたいてペースト状にする。
(3)ボウルに1、2を入れて、カツオぶ しと和える。フタつき容器に移して冷蔵庫で1週間保存可。

お弁当のおかずや作り置きに便利「ヒジキサラダ」

お弁当にもどうぞ♪

コンビニランチで手軽にダイエット♪ どの食品を選ぶのが正解?

デトックス効果抜群「ゴボウとひじきのあっさりサラダ」

デトックス効果抜群「ゴボウとひじきのあっさりサラダ」

ゴボウのサラダというとマヨネーズ系の味付けが一般的ですが、今回は胡麻油と醤油、酢のあっさり系のドレッシングで。食物繊維が豊富で“おなかのお掃除食材”としてメジャーなゴボウに、食物繊維やカルシウム、鉄分なども豊富なひじきと組み合わせて、よりデトックス効果の高いひと皿に。

【材料】
ごぼう…1/2
生ひじき(なければ乾燥ひじきでもOK)…好みの量で
胡麻油…大さじ1
醤油…大さじ1弱
酢…大さじ1
きび砂糖…小さじ1/4弱
すり白胡麻…好みの量で

【作り方】

デトックス効果抜群「ゴボウとひじきのあっさりサラダ」

(1)ゴボウは削ぎ切りに。

デトックス効果抜群「ゴボウとひじきのあっさりサラダ」

(2)削ぎ切りにしたゴボウを水に10分ほど浸し、アクをぬく。

デトックス効果抜群「ゴボウとひじきのあっさりサラダ」

(3)ゴボウを沸騰したお湯に入れ、サッと茹でる。

デトックス効果抜群「ゴボウとひじきのあっさりサラダ」

(4)水気を切ったゴボウと、水で軽く洗った生ひじき、胡麻油、醤油、酢、きび砂糖、すり白胡麻をボウルに入れ、味を調え、さらに盛り付けて完成。

デトックス効果てきめん!「ゴボウとひじきのあっさりサラダ」Today’s SALAD #78

ワインのお供にも◎「ひじきと赤い果実のフルーツサラダ」

シンプルな味付けのフルーツサラダに「ひじき」を組み合わせてひねりをプラス。オリーブオイルとバルサミコ酢、塩こしょうのシンプルな味付けながら、ブドウの甘みが絶妙に混ざり合って、サラダとデザートの中間のようなハマる美味しさ。
ひじきの煮物はあまり好きではない人でも、甘酸っぱいフルーツと組み合わせたサラダならフレッシュで美味しく飽きずにひじきをいただけるはず。サラダには歯応えのある「長ひじき」がおすすめです。

ワインのお供にも◎「ひじきと赤い果実のフルーツサラダ」

【材料】
長ひじき…10g
ミニトマト…8個~10個
ブドウ(皮ごと食べられるもの)…10粒~
シカクマメ(インゲンやサヤエンドウなどでOK)…4~6本
オリーブオイル…大さじ2
バルサミコ酢…大さじ2
塩こしょう…適宜

【作り方】

ワインのお供にも◎「ひじきと赤い果実のフルーツサラダ」

(1)長ひじきを軽く洗い、たっぷりの水で戻す。
(2)ミニトマトとブドウはそれぞれ半分にカット。ブドウの種がある場合は種を取り除く。

ワインのお供にも◎「ひじきと赤い果実のフルーツサラダ」

(3)シカクマメ(インゲンやサヤエンドウなどでOK)をレンチンしてやわらかくする。鍋でゆでてもOK。程よい硬さがあったほうが美味しいので、やわらかくなりすぎないよう注意。
(4)水で戻したひじきを、5cmほどの食べやすい長さにカット。

ワインのお供にも◎「ひじきと赤い果実のフルーツサラダ」

(5)ボウルにひじき、ミニトマト、ブドウ、シカクマメを入れ、オリーブオイル、バルサミコ酢、塩こしょうを加えてあえる。

美容エディター・門司紀子のToday’s SALAD #13「ひじきと赤い果実のフルーツサラダ」

シメのひと皿にもぴったり「クレソンとヒジキの焼きそば」

シメのひと皿にもぴったり「クレソンとヒジキの焼きそば」

「栄養素の高い果物と野菜」1位にもなった最強野菜「クレソン」とヒジキのコラボレシピ。焼き“日本そば”はシメのひと皿にもおすすめ。和風の味つけにクレソンの味がハマる!

