ヘアスタイル・髪型
2019.7.13

レイヤーカット|小顔・小頭見えカットから古く見せないスタイルの長さ別まとめ

ショート~ボブ・ミディアム・セミロング・ロング別!女っぷりを上げるレイヤーカットスタイルをまとめました。小顔見せカットは、丸顔・エラ・頬骨までカバー。巻き方・乾かし方のひと手間は、髪量や髪質まで扱いやすくしてくれます。伸ばしかけも広がりやすい髪もペタンとなりやすい髪も、かわいく仕上がるヘアカタログです。

【目次】
明るい印象のエアリーなショート(ショートボブ)
ボブ・ロブ・ミディで伸ばしかけもクセも可愛く
アレンジの幅も広がるセミロング
古く見せない!いい女度を上げるロングスタイル

明るい印象のエアリーなショート(ショートボブ)

前髪は小顔&小頭見えのポイント

オーソドックスでどんな人にも似あう好印象なスタイル。トップのレイヤーを頭のハチの下に入れることで、膨らみを抑えられると同時に、後頭部に丸みをもたせたシルエットも可能。ショート初挑戦の人にもおすすめのスタイルです。

前髪は小顔&小頭見えのポイント
【ヘアスタイルのポイント】

前下がりのショートベース。浮かないギリギリの長さで襟足をカットし、動きがつくようにトップにレイヤーを入れます。毛先はドライ&スライドカットでシュッと先細りにし、束感が出るようにします。前髪は、流した時に目の下になるようにカットを。

前髪は小顔&小頭見えのポイント
【スタイリングのポイント】

スタイリングのコツは、分け目が割れないように髪の根元をさすりながら乾かすこと。襟足はキュッとタイトにしつつ、ふんわりと丸いシルエットに仕上げます。前髪を“下ろし流し”する場合は、アイロンかホットカラーで。髪全体にバームなどを揉み込むようにしてセットします。全体に動きが出るように、仕上げに毛先を軽くねじりながら束感を作るのがポイント。

小顔&小頭W効果の長め前髪がカギ。大人かっこいいスタイリッシュショート

ふんわりタイトな美フォルムカット

今っぽショートに仕上げるなら、シースルーバング&耳かけが必須! 顔全体の肌が見えることで、軽やかな抜け感がスタイルに。また、“下ろし流し”の前髪が、大人可愛い印象に。襟足はキュッとタイトにして、後頭部をふんわりさせるメリハリが、柔らかい丸いシルエットをつくり、より女性らしく。さらに、小頭&首元をキレイに見せて、スタイルアップにも◎

骨格をキレイに、女っぽさをUPさせるショートスタイル。髪が細くてボリュームが出にくい、髪が痛みやすいといった人にもぴったりです。

ふんわりタイトな美フォルムカット
【ヘアスタイルのポイント】

襟足はあご下の延長線上でカットして、レイヤーを入れながらコンパクトにします。サイドは、あごラインに沿わせて前下がりに。上部にはグラデーションを入れて丸みを強調させます。前髪は目が隠れるくらいで“下ろし流し”できる長さにし、シースルーバングになるように、内側の毛量を調整します。

ふんわりタイトな美フォルムカット
【スタイリングのポイント】

基本的には乾かすだけでOK! よりキレイに仕上げるコツは、分け目が割れないように、根元が自然と立ち上がるよう、毛流れとは逆方向からドライヤーで乾かします。スタイリング剤は、オイルとクリームを手のひらで混ぜて、根元から空気を含ませるようにボリュームを出しながらセットしましょう。

下ろして流す前髪でショートが美フォルムに!ふんわり×タイトなシルエットで小頭効果も

甘&辛ストレートショートで遊び心をプラス

前髪の可愛らしさ&スッキリ耳にかけた大人っぽさ。“甘さ”&“辛さ”が絶妙なバランスのショートスタイルです。丸みがあるシルエットで女性らしさも演出。ストレートアイロンで仕上げたさらりとした髪が、ナチュラルでヘルシーさを演出し、シースルーバングがポイントとなってトレンド感もバッチリです。スタイリングは、セミウェットな質感で束感を出しながら、スタイリッシュに。シャープなシルエットなので、丸顔をカバーするという小顔効果も嬉しい。耳にかけなければ、よりフェースラインをカバーできます。ショートより長く、でもボブより短くしたい・・・そんなわがままを叶えてくれるデザインです。

甘&辛ストレートショートで遊び心をプラス
【ヘアスタイルのポイント】

襟足ギリギリの長さでカットし、表面のみレイヤーを入れたボブ。サイドはリップラインの長さで前下がりにカットしています。前髪は、下ろすことも流すこともできる長さにして扱いやすく、サイドはやや長さを残しながら繋げて、黒目と黒目の間を軽くすることで今っぽいバングに。

甘&辛ストレートショートで遊び心をプラス
【スタイリングのポイント】

スタイリングは、前髪に分け目がつかないように乾かし、丸みが出るようにストレートアイロンを使ってさらっと通すだけ。硬毛の場合は、低めの温度でカールアイロンを使い軽くニュアンスをつけても◎ スタイリング剤は、オイルとシアバターを混ぜて全体に馴染ませます。襟足が浮かないようにしっかり押さえましょう。

甘×辛ストレートショートは、透けバング&ウェット質感で遊び心をプラス!

ひし形シルエットで頭の形をカバー

小顔だけでなく頭の形もしっかりカバーしてくれるひし形ショート。長めの前髪が上品で、絶妙な女性らしさを演出します。どの角度から見てもシルエットが美しく、カジュアルからコンサバまで、服装を選ばないオールマイティな優秀ヘアです。また、毛先をストレートアイロンでワンカールすれば、華やかできちんと感のある印象に。カールアイロンで仕上げればぐっとエレガントに。トップの長さを残したショートなので、髪が広がりやすい人にもオススメです。

ひし形シルエットで頭の形をカバー
【ヘアスタイルのポイント】

前髪は目と鼻の間くらいの長さにし、サイドに流せるようにカット。サイドは顎のラインに合わせた前下がりカットにして、バックの延長線上に繋げます。トップはボリュームが出るようにレイヤーを入れて、中間はグラデーションで重みが出るように。襟足はスッキリまとまるようにカットします。

