ヘアアレンジ・髪型
2020.10.9

くるりんぱがかわいくできない…を解決!髪質別のコツとストレート、ヘアショートでも楽しむ方法

\"\"

簡単なのに凝ったアレンジに見えるとして爆発的にヒットしたくるりんぱ。でも、ぜんぜん全然上手にできないんだけど……という声もあちこちから聞こえてきます。そう!くるりんぱをかわいくみせるにはコツがあるんです!今回は、髪質別にポイントを紹介。程よいヌケ感を簡単に生み出す方法をお教えしますよ!

くるりんぱのコツ

基本のやり方

まず、髪全体にヘアクリームなどをつけて束感がでるようにしておきます。そして、くるりんぱしたい髪を束ねてゴムで結んだら、ゴムの上でふたつに割って穴を作り、毛束を上から通します。このとき、ゴムをちょっと下げると髪が通しやすくなります。くるりんぱできたら、ゴムの部分を押さえながら、ランダムに毛先を引き出します。これが基本形です。

2回通せば“ダブリンパ”、下から通せば“逆くるりんぱ”となります。また、ポニーテイルのように全部の髪を束ねてつくるくるりんぱは“全くるりんぱ”、しっぽとなった毛束をさらにゴムで結んでくるりんぱを複数つくるスタイルは“連続くるりんぱ”と呼ばれます。

柔らかい髪質はメンズ用ハードワックスを使って!

くるりんぱは、実は柔らか髪タイプほど簡単!でも、素髪で作るとボリュームが足りなかったりうまくニュアンスがつかなかったり…そんな人はメンズ用のハードワックスを使うのがおすすめ。女性用のワックスよりハリ感が出るので、ボリューム感あるくるりんぱが簡単にできます。

p217-1

Back Style

p217-5

よくほぐして柔らかさとボリューム感を両立

<How to>
1.サイドのねじり部分を緩くくずして、ボリュームUP!

p217-3

すべての髪を襟足でひとつに束ねたらゴムを少し下にずらして、結び目の上から毛束を下側に引き出し、くるりんぱを作ります。結び目を押さえながらサイドにできたねじりをよくほぐして。

2.トップと後頭部はハードワックスを仕込んでハリを出してからたゆませる!

p217-4

最初にハードワックスをなじませ、くるりんぱしてからトップと後頭部を引き出して形良く。

3.結んだ先の毛束をワックス&巻きでボリュームを出しバランス良く

p217-2

ねじり部分や後頭部などを引き出したくなるくるりんぱには、毛先もボリュームを出すとバランス◎。軽く巻いてワックスでほぐし広げて。

 

初出:簡単ヘアアレンジ|柔らかすぎる髪でもOK!ボリューム感のある全くるりんぱアレンジ

記事を読む

硬い髪質はハーフくるりんぱでまとめるのが正解!

全部の髪を束ねてくるりんぱを作ろうとすると、髪が多すぎてくるんとしにくかったり、ハリのある髪がピンピンはねてキレイにできない、という人が多い硬い髪タイプ。くるりんぱを作るときの髪量を半分にして、その後残りの髪を束ねるようにすれば、悩みは一気に解決します。あらかじめソフトワックスをもみ込んで髪に柔らかさを足すのもマスト。

201904ghairkururinpa1

Back Style

201904ghairkururinpa1-1

ゴムは毛束を巻きつけて隠し、毛先はほぐして

201904ghairkururinpa1-2

耳の高さでハーフUPに束ねて、その毛束をくるりんぱ。サイドのねじれた部分を引き出しニュアンスをつけた後、残りの髪を合わせひとつ結びにするとスマートにまとまります。

2.ソフトワックスをもみ込んで手ぐしでまとめると、アイロンで巻かなくてもニュアンスが!

201904ghairkururinpa1-3

あらかじめソフトワックスを全体によくもみ込んでから手ぐしでまとめると、アイロンで巻かなくても柔らかなほぐれニュアンスが。

3.後れ毛をウエット仕上げにすることでしなやかさON!

201904ghairkururinpa1-4

後れ毛は多めに。ソフトワックスをたっぷりめにつけて、束感を出しながらウエット質感に仕上げると、さらにしなやかなムードに。

 

初出:簡単ヘアアレンジ|毛量が多くてもOK! こなれ感たっぷりの「ハーフアップくるりんぱ」

記事を読む

ストレートヘアをこなれて見せるくるりんぱテク

無造作なのに乱れているように見えない、トレンドのこなれヘア。そんなこなれヘアが素敵なインスタグラマーにくずしワザを教えていただきました!

渡邊光沙子さんのハーフアップくるりんぱ
オフィスでも浮かない、大人かわいい着こなしやアレンジがマネしやすいと好評! くずしを意識しているから、甘めでも野暮ぼったくならないのだそう。

<before>

00

トライしやすいハーフアップのくるりんぱは、くずしがないと生真面目な印象。もう少し今どき感が欲しいかも…。

<after>

01-4

髪を巻いたり、表面を引き出して立体感をつけ”くずし”をプラス。少しのテクニックで即アレンジ上級者風に!
【渡邊光沙子さんのくずしワザ】

◆巻いた後にしっかりほぐす
ダウンスタイルなので、カールが均一になっているとわざとらしい感じ。巻いた後にほぐして毛流れを不規則にし、作り込まない毛流れに見せる。

◆見えにくいナイロンゴムを使う
太いゴムを使うと、くるりんぱしてもゴムがうまく隠せない。ヘアアクセをつけても、厚みが出てうまく留まらないので、ナイロンゴムがおすすめ。

◆髪を引き出すときは、少しずつ、大胆に!
指先で軽くつまめるくらい毛束を引き出す。リカバリーできないので、様子を見ながら丁寧に。でもくずし感がわかるように大胆に引き出す。