【材料】(1人分)
クレソン…1束(60g)
ヒジキ(乾燥)…大さじ1(4g)
長ねぎ…15cm分(45g)
そば(乾麺)…100g ※そば粉の割合の多いものが合う
ごま油…小さじ1
酒…大さじ1
A[酒…大さじ1、 めんつゆ(2倍濃縮タイプ)…大さじ2、ゆずこしょう…小さじ1]

【作り方】
(1)クレソンは5cm長さに切り、茎の太い部分はさらに縦に切る。ヒジキは水で戻す。長ネギは5cm長さに切り、縦に十字に切る。
(2)そばは表示どおりにゆで、流水で洗い、水気をしっかりきる。
(3)フライパンにごま油を熱し、ヒジキと長ねぎを炒める。長ねぎがしんなりしたら、クレソンの茎と酒を加える。
(4)茎がしんなりしたら、(2)、クレソンの葉を少量残して加え、Aをよく混ぜ合わせて回し入れ、全体を炒め合わせる。器に盛り、残しておいた生のクレソンの葉を添える。

「栄養素の高い果物と野菜」1位にもなった最強野菜『クレソン』旬をまるごと! |家呑みごはん #13

さっぱり食べられる「かぼちゃとヒジキのマリネ」

煮ものが定番のかぼちゃも、マリネなら涼しげ&簡単で夏にもおすすめ。ごま油が効いた落ち着いた甘さがハマります。

さっぱり食べられる「かぼちゃとヒジキのマリネ」

【材料】
カボチャ…300g
紫玉ねぎ…1/6個
ヒジキ…10g
塩…適量
A[黒酢、しょうゆ、ごま油…各大さじ1 砂糖…小さじ1/2)

【作り方】
(1)カボチャは3㎝大に切り、下ゆでし、紫玉ねぎはざく切りにして水(分量外)にさらし、水気をきる。
(2)ヒジキは水(分量外)で戻し、熱湯(分量外)で2分程ゆでて、ざるに上げる。
(3)ボウルにAを混ぜ合わせ、1と2を加えて和えて完成。

カボチャとヒジキのマリネ

たっぷり食べてもヘルシー「ヒジキときのこの具だくさんサラダ」

サラダの具としてぜひ取り入れたいのがヒジキ。鉄分、カルシウム、食物繊維、ビタミンAなど、女性の美と健康に必要な栄養の宝庫! トマトペーストや豆乳など、材料を混ぜるだけの簡単ドレッシングとも相性ぴったりで、いくらでも食べられます。

たっぷり食べてもヘルシー「ヒジキときのこの具だくさんサラダ」

【材料】(2人分)

乾燥ヒジキ…ひとつまみ
にんじん…1㎝幅
紫キャベツ…適量
しめじ…1パック
えのき…1/2パック
サニーレタス…適量
水煮ミックスビーンズ…1/2カップ

(A)ドレッシング
トマトペースト…大さじ2
豆乳…1/2カップ
みそ…小さじ2
酢…小さじ2
塩…少量
にんにくパウダー(あれば)…適量

【作り方】
(1)乾燥ヒジキを湯で戻す。にんじん、紫キャベツをせん切りにする。しめじの根元を落としてほぐす。えのきの根元も落として半分の長さに切る。
(2)鍋に湯を沸かし、しめじ、えのきをサッとゆでる。
(3)ボウルにAを入れ、混ぜ合わせる。
(4)別のボウルに水気をきったヒジキ、にんじん、紫キャベツ、きのこ類、サニーレタス、ミックスビーンズを入れ、3を加えて和える。