ひし形シルエットで頭の形をカバー
【スタイリングのポイント】

ひし形シルエットをイメージしながら髪全体を乾かし、ストレートアイロン、もしくは32mmのアイロンで表面をワンカール。アイロンが苦手な場合は、くるくるアイロンや、トップにマジックカーラーを2〜3個巻いても◎。スタイリング剤は、軽いセット力のあるオーガニックワックスを全体的に馴染ませ、トップと顔周りのボリュームを出したい部分にスプレーを。ふんわり動きのあるひし形シルエットが、1日中持続します。

ひし形シルエットの美人ショートは、髪の広がり&ハチ張りをカバー

透け感のある前髪で今っぽくナチュラルに

透け感のある前髪が、今っぽいおしゃれ感を演出したナチュラルショート。スタイリングが苦手でも、ストレートアイロンをサラッと通すだけで、簡単にスタイルが決まります。頭のカーブを生かした丸みのあるフォルムが、女性らしく柔らかな印象に。また、程よくエアリーな束感をつくるために、表面の長さを残しています。短くしたいけど簡単にスタイリングしたい人や、小頭に見せたい人にオススメです。

透け感のある前髪で今っぽくナチュラルに
【ヘアスタイルのポイント】

サイドの長さがあごのラインにくるよう前下がりにカット。表面の長さは動きが出るように残しつつ、トップからレイヤーとグラデーションで繋ぎます。眉下くらいで前髪をカットし、少し隙間ができるよう調整しながら、サイドに軽く流す“おろし流し”に。

透け感のある前髪で今っぽくナチュラルに
【スタイリングのポイント】

髪を乾かしたら、ストレートアイロンでサラッと滑らせながらワンカールするだけ。ヘアオイルを全体的に馴染ませて、トップと顔周りはスプレーで仕上げます。最後に表面の毛束感をプラスしたら完成! トレンドの、ウェットな質感とツヤ感のある仕上がりに。髪が広がりやすい人にもオススメです。

透け感のある前髪が今年っぽい!キュートなナチュラルショート

マッシュショートで大人っぽいモードっぽさを

丸みがあってかわいいスタイルですが、大人っぽくモードなイメージにしたいなら、人気のマッシュショートがおすすめ。サイドと襟足を短くカットしているので、人とは被りたくないおしゃれ女子にも◎ マニッシュなのに女性らしさを感じるポイントは、重さを残しつつ丸みがあるシルエット。サイドの髪を耳にかけてすっきりタイトにまとめても。前髪を重めラインにしてサイドに流すことで、大人っぽいスタイルになります。カジュアルでもボーイッシュでもなく、大人女性がモード感を楽しめるショートヘアは、乾かすだけの手軽なスタイリングも嬉しいポイントです。

マッシュショートで大人っぽいモードっぽさを
【ヘアスタイルのポイント】

前髪は目の上ギリギリの長さでカットし、サイドバング・顔まわり・サイドを前上がりで繋げたマッシュスタイルです。短めの襟足はレイヤーを入れて、キュッとタイトなシルエットに。耳上をグラデーションでカットし、前髪からサイドにかけて重みを残します。

マッシュショートで大人っぽいモードっぽさを
【スタイリングのポイント】

目指すシルエットをイメージしながら、分け目が割れないように乾かします。トップの髪を根元からしっかり立ち上げて、つむじの毛流れに逆らって乾かせば、ふんわりキレイなフォルムに。スタイリング剤は、ミルクタイプのワックスやソフトワックスなどで、ツヤ感と束感をつくりましょう。シルエットと質感を整えたら完成です。時短が叶うスタイル。忙しい人や、品のあるショートヘアにチャレンジしたい人にピッタリです

大人モードなマッシュショートは、暗めカラー+長め前髪で洒落感アップ

長め前髪は首を長く見せて小顔効果も

女性らしく、大人っぽい雰囲気を目指すならマッシュショートがおすすめ。長めの前髪と、サイドにかけてラウンドしているマッシュラインが、やさしい印象を演出してくれます。襟足は、首の長さや生えグセなどを考慮しながらタイトにカットすることで、首をスッキリ長く見せたり小顔効果もアリ。先細りになるように毛先をレザー(カミソリ)で軽やかにするのが、柔らかスタイルのポイントです。また、トップにレイヤーを入れると、動き+後頭部がふんわりボリュームアップし、頭の形をキレイに見せます。

長め前髪は首を長く見せて小顔効果も
【ヘアスタイルのポイント】

長めの前髪からサイドにかけてマッシュラインでカット。輪郭は隠さず、顔まわりは思い切って出した方が丸顔をカバーできます。トップにはレイヤーを入れ、襟足はレザー(カミソリ)でタイトにカットすることで、毛先がソフトな質感に。

長め前髪は首を長く見せて小顔効果も
【スタイリングのポイント】

動きを出しやすくするため、顔を左右に振りながら前髪を乾かし、26mmのアイロンで毛先をワンカール。トップの髪は中間でくるっと巻き、ラフな動きをプラスします。スタイリング剤は、シアバターとオイルを混ぜて、髪の内側から空気を含ませるようにして手ぐしでなじませ、襟足をタイトに整えて完成。カジュアルでも、モードでも、どんなファッションにも合わせやすい人気のマッシュショートです。メリハリのある女性らしいスタイルに、ぜひチャレンジしてみて。

長め前髪のマッシュショートは、女性らしい丸みシルエットで“小顔”見せ!

伸ばしたい時は外ハネショートが◎

髪を伸ばし中の人にオススメしたいのが外ハネヘア。カジュアルやクールなイメージがあるショートの外ハネですが、抜け感のある前髪を作ることで今っぽく女性らしい印象に。前髪を眉毛ギリギリのラインでカットし、隙間を作って軽さを出すことがポイント。抜け感が出て大人の女性に合うスタイルになります。また、毛先のくびれ感が、メリハリのある柔らかい雰囲気に。イメージチェンジをしたい人にも◎

伸ばしたい時は外ハネショートが◎
【ヘアスタイルのポイント】

前下がりボブのベースでカット。トップ入れたレイヤー効果で、思いのままにボリュームや動きがつくれるため、ペタッとしやすい髪質の人には特におすすめのスタイルです。女性らしいソフトな印象と、面長の骨格をカバーするショートカット。前髪は斜めにカットして流しやすくし、抜け感と束感を再現するために内側の毛量を調整するのがポイント。

伸ばしたい時は外ハネショートが◎
【スタイリングのポイント】

26mmのアイロンで、巻きすぎに注意しながら外ハネに。ゆるめに巻いてふわっとさせ、髪の毛に熱が残っているうちにしっかりほぐすと、やわらかい質感になります。表面の毛束をとり、リバースやフォワードにMIX巻きしてニュアンスを。顔まわりは、リバースに巻くと小顔に見えます。スタイリング剤は、シアバター系のしっとりタイプを全体に揉み込み、束感をつくりながらとシルエットを整えて完成。ボリュームが出にくい人は、ドライ系ワックスが◎

