ヘアのお悩み
2020.8.26

ヘアブラシの【基本の選び方】&理想の髪に仕上がる【ロールブラシの使い方】

みなさんは普段どんなヘアブラシを使っていますか?ヘアブラシといっても、素材や形状はさまざま。今回はブロー&セットにおすすめのロールブラシの使い方をご紹介します。使い方次第で理想の髪に仕上がりますよ。

【目次】
種類豊富なヘアブラシ、どう選ぶのがいい?
ロールブラシの「上手な使い方3つ」【動画あり】
ロールブラシはくるんと軽い「内巻き」が得意!

種類豊富なヘアブラシ、どう選ぶのがいい?

\教えてくれたのは…ビューティプロデューサー 美香さん

ビューティプロデューサー 美香さん
『AMATA』オーナー。毛髪診断士の資格ももち、製品プロデュースなど多彩に活躍。自身の艶めくストレートヘアや美容法も注目の的。

\目的に合わせて毛質を選ぼう/

(1)頭皮にはクッション性の高いもの
(2)ブローにはデンマンブラシ
(3)スタイリングには獣毛

「頭皮をブラッシングする場合はクッション性のあるものを、ブローにはデンマンブラシ、髪の毛を整えたりするためなら獣毛のものを」(美香さん)

ドライヤーやヘアブラシの選び方は? 髪のために取り入れるべきインナーケアは? 原因や解決法を髪のプロが解決!

ロールブラシの「上手な使い方3つ」【動画あり】

【1】ドライヤーとブラシでしっかりブロー

\How to/

(1)タオルドライをして水分をとる

スルツヤ髪になるドライヤーとブラシの【使い方】

洗髪後のぬれた髪は、表面のキューティクルが開いて、中から水分が蒸発しやすい状態。すぐにタオルで水気を取って。

(2)ドライヤーで2から3割程度乾かす

スルツヤ髪になるドライヤーとブラシの【使い方】

ドライヤーの風量を大きくし、地肌をよく乾かします。髪全体はまず2~3割だけ乾かし、軽く湿った状態にしておきます。

(3)手ぐしで引っ張りながら乾かす

スルツヤ髪になるドライヤーとブラシの【使い方】

髪は乾く瞬間に形状記憶するもの。湿った状態で、5本指の間に髪を取り、ゆっくりと引っ張りながらドライヤーを当てます。

(4)目の細かいブラシでとかしながら乾かす

スルツヤ髪になるドライヤーとブラシの【使い方】

7割程度乾かしたら、今度は目の細かいロールブラシでとかしながら乾かして。温風・冷風を繰り返すとさらにまとまります。

脱・うねり髪…正しいドライヤー法なら“まとまり”を即実感!|家電ガイド付き

【2】動画で解説!ふんわりトップの作り方

\教えてくれたのは…ヘアメイクアップアーティスト 石川ユウキさん

【動画で分かる】ふんわりトップの作り方

芯の通った女性らしさの表現に定評あり。韓国コスメ通で、韓国メイクを日本のメイクに落とし込んだ“ハニルメイク”が話題沸騰中。Three PEACE所属。

\ブロー方法/
(1)左から右、右から左に髪をとかしながらブローを3回ずつ繰り返す。
(2)トップの分け目を指でジグザグに分ける。
(3)分け目から2cmほどのところで髪をとり、根元にブラシを巻きつけて定着させる。
(4)ブラシの根元にドライヤーで、温風5秒、冷風5秒の順に風をあてる。髪がきちんと冷えたのを確認したら、ブラシを抜く。

\ポイント/
ジグザグに分け目をつくることで、髪がふんわり立ち上がりやすくなります。トップにブラシを巻きつけたら、温風、冷風の順に風をあてて、髪が冷えたのを確認してからブラシを外すこと!

【お悩み解決メイク動画】トップのボリュームアップ編|ヘアメイク石川ユウキさんが解決!

【3】脱力感のあるこなれ前髪の作り方

脱力感のあるこなれ前髪

前髪が時折はらっと落ちるくらい、セットしてない風の無防備さが“自然体で女っぽい”雰囲気を演出。

\How to/

(1)前髪をブローする

脱力感のあるこなれ前髪

かきあげる方の前髪を下ろし、ロールブラシを使って、丸みをつけるようにブローする。

(2)水スプレーをかける

脱力感のあるこなれ前髪

ブローがよれない程度に、前髪に軽く水スプレーを吹きかけ、ラフなくずし感と束感を作る。

(3)根元にスプレーをかける

脱力感のあるこなれ前髪

前髪をかきあげながら根元にスプレーを吹きかけ、立ち上げを程よくキープする。

今日からできる前髪アレンジ4選!毎日違う印象で周りをドキッとさせちゃおう

ロールブラシはくるんと軽い「内巻き」が得意!

軽やかな内巻きロングヘア

軽やかな内巻きロングヘア

【How to スタイリング】
・前髪を乾かすときはパカっと分かれないように、指の腹を使って頭皮をこすりながら毛束を手前に引き出すように乾かして。
・全体が軽く乾いたら、ロールブラシを使って毛流れを内巻きに整えるとキレイなカールを作りやすくなる。
・前髪はサイドに流れやすくするためカーラーで巻いておくと◎。
・やや太めの38mmのアイロンで、毛先を内巻きワンカールに。いちばん下の裾だけでなく、レイヤーの入っている前上がりの毛先にも内巻きを忘れずに。
・程よく束感が出るシアバターのスタリング剤を毛先を中心に揉み込む。
・前髪は軽く内巻きのクセがついたらカーラーを外し、毛先をサイドに流したら完成。

担当サロン:Ramie GINZA(ラミエ ギンザ) 加藤貴大さん

王道かわいい前髪ありの”内巻きロング”は、レイヤーを入れて軽さを出すのが今っぽルール

ブラシを使うことでキューティクルもアップ

ブラシを使うことでキューティクルもアップ

【How to スタイリング】
・前髪をかき上げながら乾かし最後に根元に温風をしっかり当てると、自然と立ち上がった前髪を作れる。また全体の毛先はロールブラシを使って内巻きにブロー。ブラシを使うことでキューティクルが整いよりツヤが出る。
・32mmのアイロンを毛束の中間に挟み、毛先まで滑らせ軽く内巻きに。クルンと巻きすぎると古く見えるので注意。
・シアバターのスタイリング剤を毛先中心に軽くなじませ完成。

担当サロン:Ramie GINZA(ラミエ ギンザ) 加藤貴大さん

ストレートロングを軽やかに見せる“前上がりレイヤー”で、おしゃれ清楚な大人女子に

顔まわりの束感のニュアンスがかわいいミディ

顔まわりの束感のニュアンスがかわいいミディ

【How to スタイリング】
・スタイルのポイントとなる前髪と顔まわりから乾かし、7割程度までざっとドライ。その後、キューティクルを整えるようにドライヤーの風を上から当てて乾かす。
・太めのロールブラシか、デンマンブラシで軽く内巻きにブローします。オイルを塗布して、束感をほぐすように整えたら完成。

担当サロン:LONESS omotesando(ローネス オモテサンドウ) 樋山俊平さん

人気のシースルーバング&ローレイヤーミディヘアは、顔まわりに遊びのあると今年っぽい!

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事