木下あおい美腸ダイエットレシピ(7)たっぷり食べてもヘルシー ヒジキときのこの具だくさんサラダ

夕食にぴったりの低糖質レシピ「豆腐とヒジキのハンバーグ」

夜のたんぱく質補給は、低脂肪・低糖質の豆腐を主役にしてヘルシーに。
肉がメインのハンバーグを、低脂肪の豆腐ベースにするだけで、睡眠中の胃腸への負担は軽減。良質なたんぱく質もとれて一石二鳥です。

夕食にぴったりの低糖質レシピ「豆腐とヒジキのハンバーグ」

【材料】(2人分)
鶏ひき肉…100g
木綿豆腐…1/2丁(150g)
卵…1/2個
乾燥ヒジキ…小さじ2
塩・こしょう、オリーブオイル…各少量
大根下ろし、ポン酢…各適量
青じそ…2枚

【作り方】
(1)ポリ袋に鶏ひき肉、水をきった木綿豆腐、卵、さっと洗った乾燥ヒジキを加え、塩・こしょうを軽く振ってよくもむ。
(2)1をビニール袋から取り出して2等分にし、空気を抜きながら小判形に整える。
(3)熱したフライパンにオリーブオイルを引いて②を焼く。片面に焦げ目がついたら裏返し、フタをして蒸し焼きにする。両面に焦げ目がついたら火を止める。
(4)3を器に盛り、大根下ろしをのせてポン酢をかけ、青じそのせん切りをのせる。

食事系ダイエットでいつも失敗している人必見!理想の夕食レシピ大公開!

肌のゆらぎ悩みに「ひじきとトマトのタブレ風」

ひじきは炎症を鎮める効果のある食材。肌のゆらぎに悩んでいる方必見の簡単レシピです。加熱すると水分が多く出るトマトと合わせれば、ひじきがふっくらと仕上がります。

肌のゆらぎ悩みに「ひじきとトマトのタブレ風」

【材料】(2人分)
芽ひじき(乾燥)…大さじ4
水…大さじ4
ミニトマト…10個
ディル…適量
A[オリーブオイル…大さじ1 レモン汁…小さじ1 しょうゆ…小さじ1 塩・こしょう…各少量]

【作り方】
(1)ひじきはさっと水洗いして耐熱容器に入れ、水、ヘタを取ったミニトマトを加えてラップをかけ、500Wの電子レンジで5分加熱する。
(2)1にディルとAを加えて混ぜ合わせる。

肌のゆらぎは食事で改善! 今が旬の“ひじき”を使った簡単レシピ

美肌&アンチエイジングに「ブルーチーズ風味サラダ」

ブルーチーズの程よいコクと刺激がねっとりした新じゃがに絶妙に絡み合います。

美肌&アンチエイジングに「ブルーチーズ風味サラダ」

【材料】(2人分)
ルッコラ…7束
新じゃが芋(小)…2個
ヒジキ(乾物)…10g
A[ブルーチーズ… 50g オリーブオイル…大さじ1 1/2 赤ワインビネガー…大さじ1 白こしょう…少量]
クルミ…適量

【作り方】
(1)ルッコラは食べやすい大きさにちぎる。新じゃが芋は皮をむき、1〜2mmのせん切りにして水にさらす。ヒジキはたっぷりの水で戻してからさっとゆがいておく。
(2)ブルーチーズは冷蔵庫から出し、常温に置いておく。Aの材料をボウルに入れ、よく混ぜ合わせる。
(3)新じゃが芋とヒジキの水気をよく拭いて、Aと混ぜる。食べる直前にルッコラを加えてさっと混ぜ、器に盛りつけて、粗みじんにしたクルミをのせる。

美肌&アンチエイジングケアに! 新じゃがとルッコラのサラダ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事