外ハネショートは、抜け感のある前髪ならソフトで女性らしい印象に!伸ばしかけヘアにも

女性らしい最強の小顔見えショート

耳周りをふんわりさせたひし形シルエットのショート。顔をキュッと包み込むだけでも小顔に見えますが、さらに小顔に見せるスタイルがこちらです。ポイントは顔周りの毛束。頬に触れる一番手前の毛束がリップラインまで届き、気になる頬の丸みやエラなどをカバーしてくれるのです。また前髪をつくることで、より顔の面積を小さく見せることが出来ます。顔の骨格や大きさが気になる人におすすめ。

女性らしい最強の小顔見えショート
【ヘアスタイルのポイント】

顔周りはリップラインよりも長めの前上がりショートベース。バックは長さを残して丸みをつくり、より丸みを強調させるために襟足をタイトにします。もみあげより前の毛束にはレイヤーを入れ、輪郭を包みやすく。ハチ上にもレイヤーを入れることで、さらにふんわりしたひし形シルエットになります。前髪は目にかかる長さでカットして、サイドと自然に繋げて。

女性らしい最強の小顔見えショート
【スタイリングのポイント】

顔周りサイドの毛束は内巻きに。つむじの毛流れなどで外ハネになってしまう毛束は、必ず根元をしっかり前に引き出しながら乾かして。根元の毛流れのクセを取るようにすると、内巻きに流れやすくなります。その後26㎜のアイロンで毛束の中間から毛先を軽く内巻きに。レイヤーが入っているので毛先に動きが出やすく、自然とひし形シルエットが作れます。ラフな質感を活かすため、スタイリング剤はなくてOK。気になる輪郭をカバーするので確実に小顔を狙えて、こなれ感のある大人ショートです!

絶対小顔に見せたいなら、前髪あり×顔周り長めの“ひし形ショート”!

丸顔や頬骨が出ているのをカバー

おでこから耳上にかけてのカットラインがラウンドしているマッシュショート。やや懐かしさがありますが、ラウンドする毛先を長めに残しながら、毛先に動きをつけて顔周りをラフに隠すのが今っぽショートのコツ。顔周りの長めの毛が、フェイスラインや頬骨などの骨格もカバーできます。
パーマをかけることでより軽やかになり、スタイリングも超簡単に。パッと見でおしゃれ感があり、程よく個性派のスタイルです。

丸顔や頬骨が出ているのをカバー
【ヘアスタイルのポイント】

前髪は目の下で厚めにカットし、サイドは耳下までラウンドカット。フェイスラインを包むように毛束をやや長めに残します。後頭部はグラデーションカットで丸みをつくりつつ、重さを残すのが女っぽく見せるポイント。トップは動きをつくれるように、ハチ上にレイヤーを入れます。マッシュは頭でっかちに見えやすいので、全体的に細くハイライトを入れると軽やかに。

丸顔や頬骨が出ているのをカバー
【スタイリングのポイント】

28mmロッドで、毛先全体に平巻き1.25回転のパーマを。スタイリングは、ドライヤーで根元からしっかり乾かしながら、顔周りの毛束を後ろから前にフェースラインを包み込むように流すのがポイント。軽めのワックスを毛先全体にもみ込み、ところどころの毛先をラフに動かして完成です。
パーマをかけるので、とにかくスタイリングが簡単。スタイリングが苦手な人や、朝が忙しい人にもオススメです!

前髪長めの“マッシュショート”で、この春は差のつくおしゃれ女子に!

輪郭補正効果で丸顔が気になる人におすすめ

髪を伸ばし中の人にオススメしたいのが外ハネヘア。カジュアルやクールなイメージがあるショートの外ハネですが、抜け感のある前髪を作ることで今っぽく女性らしい印象に。前髪を眉毛ギリギリのラインでカットし、隙間を作って軽さを出すことがポイント。抜け感が出て大人の女性に合うスタイルになります。また、毛先のくびれ感が、メリハリのある柔らかい雰囲気に。イメージチェンジをしたい人にも◎

輪郭補正効果で丸顔が気になる人におすすめ
【ヘアスタイルのポイント】

前下がりボブのベースでカット。トップ入れたレイヤー効果で、思いのままにボリュームや動きがつくれるため、ペタッとしやすい髪質の人には特におすすめのスタイルです。女性らしいソフトな印象と、面長の骨格をカバーするショートカット。前髪は斜めにカットして流しやすくし、抜け感と束感を再現するために内側の毛量を調整するのがポイント。

輪郭補正効果で丸顔が気になる人におすすめ
【スタイリングのポイント】

26mmのアイロンで、巻きすぎに注意しながら外ハネに。ゆるめに巻いてふわっとさせ、髪の毛に熱が残っているうちにしっかりほぐすと、やわらかい質感になります。表面の毛束をとり、リバースやフォワードにMIX巻きしてニュアンスを。顔まわりは、リバースに巻くと小顔に見えます。スタイリング剤は、シアバター系のしっとりタイプを全体に揉み込み、束感をつくりながらとシルエットを整えて完成。ボリュームが出にくい人は、ドライ系ワックスが◎

シースルーバングのショートボブは大人でもトライしやすい!輪郭補正で、丸顔が気になる人にも!

首長効果で華奢見えスタイル

スリークな質感で女性らしいコンパクトシルエット。スリークとは、なめらか&ツヤがある、という意味だそう。毛先のシュッとした先細り感が、繊細な透け感とやわらかい質感を持たせ、大人キュートな雰囲気に。どこで分けても似合う長めの前髪が頬骨をカバーし、小顔効果もあり。前髪を伸ばしている人はもちろん、おでこが狭くて前髪がキマらないという人にもピッタリ!

