食・レシピ
2011.6.17

石坂優子の「キレイを養う★美味旬★レシピ」(37)苦みでキレイ?! しゃきしゃきゴーヤの夏そば

長寿でも知られる沖縄の代表的な野菜「ゴーヤ」。その緑の濃さから緑黄色野菜と間違われることが多いそうですが、実は淡色野菜なのです。淡色野菜だから栄養価が少ないの?と思われがちですが、ゴーヤの苦み成分には美容効果がある成分がぎっしり詰まっています。
ゴーヤの果皮に含まれる苦み成分でもあるモモルデシンとチャランチンという成分は血糖値を下げる効果や肝機能を高める効果があります。特に血糖値を下げる効果のある植物インシュリンが豊富に含まれているので、血糖値の急激な上昇を抑えてくれるのです。血糖値が急上昇し、インシュリンが沢山分泌される状態は脂肪を貯めこみやすい身体になりエイジングを早めると言われています。ビタミンC含有量も多く、まさにゴーヤはアンチエイジングにピッタリな夏野菜なのです。

今回はそんなゴーヤを使った夏そば。みょうがや大葉がアクセントになってしゃきしゃき食べられる簡単美味しいおそばです。ゴーヤが苦手な方は塩水に長く浸すことをおススメしますが、そのまま使うほうが栄養価もそのまま摂ることが出来ます。苦み上級者の方は少し厚めに切って料理するようにしましょう。

【材料】(2人分)
ゴーヤ…1本 / ごま油…大さじ1 / ツナ缶(油無添加の物)…1缶 / 塩・こしょう…少々 / そば…2人前 / みょうが…1個 / 大葉…10枚 / めんつゆ…適量

【作り方】
(1)ゴーヤは縦に二等分し、スプーンで種を取り除いたらスライスする。
(2)フライパンにごま油をひき、ツナ缶、(1)を炒めて塩・こしょうで味付けする。
(3)器に茹でたそば、めんつゆを入れ少し冷ました(2)と千切りにしたみょうが、大葉を乗せる。

★ポイント★
ゴーヤは炒めすぎないようにしましょう。

♪ひとことメモ
以前、そばの栄養効果についても書きましたが、おそばにも沢山の美容効果のある成分が含まれています。そばを選ぶときは、そば粉が多く含まれているものを選ぶようにしましょう。

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事