<How to>
1.ベース巻きをする

02-4

32mmのアイロンで、髪の中間からリバースとフォワードのミックス巻きにする。

2.スタイリング剤をよーくもみ込む

03-4

ややウエットになるワックスを手に薄く広げ、もみ込みながら髪をほぐす。

3.手ぐしでまとめる

04-3

顔周りに後れ毛を残し、耳の上部分の髪をハーフアップに。髪を手ぐしで集めてから、ナイロンゴムで結ぶ。

4.結び目の近くやトップの髪を引き出す

06-4

結び目を押さえ、その上やハーフアップの境目の髪を引き出す。トップは最後に。

5.穴をあけてくるりんぱ

07-3

結び目の上に穴をあけて、そこにハーフアップの毛束を外側から通して引っ張る。

6.毛束をギュッと引っ張る

08-2

毛束を左右に分け、ギュッと引っ張って締める。ここが緩むと、乱れの原因に。

7.くるりんぱ部分をくずす

09-2

ねじった部分や、ゴムの近くの髪を少しずつ引き出して、ゴムが隠れるようにする。

8.ゴムの上からバレッタを

10-2

ゴムが見えてしまう場合は、上からバレッタやクリップを飾って隠せばOK!

 

初出:人気インスタグラマー発!こなれヘアを叶えるヘアアレンジのくずしワザ~ハーフアップくるりんぱ~

記事を読む

短いヘアでもできるくるりんぱ

前髪が長いなら前髪くるりんぱ!

定番のくるりんぱも前髪だと新鮮なかわいさをゲット! 後ろ髪は全くいじらず、前髪アレンジだけで華麗に変身できちゃうんです!

201702gmaegami6-0

TOPSIDE

201702gmaegami6-4201702gmaegami6-5

<How to>
1.トップとサイドの髪ごと前髪を取りゴムで結ぶ

201702gmaegami6-1

トップとサイドの髪も取りつつ前髪を上げて、根元から10cm程上でひとつに結ぶ。細めのシリコンゴムが最適。

2.根元側の毛束を半分に割って毛先側を通す

201702gmaegami6-2

根元側の毛束を半分に割って穴をあけ、毛先側を上からくるりと通して引っ張る。毛先は耳にかけるかピン留め。

3.ゴム部分を押さえつつ髪を引き出す

201702gmaegami6-3

ゴムの近くの髪を上に少し引き出し、ボリュームアップを。そうすると、前髪の生え際部分も自然にふんわりと!

 

初出:結んでくるん♪ 手軽さが魅力の前髪くるりんぱ

記事を読む

道具を使えばもっと簡単!使い方は?

ラッキーウインクポニーアレンジスティック

15-2

価格
¥480

 

使い方

YU-Uさんのドーナツくるりんぱ
恵比寿のヘアサロン「N.MIST」の人気美容師さん。セルフアレンジをほぼ毎日紹介しているので、自分でもやりたい人が参考にするのにぴったり!

<before>

01-5

ミニくるりんぱを3つつなげてドーナツみたいに見せるアレンジ。表面の凸凹感や毛先のニュアンスがなく、全体的にクールなイメージ。ドーナツ部分が、浮いてしまっている…。

<after>

02-5

根元から毛先まで波巻きでしっかりうねりをつけるのがゆるふわ感の秘訣!
【渡邊光沙子さんのくずしワザ】

◆波巻きでうねりをつける
ストレートアイロンを使って、内と外のCカールを重ねていく波巻きがベース。髪全体にうねりがつき、ゆるふわ感が出る。

◆正面から見たときに、ひし形になるように髪を引き出す
トップと耳の上の髪を重点的に引き出して、正面から見たときにひし形のシルエットになるように意識する。

◆後れ毛を束っぽくする
後れ毛がバラッとしていると、くずれたようにだらしなく見えるので、スタイリング剤をつけて束っぽくまとめるのがコツ。

<How to>
1.保護スプレーをつける

03-5

まず軽く髪を湿らせる。髪を保護しながら、しっかりくせづくスプレーをシュッ。

2.波巻きをする

04-4

ストレートアイロンで、根元からCカールをつなげるように巻いていく。内、外と交互に毛先まで巻く。

3.フロントをギザギザに分ける

05-4-1

きっちりした分け目は浮いてしまうので、指先を使ってジグザグの分け目に。根元をふわっとさせる。

4.スタイリング剤をもみ込む

06-5

ツヤの出るジェルミルクを手に広げて、表面の髪を握るようにくしゃっとつける。

5.髪を引き出して浮き毛を作る

<トップ>

07-4

<サイド>

08-3

<結び目付近>

09-3

<襟足>10-3

手ぐしで空気を入れてから、顔周りに後れ毛を残してひとつに結ぶ。髪を10本ずつくらいつまんで、向こう側の空間が見えるよう1cm程引き出す。

6.毛先を巻き足す

13-3

毛先もしっかりうねりをつけたいから、ここで再度波巻きに。ボリューム感と立体感がさらに加わる。

7.ミニくるりんぱを3つ作る

11-3

くるりんぱツールを使い、少ない毛束を取って結び目にミニくるりんぱを3つ作る。

8.くるりんぱをくずす

12-3

3つのくるりんぱが一体化するように、毛束を広げるようにしながらくずす。これでドーナツ形に!

9.後れ毛に束感をプラス

\巻いて/

13-3

\スタイリング剤を!/

14-3

残しておいた後れ毛も波巻きに。指にミルクを少しつけて髪をつまみつつ、左右に裂くようにくずす。

10.浮き毛をスプレーでキープ

19-1

引き出した浮き毛や、毛束をつまみながら空間をあけて、ハードスプレーでキープする。

 

*価格は税抜きです。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事