首長効果で華奢見えスタイル
【ヘアスタイルのポイント】

サイドは、輪郭をカバーするように前下がりのグラデーションでカット。適度な厚みを残しつつ、先細になるよう毛量調整をして馴染ませます。前髪は、サイドよりやや短くカット。ラウンドにすると女性らしさがアップします。首長効果で華奢なイメージに仕上げるには、襟足をセンターが一番長くなるようにラウンドでカットするのがポイント。

首長効果で華奢見えスタイル
【スタイリングのポイント】

ドライヤーでさっと乾かしてヘアオイルを毛先中心につけるだけ!の時短スタイリング。より美しく仕上げたい時は、両サイドをクシで通してストレート感を強調させます。乾かす時は、髪をかき上げるようにしてドライヤーをあてると、ナチュラルなボリューム感に。襟足は、耳後ろの髪をタイトにしながら“ハの字”に抑えるとくびれが出ます。また、乾燥が気になる人や髪が膨らみやすい人は、オイルをつけた手でオールバックに数回手ぐしを通しましょう。髪のクセが気になる人は、ストレートアイロンを使うのも◎

夏は“時短ショートボブ”で涼やかに♪長め前髪×スリーク質感でスタイリング要らずのおしゃれヘア

カジュアルも上品も遊べる大人髪

顔周りにくる毛先の動かし方で顔の印象がガラリと変わるショートボブ。上品に仕上げたい時は、ストンと内巻きにしてまとめて。カジュアルに仕上げたい時は、軽く外ハネに。毛先が短いので、スタイリングも時短で済みます。また長い前髪は耳に掛ければスッキリタイトになるし、耳に掛けずにふんわりさせれば、カジュアルなこなれ感に仕上がります。さらにはボリュームが出にくい髪でも、カット次第で後頭部に自然とボリュームを出すこともできます。

カジュアルも上品も遊べる大人髪
【ヘアスタイルのポイント】

サイドは動きが出やすいように、あご下4.5cmの前下がりに長めにカットします。後頭部は目のラインにボリュームが出るようカットすると、頭の形がキレイに見えるので、毛量が少ない人も気になりません。襟足は首に沿うようにカット。前から見たときに、襟足が少し見えた方がおしゃれな印象になります。顔周りは小鼻と口の間でカットし、サイドに流れるように長めにします。

カジュアルも上品も遊べる大人髪
【スタイリングのポイント】
トップは分け目が割れないように、また、後頭部はふわっとボリュームが出るように、いずれも根元を持ち上げながら乾かします。外ハネスタイルにする場合は、28mmのアイロンで毛先のみを内外ランダムに巻きに。特に顔周りはしっかりめの外ハネにすると軽やかな印象になります。前髪は軽くリバース巻きに。ツヤ感の出るクリームタイプのスタイリング剤を毛先にもみ込んで、軽く耳に掛けたら完成です。
上品に仕上げたい場合は、巻かずに毛流れを整えるだけでOK。全体的に髪が長めなので、いろんなアレンジを楽しめるスタイルです。

大人髪で遊ぶならこれ! 毛先の動かし方でカジュアルにも上品にもなれる“前髪長めショートボブ”

W前髪で小顔もやわらかさも叶える

前髪の有無を絞らない、クールもかわいいも叶うスタイルです。まず顔周りは鼻ラインでカットし、さらに中央の前髪を薄く取り、目の上ギリギリでカット。つまり、顔周り長め&中央シースルーを合わせた前髪なので、クールさもかわいらしさも取り入れられるんです。さらに、頬ラインが隠れるので小顔効果もバツグン。
ショートに合わせることでおしゃれ感が際立つのが、W前髪! 色んなファッションを楽しみたい人におすすめです。

W前髪で小顔もやわらかさも叶える
【ヘアスタイルのポイント】

サイドはリップライン、耳から前はレイヤーを入れずに長めにカット。顔周りは鼻ラインでカットし、前髪の中央は薄めに取って目の上ギリギリでカットします。後頭部は、裾が丸いシルエットになるようにグラデーションカットに。

W前髪で小顔もやわらかさも叶える
【スタイリングのポイント】

バックを上から3段、サイドを上から2段に分けて、24㎜のロッドでそれぞれ平巻きパーマを。顔周りも毛先が軽くリバースになるようにパーマをかけます。スタイリングは、乾かすときにトップの毛束を持ち上げながらドライヤーをあて、サイドは後頭部に向かって流すようにして乾かします。前髪のシースルーバングは、くしでとかすと適度な隙間が作れます。パーマは乾燥しやすいので、オイルをもみ込んでツヤ感とふわっとした束感を作って完成です。

小顔も柔らかさも手に入る、顔周り長め&中央シースルーの“W前髪”で、大人かわいいショートボブに

ペタンとさせないカットで小顔効果も

ふんわりヘアに見せるにはショートボブがおすすめ。耳上あたりに丸みをつくり、首元にかけてスッキリさせるひし形シルエット。首元がすっきりしている分、トップのふんわり感を強調できます。さらに前髪も、厚めに作って目の上ギリギリで流し、おでこを隠すのがポイント。スタイリングでふわっと感をKEEPすれば、ペタンコ髪のお悩みは改善できます!

ペタンとさせないカットで小顔効果も
【ヘアスタイルのポイント】

耳下のラインがスッキリ見えるよう、あごのラインでカットし、バックから耳上までレイヤーを入れます。顔周りは前下がりにカットしてレイヤーを。全体的にトップに向かってグラデーションカットし、ひし形のシルエットを作りつつ、トップは短すぎないように注意を。トップに長さを残せば、表面にふわっとした毛束が作りやすくなります。前髪は目の上ギリギリで厚めにカットし、自然にサイドに繋げます。

ペタンとさせないカットで小顔効果も
【スタイリングのおすすめ】

トップを持ち上げながらドライヤーをあて、毛束を左右に動かしながら乾かすと、分け目が割れるのを防げます。ボリュームを出したい時は、全体の毛束を後ろから前に向かって乾かしましょう。トップを前後二つに分け、それぞれ32㎜のアイロンでリバースワンカールを。この毛束が表面にふんわりとした立体感をつくります。ややセット力のあるクリームワックスを毛先全体になじませて束感を作り、耳上をふわっとさせます。前髪の毛先にもなじませて、サイドに流しましょう。トップの根元をつまみながらキープスプレーを少し吹きかけて、ふんわりした毛束をKEEP。
軽く耳に掛けると耳上にボリュームが出て、よりひし形スタイルに◎

ボリュームが出ないペタンコ髪は“厚め前髪×ひし形ショートボブ”でトップふんわり&小顔効果も!

明るく元気な印象で旅行にもピッタリ

表面のレイヤーで動きを出しつつ、前髪で軽くなり過ぎない外ハネボブです。

明るく元気な印象で旅行にもピッタリ
【ヘアスタイルのポイント】

前髪は眉にかかるくらいの長さで、隙間が作れるようにカット。サイドは襟足から3㎝のワンレンベース。顔周りや表面には動きが出来るようレイヤーを入れます。

明るく元気な印象で旅行にもピッタリ
【スタイリングのポイント】

髪全体をバサバサッとラフに乾かした後、26㎜の細めのアイロンで毛先を内外のMIX巻きに。160℃程度の低温で軽く巻くと今っぽい仕上がりに。顔周りを外ハネにすればフェイスラインをカバーするので小顔効果も期待できます。前髪は真っすぐ下ろさずに、毛先に軽く隙間を作りましょう。軽く耳に掛けて、ウエット系のスタイリング剤を全体の毛先にもみ込み、束感と立体感を出して完成! 毛先はあえて適当に巻き、くしゃっとした質感がおしゃれなヘアです。

外国人風♪重ねハイライトの“外ハネボブ”で夏バカンスを盛り上げて!

ボブ・ロブ・ミディで伸ばしかけもクセも可愛く

伸ばしかけが楽しいニュアンスボブ

伸ばしかけでもおしゃれなトレンドヘアをキープしたいなら、くびれ風のニュアンスがある外ハネボブがおすすめ! 耳にかけてよりカジュアルに、アイロンで内巻きすればフェミニンにもなるオールマイティなヘアスタイル。かわいらしい印象になりやすいフルバングが、透け感をつくることで大人っぽい雰囲気になります。

伸ばしかけが楽しいニュアンスボブ
【ヘアスタイルのポイント】

ベースはやや前下がりのボブにカット。トップと顔まわりにレイヤーを入れ、軽さと動きを出します。前髪は目にかかるくらいの長さにカット。大人っぽく仕上げるため、三角ベースで浅めにとり、おでこが透けるようにスライドカット&チョップカットで量を調整します。

伸ばしかけが楽しいニュアンスボブ
【スタイリングのポイント】

髪を乾かしたら、32mmのアイロンでアウトラインを外ハネにワンカール。顔まわりはリバース巻き、サイドとバックはフォワード&リバースのミックス巻きをします。オーガニックバームを揉み込むようにつけ、ツヤと動きを出します。スタイリング剤を多めにつければ、束感を強調することが出来ます◎

伸ばしかけヘアを楽しむ!愛されボブはシースルーバング×ひし形シルエットのくびれがカギ

広がりを抑えたい人は重めボブが◎

センターパートの大人っぽさを残しつつ、軽さや動き・毛束感があるのがポイントのスタイル。ベースがワンレングスに近い重めのボブなので、広がりやすい髪質にもピッタリです。顔周りで動くふんわりした前髪と、無造作な外ハネで、柔らかくナチュラルな印象に。自然体なニュアンスと、ひと手間加えた大人の女っぽさが魅力です。

広がりを抑えたい人は重めボブが◎
【ヘアスタイルのポイント】

あごラインの長さでグラデーションカット。表面にレイヤーを入れて動きと軽さを出します。前髪は、ベースの長さより短くカットして顔まわりにニュアンスを。

広がりを抑えたい人は重めボブが◎
【スタイリングのポイント】

根元をしっかり立ち上げながらドライヤーをあてるのがポイント。分け目がしっかりつかないように乾かし、26mmのアイロンで全体を外ハネにカールに。表面は内巻きにワンカールします。さらに、表面や中間で動きをつけたい部分の毛束は、ランダムに縦巻きに。シアバターやミルクワックスなどのスタイリング剤を馴染ませたら完成です。

重めボブは前髪センターパートで女性らしく。ふんわり毛束感+ラフな動きで今どきに!

ラフな空気感で大人可愛いロブ

ふわりとラフな動きがあり、ボブより長めのロブスタイルですが重みを感じさせません。肩に当たって自然とハネるので、スタイリングも簡単! レイヤーが程よくプラスされて透け感があるので、大人っぽい雰囲気です。顔周りに動きのあるミディ。丸いシルエットが女性らしさや抜け感をもたせる注目のスタイルです。

ラフな空気感で大人可愛いロブ
【ヘアスタイルのポイント】

やや前下がりのロブスタイルにカット。顔周りから入れたレイヤーと、リバースの毛流れで小頭効果が。前髪は浅めで、両サイドを少し長めにカットしたら、おでこの肌が多少透けるようにして量感を調整します。

ラフな空気感で大人可愛いロブ
【スタイリングのポイント】

トップの髪を後ろ方向へ流しながらドライヤーをあてるのがポイント。乾いたら32mmのアイロンで、毛先を内巻きにワンカール。この時、髪の真下に向けてではなく、顔の横まで引き上げてアイロンを巻くと、カールがランダムになってラフなイメージに。顔まわりは、細めに毛束をとりリバースに流します。硬毛ならヘアオイル、細毛ならヘアバターを馴染ませて完成!

ダークカラーのミディは、透けバング&ラフな空気感で春っぽく♪

ゆるさと無造作が女性のかわいさ引き上げる

低温のアイロンを使って、ゆる〜い外ハネカールに。無造作でありながら、きちんと感やおしゃれ感をもたせる肩下のレングスです。10代から30代前半までの幅広い層にマッチし、さりげなくトレンドを意識しつつ、髪へのダメージレスも叶えます。女性の“かわいい”を引き立ててくれるスタイルなので、男性ウケも良さそう!

ゆるさと無造作が女性のかわいさ引き上げる
【ヘアスタイルのポイント】

ベースの長めのワンレングスボブにレイヤーを入れます。セニングは全体的に入れずに、間引くようにポイントで毛量調整し、ふわっとした印象に。前髪は眉下の長さでカットし、シースルーバングで軽さと抜け感を。

ゆるさと無造作が女性のかわいさ引き上げる
【スタイリングのポイント】

乾かす前に、保湿力の高いミルクを塗布して髪を乾燥から防ぎましょう。動きがつくように根元にドライヤーを当てながら乾かし、低温の26mmのアイロンで外ハネに。さらにトップは、髪を高く引き出してから内巻きにワンカールするとラフな印象になります。シアバター系スタイリング剤を、毛先からクシュっと髪を持ち上げるようになじませ、ウェットな質感に。手に残っているスタイリング剤を、毛先から手ぐしを通すようにつけて整えます。

前髪をシースルーバングの外ハネミディにしたら、おしゃれ可愛い旬なモテヘアに

はねやすい長さは内巻きで解決

ハネやすい鎖骨ラインのミディボブは、顔まわりとトップにレイヤーを入れることで、内巻きにまとまるようになります。とにかくスタイリングが簡単なので、時短が叶うのが嬉しいポイント。アップスタイルにも対応できるので、アレンジも楽しめます◎ 前髪とサイドをつなぐ髪を頬骨ラインで切り、顔まわりの毛量を調整する技ありカットは、気になる丸顔を補正して小顔効果も。抜け感のある前髪が、ふんわりと大人可愛いイメージに。

はねやすい長さは内巻きで解決
【ヘアスタイルのポイント】

バックから鎖骨ラインで平行にカットし、グラデーションを。顔まわりとトップに重さをとる程度にレイヤーを入れると、内巻きにまとまりやすくなります。前髪は薄めに作ってヌケ感を演出。

はねやすい長さは内巻きで解決
【スタイリングのポイント】

乾かす前に、オイルトリートメントをなじませてパサつきを防ぎましょう。後ろから前方向へと根元を乾かすだけで、内巻きにまとまります。乾いたら、32mmのアイロンで毛先をワンカール。さらに、表面を巻くと動きが出て軽やかに。前髪は、黒目と黒目の間の髪だけを取り出してカールをつけるのがポイント。なじんで毛流れのある前髪に。仕上げに保湿力のあるミルクを毛先と前髪につけながら整えて完成です。

前髪ありの内巻きミディボブは、丸顔カバーで大人かわいい印象に!

外ハネウルフは猫っ毛をボリューミーに

レイヤーを入れ、ややウルフっぽく作った外ハネボブ。ウルフは70年代に流行った、トップが丸く裾が軽いスタイル。この髪型は裾をキュッとくびれさせた外ハネが特徴で、むしろ毛量が少ない方が作りやすいことも。またくびれがある分トップのふんわり感が強調されるので、ボリュームアップして見せる効果もあります。前髪を作ればクールになり過ぎず、柔らかさな印象になるのでおすすめ。スタイリングも簡単です。

外ハネウルフは猫っ毛をボリューミーに
【ヘアスタイルのポイント】

襟足4cmからサイドを平行に繋いで、顔周りはやや前上がりにカット。裾は動きが出やすいようにグラデーションカットし、表面はレイヤーを入れてやや軽さを出します。前髪は目の上ギリギリでカット。隙間を作るようにして毛量調整すると今っぽい下ろしバングになります。

外ハネウルフは猫っ毛をボリューミーに
【スタイリングのポイント】

乾かすときに、前髪はクセがつかないよう手ぐしで前に引き出すようにしながら乾かします。トップは左右に振りながらドライヤーをあてるとふんわり。26mmのやや細めのアイロンで、全体を内・外ランダムに1回転半のMIX巻きを、軽く動きをつける程度に。全体を巻いたら裾にも外ハネ巻きをします。ソフト系のワックスを揉み込んで、軽く耳に掛けて完成! ボリュームが出にくい人はトップの毛束を少しつまんで、キープスプレーを吹きかけます。外ハネの毛束を散らすのがおしゃれに見せるコツですが、外ハネにしない場合は落ち着いた印象にもなるので、アレンジも楽しめます。

メリハリシルエットの“外ハネウルフボブ”なら、猫っ毛でも気にならないボリュームヘアに!

中途半端な長さがキマル絶妙バランス

スッキリ見えるのにカジュアルな短さは感じさせない絶妙なスタイル。その秘密は、長め前髪とひし形シルエットにです。長め前髪で大人っぽさをつくり、ひし形シルエットのボリューム感が、スッキリしつつ上品なボブに。また重要な襟足は、首に沿うようにやや長めに残すと、短い印象を与えない効果があります。

中途半端な長さがキマル絶妙バランス
【ヘアスタイルのポイント】

前髪はあごライン、バックは長めに残しつつ、サイドに向かってやや前下がりにカット。前髪にトップから軽くレイヤーを入れて、搔き上げたときにラフな毛流れができるようにします。後頭部にもレイヤーを入れて、ひし形シルエットに。

中途半端な長さがキマル絶妙バランス
【スタイリングのポイント】

立体感をもたせるために、顔周りは根元を立ち上げながら、後頭部は毛束を前に持っていきながら乾かします。32㎜のアイロンで、全体の毛束の中間から毛先を軽くワンカール。サイドはやや低めでふわっとさせたいので、毛先でなく毛束の中間からカールするのがポイントです。ワックスやオイルを毛先にもみ込んで束感をつくり、前髪は根元を搔き上げ内側からキープスプレーを。すぐにペタッとしてしまう人は、サイドを少し持ち上げた状態でキープスプレーを吹きかけると◎ 片側だけ耳に掛けると、よりスッキリ感が出ます。

長め前髪の“ひし形ボブ”は、大人っぽく見える絶妙バランス!

気になるフェイスラインをカバー

丸顔やエラの張ったベース顔をカバーしてくれる嬉しい髪型。しかもスタイリングも超簡単です。前髪のおかげで顔の面積が狭くなり小顔効果が抜群。前髪は薄めにしてヌケ感を作ることも大事なポイントです。

気になるフェイスラインをカバー
【ヘアスタイルのポイント】

基本はワンレングス。襟足5㎝、肩にかかるくらいの長さでやや前下がりにカットします。毛先に動きを出しやすくするため顔周りと表面に軽くレイヤーを。前髪は薄めにとって隙間ができるようにし、目の上で毛先が流れるようにカット。

気になるフェイスラインをカバー
【スタイリングのポイント】

立体感をもたせるために、トップを左右にくしゃくしゃっと掻き上げながら乾かします。150度くらい(中温)のストレートアイロンで毛先を外ハネに。さらに表面の毛束を少量取りながら、ところどころ外ハネをつくります。アイロンの温度を上げ過ぎないことで、今っぽいラフな毛先に。立体感をキープさせるために、ハネた毛先にスプレーワックスを吹きかけ、バーム系のワックスを全体にもみ込んで束感を出します。前髪は内側の根元にドライヤーをあてながら乾かし、毛先を軽くサイドに流しましょう。顔周りの毛束をフェースラインにかけて、片側だけ顔周りの後れ毛を残し、軽く耳に掛けたら完成です。

丸顔やエラ張りをカバーして小顔に! 前髪ありの“輪郭矯正ボブ”って知っている?

ワイドな前髪で大人フェミニンなミディ

ベースが重めのワンレングス。エアリーだけど派手になり過ぎず、ふわりと華やかな雰囲気です。トップとサイドにボリュームを出し、こめかみ中心の顔まわりをタイトにすることで、メリハリのある立体感を強調。ボリュームが出にくい人にもおすすめです。

ワイドな前髪で大人フェミニンなミディ
【ヘアスタイルのポイント】

ワンレングスでカット。骨格に合わせて、トップと顔まわりにレイヤーを入れた重めのスタイルです。直毛の場合は、毛先にパーマをかけても◎ 前髪の幅をやや広くすることで、奥行きが出るのでメリハリのあるスタイルに。

ワイドな前髪で大人フェミニンなミディ
【スタイリングのポイント】

根元を立ち上げながら、全体的にボリュームが出るように乾かします。特に、トップはしっかりめにボリュームを出しましょう。前髪とトップは、さするように手を動かしながら弱風で乾かします。アイロンは26mmを。毛先から内巻きカールし、その上を外巻きで、ツーカールをミックスすると今っぽい動きに! バックの耳下はボリュームが出ないように、内巻き&外巻きをランダムにワンカールで。仕上げはシアバター系のワックスを全体に揉み込んで、サイドのボリューム感を整えましょう。

ちょっぴりワイドな前髪のミディは、ゆるふわカールで大人フェミニンに!

アレンジの幅も広がるセミロング

ナチュラルな空気感が魅力

髪型に今どき感を出すなら“シースルーバング”がいちおし! 丁寧に質感調整した技ありカットとスタイリングで、大人女性でもチャレンジしやすいスタイルです。前髪は薄すぎないので下ろしても、流しても、シースルーでも◎ また、トレンドのレイヤー加減が程よいので、扱いやすいさも抜群! さらに、輪郭をカバーして小顔効果も。ナチュラルで大人のかわいらしさが魅力のデザイン。アイロンの入れ方次第で、フェミニンにもカジュアルにもキマります。

ナチュラルな空気感が魅力
【how to“ベース&カラー”】

ベースはやや前下がりのワンレングスでカット。トップと顔まわりの耳上にレイヤーを入ることで、ボリュームが出て扱いやすくなります。前髪は黒目と黒目の間と額の中心をつなぐ三角形部分を薄く作り、大人でもこなせるシースルーバングに。カラーは10レベルのシフォンベージュ。ベージュにアッシュを加え、赤みを抑えて透明感のある色に仕上げています。

ナチュラルな空気感が魅力
【how to“スタイリング”】

根元をしっかり立ち上げるようにドライヤーで髪を乾かします。この時、顔の全面から風を当てずに、後ろから前に乾かすとスタイリングがしやすくなります。ドライ後、32mmのアイロンで外巻きにワンカール。顔周りの表面は、ミックスでゆるく巻きます。カジュアルにしたい時は、毛先を逃して中間のみを巻きます。ややセット力のあるトリートメントワックスと洗い流さないトリートメントをミックスして、毛先のパサつく部分をクシュっともみ込むように付けます。手に残ったスタイリング剤を前髪の毛先のみに塗布したら完成です。

今っぽボブは、シースルーバング+柔らかレイヤーでフェミニンにもカジュアルにもハマる!

たっぷりのレイヤーで動きと軽さを実現

耳上にレイヤーをしっかりめに入れて、アウトラインは重みを残してて、ハイレイヤーながら毛先に厚みがあるのが新しいスタイル。ワンカール巻くだけで、まるでパーマのようなふんわり動きのある仕上がりになります。
動きが出にくい髪質の人にもオススメの、こなれ感のあるおしゃれスタイルです。

たっぷりのレイヤーで動きと軽さを実現
【ヘアスタイルのポイント】

毛先に厚みを残したミディアムレイヤー。内巻き・外ハネのどちらでも楽しめる鎖骨下のレングスです。耳下にはレイヤーを入れずに、表面のみにレイヤーをしっかり入れてるので、毛先の重さを残しつつ、軽さと動きがつくれるスタイルです。

たっぷりのレイヤーで動きと軽さを実現
【スタイリングのポイント】

髪を乾かしたら、毛先を32mmのアイロンでワンカール。たっぷりとレイヤーが入っているので、サイド3段、バック4段に分けて巻くとキレイに仕上がります。また、内・外にミックス巻きさせることでランダムな動きをつくります。毛先から中間に、ややセット力のあるシアバター系のワックスをほぐしながら塗布。ふんわりと空気を含ませるようにセットします。

流し前髪×たっぷりレイヤーで、動きのある大人の”こなれミディ”は春夏におすすめ!

男ウケ抜群のふんわり巻き髪スタイル

ふんわり柔らかい巻き髪スタイルは、いつの時代も男ウケ抜群! プラス前髪があれば、かわいらしさ&好感度がさらにアップ。長過ぎず短過ぎないミディ丈が肩上でふわっと揺れて、女らしさと親しみやすさを与える好バランスです。またゴロンとした内巻きではなく、カジュアルな平巻きをメインにするのもおしゃれ度を上げるポイント。アイロンが苦手な人はパーマをかければ問題なしです。

男ウケ抜群のふんわり巻き髪スタイル
【ヘアスタイルのポイント】

鎖骨下3cm、丸みが出るように水平にカットし、毛先はグラデーションカット。裾は重たさを残しながら、動きを出すために表面にレイヤーを入れます。さらにスライドカットを全体に入れて、ふんわり感をプラス。前髪は、目の上で自然に流れるようにスライドカットします。

男ウケ抜群のふんわり巻き髪スタイル
【スタイリングのポイント】

パーマは、硬毛の人はデジタルパーマ、軟毛の人はエアーパーマがオススメ。髪表面は23mmのロングロッドでスパイラルに巻き、それ以外は20mmのロッドで平巻きメインでパーマをかけます。前髪は25mmのロッドで内巻きに。ドライヤーのポイントは、濡れた根元を乾かしてから、毛先を手のひらに乗せて、軽く握りながら乾かしてカールを復活させます。ムースを揉み込んで仕上げ、片側だけ軽く耳にかけて完成!

前髪ありの“揺れパーマミディ”は、スタイリング簡単なのに男ウケ抜群の最強モテヘア!

量が多く硬い髪質をやわらか印象に

柔らかなロングに憧れるけど、毛量が多くて硬い髪質では無理…と諦めていた人におすすめのセミロングスタイル。ただすいてカットするのではなく、毛束が先細になるようにハサミを少しずつ滑らせるスライドカットをしています。それにより、毛量を抑えつつ自然と束感ができて柔らかい印象に。また前髪は斜め流しでおでこが見えるので重たくならず、女らしさを引き出します。

量が多く硬い髪質をやわらか印象に
【ヘアスタイルのポイント】

ベースは胸上の緩やかな前上がり。毛先に軽くレイヤーを入れています。後ろから毛束を持ってきた時の厚みが重たくならない、前上がりカットライン。スライドカットで毛束の先を細くし、束感を作りながら全体の毛量を調整します。こめかみからトップにも軽くレイヤーを入れて、トップがボテっとしないように後頭部に向けて毛流れを。前髪は目の下、サイドは流れるようにカットします。

量が多く硬い髪質をやわらか印象に
【スタイリングのポイント】

乾かす際、トップは後ろに流すように乾かして軽やかに。22~26mmのカーラーで、両黒目の間に落ちる前髪と、サイドの前髪を巻きます。裾は32mmのアイロンで毛先を中心に内巻きワンカール。表面のみ巻いたすぐ上のところどころの毛束を、“Sの字”を作るように外平巻きします。巻いてすぐにカールをほぐすと、柔らかな仕上がりに。前髪のカーラーを外したら、毛先をサイドに流します。オーガニック系のオイルで、パサつきを抑えながら繊細な束感をつくって完成! 顔周りを軽く見せたい時は耳掛けしても◎

硬い髪を柔らか印象に!“ふわっと毛束”ヘアなら優しげフェミニンに

黒髪でも重たくならないほつれウェーブ

サイドにやや広めで眉上の前髪が、おしゃれ&スッキリした印象に。動きがあっておでこが見えるヌケ感スタイルです。毛束がラフに動く裾のカールは、空気感で軽やかさがUP。このほつれウエーブのポイントは、一度毛束をねじってからアイロンで巻き、熱の当たる位置をランダムにさせること。あえて崩したように巻くのでクセ毛にもピッタリです。

黒髪でも重たくならないほつれウェーブ
【ヘアスタイルのポイント】

鎖骨下4cm、ベースは重めのワンレン。毛束を動かしやすくするため、表面と顔周りにややレイヤーを入れます。前髪は巻いた時に眉下になるようにカット。眉よりも外側まで前髪のサイドを取り、ややラウンドめにカットします。

黒髪でも重たくならないほつれウェーブ
【スタイリングのポイント】

前髪は割れないよう左右に振りながら乾かし、裾はバーッと乾かします。全体の毛先を32mmのアイロンで内巻きワンカール。表面は毛束をところどころ取ってクルクルねじります。ねじった毛束の中間にアイロンを挟んで、内外ランダムに2回転巻きすると、ほつれたようなウエーブに。前髪の毛先をストレートアイロンでワンカール。さらに表面だけ毛束をところどころ取って根元付近まで内巻きすると、ヌケ感のある動きが出ます。オーガニック系のワックスを、ウエットな質感になるよう裾全体になじませ、しっかりカールをほぐして完成!

暗めカラーでも、重たくならならないセミディの秘密は“抜け感前髪”と“ほつれウエーブ”にあり!

カジュアルフェミニンで小顔見せ

重さがあっても扱いやすさが欲しい時やマンネリを脱したい時に、チャレンジしやすいセミロングスタイル。顔まわりは骨格に合わせて、毛束が頬にかかるようにレイヤーを。小顔見せ効果はもちろん、ふんわり遊びのある毛先が軽やかな印象を与えます。ラフ感がありつつ、女性らしさが魅力のカジュアルフェミニンなスタイル。可愛らしさ・やわらかさを目指す人にオススメです。

カジュアルフェミニンで小顔見せ
【ヘアスタイルのポイント】

カットは、鎖骨下あたりでワンレングスに。ラフな浮遊感が出るように、トップの顔まわりは頬にかかるようレイヤーを入れます。前髪は眉毛と目の中間くらいでフルバングにカットし、内側を毛量調整します。

カジュアルフェミニンで小顔見せ
【スタイリングのポイント】

根元を立ち上げながら全体を乾かし、26mmのアイロンで内外のミックス巻きに。顔まわりは、少し跳ねるように流します。髪が硬い人やアイロンが苦手な人は、通常のデジタルパーマよりもダメージレスで時短な「デジキュアパーマ」でニュアンスウェーブを。ロッドは23mmをメインに、耳下を平巻き、耳上はリバース&フォワードのスパイラルを交互に巻きます。仕上げは、クリーム系のワックスとオイルを混ぜて、下からクシャッともむようにセットを。

厚め前髪×浮遊感のあるセミロングは、カジュアルフェミニン&小顔見せ!

エレガントさのあるフェミニンスタイル

顔まわりとトップにレイヤーを入れ、ふんわり柔らかな動きを演出。髪がペタンとなりやすい人にもおすすめです。スタイリングもワンカールでOKなので時短&簡単! 前髪が骨格をカバーするので小顔効果がアリ、さらに、顔まわりをリバースに流せば華やかさがプラスされ、表情を明るくしてくれます。
毛先の程よい厚みとツヤ感で、まとまりのあるデザインです。

エレガントさのあるフェミニンスタイル
【ヘアスタイルのポイント】

鎖骨下5cmで、やや前上がり。トップと顔まわりにレイヤーを入れ、ベースラインは重めに残します。中間から毛先にかけての毛量調整で適度な厚みを残すのが、大人フェミニンのポイント。前髪は、頬の位置から流れるようにカットします。

エレガントさのあるフェミニンスタイル
【スタイリングのポイント】

トップと顔まわりは、根元を立ち上げながら乾かします。サイドは2段、バックは3段に分けて、それぞれの毛先を32mmのアイロンでワンカール。上段のセクションを巻く時は、サイドもバックも髪を引き出す位置をやや高くすると、ランダムな動きが出てふわっと仕上がります。両サイドの前髪は、リバースに巻いて流しましょう。トリートメントワックスを全体的に揉み込んで、スプレーで前髪の立ち上がりをシュッと固めて完成!

斜め前髪×ワンカールセミロングは、ふわっと華やか!大人かわいい印象に

ラフでナチュラルなこなれ感スタイル

前髪は、目の上ギリギリの長さにカットしてサイドへ自然な流れを作ります。この毛流れが大人フェミニンを叶えるポイント。さらに、ふんわり大きめのカール感が、ほどよいヌケ感のあるソフトな雰囲気に。顔まわりにしっかりレイヤーを入れることで、小顔効果&大人っぽい印象を与えます。また、スタイリング次第でストレートも楽しめるので、仕事モードではきちんと感も出せるのが◎。必要以上に毛量調整をして

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事